【 更新情報 】

スポンサード リンク

仙人系男子に恋をしてしまった

仙人系男子というネーミングからも伝わるものがあると思いますが、一般的な恋愛というものと大きく距離を置いてしまっているのは間違いありません。仙人系男子は、草食系男子が持っている母性本能をくすぐるようなオーラが不足しています。基本的に草食系男子に比べて、仙人系男子にはこういった機会さえ少なく、恋愛に対して無頓着ですから、女性からのアプローチにはまず反応することはないと言えます。第三者から見れば明らかに好意を持った女性の仕草でさえ、スルーされてしまうことが多く、女性はいらいらすることになるでしょうね。全く悪意はないのですが変わった女性がいるものだと思っていることもあるでしょう。この段階で、距離を置いてしまう方もいらっしゃるでしょう。
そんな、仙人系男子に相対する場合は、とにかく我慢強くあることです。仙人系男子のリアクションには全く悪意はありません。多少、予想が外れたような対応をされるかもしれませんが、恋のライバルも少ないと思いますから、気長に支えていく位の気持ちでいることです。

仙人系男子とは?

仙人系男子。また新しい男子が生まれました。仙人系男子とは、恋愛に対する関心が非常に低いとされる草食系男子よりも、更に恋愛に対する関心が低い男子を指しているとされています。ある意味で、悟りを開いてしまったかのような男性が仙人系男子なのです。世の中の流れには関心を示すこともなく、自らが持っている価値観を第一として行動するということですね。婚活という世の中の風潮に対しても、自らのスタンスを崩すことなく対応。恋愛という感情を既に超越したレベルにあがっているのかもしれません。仙人のような存在となっているのが仙人系男子ということでしょう。仙人系男子と呼ばれる人たちの中にも、自らのアイデンティティーを崩すことなく生きながらも、その生活エリアに飛び込んでくる女性が現れたら、強烈なカルチャーショックを受け、その一人の女性に対して一途になることもあるかも知れない。一般的に考えられている性的魅力が乏しいと言う風評を覆し、新しい恋愛の極意を極めてくる可能性を秘めているのが仙人系男子ではないかと予想せずにはいられません。

仙人系男子の魅力

仙人系男子は、自分の意思で仙人系男子となっている可能性が高いと考えます。おそらく多くの男性は経験があると思いますが、部活動に集中していて恋愛をしている余裕が無いという状況です。この状況が仙人系男子のある意味での典型だと思います。恋愛の優先順位を論じる以前の段階で、恋愛をすることから敢えて距離を置いているということです。もちろん、社会人となって仕事をしていく中でも、抜擢をされてあるプロジェクトを勧めている場合には仕事が生活の大半を占めてしまい、恋愛を上手に進めていくことが困難と判断した場合、恋愛から遠ざかることもあるでしょう。このような状況になってしまえば、望まなくても仙人系男子とならざるを得なくなってしまうことになります。
実は、あることに打ち込みすぎている状況が仙人系男子の姿だともいえます。このような集中している男性は女性にとって非常に魅力的な存在だともいえるでしょう。わき目も振らずに、自身の課題をこなしていく姿は、輝いて見えるはずです。このように考えていくと、これまで、深く注目を浴びることの無かった仙人系男子と呼ばれる男性たちですが、今後恋愛、結婚といったシーンで非常に重要な存在となってくるのは間違いがないと思えてなりません。

仙人系男子と、草食系男子

仙人系男子の特徴は、世間の流れに同調しないというか、全くといっていいほど関心がない。自分の信じている道を真っ直ぐに進んでいくと言うイメージ。そういう仙人系男子と同様に考えられてしまっているのが草食系男子と呼ばれる男性。彼らは、仙人系とは似て非なるものなのできちんと整理しておく必要があるでしょう。
草食系は他の物事に対して、恋愛に対する順位付けが低いということであって、魅力が乏しいと言うことではありませんし、恋愛に関心が全くないと言うわけではなく、恋愛と趣味のどちらかを優先する必要がある場合には、趣味を優先することが多いと言うことですね。ですから、十分に魅力的な男性でありながらも、恋愛を優先していないためこれまで、恋愛や結婚市場には完全に取り込むことができていなかった男性たちであって、勿論、女性ばかりではなく、恋愛や結婚といった市場で仕事をしている方々にとっても喉から手が出るほど獲得していきたい男性たちと言えるでしょう。彼らが注目を浴びたのはそういった背景があるということです。
仙人系男子は、草食系とは違って、恋愛や結婚に対する要求順位が低いと意味ではなく、現段階でそれらの要求を持っていないということになります。これは、どちらかと言うと本人の意思というものが大きく作用していると考えることができると思います。

仙人系男子と肉食系男子

仙人系男子を語る上で、肉食系男子について考えてみると面白いと思います。この二つの系列は対極にある存在なのです。肉食系男子は、恋愛に積極的であり、自ら主導的に恋愛を進め、恋愛を優先することが非常に多いといったタイプと言えるでしょう。最近では、減少傾向にあるタイプの男性ということですね。逆に、仙人系男子は恋愛にほとんど興味が無く、自ら恋愛を主導するつもりも無いというタイプと考えるのが妥当なのでしょう。
仙人系男子と肉食系男子の最大の相違点は、恋愛を行動の中心に置くか否かということであり、分類をする上では非常にやりやすいと言えます。
男性の分類方法として、肉食系、草食系、像食系、仙人系という4分割にする考え方がありますが、こういった分類でいくと、恋愛に積極的なのは肉食系のみになってしまいます。均等に配分されるという多少強引な考え方をとっても75%は恋愛に対して消極的だということになってしまいます。このあたりは、分析の必要があるでしょうが、その最たる存在が仙人系男子と呼ばれることになり、あたかも堅物という印象を与えているかもしれませんが、ちょっとした事で流動的に動きだことも考えられます。

仙人系男子と像食系男子

仙人系男子は、恋愛以外の何かに対して目を向けているため、恋愛に関して固い男性という印象を周囲に与えるでしょう。それに対して、像食系男子という分類がありますが。ある特定のジャンルに対して非常に高い関心を持っていると点で、仙人系男子と近いように思えますが、仙人系男子と、像食系男子の決定的な違いは、仙人系男子が恋愛に着目していないということに対し、像食系男子は恋愛に対して関心が高いという点があります。肉食系男子のみが恋愛に積極的なように取られていますが、像食系男子も恋愛に積極的なのです。
恋愛は双方の想いが一致して成立しますが、像食系男子の場合は、どちらかと言うと一方的な想いになる傾向はありますが、恋愛への関心が高いのは事実です。

仙人系男子の高校デビュー

高校に入っても、仙人系男子の基本は揺るがなかった。確かに、女性からはよく声を掛けられたけど、どうやってリアクションをしていいのか困るくらいだった。
相変わらず、部活をやりたかったし、ギターを弾きたいと思ったのもちょうどその頃。勿論、それが楽しかったし、自分を表現できるものでもあったからそれに集中。勉強のほうは、適当にこなしてはいたが、軸足を置いていたかとはいえなかったと思う。
一番困ったのは、文化祭というイベント。できれば自分の世界に集中していたかったけれど、みんな面倒なんでしょうね。必ず、ギターを弾いて欲しいと言われていました。ギターを弾くことは大好きだから、断る必要もないから、普通に弾くことにしていたが、必ず、その後に面倒なことが起きる。
知らない女性から声を掛けられる。喜ぶべきことなのかもしれないが、自分にとっては気が重い。
ぞんざいな態度をされたと、言われるのが分かっているから・・・。
その頃には、仙人系男子などという言葉はありませんでしたから、変わった男と簡単に片付けられていたのでしょう。仙人系男子は、きっと不器用なのですよ。多くのことを同時に進めることができないということ。常に一つのことに注力して、それだけを追い求めてしまうと言うだけのことなのに。

仙人系男子でした

仙人系男子だったのだろうか。自分の過去を振り返ってつくづくそう思う。もちろん、仙人系男子や、草食系男子なんて言葉のない時代でしたから、単なる奥手というか、シャイな人と思われていたと思います。
自分で言うのもなんですが、中学に入学してすぐに、沢山の女子の先輩から声をかけられました。ただ、その
時はただただうるさいとしか思わなかったですね。何を騒いでいるのだろうと思いながら、部活三昧。仙人系男子だったのかな。
正直に言うと、女性に興味がなかった。変に取らないでくださいね。大好きな部活にだけに目がいっていました。仙人系男子は、自分の好きになったものにとにかく集中。そうなったら、他の事には全く関心がなくなるというか、気を回す事が出来ないのです。無器用なのかもしれませんね。周りからの視線なんて気にしない。格好をつけることはなく服は常にジャージ。髪は手グシでOK、鏡を見ることもまずありませんでした。
積極的ではないにしろ、女性を意識する草食系男子ではなく、一段上の存在でしょう。
これを仙人系男子と言わないで何と呼ぶのでしょう。