【 更新情報 】

スポンサードリンク

専業主婦は世界最強?

先日、キャリアウーマンの友人から「専業主婦のあなたには悪いけど、休暇で家
にいてもやることってないし、お腹も空かないよね。」と言われました。彼女と
してみれば食事もままならずに一日中オフィスを走り回っている自分と比べ、一
日中、家にいる専業主婦は暇って見えるのでしょう。専業主婦VSキャリアウー
マンは犬猿の中といいますか、自分の立場を主張しては言い合いになっているよ
うな気がします。仕事を持っている女性は確かに尊敬できます。彼女たちからす
れば、税金も納めない専業主婦は自分たちが払った税金で養ってやっているくら
いの思いがあるかも知れません。確かにその通り、専業主婦は主人に養ってもら
い、社会からも優遇されているわけですが、小さい子供を何人も抱え自分のこと
は後回し、常に家族のために時間を使っている専業主婦に一体、何をしろという
のでしょうか。キャリマウーマンと同じように働き、家事と育児もこなさねば人
間としても価値がない生き物なのでしょうか。事情があって専業主婦になってい
る人もいますし、いずれは働きたいと思っている人も多いのです。専業主婦が何
をいってもキャリアウーマンの彼女には通じないでしょう。でもいいのです。家
族のためにつくしている自分に誇りを持って生きていきたいです。

専業主婦 暇

専業主婦は暇。今の世の中、専業主婦が認められない傾向にあります。確かに税
金・保険とも優遇されてはいます。働いている同姓からすれば、なんてムカつく
存在なんだろうと思われている専業主婦。でも専業主婦はけして暇ではないので
す。ようはその人の気持ちの持ちようだと思います。会社の仕事と違って専業主
婦は家事を手抜きすればいくらでも暇ができます。何もやらなければ一日好きな
ことだけして生きていけます。でもそんな専業主婦って見たことありますか?子
供の世話に追われ、自分のことは後回し。炊事・洗濯・掃除とどこのお宅でも専
業主婦はそれなりにがんばっています。専業主婦には一日たりとも休みはないの
です。職業:専業主婦。立派なものです。でも専業主婦ということに甘えてはい
けません。手がかかって仕方がない子供もいずれは独立し、自分の助けを必要と
していた両親も自分のもとを去っていきます。もしかしたら悲しいことにご主人
にも早く先だたれてしまうかも知れません。そして一人になったとき、どう生き
ていくのか。それを考え、準備をしていく必要はあります。そのときのために少
しずつ資格を取る勉強をしたり、ボランティアをしたりしてはどうでしょう。専
業主婦の皆さん、がんばりましょう。

専業主婦 ブログ

専業主婦のブログ見たことありますか。専業主婦は暇だ、パラサイトワイフだ、
ニートだなどと世間から見られがちですが、専業主婦もいろいろな悩みを抱えて
いるのがブログを読むと良くわかります。子供がいない専業主婦のブログに多い
のは不妊治療についてつづったものです。子供がいない専業主婦は特に暇でお気
楽でうらやましいなどと馬鹿にされがちですが、不妊治療に専念するべく泣く泣
く仕事をやめた人が多いのです。周りの専業主婦友達は子供がいる人ばかりで縁
遠い存在になり、日中は家に一人きり。このような専業主婦のブログを読んでい
ると自分の置かれている立場に悩み苦しむ姿がよくわかります。逆に、子育て真
っ最中の専業主婦のブログには、子供との日々の生活や、子供の問題について悩
んでいる様子、今の自分の立場や将来への不安などが書かれています。専業主婦
にブログを書く人が多いのは、単に暇だから書いているのではないのです。専業
主婦は悩みに共感してくれる仲間を求め、何を言っても専業主婦がと馬鹿にされ
る世間への不満をブログにぶつけているのです。専業主婦のブログを読めばきっ
と専業主婦への偏見が薄れることでしょう。専業主婦も立派な仕事です。それを
ブログを読んで理解して欲しいと思います。

専業主婦 寿退社

学校を卒業して就職。職場結婚で寿退社、そして専業主婦になる。昔はそれが勝
ち組と呼ばれてきた女性でした。世間からもそれが当たり前のこととして受け入
れられてきましたが、今はまったく違います。専業主婦になることのほうが珍し
い世の中になりました。結婚、出産をしても働くのが当たり前。キャリアウーマ
ンであって母であり妻である。それが今の女性の憧れ、勝ち組なのです。社会か
らもそれが当然のこととして認められつつあります。産休・育児休暇の取得が制
度として確立し、時間短縮勤務も認められるようになりました。企業によっては
会社内に託児所を用意しているところまであります。昔では考えられないことで
す。今、専業主婦は無能な生き物だなどと一部の心無い人からは言われるように
なりました。確かに専業主婦はお金を稼ぐわけでもなく、人様が払った税金を食
い物にしているかも知れません。でも昔はそれでよかったのです。女性は寿退社
をして専業主婦になってもらわなければ迷惑とまで言われた時代だったのです。
これからの時代、女性の社会的立場はさらに向上するでしょう。もしかしたら寿
退社という言葉が死語になり、専業主婦という職業が無くなる時代がくるかも知
れません。でも、望むべくして専業主婦になったわけではない女性がいることを
忘れないでほしいと思います。そして、馬鹿にして欲しくないと思います。

専業主婦 年金

専業主婦対働く独身女性、兼業主婦対専業主婦、女性の年金問題は年金制度改正
の議論のたびに話題となります。専業主婦になると第3号被保険者となり、国民
年金の保険料を免除されます。第3号被保険者の夫は厚生年金や共済年金に加入
していますが、その妻の保険料は制度全体でまとめて保険料を負担しています。
簡単にいえば、専業主婦は働いている皆さんが支払っている保険料の一部を回し
てもらっている立場なのです。これは確かに兼業主婦や独身女性からすれば不公
平な話です。では、子育てのために仕方がなく仕事をやめ無給の家事や子育ての
労働に日々明け暮れている女性はどうすればいいのでしょう。専業主婦の中には
働きたくても働けない事情がある女性も大勢います。このような子育て世代の女
性を守るためには第3号被保険者制度は必要な制度であると思えます。しかし、子
育てが終えた世代の女性にこの制度は必要でしょうか。「子育ても終えて生活に
もゆとりがある専業主婦の中高年女性が保険料を免除されている」確かにおかし
な話です。子育て世代の女性が働ける環境も年々整備されつつあります。これか
ら子供を持つ20代、30代の女性の社会進出は増加していくことでしょう。第3号被
保険者制度は今後も果たして必要な制度なのでしょうか。子育ても仕事もこなし
ている女性のほうが優遇されるべきではないでしょうか。

P R