2012年上半期ニコマス20選 校了

2012年07月06日(金) 2時35分
もう半年終わったんですねー。

そういえば7thライブにも両日行ってきました。ちゃんと感想とか書きたかったんだけどね。うん。

最高だったね、とだけ。



ライブ熱にあてられて、勢いで釘宮さんのアルバムをポチっちゃいました。ライブでのくぎゅマジかわいいかったです。



さて、それはそれとして。20選ですよ、20選。

今回からは主催がATPとなり、ポータルブログも変わっております。私はまた今回も集計陣の1人としてがんばっていきますのでよろしくお願いします。


ポータルはこちら→ニコマス20選投票所

ではレギュレーションの確認。


基本レギュレーション
・対象は2012年上半期(1月1日〜6月30日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります




ではいきましょう。順番はうp日順になってます。


尚、コメントは随時追記していきます。



まずは集計用にマイリスト版をば






01



CAMELP



2:38〜ラストが好き。

曲調に合わせたテンポの良い文字や記号の躍動。全体を見れば情報量は多いが、その時その時だけ見るととても洗練された画面構成で、視聴者を消して置いてけぼりにしていかない。

2:38のやよいのカット、ここで「残り28秒」と言ってしまう。完全に動画のリズムに入った視聴者を、あえて一瞬だけ現実に戻すのだ。
冷めてしまわないのか?いや逆だった。
ここでチラっと時計を見せて気をそらしたからこそ、最後のサビがより強力な波となって飲み込んでいく。
この28秒、それまでと違ってダンスを主体としている、ともすれば最も地味な28秒間。
その28秒を魅せるため、あのやよいのカットは「残り28秒、いくぞーーー!おーーーー!」という掛け声のようなものなのだ。
一瞬の心の準備があったからこそ、今まで乗せられていた視聴者が無意識のうちに自ら乗っていってしまう。
これが動画を見終えた後の爽快感・達成感の秘訣なんじゃないかと私は思う。

あと目立たないんだけど、全体の所々に入るダンスのチョイスが結構おもしろい。どう面白いのかは伝えにくいんだけど、適当にシンクロを考えるだけではこうはならない。面白いんです。



02



津名P



「君を受け継ぐ僕らの未来が どこまでもずっと続いてく 君は全ての中に 全ては君の中に 未来と過去を繋いでく」


いろんな人のいろんな思いが横に伝わり縦に繋がり、アニメアイドルマスターという形を成した。
そのアニメに込められた思いがまたこの津名Pに伝わり、そして「ありったけの愛を込めて」この動画ができあがった。
その愛はもちろん今もこの時間も伝わって、また新たな思いを乗せて繋がっていく。

永遠の存在者はいない。だけど、永遠に伝わり繋がっていく思いはある。



03



ライクーP



ミクさん超かわいい。隠し切れない悪女臭がまたいいよね。


まあそれはいいとして、これ紛れも無いアイマス動画ですよね。
って言ったらボカロ民から総スカン食らいそうなんですが、アイマス民の私から言わせて貰えばアイマス動画で間違いありません。
MMDの醍醐味なんだと思うけど、いろんなキャラクターが同じステージでに立つっていう。これって憧れじゃない?
そこにもちろんアイマスが強い存在感で入ってる。
アイマスが大きくなって、いろんなところに自然に入っていくことがすごく好きなんですよ。

ミクのバックダンサーとしてアイマスキャラが選ばれていい仕事をしている。最高じゃないですか。



04



時雨P





2:40 ポジティブのダンス。「私のことを一番知ってるのは誰スか?私しかないっしょ!自分で切り開かなきゃ、ダメっしょー!」
ただ居場所なく立っていただけの千早に現れた支柱。2人なら迷わず進める。行けばわかるさ。

時間の流れが早すぎていろんな物が通り過ぎていって、あるいは自分もいろんな物を置いて行ってしまているのかもしれない。
でも時雨Pは立ち止まって、置いていかれそうなものと共にゆっくり歩いていってくれる。そういう人がいるから先に進む者にとってもすごく心強い。


05



uhhoP






たった1年間のプロデュース。でもその1年は全然平坦じゃなくていろいろあって、悩んで苦しんで、それでもこの春香さんはすごくいい顔をしている。
それがもう良いプロデュースだったことを証明している。

思春期の女の子の1年間を共に過ごす、そんな責任重大な役目を負うのがアイマスのプロデューサーだ。一歩間違えれば人格を、その後の人生を壊しかねない。
でもそれを意識しながら1年間過ごすのは不可能で、最終的に結果論でしか良し悪しは判断ができない。
その結果論で言うならば、やはり良いプロデュースだったのだ。たとえアイドルとして結果を残さなくとも、春香さんが幸福であるということは最良の結果なんだ。

これを以てプロデュースは終わってしまった。でも未来はこれからも続く。
2人の新たなスタートに一層の幸あれ。



06



卓球P



私が始めて20選に参加したのは第一回の2008年上半期からだ。
20選は元々卓球Pが突発的に始めたもので、「企画」ですらなかった。それが自然とまたたくまにブロガー界隈に広がっていったのだ。

20選の存在を知った当時、ニコマスP兼紹介系ブロガー(今でもだが)だった私だが、20選への参加は躊躇した。
なんせ当時一般会員でマイリストなんて半年に20個もしていなかったからだ。
たいしてちゃんと見れてもいないし、ちょっとおこがましいと思っていたのであるが、「まあせっかくだしこの気にマイリストを振り返るのも悪くない」とも思った。

結局どうしたのかというと、ブログ記事を作り、その半期にマイリスした動画をただ貼り付けて並べたのだ。
タイトルは「上半期、私のマイリスト」 
そう、20選には参加するつもりなんて全くなかったのだ。

ところがどうして、いつの間にやら捕捉され集計され、意図せずして第1回からの参加になったのだ。
驚愕と同時に感動したのを覚えている。ニコマスはノリがよく暖かい場所であった。


ところで、当時自分がニコマスPとしてどうだったのか。2008年の上半期後半から下半期前半といえば「迷走期」と自評している。

とりあえずデビューしてみてノリだけで数本うpしてみたものの、作りたいものと作れるものの乖離に苦悩していたのだ。(迷走の要因にはリアル事情もいろいろあったせいもあろう)

何をどうすればいいのかわからない、そんな時に出てきたのがこの20選。
20選の大きな反響は私に活力を与えた。「無理に動画を作らなくても、できることはいっぱいあるじゃないか」

そもそもが動画で何かを訴えたいがためにデビューしたのではなく、ニコマス界にもっと浸かりたい・楽しみたいがためにブログを作り動画を作りしたわけなので、こだわることはなかったんだと。
動画はちょっとアレだから、俺もブログでなにかやってみよう。そうやって作ったのが「ニコマス視聴者に36(25+11)の質問」。完全に20選への便乗だったのだ。

軽くスベるかなと思っていたこの企画はなんと最終的に100人近い回答者を得てびっくり。
地に足ついてなかった自分になんとなく居場所ができたような、そんな出来事になった


さて、その後の20選との関わりはどうだったかというと、以後3回くらいはフライング常習犯であった。なんせ半期のマイリス数が20いかないものだったから悩む余地がない。
半期が終わると同時に20選確定なわけで、受付開始前にエントリーしちゃうのが常であった。


そんな自分の転機は2009年末、プレミアム会員登録だ。ニコマスを見る世界が変わった瞬間である。
今まで以上にニコマスが楽しくなり、2010年に入ってからはマイリスト数が10倍以上に伸びていった。

そんな中迎えた2010年上半期20選、未だかつて無い苦悩「楽しい地獄」を初体験した後、集計スタッフへと飛び込んでいった。
元来集計とかは好きなのだから(スキルがないのがネック)必然的なものだった。
集計陣という特等席からみる20選は格別であった。


その後2回は一般参加、回を追うごとに地獄は険しくなっていき、ブログ記事にも熱が入る。
そして2011年下半期20選、人員不足ということで再び集計陣に入った。やはり20選の特等席は運営だ。大変だが楽しい。
こんな何もできない自分でも最高に楽しめる、やはり素晴らしい場所だ。


先駆者PがMAD作者として大きな支えとなったのは0712Pのおかげであることは間違いない。
一方で一視聴者としての先駆者Pの支柱となったのはやはり20選なのだ。
20選がなければこんなに動画を真剣に見ることも少なかったかもしれない。ブログも更新しなかったかもしれない。20選に救われているのだ。



何気ない1つの記事で出会った20選はいつのまにか自分の中で大きなものになっていきました。
いつまでもこの20選が続けば良いなと思います。

20選が大好きです。




なにをわざわざこんなにツラツラと思い出話を書いたのか。
そういう動画nだから仕方ない。
今、アイドルマスターは一つのピークにある。
ピークにいるから、今まで通ってきた道がよくみえる。よく見なきゃいけない。
今まで通った道を再確認して、明日へ行こう。


アイドルマスターは



07



シーバスP






「思えば遠いところにきた」と最近よくいわれるアイドルマスター。でもこんなに遠いところに来ても、はじまりはすぐそばで繋がっている。

今この時にデビューした処女作でこういうのを作っちゃうってすごく素敵。
それもただ真似るんじゃなくて、シーバスPが見てきた春香さんでちゃんと作ってるところがいい。
嘘偽りないシーバスPの春香さん。



08



ハリアーP



人類未踏の地「完全な平和」
その場所があるのかないのか、まだ誰も知らない。見たことないから存在しないと言う意見も多い。
私も自身半信半疑だ。

だがここはゲームの世界。剣と魔法のファンタジーの世界。誰もが一度は憧れる夢の世界。
その夢の世界なんだから、人類究極の夢をとことんまで願って何が悪い。

力で勝って英雄になるんじゃなく、夢を追いかけ、信じ、愛を育む世界を目指す。

それがロマンじゃないか。



09



ナンカンP








今期の私的ステージPV優勝。

0:40から七彩のダンスがビシビシっと決まったところで心が持っていかれた。
そのあとの畳み掛けは見てもらえればわかるだろう。

こんなにカッコイイ風なやよいは滅多にない。でもそれ以上に、カッコイイ風にすればするほどかわいくなってしまう。不思議でもあり、それがやよいなんだろう。
めひょう(笑)
ではなく、逆にここまでくると最早立派な女豹だ。現に初見で狩られてしまったんだから。


10



aaa氏





1:57のカット割からのスローはずるい。ふぅぉぉぉぉぉぉっっ!って鳥肌が立ってしまう。(今度機会あったらパクろう)


圧巻のアイマスオールスターフェス。
戦うんじゃなくて会場全てのステージが一体となって熱く盛り上がる構成が素晴らしい。

そして注目すべきは前半のユニット分け、(真)竜宮小町やプロジェクトフェアリーらと対等な雪歩・やよいのデュオだ。
アニメ12話でも描かれていたが、この2人はダンスも歌も得意なキャラクターではない。
その2人が組んでこのステージに堂々と立つのだからただ事ではないのだ。
このユニット分けでステージに立たせるPの勇気も、それに応えて役目をこなすアイドルもGJだ。


あえてdisるならサムネ。サムネ次第では再生数が何倍にもなったんじゃないかというくらい、数字厨の私にとってはもったいない。



11



**P





見ればわかる。見れば伝わってしまうのが凄い。

前回の20選でも**Pの動画を取り上げましたが、序盤の??状態から視界が開ける瞬間のワクワクドキドキ感、素晴らしい。

コミュを分解して組みなおすといった手法も、この空気感も今のところオンリーワン。
オンリーワンでこの完成度ってチートじゃないですかやだー><

とまあオンリーワンと言いましたけど、鬼才・奇才タイプなのかというとちょっと違う。たぶんだけど、きっと別の芸能・エンターテイメントに造詣が深いんだろうなって。
思いついたというよりは、輸入してきたのかなと。
**Pマジ遣隋使。

で、話はちょっと変わりますけど、いつまでオンリーワンなんだろう?と思うわけです。
コミュを分解してオリジナルストーリーに再構築、当然簡単じゃない。
でも可能性という面ではまだまだ広がる余地のあるところ。是非とも新たな挑戦者が出てきて欲しい。
お手本は既にあるんだから。

かつて或るPはニコマスに音楽PV風の表現を輸入した。また或るPは歴史シミュレーションとのコラボに挑戦した。ビジュアルノベルも入ってきた。野球とのコラボに挑戦して定着・拡散させたPもいた。
そして今**Pはミュージカル風とでも言える手法を持ってきている。新たな扉が今開かれている。


12



あかぽ氏



24話公園でのシーン、その直後3:05にこの写真を持ってくるセンス。

動画初投稿、そのステージがアイマスで、その瞬間に出会える喜びは何度も感じて来ましたが、何度感じても嬉しいものだ。

春香さんの誕生日に捧げられた精一杯の気持ち。
ただ素直に、純粋に感動できた。



13



under79氏




変わっていくもの、変わらないもの、いろいろあるけど
ぬことの破壊力は変わらないな!
もうなんなのこれ可愛すぎて死んでまうやろ!

前から言ってるんだけど、アイマスキャラのキュートパンチ最強は真ですよやっぱり。真がキュート属性のモバマスは分かってる。

で、破壊力という言葉を使いましたけど、この動画って一撃で殺そうとはしてないんですよ。そういうカットてあんまり無いと思う。
まあ、ファーストコンタクトで瀕死にはなるんですが、瀕死になった後にひたすらジャブとボディで殴ってくるんですよ。
もう一思いにヤってくれーって。

最初から最後まで緩まぬ妥協なきかわいさパンチで、見終わった瞬間ノックアウトです。



14



ならかったP



おはよーーーーーーーーーー!


このシーンを切り出して「おはよう」だよ「おはよう」。おはようって言えるんだよ。

そう、おはよう千早、おはようみんな。
夜が明けたんだ。


リスペクト元に2007年12月のtakiPの動画があって、そっちも大好きでたまに見に行ってたりするんだけど、2007年12月あたりの空気と今の空気ってちょっと共通してるところがあると思う。
だからこそこの動画が生まれて、受け入れられたんだと思うのね。
どんなかっていうと、「視界が広がっていってる感」っていうのかな。これから未来があるんだーっていう感覚、2007年末から2008年初頭にありませんでしたか?
今もそうなんですよ。
アニメは終わったけど、ここがまた新しいスタートなんだよね。
この動画がそれを象徴してくれたんですよ。

うん、楽しい。ニコマスは、アイマスは楽しい!



15



むきリンP





今期珍しく個別記事も書いた動画。

その記事では「無重力の夢の空間に入り込んだ感覚。ぼやっと見てたらあっという間に魔法にかかっちゃって」
と書いてますが、改めて見返しながらその魔法のタネを考えてみました。

小刻みにマメなカット割、近づいたり離れたりスライドしたりねじったりの多彩なカメラ、青い色調
そして何より、ほぼずっとその中心に絵理がいて踊っている。この「中心」というのが魔法の本当のタネなのかなと。

吸い寄せられるんですよね。目が離れない、離せないんです。ずっとそこにいて踊っているから気が散らない。

絵理を中心に発生した渦巻きみたいな動画だな、と思っていたんですけど、もっといい表現を見つけました。

洗濯機みたい

洗濯機の中をずっとみちゃう現象、それに近いものがあるんですよきっと。それが魔法の正体?


じゃあ洗濯機の映像にBGMつけたら・・・  誰かはよ



16



まちぼんP



今期最高のフォント芸

17歳の女子高生ってこんな感じだよねw それもちょと田舎の女子高生って感じ。曲の歌詞では駒沢通りが出てくるんだけど、動画見る限り栃木臭がしてきますね。栃木行ったことないけど。
田舎の女子高生仲良し3人組、何をやるにも一緒で向かうところ敵なし!
青春だね。

衣装選択も良い。
ラフタイムとかじゃあこの栃木臭は出ない。ラフタイムだと神奈川臭くなるかな。


んでこのコメント考えてる最中にこの画像を思い出した。


制服の色だけで思い出した気がしないでもない。



17



ねずみ男氏





個別記事はこちら


私が今期1番好きな動画です。


よく動画を語るときの常套句として「熱量」なんていう言葉を使いますけども、これは熱いんじゃない。暖かい。
亜美真美がとても幸せなんだ。

この動画に出会った過去に投げキッスをしたい。ありがとう。

いつまでもよろしくお願いします。



18



すりすり氏



非処女=ビッチとかいう風潮
一理ない。

純情の煌きは常に内部にあって、それを引き出すことができるかは相手次第。

引き出してあげましょうよ。


19



ぎょP





0:52の雪歩がこの動画最強。
でしょーのダンスが大好き。
あとBNDの拳を突き上げるとこも大好き。

ぎょPといえばもう言わずと知れたシンクロマスター。
「今更わざわざ20選で紹介しなくてもいいだろ」なんて頭の片隅で思ったりもしてますが、何作かに1つどーーーーしようもなく気持ちのいいツボを突いてくるんだからどーしようもない。
いくら辛口で見ても外せない。そんな弩ストライクでした。


20



Tr氏



ここに3人がいるよ。なんて言えばいいんだろう。

もうね・・・ありがとう。 なんも言えないっす。


感動と同時に、あの素材をこんな風に使うということには素直に驚嘆。かなわないよまったく。





サムネ1選



gamm氏


はいはいサムネ落ちサムネ落ち
と思ったらいつのまにか目がかすんで見えない。

この愉快で素敵な声優さんたちがいるからこそのアイドルマスターです。どうぞこれからもよろしく。





以下、すっごく選びたかったけど選べなかった次点作品





ぽP・オバンドーP

1:33の右手前!その場所をかわれえええええ!丸見えじゃねえか!





ばぶるすP


この千早の表情!

これ結構大変な手間かけてると思うんですよ。MMD使わないからわからないけど、モーショントレスは根気いる作業と聞きます。
その大変な労力をかけて・・・ナガダンス! なんでやw
馬鹿ですねー。大好きな馬鹿です。





終わり詩P

この曲で俺を殴るのはNG

最後の最後まで入れるか迷い外しました。

終わり詩Pの熱はもう十二分に伝わってきましたよ。




トモダチP

いつまでも、どこまでも と言いながら、そんなことは不可能だと知っている。でも、知っているからこそ今ここで経験していることが特別だと思えるんだ。



渡り鳥P・百合根P

技術屋だと思っていた人力ボカロPが、そうじゃなくてやっぱりアイドルプロデューサーだと認識を改めた作品。

以上です。


たぶん今回が今までで1番悩みました。


【私の20選総括】

20個選び終えて、コメントまで付け加えましたが、ざっと見てどうだったんでしょう。
オールスター無双になるかと思っていたら意外とアイドル偏ってたりもしますね。
20個選ぶにあたってかなりネックだったのが876プロの3人が出てくる動画。3人がHD化されて、すごいいろんな動画が出てきました。
ご存じない方もいるかもしれませんが、私は愛ちゃんのPなのです。もちろんみんな好きなんですが。
だから悩みましたねやっぱり。いっそ876プロ20選にしてもよかったんじゃないかってくらい。
最終的にはバランスよく入ったかな。無意識にバランス調整してるのかも。


選びたい作品は他にもいっぱいあったけど、完成した20選を眺めるとやっぱりこの20個以外はありえないって思えるので満足です。



【2012年上半期総括】
今期、アイマス、或いはニコマスがどういう感じだったのかなーって。
一言でいえば、ありきたりだけど「集大成」だとかいう言葉になるのかな。1つの大きな山のてっぺんにいる感じ。

まず、公式の動きとしてはアニメが昨年末で終わりました。ニコでは1月に最終話を迎えました。それからしばらくは一気に萎んでしまわないようにあれやこれやといろいろありましたよね。
そして6月の7thライブ。
公式としても2ndビジョンからのアニメ化の流れの1つの集大成的な場所だったんだろうと思います。それにふさわしい内容でしたし、演者他の感想を見ていてもわかります。

ニコマスはどうだったのかというと、新年早々にTataguPのごついのが現れます。

それから、私も選んだならかったPやaaaさんの動画、あとはPボウイさんの動画もそうですが、オールスターで熱い、盛り上がる動画が目を引いたように思います。勝手な感想ですけどね。

アニマスMADでも同じです。まあ最終回迎えた後なんだから当然なんですが、アニメの興奮の余熱で作り上げたものが多かったですよね。
そして卓球Pの20選まとめED。卓球Pによる20選はラストということで、まさしく「集大成」な動画でした。

じゃあノベマス方面はどうだったのか。あんまり追いきれてないのであれなんですが、古くからのシリーズで最終回を迎えたものが結構あったように思えます。
偶然なんでしょうが、区切りのタイミングとしてやりやすかった時期なのかもしれません。


とまあ「集大成」という表現を使いましたが、あとは下るだけかっていうとそうじゃないのがアイマス・ニコマス。
公式の動きとしては、モバマスがまさに隆盛を極め、CD・マンガにもなる。ジュピターもマンガになる。
そしてPSPで新作が出る。
アイマス声優の中からソロデビューする人も続々だ。

アニマスという1つの山を登った先、いくつもの方角に進撃していくように思える。そしてまたいつか1箇所を目指すのかもしれないですね。


当然ながらニコマスも鳴り止まない。それはもう日々見てもらえればわかるでしょう。MSC4は無事に開催され閉幕したし、20選も引き継がれた。下半期も企画・祭りは目白押し。

1つのピークから次のピークめざして。アイマス山脈はまだまだ続く。
  • URL:http://yaplog.jp/senkusya/archive/327
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
Loading
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:先駆者P
  • アイコン画像 現住所:奈良県
  • アイコン画像 職業:フリーター
  • アイコン画像 趣味:
    ・インターネット-見る専+P÷2.5くらい。連絡先→senkusyap@yahoo.co.jp
    ・ゲーム
読者になる
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像先駆者P
» 2011年下半期ニコマス20選(校了) (2012年01月11日)
アイコン画像ふらうぷ
» 2011年下半期ニコマス20選(校了) (2012年01月11日)
アイコン画像先駆者P
» みんな、しわっす!4はじまるよーー (2011年12月26日)
アイコン画像発光ダイオード
» みんな、しわっす!4はじまるよーー (2011年12月26日)
アイコン画像1年半前に150コマ抜いて力尽きたペンタP
» PS3で愛ちゃんが買えry   自分の新作紹介 (2011年12月21日)
アイコン画像先駆者P
» わぁい!リスペクトだってー (2011年09月18日)
アイコン画像アルマジロP
» わぁい!リスペクトだってー (2011年09月17日)
アイコン画像先駆者P
» 真誕生日おめでとー (2011年08月30日)
アイコン画像raydive
» 真誕生日おめでとー (2011年08月29日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる