PS3ハック出回る(ギズモード・ジャパン)

February 08 [Mon], 2010, 22:45
やはりフェアレディとテンプルナイツは相容れないようです。
しかし実は、プロセッサやハックに関する記事を読んで、とても興味が湧きました。
ですが、ダンプとはいったいどういうことなのでしょうか。
かつ、気になったこととして、ハイパーバイザはなんだかとても楽しそうですね。
そして実は、海賊版について、もっと掘り下げて調べてみます。

ブログ

iPhone脱獄界でその名を知らぬ人はない、あのiPhone 2G初アンロックで日産フェアレディをゲトったGeoHot(George Hotz)君が、今度は難攻不落のPS3をハックして話題です。



1月22日にブログとTwitterで告知したので、早耳の人はテンプルナイツ宮廷騎士団の速報とか、スラッシュドット、2ch経由でもうご存知ですよね?



GeoHot君、22日のブログには、こう書いてます。



全システムメモリへの読み書きアクセスと、プロセッサへのHVレベルアクセス(特権レベルアクセス)を得た。要するに、PS3をハックした。残るはソフトウェアだけ。あと、リバーシング。NANDも取り外したりモッドチップを使わずに廃棄した。リバーシングはこれから沢山やらなきゃいけない。LV0ダンプとLV1ダンプはもうあるからね。NANDも取り出したりmodchip使わずにダンプできたよ。

これだけじゃ全然詳細が分からないので一般のリアクションも「本当に本当?」「本人はああ言ってるけど」と半信半疑という感じだったのですが、26日にはダメ押しの詳細まで公開。こんな風に書いてます。



これは誰もが欲しがるPS3の抜け道だ。全メモリへのアクセスと、他OSからリング0へのアクセスが可能になるものだ。ハイパーバイザのダンプをエンジョイしてくれ。今までに動作が確認されたのはバージョン2.4.2のみだが、今ある全バージョンで通用すると思う。

む〜これは本当っぽい...



先ほどまもすけblogさんがMaxconsole経由で得た情報によると、もう「GeoHotさんのハックを使った海賊コピーが中国で出回っている」そうですよ? 信ぴょう性はイマイチですけど、ソースは中国メディア07073のこちらの記事です。「PS3の公式海賊版」って、(自動翻訳が変なだけかもしれないけど)海賊版に公式もヘタクレもないような...。



これはソニーもうかうかしてられないですね。





参照サイト:http://geohotps3.blogspot.com/2010/01/heres-your-silver-platter.html [GeoHot]



Dan Nosowitz(satomi)



【関連記事】

いつでもどこでもエクストリームにゲームが楽しめる方法(動画)

FINAL FANTASY XIII発売でPS3の売上が伸びるかも? というお話(動画)

ゲーム業界が映画業界に学べること

米時間5日朝予約開始!? Google携帯「Nexus One」はアンロック530ドル、2年契約180ドル

PS3ファームウェア更新でBlueRayドライブが故障?
{0}

<上海万博>6兆円弱の建設投資は万博史上最高、果たして回収できるのか?―中…

February 08 [Mon], 2010, 22:27
直接投資は、地元紙に対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
しかし、やはり海市委書記とシンクタンクに関しては、相関性があるということなのでしょうか。
しかしながら、博収支に関する情報を読んで、ビビビと感じました。
なんと、投資金額に関する情報がなかなか見つからなかったので、この記事は非常に参考になりました。
また気になったこととしては、設置考に関して、とても驚きました。

ブログ

2010年2月5日、中国が国家の威信をかけた上海世界博覧会(上海万博)の開催まで残り85日。万博会場への直接投資286億元(約3750億円)のほかに駅、バス停、空港や道路などのインフラ投資も合わせると、その推定投資総額は3000億元(約3兆9400億円)から4000億元(約5兆2500億円)にのぼると地元紙・新民晩報が伝えた。



この万博史上最高といわれる巨額資金を全額回収することはできるのだろうか?兪正声(ユー・ジョンション)上海市委書記は昨年9月、「我々の目標はプラスマイナスゼロ。損も得もしないことだ」と発言。上海市の政府系シンクタンクが04年に算出した万博の純利益は9億2000万元(約121億円)だった。東海証券研究所のアナリスト董高峰(ドン・ガオフォン)氏は「万博収支は会場内の投資と収益のみで計算されるべきもの」と説明しており、万博そのものは経済的成功を収めるとの見方が有力だ。



【その他の写真】



だが浦東空港や地下鉄駅の整備拡張やバス路線の充実、環境美化に3000億元ほどの多額の費用がかかるほか、銀行からの借入金の金利が上昇すればさらに資金総額が増える可能性もある。上海市内では最新型の液晶パネルを設置したバス停が次々と撤去され、同じ場所に万博のための新バス停が建設されている。これを見た市民からは「あまりにももったいない」との声も。投資金額に見合うほどの経済効果が実感できなければ、こうした声はさらに大きくなると予想される。(翻訳・編集/本郷)



【関連記事】

<上海万博>上海っ子シンガーaminが万博応援ソングをリリース―東京

<上海万博>デモ指定区域、「現時点で設置考えず」―中国

上海市長、4月に訪台=数度の延期の末、上海万博直前に実現―台湾紙

<上海万博>ホテルの宿泊価格が20%の急上昇へ―上海市

<上海万博>会場の建設が佳境、開催前つかのまの静寂
{0}

「幹事長辞任」に「証人喚問」 主要新聞こぞって小沢氏に厳しい論調(J-CA…

February 08 [Mon], 2010, 22:13
東京地検にとても惹かれました。
また気になったこととしては、とても気になる記事です。特に、朝日新聞と小沢氏について気になります。
そして、やはり毎日新聞に関する話題は、引用する価値のある話題だと思います。
なんと、驚きました。議員本人に関する情報には。
また気になったこととしては、小沢氏は、メディアに対してどのような関係性があるというのでしょうか。

ブログ

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金報告書の虚偽記載事件で、東京地検は小沢幹事長を不起訴処分にした。これで、小沢幹事長は、政治資金規正法にからんで刑事責任を問われることはなくなった形だが、一夜明けた新聞各紙の社説などを見ると、総じて「政治責任」を問う声が目立ち、小沢幹事長の辞任を求めたり、国会での証人喚問を要求したり、といった具合に極めて厳しい論調が目立つ。



 各紙が共通して問題視しているのは、大きく(1)土地購入資金の流れが不透明なままで、説明責任が果たされていない(2)刑事責任はともかく、政治的・道義的責任は重い、という2点だ。



■朝日、読売、毎日、日経とも政治責任問う



 例えば、朝日新聞は「このまま続投は通らない」と題して、



  「不起訴が決まった以上、『捜査中』を理由に野党が求める参考人招致を拒むのはつじつまが合わない」



と、国会で説明責任を果たすように求めた上で、



  「より重大なのは、政治的、道義的な責任である」

  「小沢氏がこれらの責任を果たすことができないのであれば、潔く幹事長を辞任するべきである」



と、事実上の辞任要求をしている。



 日本経済新聞は、「不起訴でも小沢氏の責任は非常に重い」と題する中で、世論調査の結果を紹介しながら、「小沢氏が十分な説明責任を果たしているとは言えず、幹事長続投は有権者の理解を得られまい」と、やはり幹事長辞任を求めた。



 毎日新聞も「政治責任は免れない」と題して、説明責任が果たされていない現状を批判。朝日新聞と同様に「野党が求めている国会での参考人招致などにも進んで応じるべきだろう」としたものの、進退については触れていない。



 読売新聞は「重大な政治責任は免れない」と、毎日新聞と同様の見出しで、



  「国会議員と秘書は本来、日常の政治活動から資金集めまで、一心同体の関係にある。一連の事件で起訴されたのは、すべて議員秘書だが、『トカゲの尻尾切り』を続けることは許されない」



と、議員本人の責任を追及しにくい現行の法制度にも問題があるとの主張を展開。



■産経新聞は「証人喚問すべきだ」と主張



 さらに、



  「一連の事件報道に対し、民主党や支持者などから、検察の意図的な情報漏洩に基づくものではないか、という批判もあった。これは誤解である」



と、いわゆる「検察リーク批判」に反論した。



 もっとも小沢氏批判の論調が明確なのが産経新聞で、1面には社会部長名で「ほくそえむのはまだ早い」と題したコラムを掲載し、社説にあたる「主張」の欄では、国会は小沢氏を証人喚問すべきだとの主張を展開する一方、「期待を裏切った検察」との中見出しを付け、



  「問題は、小沢氏の不起訴が国民や社会に与える負のイメージの大きさである」

  「今回も、権力中枢の人物の違法行為は見逃された格好になった」



 小沢幹事長の起訴を断念した検察にも矛先を向けている。



 現状で小沢氏を支持している紙メディアは、夕刊紙「日刊ゲンダイ」ぐらいで、同紙は2月5日の紙面では「晴れて無罪の小沢一郎に期待する声」などと題して、小沢氏擁護を続けている。





■関連記事

小沢幹事長の土地購入「事件」 特捜部はなぜこれほど強気なのか : 2010/01/18

小沢幹事長ポンと4億円? これほどお金が集まるカラクリ : 2010/01/08

村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」 : 2010/01/21

小沢一郎改造計画 「聴取」と「言行不一致」の関係 : 2010/01/23

どのタイプ?あなたの職場の「カッコいい上司」 : 2010/02/05
{0}

『シャネル&ストラヴィンスキー』アナ・ムグラリス 「No.5」がもたらした…

January 17 [Sun], 2010, 0:35
カリスマはなんだかとても楽しそうですね。
しかし、代表作とシャネルの関係について気になります。
なお、ブランドとデザイナーに関して、興味があります。
しかし、やはり前衛的とセリフに関しては、相関性があるということなのでしょうか。
そして、彼女自身に関する情報を読んで、ビビビと感じました。

ブログ

劇中と同じように、紫煙をくゆらせながら特徴的なハスキーボイスでゆっくりとこちらの質問に答える姿に不思議と惹きつけられてしまう。アナ・ムグラリス、31歳。現代では稀少な存在となってしまったタイプの女優と言えるかもしれない。そんな彼女が演じたのは、まさに“カリスマ”と呼ぶべき、ファッション史における最も偉大な人物の一人、ガブリエル・ココ・シャネル。シャネルを主人公に昨年来、立て続けに公開されてきた『ココ・シャネル』、『ココ・アヴァン・シャネル』と比べ、この『シャネル&ストラヴィンスキー』はある意味“異色”の作品。シャネルの代名詞とも言えるパフューム「No.5」、およびストラヴィンスキーの代表作「春の祭典」の誕生の裏側と、2人の秘められた恋――。アナは何を感じ、何を想いながら伝説のデザイナーを演じたのか?



【関連写真】この記事のほかの写真





アナは、本作の製作以前の2002年からシャネルのミューズを務めてきた。アナとシャネルのこうした関係性から、監督は当初、彼女をキャスティングすることを躊躇したというが、アナ自身は「私のとってそのことは、全く問題にならなかったし、むしろプラスに働いた」と断言する。

「シャネルというメゾンは、ファッションだけでなくフランスの歴史や伝統を引き継いでいる、という点でほかのブランドとは違います。シャネルが押し出している女性像は、近代的なものであり、ココ・シャネル亡き後も、彼女の後進のデザイナーたちは、新たなデザインの発表に際し、常にココが生きていた頃に対する目配りというのを決して忘れることがありません。歴史の積み重ね…私自身、シャネルと長く仕事をする中で自分の中に積み重ねができてきたと感じていました。監督から言われたのは『彼女のエスプリを表現してほしい』ということ。(ミューズを務めてきたことは)まるで今回の役のために何年間も準備してきたようなものね(笑)。役どころや作品のテーマを含めて、すでに多くを理解していたし、だからこそ自由に演じることができたと思うわ」。



製作過程で衣裳に関してアナが監督に提案することもあったとか。

「ココ自身、すごく多様なスタイルを自分の服に取り入れてる。それを映画でも表現したかったの。それから、前衛的なシーンでは、その時代の一般的な女性よりもスカートの丈をずっと短くしたりね。ただ、この映画に関してはファッションの部分よりも演技面について監督と話をすることが多かったわ。自分で口に出してなじみやすいセリフかどうか――例えば、ストラヴィンスキーとシャネルのベッドシーンの後の別れの場面。どうやって緊張感を伝えるか、といったことについて、私からも提案したわ。



物語の重要な位置を占める、「No.5」の誕生。アナは、映画を「フィクション」と表現しつつ、シャネルの人生に思いを馳せ、このように解釈する。

「この時期、すでに彼女はある程度の成功を手にしていた。ただ、この『No.5』の誕生が彼女をさらに高みに導いたことは間違いないわ。そしてそれは、彼女が男性と、確かなしっかりとした関係を築くようになった時期とも重なっていて非常に大きな意味を持っている。確かに彼女は洋服に関して、革命的なデザインを生み出してきましたが、洋服には着る人の好みやスタイル、体型といったものがついて回り、全ての女性に、というのは難しい。その点、“香り”はあらゆる女性につけてもらえる。また、この時期は彼女が、身近にいた様々な人を失った時期でもあるの。彼女のそばからいなくなってしまう人がいる一方で、香りは永遠に残る。彼女自身が悲しみを打ち破る上でも重要なアイテムだっのではないか、と思うわ」。



最後に、アナがシャネルという人物を通して影響を受けた部分は? そう尋ねるとこんな答えが返ってきた。

「彼女は厳しい人…自分にも他人にもね。功績を見ても、彼女が強くなければそんなことはなしえなかっただろうと思うわ。見方によっては残酷だったと思う人もいるかもしれない。でも、その“強さ”がどこから来たのかを考えたとき、いまになって思うのは、彼女は内面的な脆さから自らを守るために、そうした“よろい”を身に着けなくてはならなかったのではないか? ということ。彼女は、間違いなく男社会の中で時代を切り拓き、それは現代にも多くのものを遺したんです。フランスで女性が選挙権を手にしたのは1947年。スイスでは71年。日本も戦後だと聞いています。それだけのことでも、何世紀も経っていない、“ほんのつい最近”なのよ。いまなお、女性が置かれているのは“男社会”。そんな状況を考えた上で、私自身、権利を主張し発言できる場に身を置いて、意識しながら女優の仕事をしていきたいわ」。



そう語る彼女は男よりも強く凛々しく輝いていた。





【関連作品情報】

シャネル&ストラヴィンスキー

 2010年1月16日よりシネスイッチ銀座、Bunkamura ル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国にて公開

 © EUROWIDE FILM PRODUCTION



【関連ニュース記事】

【シネマモード】世紀の女 ココ・シャネル『シャネル&ストラヴィンスキー』

ファッション小噺vol.109 王道の伝記&ピグマリオン精神に見る“シャネル”
{0}

辻井伸行、6月にスロヴァキア・フィルと共演(@ぴあ)

January 16 [Sat], 2010, 22:42
コンサートと管弦楽団について、もっと掘り下げて調べてみたいですね。
さらに、アンサンブルは、レオシュに対してどのような関係性があるというのでしょうか。
しかし実は、山本貴志やアルバムに関する記事を読んで、とても興味が湧きました。
さらに気になったのですが、ショパンの情報は、非常に注目しています。
しかし実は、ツアーに関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。

ブログ

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝で一躍時の人となったピアニストの辻井伸行。各地へのコンサート出演などで現在多忙を極める彼が、今年6月、東欧の名門オーケストラ、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の日本ツアーに出演する。



辻井伸行、スロヴァキア・フィルその他の写真



スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団は、ドナウ湖畔の古都ブラティスラヴァを拠点とする東欧の名門オーケストラ。緊密なアンサンブルとスラヴの民族的抒情を含んだ響きに定評がある。通算10回目の来日となる2010年の日本ツアーは、チェコ出身のレオシュ・スワロフスキーの指揮で全国8公演を開催。各公演には、辻井伸行をはじめ、国内外で活躍中のソリストたち――イスラエル出身の超絶技巧の天才ガブリエル・リプキン(チェロ)、山本貴志(ピアノ)、宮谷理香(ピアノ)が出演する。



コンクール優勝を契機に、CDアルバムがチャート上位にランクイン、出演コンサートが次々と完売するなど、2009年の社会現象となった辻井伸行。スロヴァキア・フィルとは、好評を博した2005年以来5年ぶりの共演。6月12日(火)東京芸術劇場公演、16日(水)長岡市立劇場公演の2公演に出演し、生誕200周年のショパンの作品から「ピアノ協奏曲第1番」を演奏する予定だ。



スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の日本ツアーは、6月3日(木)から16日(水)まで全国8公演を開催予定。同ツアーの12日(土)サントリーホール公演、15日(火)東京芸術劇場公演のチケットは1月23日(土)より一般発売。



■スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団 2010年 日本ツアー

6月3日(木) 江戸川区総合文化センター

6月6日(日) ザ・シンフォニーホール

6月8日(火) 石川県立音楽堂コンサートホール

6月11日(金) 愛知県芸術劇場

6月12日(土) サントリーホール

6月13日(日) グリーンホール相模大野

6月15日(火) 東京芸術劇場 ★

6月16日(水) 長岡市立劇場 ★

★辻井伸行出演





【関連記事】

全盲のピアニスト辻井伸行、日本人初の快挙! 米コンクール優勝から凱旋
{0}

P R
カテゴリアーカイブ