人気が高い洗顔石鹸

January 06 [Wed], 2010, 18:11
口コミ・評判で人気の高い洗顔石鹸を調べたので、参考にしていただければと思います。
人気が高い洗顔石鹸


いまご自身が使っている洗顔石鹸は肌に合っていますか?
年齢が若いと肌も綺麗で、スキンケアをしなくても目だったトラブルはありません。
でも、「お肌の曲がり角」という言葉があるように、20代後半で一気に肌の老化が現れてきます。
スキンケアの基本は洗顔から!と言われているように、肌をいつまでも綺麗に保つには、毎日念入りに洗顔することを怠ってはいけません。
洗顔石鹸の人気ランキング


いつまでも綺麗な肌でいたいと思う女性は多いと思います。
その為に毎日の手入れをかかさず行っている女性が多いはず!
私もその一人なんですが、お肌の曲がり角はとーの昔に過ぎ去り、老化が目に見えて分かるようになり、何とかしなければと思い色々調べてみました。
洗顔石鹸で変わる!美肌美人への道

ブランド別洗顔石鹸

January 06 [Wed], 2010, 18:07
それぞれの洗顔石鹸についての特徴などを紹介しています。
ブランド別洗顔石鹸


真矢みきさんのCMでもお馴染みの悠香のお茶石鹸「茶のしずく」
洗顔料固形石鹸部門、洗顔料薬用石鹸部門、洗顔料お茶石鹸部門、洗顔料通信販売部門の4部門で売り上げ第1位。
茶のしずくは農薬や化学肥料を使わずに育てたお茶とキメ細かな泡にこだわって作られたものです。
鹿児島の「茶匠」熊田氏が農薬を使わずに育てた茶葉を使用し、その茶葉の中でも「茶匠」こだわりの二番茶のみを使用しています。
茶のしずく


よか石けんは火山灰が主原料の自然成分で出来た洗顔石鹸です。
よか石けんはこれまでに800万個が売れている人気商品なんです。
石鹸で800万個を突破する商品って珍しいですよね。
よか石けんの成分は、鹿児島にある桜島の火山灰と黒糖オリゴ、アロエエキス、ローヤルゼリーエキスなど、自然の中から生まれた美容にもいい成分が入っている無添加石鹸。
つかってみんしゃいよか石けん


アルソアの洗顔石鹸は自然界のミネラルに注目して70日間かけて丁寧に作られ石鹸です。
美しい肌を育むために、どんな肌にも必要な「洗う」ことを大切にしています。
清潔にすることで肌本来の力を引き出し、必要な潤いを決して奪わずに洗い上がりの肌をしっとりとさせる洗顔石鹸なんです。
アルソアの洗顔石鹸は豊かな泡立ちがあり、泡を丁寧に立てれば立てるほど粒子は細かくなり、肌の汚れが吸着しやすくなります。
アルソアの洗顔石鹸


三浦りさ子さんも愛用しているというエレクトーレの洗顔石鹸は、軽い泡立ちで、潤いを残したまま、汚れだけを落としてくれるので、肌には優しい洗顔石鹸です。
また、濡れた手や顔のままでトリートメントを使うことができ、10秒なじませるだけで、
肌細胞が活性化され、透明感がアップし、モチモチの肌に仕上がります。
たった10秒という手軽さは他のスキンケアでは見られないですよね。
エレクトーレの洗顔石鹸


ヴァーナルの洗顔石鹸はキメ細やかな弾力の泡で汚れをすっきり落とします。
洗顔石鹸の中で「アンクソープ」は肌に必要な潤いを奪うことなく、マシュマロのような弾力のある泡で、メイクによる毛穴の奥の汚れや角質をすっきり取り除き、植物エキスの働きで肌に必要な潤いを残します。
ヴァーナルでは、2つの石鹸で肌の負担になりがちな汚れをすっきり落とします。
アンクソープはクレンジングの役割をしてくれる石鹸です。
ヴァーナルの洗顔石鹸


VITA洗顔石鹸は、最高級洗顔石鹸の第一人者である職人さんがこだわって作った洗顔石鹸で、どの肌タイプの方にも使えるうえ、毛穴に残った汚れ、皮脂、角質をスッキリ落とすことにより、肌のくすみが取れ、皮脂バランスが整い、透明感のある素肌になると、53,000人の愛用者が納得した洗顔石鹸なんです。
乾燥、くすみ、化粧のノリが悪いなどの肌トラブルの原因の多くは皮脂バランスの乱れからで、VITA洗顔石鹸を使うことで古い角質をスッキリ落とし、皮脂バランスを整え、潤いながら明るい肌を目指すことができます。
VITAの洗顔石鹸


ホメオ石鹸は職人の手により約2ヶ月かけて作り上げられた洗顔石鹸です。
ニキビ予防対策に効果があることで、口コミのランキングでも上位に位置しています。
ホメオ洗顔の「ホメオ」は、代替医療の一種で「ホメオパシー」が起源となっています。
この治療法は毒をもって毒を制すというように、原因となるものを取り除く為に同じ効果・性質の物をごくわずか与えることで症状を軽減するというものです。
ホメオの洗顔石鹸


ひのき泥炭石は、ひのきのさわやかな香りが心地よく、ひのきピュアオイル、泥、炭、パパイン酵素を配合した洗顔石鹸です。
泡立ちのいいクリーミーな泡が、気になる毛穴の汚れを奥からかき出し、さっぱりスベスベな肌にしてくれ、素肌をいたわる不思議な力もあります。
簡単なメイクも落とせて、身体全体にも使ってOKな洗顔石鹸です。
ひのき泥炭石の洗顔石鹸


100%天然アロマのモチ泡洗顔のオリレワ洗顔石鹸。
オリレワ自慢の弾力のある濃厚でキメの細かなモチ泡での洗顔と、潤い、つっぱらない洗い上がりを試すことができる石鹸。
主原料は、オレイン酸をたっぷりと含み、チョコレートの原料として使用されるほどの高品質のシアバターをアフリカの契約農家から直輸入しています。
最近よく耳にするようになったシアバターって何なんでしょう?
オリレワの洗顔石鹸


草花木果 ゆずは優れたミネラルバランスを持つ「関平温泉水」と「なめらか洗浄成分」を新配合し、保湿深度がパワーアップし発売されました。
草花木果 ゆずの洗顔石鹸はキメ細かくクリーミーな泡立ちで、メラニンを含んだ古い角質を取り除き、明るくつるりとした肌に洗い上げます。
ゆずエキス、ゆず種子エキス、天然温泉水、さとう大根を原料とするアミノ酸系保湿成分が配合されていて、肌の奥からハリ・弾力を与え、肌に潤いを残しながら、化粧水が浸透しやすい肌に整えてくれます。
草花木果 ゆずの洗顔石鹸


池田さんの石鹸は、人の脂肪に近い良質な馬油を高純度に精製した天然オイル、馬の油で作った「馬の油入り石鹸」です。
昔ながらの製法で、一つ一つじっくりと手作りをし、実際に生産者の池田さんが食べて品質の管理をしているこだわりの石鹸です。
保存料・香料・着色料・発泡剤などの化学成分も一切含んでいないので、肌への刺激が少なくアトピーや肌トラブルを抱えた方、敏感肌の赤ちゃんにも安心して使える無添加の石鹸なんです。
池田さんの石鹸


ウド石鹸は高知県西部、四万十川流域の森で農薬や有機合成農薬等を使用せず、自生・栽培されているウドを使用し、国立高知大学農学部・国立岡山大学農学部などの研究協力を得て商品化に成功し、美白・美肌効果の高いウドエキスがたっぷり入った無添加石鹸です。
ウドエキスを抽出するウドってどんな植物なのか?
ウドは、日本や中国で昔から自生している植物で、和漢薬として解熱鎮痛、滋養強壮などに使われ、抗菌・洗浄効果に優れ、抗酸化作用の働きをもつポリフェノールなど美容成分がたっぷり含まれています。
ウド石鹸


「本当に必要なスキンケアはドクターの手から」が宣伝文句のスキンピールバー。
愛用者が増え、現在200万個が売れている勢い。
スキンピールバーは、肌の汚れを落とすだけではなく、余分な古い角質や毛穴に残った汚れも落とすために長い開発期間を経て、配合バランスが難しいピーリング石鹸を皮膚科医の経験や知識を取り入れ、作られたピーリング石鹸なんです。
スキンピールバー


真鍋かをりさんのCMでお馴染みの「プロアクティブ」
日米アクネケアで売上実績が第1位。
日本で販売されている商品は日本人の肌質に合わせて品質改良がされていて、男女問わずニキビに悩む人の強い味方となっています。
プロアクティブの洗顔石鹸はリニューイングクレンザといいます。
プロアクティブ

注目されている洗顔石鹸

January 06 [Wed], 2010, 17:56
いま注目されてきている洗顔石鹸を調べてみたので紹介します。
注目されている洗顔石鹸


ここ最近、韓国の石鹸が日本でも注目され、売上を伸ばしてきていることがわかりました。
韓流ドラマに出ている女優さんの肌はもちろん、若い女性だけでなく中年の女性までも肌がきれいと言われるほど、美肌女性が多いのが韓国です。
美に対する意識は日本の女性よりも高いそうで、韓国には日本よりも化粧品屋さんがたくさんあるそうです。
韓国の洗顔石鹸


女性は誰でも一度は「ピーリング」と言う言葉を耳にしたことがあると思います。
ピーリングは英語で「はぐ」「むく」の意味です。
実際に皮をはいだり、むいたりはしませんが、古くなった角質層に薬剤や物理的刺激を与えて老廃物を取り除き、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促し、肌本来の美しさを取り戻すための方法をピーリングといいます。
ターンオーバー(肌の新陳代謝)とは、皮膚の一番外側の部分「表皮」が生まれ変わっていくことです。
ピーリング石鹸


ちょっとリッチな気分になれる洗顔石鹸を紹介します。
洗顔がより楽しくなり、しっとり艶やかに洗い上げる宝石のような石鹸です。
「純金箔石鹸」は、固練りの高級石鹸に金箔を入れたリッチな石鹸なんです。
しかも金箔のなかでも最高級とされる純金箔五毛色の金箔が入ってるんです。
金は昔から高貴な秘薬と言われ医療でも用いられていたようです。
自律神経を調和する、血液やリンパの流れを良くする、新陳代謝を活発にするなど、多くの働きを持っているそうです。
金箔入り洗顔石鹸


皮膚は歳を取るにつれ、新陳代謝が衰え、皮脂の分泌量や発汗量が低下します。
そうなると皮膚は乾燥し、シワやシミが増えてきます。
もともと皮膚はコラーゲンが豊富なんですが、コラーゲンの新陳代謝が衰えるとコラーゲンが古くなり、柔軟性がなくなり、水分を保つ場所が少なくなります。
結果、保湿力がなくなり、カサカサの皮膚になり、ツヤ、なめらかさが失われます。
また、老化によってコラーゲンが少なくなり、膨れたり、反対に細くなって裂けたりするため、皮膚は張りを失い、たるんで小ジワができます。
コラーゲン入り洗顔石鹸


最近、注目されているのが無添加の洗顔石鹸です。
無添加の洗顔石鹸と言ってもたくさんの種類があり、どれも同じという訳ではありません。
石鹸はオイルが主原料で、原料として使用するオイルの品質によって、完成した無添加石鹸の品質が左右されます。
無添加の洗顔石鹸を作るのに用いられるオイルは、「動物性」のものと、「植物性」のものがあり、一般のスーパーで目にする無添加の洗顔石鹸は、主に動物性のオイルが使われています。
無添加の洗顔石鹸

洗顔石鹸でできること

January 06 [Wed], 2010, 17:50
洗顔石鹸で、みなさんが何を一番に重要視したいのかを考えましたので、参考にしていただければと思います。
洗顔石鹸でできること


昔から肌トラブルとして多くの人が悩まされているのが「ニキビ」だと思います。
にきびには10代後半〜20代前半にホルモンバランスの変化によってできる思春期ニキビと、ストレスや生活習慣の乱れで新陳代謝(ターンオーバー)がうまくいかずに角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなることが原因でできる大人ニキビがあります。
ニキビは体質にも関係していて、皮脂腺の活動が活発な人ほどニキビが出やすいそうです。ニキビは初夏や初秋などの季節の変わり目に出来やすくなったり、他の原因としてはメイク落しをしていない、寝不足、甘いものの摂り過ぎ、ストレスなど色々考えられます。
洗顔石鹸でにきび予防


女性の誰もが古い角質とはサヨナラしたいと思っているもの。
そもそも「角質ケア」って何なのでしょう?
子供の肌は、新しい健康な肌細胞がいつも作られていて、古くなった肌を押し出す力があるので、日焼けしても、すぐに皮がむけて元の肌色に戻ります。
ところが、年齢とともに疲れやストレスなどで肌の生まれ変わりがスムーズに行われなくなると、古い角質がいつまでも肌の表面に留まり、毛穴をつまらせたり、黒ずみの原因となったり、血行を悪くしたり、メイクのノリを悪くしてしまったり、日焼けした肌もそのまま、水分を保てなくなってカサついたり、透明感がなくなったりします。
洗顔石鹸で角質ケア


毛穴とは、皮膚表面にある小さな毛が生える穴のことですが、毛穴には毛包組織、汗腺、皮脂線の出口などがあり、皮脂や汗を外に出すという大切な役割があります。
しかし、過剰な皮脂やほこり、洗顔で落としきれなかったメイクの汚れ、古い角質などで毛穴がつまり、皮脂や汗を外に出すという役割を果たすことができなくなります。
毛穴の黒ずみ、毛穴の汚れ、毛穴の開きなど、目立たせないためには皮脂の過剰分泌を抑え、皮脂を毛穴に溜め込まないためにも毎日のスキンケアは大切です。
洗顔石鹸で毛穴対策しよう


メイク落としって、面倒なんですよね。
毎日のことなのでできるだけ手早く済ませられたらな!って思いますよね。
最近はたくさんの種類の洗顔剤が売られています。
まず、メイク落とし、洗顔、固形石鹸を選ぶ時に合成界面活性剤が含まれていないか確認して下さい。
合成界面活性剤は、私たちの皮膚を守ってくれている「皮脂」を根こそぎ洗い流します。
また、皮膚のバリアゾーンを弱めてしまい、皮内の水分が外へ逃げてしまいます。
洗顔石鹸でメイクも落とせる?


スキンケアの基本は保湿であるように、乾燥肌は肌トラブルの直接の原因になります。
紫外線や空気の乾燥などの外的要因とハードな仕事、ストレス、睡眠不足、飲酒、喫煙などの内的要因によって、うるおいバランスが崩れて乾燥肌になり、肌のバリア機能が低下するために起こるそうです。
そんな乾燥肌に必要なのは、確実な保湿ケアで、角質層が十分な水分を保つことができるような状態にすることです。
洗顔石鹸で乾燥には確実な保湿


くすみやシミのない真っ白な肌は誰もがあこがれますよね。
美白のもとになる肌の色は、メラニン色素の量で決まると言われています。
皮脂、油性の汚れを肌の上に残したままにしておくと、肌がくすむ、毛穴が開く、色素沈着を起こすなどの美白を妨げる原因になります。
そこで美白を目指して使用する洗顔石鹸選びは重要になってきます。
値段の安さだけで洗顔フォーム洗顔を選んではいませんか?
石鹸で美白を目指す


女性なら誰もが求める「透明感のある肌」とは、どんな肌?
肌の透明感はくすみが無く、肌のキメが整い、なめらかでハリがあり、たっぷりとした潤いがある肌のことです。
透明感のある肌の基本は、洗顔石鹸で皮脂汚れと古い角質をしっかり落とし、くすみ汚れを取り除くことにあります。
そして一番大事なのは、いつも肌にたっぷりとした水分があることです。
洗顔石鹸で透明感のある肌を!

洗顔石鹸で気をつけること

January 06 [Wed], 2010, 17:42
洗顔石鹸を使うにあたって、肌に悪いものではないのか?肌に負担のない洗顔方法はないのか?を調べたので参考にして下さい。
洗顔石鹸で気をつけること


洗顔を使用するときに気になるのが弱酸性を使うべきか、弱アルカリ性を使うべきかだと思います。
普通、石鹸は弱アルカリ性なんですが、洗顔フォームは弱酸性のものが多くなっています。私たちの肌は弱酸性なので、弱酸性のもので洗うほうが肌には良いのではないか?と思う方も多いのではないでしょうか。
今まで弱酸性の洗顔を使っていた方が弱アルカリ性の洗顔石鹸で洗顔すると肌のツッパリを感じます。
弱アルカリ性の洗顔石鹸


最近は洗顔フォームよりも固形石鹸の方が人気が高いです。
美肌は「洗顔に始まって洗顔で終わる」と言われいるように、顔全体に泡をのせ力を入れずにやさしい泡でなでるように、ゆっくり時間をかけて洗うのがポイントです。
洗顔石鹸の上手な泡立て方を知っていますか?
泡洗顔がいいと最近よく耳にします。
泡洗顔がなぜ良いかというと、キメの細かい泡を立てることによって、皮膚の汚れを包み込み、毛穴の奥まできれいに汚れを落とすことができるからです。
洗顔石鹸の上手な泡立て方

洗顔石鹸の手作りについて

January 06 [Wed], 2010, 17:37
自分でも手作り石鹸ができるのかな?っと思って調べてみたので参考にして下さい。
洗顔石鹸の手作りについて


市販の石鹸は製造後から購入までに時間がかかるため、変色や酸化、参加による悪臭を防ぐために酸化防止剤や金属封鎖剤などの化学成分が含まれています。
商品のイメージを良くするために着色料、香料などを加えた石鹸もあります。
経皮毒って知ってますか?
私を含めみなさんも日常生活の中で有害化学物質を皮膚から吸収しています。
それを経皮毒と言うんですが、毎日少しずつ私たちの体に毒が蓄積しているんです。
手作り石鹸と市販の石鹸との違いはなに?
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sengan_ninki
読者になる
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31