398円で買われちゃった“せねがるす君”が見た ご主人様の「余分なこと」だらけのセカイ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:せねがるす。
読者になる
“せねがるす君”
ただいま、23センチ!

2008年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像url
ご挨拶。 (2010年12月12日)
アイコン画像ぷるん
ご挨拶。 (2008年10月05日)
アイコン画像ヘビ君MkU
へび君からの手紙 (2007年12月15日)
アイコン画像せねがるす。
へび君からの手紙 (2007年12月15日)
アイコン画像ご主人様
ご主人様が帰ってきた! (2007年12月14日)
アイコン画像ぱるます2号
ご主人様が帰ってきた! (2007年12月14日)
アイコン画像せねがるす
グリーンFゴールド (2007年09月17日)
アイコン画像あしこ
グリーンFゴールド (2007年09月17日)
アイコン画像せねがるす
ポリプティーって? (2007年08月06日)
アイコン画像せねがるす。
寄生虫大作戦! (2007年08月05日)
Yapme!一覧
読者になる
ご挨拶。 / 2008年01月01日(火)
 
   
Posted at 22:00 / せねがるす日記 / この記事のURL
コメント(2)
ようこそ“せねがるす。”へ。 / 2007年12月15日(土)


 みなさん、こんにちは。
 ぼく、“せねがるす”。
 ポリプテルス・セネガルスだよ。







 ここは、僕が飼ってるご主人様のブログです。うひ。

 主にポリプテルス、つまり僕に関する記事がメインで、その他、ポリプテルスの飼育方法なんかが紹介されているかもしれません。
 それから、僕によるご主人様の観察日記かな。
 僕は、ご主人様に連れてこられてからずっとご主人様のなんでもない生活を観察していました。飼い主としては、必須のソヨウだね。うひひ。



 このブログの主な内容は、次の通りです。

 せねがるす日記:
 僕のことが書かれています。
 「せねがるす君って、ハンサムね」とか「せねがるす君って、とってもだんでぃね」とか、そんなところだネ。

 せねがるす戦記:
 僕と、ポリプテルス最大の敵、寄生虫ポリプティーとの戦いの記録です。だけど、肝心のご主人様がヘタレなので、僕、困っちゃうヨ。

 ご主人様日記:
 ぶっちゃけ見なくていいです。僕のご主人様のおマヌケな日記です。



 “せねがるす。”の新着記事をお知らせするよ。
 このブログを作ってる僕のご主人様は、筆無精だから、記事の日付とエントリーされた日がズレてるから気をつけてね!

 それから、ご主人様は、後から勉強して新しい情報を仕入れた時には、一度掲載した記事でも書き直しをすことがあります。
 その時も、ここでお知らせするから、チェックしてみてね!




 12月15日の新着記事は・・・
 2007年07月21日分記事 へび君からの手紙 

 12月14日の新着記事は・・・
 2007年12月14日分記事 ご主人様が帰ってきた!

 
   
Posted at 21:00 / せねがるす日記 / この記事のURL
コメント(0)
へび君からの手紙 / 2007年12月15日(土)




 おい



 せねがるす



 タイシャじゃなくて



 オオヤシロって言うんだよ





素人め!



 ※…「へび君」は、ナナメな銀桃見聞録のキャラクタです。
 
   
Posted at 06:58 / せねがるす日記 / この記事のURL
コメント(2)
ご主人様が帰ってきた! / 2007年12月14日(金)
こんにちは!
僕、“せねがるす”。
ポリプテルス・セネガルスだよ!







 みなさん、お久しぶりです。せねがるすだよ。
 なんで、みなさんとご無沙汰してたかというと、ご主人様が更新をさぼったからです。

 せねがるす君が死んじゃって、ご主人様がブログ止めちゃったの?とか言われてますケド、



僕はピンピンしてます! ヽ(`Д´)ノ



 今年のお盆から今月にかけて、ご主人様は西はキュウシュウから、北はホッカイドーまで、お仕事であちこちの土地を行ったり来たりしてたんだって。
 そっか、そう言えば、僕もここのところご主人様の顔をほとんど見かった気がするよ。
 僕のご飯くれてたのもご主人様じゃなかったような気がするケド、ま、いいや



 さて、今回は長く更新できなかったお詫びに、ご主人様があちこちを旅している間に、行く先々で撮った旅先の写真を紹介します。
 ていうか、ご主人様の行った場所なんか見せられても仕方ないんだけど、ご主人様が、滅多に見ないような場所もあるかもしれないから、みんなに見せるんだって頑張ってるので、まあ、暇つぶしにでも見てあげてください。



8月 出雲





 これは、イズモシっていうところでご主人様が撮った写真だね。
 イズモシには、イズモタイシャっていう有名な神社があるんだって。ご主人様ったら、お仕事さぼって、遊びに行ってたんだね。
 なが〜い松林を抜けていくと、イズモタイシャの大きなお社があって、そこでみんなお参りをしてたんだってさ。
 どうせ、ご主人様のことだから、お腹いっぱいご飯食べたいとかお願いしたんだろうけどね。うひ。



8月 門司





 これは、フクオカケンのモジ駅の写真だね。イズモシの後は、ご主人様はキュウシュウに移動したみたい。
 なんでも、ずーっと昔に造られた駅舎なんだってさ。
 そういえば、最近、急に鉄道の旅がブームになってるみたいだけど、僕のご主人様は、ずっとずっと昔から夜行列車が好きだったんだよって言ってた。
 なんでも、汽車の窓から、流れる町の灯りを見ながら「あそこには小さな子供がいて、お父さんの膝に抱かれながら家族でテレビを見てるのかな」とか、「あそこは、家族で夕食を食べてる最中なのかな」なんてことを想像するのが好きなんだって。
 そうやってビールを飲みながら、窓の景色を眺めて、いつのまにかウトウトするのが最高なんだって。
 と、いうわけで、夜行列車が走る路線沿線のみなさん、



汽車の中には、こんな変な人もいますので、気をつけてね!



8月 大分





 今度は、ご主人さまったら、オオイタケンに移動したみたいだね。
 地元の人なら知ってると思うんだけど、ここは「ヤバケイ」っていって不思議な形の岩があって、そこに生えてる樹木の綺麗なところなんだ。
 ご主人様がいうには、特に秋の紅葉のシーズンと、樹氷がみられる雪のシーズンは、とても幻想的で素敵な景色になるんだってさ。
 それから、写真に写ってる場所は、「青の洞門
って言って、すごい交通の難所だったんだって。写真で映ってる岩壁に切れ込みがあって、昔の人はそこに道を通して行ったり来たりしてたんだってさ。
 詳しくは、菊池寛の「恩讐の彼方に」っていう小説があるので、それをいんたーねっとで検索してみるといいよって、ご主人様が言ってたよ。



8月 大阪





 こちらは、オオサカ城だね。 
 ご主人様は、まだオオサカ城を見たことがなかったので、是非見てみたいと思ってたんだって。だから鉄道の乗り継ぎの時間がたっぷりあったので、ちょっと足を伸ばして見物してきたんだってさ。




8月 名古屋





 素敵なオブジェだね。ご主人様は、ナゴヤ港に置いてあって、夜になるとライトアップされるんだって言ってた。
 でも、僕、イルカのオブジェも可愛くて素敵だけど、ポリプテルスのオブジェだったらもっと素敵だと思うんだ。

 みんなはどう思う?

 ところで、ナゴヤっていったら他にも色々あるのに、どうしてご主人様は港になんかいるんだろう。
 僕、もしかして、ご主人様のことだから、道に迷って泣いてるかもしれないって心配になったから、夜、こっそりパソコンでご主人様にメールをしてみたんだ。
 そしたら、



名古屋港水族館に行って、エンドリさん見てきたんだよ。



 ぼ、ぼぼぼぼぼぼぼ、僕のお世話をほっぽり出して、この



浮気者ー!ヽ(`Д´)ノ



9月 釧路





 って、今度は、ご主人様ったらホッカイドーにいるみたいです。
 ご主人様からの手紙によると、1つめの写真はクシロ湿原なんだって。それから2つめの写真は、キリタップ岬からの景色なんだそうです。
 えーっと…。どっちも行ったことある人なら分かると思うんだけど…。



ご主人様!早まっちゃいけません!
その前に、僕のご飯だけはたくさん買ってて下さい!



9月 函館





 えーっと、確かハコダテって、ホッカイドーの西の端だったと思うんだ。
 その前はクシロって…そう言えば、前にご主人様が大陸横断鉄道も好きなんだって言ってたけど…。
 まさか…。

 それはさておき、ご主人様からの手紙によると、ハコダテには坂があって、洋館があって、ロープウェイがあって、港があって、まるで以前ご主人様が暮らしていたナガサキっていうところにそっくりなんだって。
 驚くほど、よく似てるので、ご主人様は知らない土地に来たっていう気がしなかったんだって。
 もし、みなさんの周りにも両方の土地を知ってる人がいたら、是非、どうだったか尋ねてみてね。



10月 日光





 これは、トチギケンというところにあるニッコウシだそうです。
 上の写真はニッコウトウショウグウっていう神社で、トクガワイエヤスっていう人が祀られてるんだってさ。
 そういえば、トクガワイエヤスっていうのは昔の偉い人で、エドバクフっていう政治の中心を作ったひとなんだよって、ご主人様が言ってた。西田敏行さんが良い味だしてたね、ってご主人様が言ってたけど、何のことか僕分かんないや。

 それから、下の写真は、チュウゼンジコからナンタイザンを見た写真だそうです。
 ニッコウは紅葉が綺麗なところで有名なんだけど、今年は紅葉が遅れてて、ご主人様が訪ねた時はまだ緑の葉っぱが多かったんだってさ。
 だいたいご主人様ってば、いつもこういうチャンスに恵まれない星の下に生まれてるんだよね。そう言えば、子供の頃から遠足や運動会の時はいつも雨だったって言ってたし、ご主人様が引っ越すと毎年その土地に台風がやってくるって言ってたもんね。
 って、いうか、そんなご主人様に買われちゃった僕って、なんてカワイソウなんだろ。



11月 新潟





 最後は、ニイガタケンからニホンカイに沈む夕焼けの写真を紹介します。
 ご主人様が夜行列車から撮ったそうです。



って、またかよ!ヽ(`Д´)ノ



 本当に、ご主人様は夜行列車が好きなんだねぇ。
 で、写真の場所は、「笹川流れ」っていう列車からの景観が素敵なところなんだって。そして、その素敵な景観に沈む夕日!

 僕、ご主人様ってどっかピントがずれたセンスを持ってる、特異な人だと思ってたんだけど、ところがどっこい、結構良い感性を持ってるじゃない!
 僕、ちょっとだけ、ほん〜〜〜〜〜っの、ちょっとだけ、ご主人様を見直したよ。

 そして、そんな素敵なご主人様に選ばれた僕って、やっぱり



どっか他とは違う?




えへ。



 あ、なんか誰か来たみたい。



ご主人様:
せねがるす君!ただいま!」



 ええっと…。今ご主人様は留守なんですけど、どなたですか?



 うわっ!なにをする!なんで水槽揺らすの!?タスケテ!
 
   
Posted at 19:53 / ご主人様日記 / この記事のURL
コメント(2)
グリーンFゴールド / 2007年09月14日(金)


 …よし。ご主人様はいないナ。今のうちに…。

 *ごそごそ*

 …よし、これでもう、大丈夫。うひひ。


 あ、や、やあ。みなさんこんにちわ!
 ぼ、僕、”せねがるす”。
 ポリプテルス・セネガルスだよ。




はーはー。ぜぃぜぃ。



 …え?何をやってたんだって?
 えっとね、それはね…。
 ご主人様がいないうちに、内緒でお薬と「ひかり ウーパールーパー」を入れ替えてたんだよ。
 ご主人様は、おマヌケだから、これでお薬と間違えて、僕のご飯を大量に水槽に入れてくれるハズだっ!

 あ、これはみんなと僕の内緒だからね。約束だよ。



 そんなわけで、ついにポリプティー退治にお薬を使う決断をした僕とご主人様なんだけど、早速あちこちのホームページを調べて、比較的安全性が高いグリーンFゴールドっていうお薬を使うことに決めたんだったよね。



 そう言えば、お薬を使う前に、ご主人様ったら一応僕のことを心配してくれてたみたいなんだ。水槽の前で腕を組んで、なんだかゴルゴ13みたいな顔でじーっと僕のことを見つめてた。

 何やってるの?って僕が聞いたら、「お薬を使う前に、君の体調を観察してるんだよ」だって。
 なんでも、お薬が強すぎたりすると、ポリプテルスは水槽の中で暴れたりするらしいんだけど、その時はすぐに水換えをしてお薬を薄めてあげるといいんだって。
 その他にも若いうちに薬品に漬けられたりしたポリプテルスは、大きくなって骨が曲がってしまったりすることがあるみたい。ご主人様が言うには、実験で統計的に証明されたわけじゃないんだろうけど、ポリプテルス飼育の先輩の経験によると、そうなんだってさ。

 まあ、お薬を入れたとたんに僕が死んじゃったらヤだもんね。
 ポリプテルスに限らず、一緒にくらしてる大切な動物が病気になった時は、お薬を使う前と、すぐその後での様子の変化をよく観察しようねってことだね。
 これフヘンの真理だよ。僕、難しい言葉知ってて凄いでしょ?えへ。



 どうやら、そのへんの慎重さは、ご主人様は天然で持ち合わせてるみたいだね。
 それから何でもかんでも「どうしたらいい?」って人に聞いて、「人がこう言ったから」みたいにしないで、情報を仕入れた後は自分で答えを見つけ出すべく考えて悩む姿勢は評価してあげます。うひひ。



ご主人様:
うん。君が死んでも自己責任だからね。
 それを踏まえて、慎重かつ大胆にやらないと・・・。




 うんうん。そうだね。僕が死んでも・・・って、



そんなんヤダ!!ヽ(`Д´)ノ




 ちなみに、トウケイテキにショウメイってどうやるの?ってご主人様に聞いてみました。
 例えば100匹くらい2セットでポリプテルスを飼育してみるんだって。それで、片方のグループにはお薬を入れて、もう一方のグループにはお薬を入れないで飼育して、どっちのグループの方が、背骨の曲がっちゃうポリプテルスが多くなるか調べるんだって。




そんな非人(?)道的なこと、許さーん!ヽ(`Д´)ノ




 さてさて、そろそろお薬の準備を始める時になって、ご主人様は、ポケットからプラスチックの小びんを取り出しました。







 僕、これ知ってるよ。100円ショップで、女の人のお化粧の小物入れコーナーで売ってるやつだよね。

 どうやら、この小びんでお薬を予め水に溶かすみたい。
 グリーンFゴールドは、比較的毒性が弱いお薬みたいなんだけど、それでも、ポリプテルスには効果が強すぎるから、付属の説明書に書いてある量の1/5くらいしか使わない方がいいんだって。

 つまり、30リットルの飼育水に1グラムのお薬を入れるようにって説明書に書いてあるから、僕が今住んでる水槽は水量が10リットルだから、1グラムの1/3グラムで、その1/5だから、1/15グラムで…ええと、0.066666…だね。




 で、ご主人様がどうやったかっていうと、そんな面倒なことはしないんだって。

 ご主人様は、0.1グラムのお薬を計り取ったんだ。




こんだけ。



 そして僕の水槽のお水を小瓶の目盛りの3mlまで加えました。
 つまり、そのうち、2mlを使えば丁度良いんだってさ。

 グリーンFゴールドは水に溶けやすいんだけど、ご主人様は、小瓶をか〜るく振った後、太陽の光に透かしてみて、一応ちゃんと溶けてるか確認してました。




こんなかんじ。



 さあ、ついにお薬を投入です!
 と言っても、そのまま流し込むだけなんだけど、ご主人様ったら、僕がショックでたいへんなことにならないか結構びびってたみたい。この小心者メ。



;゚д゚) Σ って、あれ!?

なんで、「ひかり ウーパールーパー」じゃないんだよ!



ご主人様:
あたりまえでしょ!この、お馬鹿せねがるす!



な、なんだとーーーーー!ヽ(`Д´)ノ



 と、いうわけで、次回は、「お薬投入初日」のことをお話します。

 本当はいっぺんにお話しても良かったんだけど、ヤプログさんの無料プランではひとつの記事に5000文字までっていう制限があって、もう文字数が残ってないんだって。

 早い話が、ご主人様がお金ケチってるからです。



ご主人様:
とっとと水槽の奥にいかないと、濃いお薬浴びることになるよ!




ささっ。



つづく。
 
   
Posted at 23:48 / せねがるす戦記 / この記事のURL
コメント(2)
寄生虫退治のお薬 / 2007年07月31日(火)

 これは、ずっとずっと前のお話。
 僕がまだ前の水槽で生活していた頃。
 僕とご主人様の、命を懸けた戦いの記録さ・・・






 みんな、こんにちは!
 ぼく、“せねがるす”。
 ポリプテルス・セネガルス
 だよ。


←眉毛が八時二十分。




 さて、僕たちポリプテルスの敵、ポリプティーに感染しちゃってた僕なんだけど、ご主人様が頼りないので自分で“いんたーねっと”でポリプティー退治について色々調べてみました。

 あちこちのポリプテルスに関するホームページを見て回った結果、どうやらポリプティー退治には観賞魚の用のお薬がいいみたい。



 だけどポリプテルスは人間が使うお薬に弱いっていう情報もあるみたいだから、お薬は慎重に使わないといけないんだって。
 僕、よく知ってるよ。

ご利用は計画的に

ってやつだね!(*^ー゚)b

 だから僕、今回はせねがるす権限を発動してご主人様に指令を出しました。





指令:寄生虫駆除薬について調べよ!



 

 そんなわけで、以下、ご主人様のレポートを掻い摘んで報告します。


▽▽▽▽▽
▽▽▽▽
▽▽▽
▽▽



 色々なお魚のお薬があるけれど、ポリプティーを駆除するには、日本動物薬品会社さんが販売してるグリーンFゴールドっていうお薬と、リフィッシっていうお薬が効果があるそうです。

 どっちのお薬も、熱帯魚屋さんで売ってるから、すぐに買えるそうだよ。

 僕もご主人様のお尻を蹴っ飛ばしてにお願いして、今回は、両方のお薬を買ってきてもらうことにしました。


  

グリーンFゴールド          リフィッシュ


 ↑こんな箱で売ってました。



 それで、どっちのお薬を使う方が効果があるかってことなんだけど、“いんたーねっと”で調べてみたんだけど、少しずつだけど書いてあることが違うみたい。そこでそれぞれのお薬についての説明をまとめてみることにしたよ。


 こんなかんじ・・・・


グリーンFゴールド:
 ○ リフィッシュに比べて効果が低い
 ○ 全く効果がないという報告もあるみたい
  リフィッシュに比べてポリプテルスに対する毒性が弱い
 ○ リフィッシュに比べて濾過バクテリアに対する毒性も弱い
 ○ 水に溶けやすく、使いやすい

リフィッシュ:
 ○ グリーンFゴールドに比べて効果が高い
 ○ グリーンFゴールドに比べてポリプテルスに対する毒性が強い
 ○ グリーンFゴールドに比べて濾過バクテリアに対する毒性も強い
 ○ 若干、溶けにくい



 ふむふむ…。
 つまり、グリーンFゴールドの方がお薬の効果が弱くって安全だけど、リフィッシュの方が高い効果が期待できるみたい。だけど、リフィッシュは小さなポリプテルスには使用量を気をつけないと危険っていうこみたいだね。

 僕はまだ15センチ(当時)で育ち盛りだから、安全なグリーンFゴールドを使う方がいいみたいだね!



ご主人様:
よしっ、リフィッシュでキマリだね。気合いで頑張るんだ、せねがるす君。


;゚д゚) Σ ちょっと待ってえええええええええ!


 リフィッシュの方が毒性が強いかもってかいてあるじゃん!
 それに、「気合いで頑張るんだ」って何だよ!ヽ(`Д´)ノ



 と、とにかく、「えー(不満)」とか言ってるご主人様は無視して、今回はせねがるす権限を発動して、グリーンFゴールドを使うことにしますっ。



こんなところで死んでたまるかーヽ(`Д´)ノ



 あ、そうそう。ちなみに僕らは最後はリフィッシュを使いました。
 だからこの記事を読んだ皆さんも、すぐにグリーンFゴールドを使わずに、慎重にお薬を選んでね。



 次回の“せねがるす戦記”は、いよいよグリーンFゴールドを投入します。
 僕とポリプティーの戦いを、お楽しみに!



↑グリーンFゴールドの粉末



 あ、グリーンFゴールドは黄色い粉末だけど、ご婦人からの“せねがるす君、頑張って!”っていう黄色い声援は、いつでも受付中だから、そこのところヨロシクねっ!
 
   
Posted at 20:33 / せねがるす戦記 / この記事のURL
コメント(0)
風鈴市 -川崎大師- / 2007年07月21日(土)
  こんにちは!
  僕、“せねがるす”。
  ポリプテルス・セネガルスだよ!




「いやー、水槽の中は涼しいねェ。」



 だんだん暑くなってきて夏本番ってカンジになってきたけど、みんな夏バテせずに元気かい?
 僕は、僕が夏ばてしちゃいけないっていう“特別な事情”があって、常に空調が効いてるお部屋にいるから、夏バテなんかしないけどね。うひ。



(・ω・)つ [ご主人様注:別の事情です。]



 今日、ご主人様は川崎大師っていうお寺まで風鈴を買いに行きました。





「川崎大師・厄除だるま風鈴





 今日の朝、テレビを見ていたご主人様は、川崎大師っていうお寺の境内で「風鈴市」が立ってるのを知りました。それで、暑くなってきて、前から風鈴が欲しいなって思っていたご主人様は、出かけてみることにしたんだね。






風鈴がいっぱい!



 風鈴市には日本中の風鈴が集まって音色を競ってたんだって。
 それで風鈴を見に来た人たちもみんな団扇で風を送って、風鈴を鳴らして楽しんでたんだってさ。

 それで帰ってきてからご主人様は僕に風鈴の写真を見せてくれたんだ。
 写真には色とりどりの風鈴がたくさん写って、とっても綺麗だったよ。ご主人様てば、お顔に似合わずけっこう風流な人なんだねぇ。

 だから、今日はみなさんに、僕が気に入った風鈴を紹介することにします!



 それでは!ご主人様のヘタレ写真による風鈴ギャラリー!
 行ってみよ〜〜〜!







 エントリーナンバー1番!「諏訪ガラス風鈴」です。
 牛乳みたいな白い素肌に、朱や藍で模様が描かれてて、とっても綺麗だね!
 ちんちろちんちろ、鳴いていたんだってさ。







 エントリーナンバー2番!岩手県の「南部風鈴」。
 南部鉄っていう鋳物でできてるんだって。ご主人様が言うには、「キンキン」っていうカネタタキみたいな音がしたそうです。
 カネタタキは秋の虫だから、夏の暑い夜に、音が聞こえたら素敵だね!







 エントリーナンバー3番!
 「萩焼風鈴」と、ガラスの「奈良風鈴」は、一番若い人が集まってたんだって。
 萩焼の風鈴の背の高いのがタヌキで、背の低いのがネコのデザインなんだってさ。だから、みんな「可愛い〜」って言って、団扇で扇ぐんじゃなくて、直接糸を引っ張って音を鳴らしてたんだって。
 きっと、世の中のペット諸君は、尻尾とか引っ張られまくりなんだろうな。うひひ。







 エントリーナンバー4番!
 これは千葉県から来た「里山風鈴」だよ。
 色々な形と模様があって、素朴で優しい音色がしてたから、ご主人様が言うには、一番お気に入りの一つなんだそうです。
 まあ、ご主人様の感性なんてアテにならないけどね!
 でも、例えばご主人様のお爺ちゃんお婆ちゃんの住んでるお家には、ガラスの綺麗な風鈴より、こっちの方が雰囲気がぴったりなんだってさ。







 エントリーナンバー5番!「喜多方蒔絵風鈴」です。
 綺麗な蒔絵がしてあって、ご主人様も思わず見とれちゃったんだって。
 緑の他にも、青や藍色があって、可愛いウサギさんが描かれていました。
 夏の夜にこの風鈴が窓際に下がってるのを見たら、ちょっと早いけど十五夜気分だね!
 あ、僕は“月より団子”だけどね。うひ。







 あっという間に、本日最後のエントリー!
 ご主人様もいくつか気に入った風鈴を見つけたそうなんだけど、その一つが、この夕焼け色の風鈴なんだって。
 大阪の「被せガラス風鈴」っていうそうです。
 赤トンボを追いかける子供の絵がプリントしてあって、みんな「素敵ねぇ」って言っては手に取って見てたそうです。
 きっと赤とんぼを追いかけた後、みんなこうやって兄弟と手をつないで夕焼け空を見たんだねぇ。
 あのトンボが水面に落ちてきたら、きっと食べたら美味しいだろうなぁ。





 いやぁ〜、風鈴って、ほんっ!とに綺麗ですね!(水野晴郎さん風)
 普段、軒下で忘れられてる風鈴だけど、こうやって楽しみながら買ってきた風鈴だったら、見る度に嬉しい気持ちになっちゃうよね!



 ところで、ご主人様に「もっと色々な風鈴の写真見せて」って言ったんだけど、どうやらこれで全部みたい。

 ご主人様ったら、一足先に夏の「涼」を体験して楽しんだのかなって思ったら、色とりどりの風鈴に目を奪われて、気が付いたら夕方になってたんだって。
 どうやら、あの風鈴も綺麗、この風鈴も綺麗って、あっちやこっちへふらふらし続けてたみたい。
 それで、気が付いたらお家に帰る時間になってて、帰りの電車では疲れちゃって爆睡しちゃったんだってさ。

 いいトシして、子供と変わらないんだから。やれやれだね。







みんなの心に、音色が届きますように。

 
   
Posted at 22:10 / ご主人様日記 / この記事のURL
コメント(0)
ポリプティーって? / 2007年07月21日(土)

 これは、ずっとずっと前のお話。
 僕がまだ前の水槽で生活していた頃。
 僕とご主人様の、命を懸けた戦いの記録さ・・・



 みなさん、こんにちは。
 ぼく、“せねがるす”。ポリプテルス・セネガルスだよ。





 そんなワケで、寄生虫大作戦を実行することになった僕とご主人様なんだけど、今日は寄生虫の“ポリプティー”について紹介するね。



 ちなみに、今回、ご主人様はあんまり役に立ってません。
 なんでかっていうと、ポリプティーの顕微鏡写真の撮影に成功したことで、



ポリプティーにも愛着が沸いちゃったみたい ヽ(`Д´)ノ



 ご主人様ったら、生き物だったら何でも興味を持っちゃうから、ホント困っちゃうよ!
 ポリプティーの写真を見ながら、「何万年もポリプテルスだけに寄生して生きてきたんだねぇ」とか、「こんな姿で進化してきたなんて不思議だよねぇ」とか、何故かうっとりした表情で呟いてるんです。



 仕方ないので、僕、今回も!自分でポリプティーについて“いんたーねっと”で調べることにしました。
 だけど、所詮この記事を書いてるのはご主人様なので、読者の皆さんはなるべく、例えば下に紹介してるポリプテルスの大手サイトさんを参考にしてね!このブログの記事を信用しちゃいけないって、君と僕のお約束だよ!


ポリプテルスの大手サイト様:

 
 D's room さん

 
 なおきち さん




 さて、ご主人様が言ってるように、ポリプティーは僕たちポリプテルスの仲間にしか寄生しないそうです。アフリカの大自然の中で、彼らは本当はアミメウナギに寄生して生きてきたんだって。
 それがいつからか、僕たちポリプテルスにも感染しちゃったんだってさ。ポリプティーは、ポリプテルスと同じアフリカ原産なんだね。

 アミメウナギについては、またいつかお話しするね。



 そして、こちらがポリプティーの写真。




 なんだか、とっても凶悪そうな顔をしてるよね…。僕、なんだか、背中がムズムズしてきちゃった…。

 彼らは顔のところに着いてるトゲトゲみたいのと、お尻の先端に着いてる鉤ぎ爪みたいので、僕たちの体に取り付いて、尺取り虫みたいにウネウネ動くんだ。

 これまで、色々な場所で紹介されているポリプティーの写真を見ると、白い半透明の体に赤い縞模様があるよね。顕微鏡写真でも分かるように、縞模様は神経節みたいだね。これを見たご主人様は、「ユスリカの巨大染色体だ!」なんてトボケタことを大声で言って喜んでたけど、それは華麗にスルーっていうのが、大人のマナー。皆さんと僕のお約束だよ。

 それと、左の写真の、体の真ん中付近に見えてる出っ張りは、排泄口か、生殖器じゃないかなって、ご主人様のボスさんが言ってました。



 ポリプティーの食べ物は、僕たちポリプテルスの体液なんだって。
 だけど僕たちポリプテルスはガノインっていう鎧みたいな鱗が全身を覆ってるから、体の中までは入ってこれないんだ。

 だから、エラの辺りから中へ入ろうとするんだけど、僕たちもこそばゆいから胸びれで“かいかいっ”って追い払うんだけど、その仕草が犬が耳の後ろを掻く姿によく似てるんだってさ。
 ま、僕に言わせると、犬の方が、僕たちにポリプテルスに似てるんだけどねっ。

 ちなみに、僕が“かいかいっ”ってやってる仕草を見て、ご主人様は、「か、可愛い…(萌」とか言ってましたけど、



こっちは、それどころじゃないのに! ヽ(`Д´)ノ



 なんで、それどころじゃないかっていうと、ポリプティーに感染したポリプテルスは、少しずつ体の血がなくなって、やがてはミイラに…ひぃぃぃぃぃぃ。

 それは冗談だけど、ポリプテルスはかなり体力がある魚なので、ポリプティーに感染してもすぐに死だりはしないんだって。ただ、体液を吸われるワケだから、徐々に体力が無くなっていちゃうんだ。(´・ω・`)


 だから、お薬なんか使っちゃうと不安もあるけれど、やっぱり寄生虫は退治した方がいいよね。



 ご主人様も、

ポリプテルスはお薬に弱いから、使い方が難しいんだって。でも、“不安”とか“分からない”なんて言いながら手を出さないよりは、自己責任だけど良い結果を夢見て挑戦して失敗した方がいいんだよ。

って、言ってました。



失敗は許さーん ヽ(`Д´)ノ




 と、いうワケで、次回は、ポリプティー退治のためのお薬を紹介します。



さあ!せねがるす君、やるよっ!



 …ご主人様、なんで、そんなに楽しそうなのさ。
 
   
Posted at 20:21 / せねがるす戦記 / この記事のURL
コメント(2)
寄生虫大作戦! / 2007年07月15日(日)

 これは、ずっとずっと前のお話。
 僕がまだ前の水槽で生活していた頃。
 僕とご主人様の、命を懸けた戦いの記録さ・・・



 みなさん、こんにちは。
 ぼく、“せねがるす”。ポリプテルス・セネガルスだよ。

 突然だけど、僕…





病気になっちゃいました。


「がーん。」



 その日、ご主人様は、

ちょっと前の方に来てごらん。

 そう僕に言ったきり、じっと僕を見つめて黙ってしまいました。


 それは、いつも鼻くそを丸めて、ぴんって飛ばしてる時の顔とは全然違って、本当に真剣な表情でした。

 その表情は、まるでテレビドラマに出てくるお医者さんがレントゲンの写真を見て「う〜ん」て言った時みたいに深刻そうだったから、僕も素直にご主人様の前に行くことにしました。
 決して、ご主人様がちらちら見せてくれた「ひかり キャット」に釣られたわけじゃありません。これホントだよ。

 それから、僕、ご主人様はいつも普段からそんなお顔だったら少しはマシなんじゃないかなって思うんだけど、どうせ言っても本人に自覚がないので、言わないでおくことにしました。



…どう思います?

 ご主人様は、すぐ側で同じように僕の水槽を覗き込んでいたボスさんに尋ねました。

 そしてボスさんは、

うん。やっぱりそうみたいだね。

と、難しそうな顔をしたまま頷いたんです。


 何だろう?と思って、僕もご主人様を見ていると、今度は、ご主人様は「ひかり キャット」を持った手を右、左に順番に振ってみせたんです。そして最後には、水槽の水面近くに手を持って行って、「ひかり キャット」をふりふりと動かしました
 そして、

うわー、体中だ。右にも左にも、お腹にもくっついてる…。

って、言いました。


 もう!ご主人様!いったい何なのさ。
 意地悪してないで、とっととその「ひかり キャット」をちょうだい何なのか説明してよ!


まるでギョウ虫だネ…。



;゚д゚) Σ  ぎょぎょぎょぎょ魚、ギョウ虫!?



ボスさん:
うん。見事に体中にくっついてるね。



 そうなんです。僕の体は、


ギョウ虫 寄生虫に冒されてしまったんです!



ΩΩ Ω <ナンダッテーー!!


 実は、僕、今まで色々馬鹿にしてきたけど、ご主人様はお魚飼育のぷろへっそなるだから、僕のことはきちんと面倒みてくれると思ってました。それに僕たちポリプテルスはとても丈夫なので、金魚やメダカがかかる病気にはならないんです。

 だから、病気になったりすることはないって、ご主人様を信頼していたのに…、なのにヒドイよ…ご主人様…。僕が病気になるまでほったらかしにするなんて…。

 そういえば、真っ黒くろすけ君が出てきたりして、びみょーに水質が安定してなかったみたいだし。



ご主人様の真性バカ!へたれ飼育! ヽ(`Д´)ノ


ご主人様:
…違うよ。それはポリプテルスにしか寄生しない寄生虫なんだよ。そしてこの水槽には、君が来るまでポリプテルスが入ったことはない。分かる?

 ふむむ…?

ご主人様:
それから、これが君がウチに来てすぐの写真。その魚眼レンズをよ〜く磨いて見なさいね!



よく見ると、いっぱい憑いてた。


ご主人様:
つまり、その寄生虫は、君が398円で買われる前から君の体に住み着いてたってこと!あーゆー、あんだーすたん?おまぬけボーイ?

それから、水質が安定しなかったのは君がたくさんウンチするからで、ようやく最近になって安定してきたんでしょ!

無茶苦茶言うなら、また小石爆弾するよ?


 うそうそうそうそ、嘘です!ゴメンナサイ!
 ご主人様は素敵です!見事な三段論法でした!



 そうです。
 ポリプテルスを飼育したことある人なら、すぐにピンときたと思うんだけど、僕が感染しちゃった寄生虫の名前は・・・




このサイズの拡大画像は珍しいハズ…

マクロギロダクティルス・ポリプティ!
(Macrogyrodactylus polypteri)


 とっても凶悪な顔をした、僕たちポリプテルスの敵、通称“ポリプティー”と呼ばれる寄生虫です。


 そして、ついに、 “せねがるす戦記 〜寄生虫との戦い〜” が始まるのです…。
 
   
Posted at 00:27 / せねがるす戦記 / この記事のURL
コメント(4)
ぱる君2号 / 2007年07月06日(金)

「ちゅっ」

 さあ、怖くないよ…。
 そっと目を閉じてごらん、ハニー。

 僕のでっかいお口で、優しくキスをしてあげよう。



 と、いうワケで、こんにちは。
 僕、“せねがるす”。ポリプテルス・セネガルスだよ。



 今日は、またまた僕のお友達を紹介します。
 これまで、みんなに小さな小さな僕の同居人を紹介してきたけれど、今度は遠く離れた場所に住んでいるポリプテルスのお友達です。



 おともだちの名前は“ぱる君2号”!
 体がひとつで、頭が3つのキングギドラに見えるけど、それは錯覚で、ちゃんとしたポリプテルスなんだよ。
 それからなんで2号かっていうのは、聞いちゃイケナイっていうのが、大人のマナー。僕とみんなのお約束だよ。


 ぱる君は、ポリプテルス・パルマスっていう、僕たちポリプテルスの仲間なんだって。僕たちセネガルスとはどう違うの?ってご主人様に聞いたら、

実は、日本昔話のオープニングで、坊やが乗ってる竜がいるでしょ?
 あれが、パルマスなんだよ。だから、ぱる君2号も何メートルもの
 大きさになって、そのうち大空を飛行するんだよ!」


って、言ってました…。
 …誰かご主人様の空想癖を何とかしてください (つД`)



 仕方ないのでお馬鹿なご主人様はほっといて、僕が“いんたーねっと”で調べたところによると、ぱる君2号たちポリプテルス・パルマスは、僕たちセネガルスと同じで、60センチ水槽でも飼育できる、小さめのポリプテルスなんだって。


つか、ご主人様いきなり嘘バレてるじゃーん
ヽ(`Д´)ノ


 それで、僕たちセネガルスとは違って、体にたくさん模様が出るそうです。
 ご主人様に言わせると、胸びれの付け根にある黒い模様がアクセントになってて、すごく可愛いんだそうです。まるでミ○キーマウスみたいとかほざいてますけど、僕は大人だから嫉妬してご主人様に知らんぷりとかしませんけどね。ええ、しませんとも。

 あと、セネガルスには僕みたいなロング・フィンやアルビノがいるけれど、、パルマスにはザイールグリーンっていって、体が緑色になる種類もいるんだってさ。

 ぱる君2号は、まだ小さくて10センチ弱くらいなんだそうだけど、きっと僕と同じで、たくさんご飯食べてぐんぐん大きくなるよね。
 そして僕と一緒にご主人様たちを驚かせてやろうね!



ぱる君2号とへびくん2号の生息地:銀桃見聞録
 
   
Posted at 23:27 / せねがるす日記 / この記事のURL
コメント(0)
P R
export_start AUTHOR: せねがるす。 TITLE: ご挨拶。 STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: せねがるす日記 DATE: 01/01/2008 22:00:44 ----- BODY:
----- EXTENDED BODY: ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- AUTHOR: せねがるす。 TITLE: ようこそ“せねがるす。”へ。 STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: せねがるす日記 DATE: 12/15/2007 21:00:07 ----- BODY:

 みなさん、こんにちは。
 ぼく、“せねがるす”。
 ポリプテルス・セネガルスだよ。







 ここは、僕が飼ってるご主人様のブログです。うひ。

 主にポリプテルス、つまり僕に関する記事がメインで、その他、ポリプテルスの飼育方法なんかが紹介されているかもしれません。
 それから、僕によるご主人様の観察日記かな。
 僕は、ご主人様に連れてこられてからずっとご主人様のなんでもない生活を観察していました。飼い主としては、必須のソヨウだね。うひひ。



 このブログの主な内容は、次の通りです。

 せねがるす日記:
 僕のことが書かれています。
 「せねがるす君って、ハンサムね」とか「せねがるす君って、とってもだんでぃね」とか、そんなところだネ。

 せねがるす戦記:
 僕と、ポリプテルス最大の敵、寄生虫ポリプティーとの戦いの記録です。だけど、肝心のご主人様がヘタレなので、僕、困っちゃうヨ。

 ご主人様日記:
 ぶっちゃけ見なくていいです。僕のご主人様のおマヌケな日記です。



 “せねがるす。”の新着記事をお知らせするよ。
 このブログを作ってる僕のご主人様は、筆無精だから、記事の日付とエントリーされた日がズレてるから気をつけてね!

 それから、ご主人様は、後から勉強して新しい情報を仕入れた時には、一度掲載した記事でも書き直しをすことがあります。
 その時も、ここでお知らせするから、チェックしてみてね!




 12月15日の新着記事は・・・
 2007年07月21日分記事 へび君からの手紙 

 12月14日の新着記事は・・・
 2007年12月14日分記事 ご主人様が帰ってきた!

----- EXTENDED BODY: ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- AUTHOR: せねがるす。 TITLE: へび君からの手紙 STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: せねがるす日記 DATE: 12/15/2007 06:58:12 ----- BODY:



 おい



 せねがるす



 タイシャじゃなくて



 オオヤシロって言うんだよ





素人め!



 ※…「へび君」は、ナナメな銀桃見聞録のキャラクタです。 ----- EXTENDED BODY: ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- AUTHOR: せねがるす。 TITLE: ご主人様が帰ってきた! STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: ご主人様日記 DATE: 12/14/2007 19:53:38 ----- BODY: こんにちは!
僕、“せねがるす”。
ポリプテルス・セネガルスだよ!







 みなさん、お久しぶりです。せねがるすだよ。
 なんで、みなさんとご無沙汰してたかというと、ご主人様が更新をさぼったからです。

 せねがるす君が死んじゃって、ご主人様がブログ止めちゃったの?とか言われてますケド、



僕はピンピンしてます! ヽ(`Д´)ノ



 今年のお盆から今月にかけて、ご主人様は西はキュウシュウから、北はホッカイドーまで、お仕事であちこちの土地を行ったり来たりしてたんだって。
 そっか、そう言えば、僕もここのところご主人様の顔をほとんど見かった気がするよ。
 僕のご飯くれてたのもご主人様じゃなかったような気がするケド、ま、いいや



 さて、今回は長く更新できなかったお詫びに、ご主人様があちこちを旅している間に、行く先々で撮った旅先の写真を紹介します。
 ていうか、ご主人様の行った場所なんか見せられても仕方ないんだけど、ご主人様が、滅多に見ないような場所もあるかもしれないから、みんなに見せるんだって頑張ってるので、まあ、暇つぶしにでも見てあげてください。



8月 出雲





 これは、イズモシっていうところでご主人様が撮った写真だね。
 イズモシには、イズモタイシャっていう有名な神社があるんだって。ご主人様ったら、お仕事さぼって、遊びに行ってたんだね。
 なが〜い松林を抜けていくと、イズモタイシャの大きなお社があって、そこでみんなお参りをしてたんだってさ。
 どうせ、ご主人様のことだから、お腹いっぱいご飯食べたいとかお願いしたんだろうけどね。うひ。



8月 門司





 これは、フクオカケンのモジ駅の写真だね。イズモシの後は、ご主人様はキュウシュウに移動したみたい。
 なんでも、ずーっと昔に造られた駅舎なんだってさ。
 そういえば、最近、急に鉄道の旅がブームになってるみたいだけど、僕のご主人様は、ずっとずっと昔から夜行列車が好きだったんだよって言ってた。
 なんでも、汽車の窓から、流れる町の灯りを見ながら「あそこには小さな子供がいて、お父さんの膝に抱かれながら家族でテレビを見てるのかな」とか、「あそこは、家族で夕食を食べてる最中なのかな」なんてことを想像するのが好きなんだって。
 そうやってビールを飲みながら、窓の景色を眺めて、いつのまにかウトウトするのが最高なんだって。
 と、いうわけで、夜行列車が走る路線沿線のみなさん、



汽車の中には、こんな変な人もいますので、気をつけてね!



8月 大分





 今度は、ご主人さまったら、オオイタケンに移動したみたいだね。
 地元の人なら知ってると思うんだけど、ここは「ヤバケイ」っていって不思議な形の岩があって、そこに生えてる樹木の綺麗なところなんだ。
 ご主人様がいうには、特に秋の紅葉のシーズンと、樹氷がみられる雪のシーズンは、とても幻想的で素敵な景色になるんだってさ。
 それから、写真に写ってる場所は、「青の洞門
って言って、すごい交通の難所だったんだって。写真で映ってる岩壁に切れ込みがあって、昔の人はそこに道を通して行ったり来たりしてたんだってさ。
 詳しくは、菊池寛の「恩讐の彼方に」っていう小説があるので、それをいんたーねっとで検索してみるといいよって、ご主人様が言ってたよ。



8月 大阪





 こちらは、オオサカ城だね。 
 ご主人様は、まだオオサカ城を見たことがなかったので、是非見てみたいと思ってたんだって。だから鉄道の乗り継ぎの時間がたっぷりあったので、ちょっと足を伸ばして見物してきたんだってさ。




8月 名古屋





 素敵なオブジェだね。ご主人様は、ナゴヤ港に置いてあって、夜になるとライトアップされるんだって言ってた。
 でも、僕、イルカのオブジェも可愛くて素敵だけど、ポリプテルスのオブジェだったらもっと素敵だと思うんだ。

 みんなはどう思う?

 ところで、ナゴヤっていったら他にも色々あるのに、どうしてご主人様は港になんかいるんだろう。
 僕、もしかして、ご主人様のことだから、道に迷って泣いてるかもしれないって心配になったから、夜、こっそりパソコンでご主人様にメールをしてみたんだ。
 そしたら、



名古屋港水族館に行って、エンドリさん見てきたんだよ。



 ぼ、ぼぼぼぼぼぼぼ、僕のお世話をほっぽり出して、この



浮気者ー!ヽ(`Д´)ノ



9月 釧路





 って、今度は、ご主人様ったらホッカイドーにいるみたいです。
 ご主人様からの手紙によると、1つめの写真はクシロ湿原なんだって。それから2つめの写真は、キリタップ岬からの景色なんだそうです。
 えーっと…。どっちも行ったことある人なら分かると思うんだけど…。



ご主人様!早まっちゃいけません!
その前に、僕のご飯だけはたくさん買ってて下さい!



9月 函館





 えーっと、確かハコダテって、ホッカイドーの西の端だったと思うんだ。
 その前はクシロって…そう言えば、前にご主人様が大陸横断鉄道も好きなんだって言ってたけど…。
 まさか…。

 それはさておき、ご主人様からの手紙によると、ハコダテには坂があって、洋館があって、ロープウェイがあって、港があって、まるで以前ご主人様が暮らしていたナガサキっていうところにそっくりなんだって。
 驚くほど、よく似てるので、ご主人様は知らない土地に来たっていう気がしなかったんだって。
 もし、みなさんの周りにも両方の土地を知ってる人がいたら、是非、どうだったか尋ねてみてね。



10月 日光





 これは、トチギケンというところにあるニッコウシだそうです。
 上の写真はニッコウトウショウグウっていう神社で、トクガワイエヤスっていう人が祀られてるんだってさ。
 そういえば、トクガワイエヤスっていうのは昔の偉い人で、エドバクフっていう政治の中心を作ったひとなんだよって、ご主人様が言ってた。西田敏行さんが良い味だしてたね、ってご主人様が言ってたけど、何のことか僕分かんないや。

 それから、下の写真は、チュウゼンジコからナンタイザンを見た写真だそうです。
 ニッコウは紅葉が綺麗なところで有名なんだけど、今年は紅葉が遅れてて、ご主人様が訪ねた時はまだ緑の葉っぱが多かったんだってさ。
 だいたいご主人様ってば、いつもこういうチャンスに恵まれない星の下に生まれてるんだよね。そう言えば、子供の頃から遠足や運動会の時はいつも雨だったって言ってたし、ご主人様が引っ越すと毎年その土地に台風がやってくるって言ってたもんね。
 って、いうか、そんなご主人様に買われちゃった僕って、なんてカワイソウなんだろ。



11月 新潟





 最後は、ニイガタケンからニホンカイに沈む夕焼けの写真を紹介します。
 ご主人様が夜行列車から撮ったそうです。



って、またかよ!ヽ(`Д´)ノ



 本当に、ご主人様は夜行列車が好きなんだねぇ。
 で、写真の場所は、「笹川流れ」っていう列車からの景観が素敵なところなんだって。そして、その素敵な景観に沈む夕日!

 僕、ご主人様ってどっかピントがずれたセンスを持ってる、特異な人だと思ってたんだけど、ところがどっこい、結構良い感性を持ってるじゃない!
 僕、ちょっとだけ、ほん〜〜〜〜〜っの、ちょっとだけ、ご主人様を見直したよ。

 そして、そんな素敵なご主人様に選ばれた僕って、やっぱり



どっか他とは違う?




えへ。



 あ、なんか誰か来たみたい。



ご主人様:
せねがるす君!ただいま!」



 ええっと…。今ご主人様は留守なんですけど、どなたですか?



 うわっ!なにをする!なんで水槽揺らすの!?タスケテ! ----- EXTENDED BODY: ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- AUTHOR: せねがるす。 TITLE: グリーンFゴールド STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: せねがるす戦記 DATE: 09/14/2007 23:48:52 ----- BODY:

 …よし。ご主人様はいないナ。今のうちに…。

 *ごそごそ*

 …よし、これでもう、大丈夫。うひひ。


 あ、や、やあ。みなさんこんにちわ!
 ぼ、僕、”せねがるす”。
 ポリプテルス・セネガルスだよ。




はーはー。ぜぃぜぃ。



 …え?何をやってたんだって?
 えっとね、それはね…。
 ご主人様がいないうちに、内緒でお薬と「ひかり ウーパールーパー」を入れ替えてたんだよ。
 ご主人様は、おマヌケだから、これでお薬と間違えて、僕のご飯を大量に水槽に入れてくれるハズだっ!

 あ、これはみんなと僕の内緒だからね。約束だよ。



 そんなわけで、ついにポリプティー退治にお薬を使う決断をした僕とご主人様なんだけど、早速あちこちのホームページを調べて、比較的安全性が高いグリーンFゴールドっていうお薬を使うことに決めたんだったよね。



 そう言えば、お薬を使う前に、ご主人様ったら一応僕のことを心配してくれてたみたいなんだ。水槽の前で腕を組んで、なんだかゴルゴ13みたいな顔でじーっと僕のことを見つめてた。

 何やってるの?って僕が聞いたら、「お薬を使う前に、君の体調を観察してるんだよ」だって。
 なんでも、お薬が強すぎたりすると、ポリプテルスは水槽の中で暴れたりするらしいんだけど、その時はすぐに水換えをしてお薬を薄めてあげるといいんだって。
 その他にも若いうちに薬品に漬けられたりしたポリプテルスは、大きくなって骨が曲がってしまったりすることがあるみたい。ご主人様が言うには、実験で統計的に証明されたわけじゃないんだろうけど、ポリプテルス飼育の先輩の経験によると、そうなんだってさ。

 まあ、お薬を入れたとたんに僕が死んじゃったらヤだもんね。
 ポリプテルスに限らず、一緒にくらしてる大切な動物が病気になった時は、お薬を使う前と、すぐその後での様子の変化をよく観察しようねってことだね。
 これフヘンの真理だよ。僕、難しい言葉知ってて凄いでしょ?えへ。



 どうやら、そのへんの慎重さは、ご主人様は天然で持ち合わせてるみたいだね。
 それから何でもかんでも「どうしたらいい?」って人に聞いて、「人がこう言ったから」みたいにしないで、情報を仕入れた後は自分で答えを見つけ出すべく考えて悩む姿勢は評価してあげます。うひひ。



ご主人様:
うん。君が死んでも自己責任だからね。
 それを踏まえて、慎重かつ大胆にやらないと・・・。




 うんうん。そうだね。僕が死んでも・・・って、



そんなんヤダ!!ヽ(`Д´)ノ




 ちなみに、トウケイテキにショウメイってどうやるの?ってご主人様に聞いてみました。
 例えば100匹くらい2セットでポリプテルスを飼育してみるんだって。それで、片方のグループにはお薬を入れて、もう一方のグループにはお薬を入れないで飼育して、どっちのグループの方が、背骨の曲がっちゃうポリプテルスが多くなるか調べるんだって。




そんな非人(?)道的なこと、許さーん!ヽ(`Д´)ノ




 さてさて、そろそろお薬の準備を始める時になって、ご主人様は、ポケットからプラスチックの小びんを取り出しました。







 僕、これ知ってるよ。100円ショップで、女の人のお化粧の小物入れコーナーで売ってるやつだよね。

 どうやら、この小びんでお薬を予め水に溶かすみたい。
 グリーンFゴールドは、比較的毒性が弱いお薬みたいなんだけど、それでも、ポリプテルスには効果が強すぎるから、付属の説明書に書いてある量の1/5くらいしか使わない方がいいんだって。

 つまり、30リットルの飼育水に1グラムのお薬を入れるようにって説明書に書いてあるから、僕が今住んでる水槽は水量が10リットルだから、1グラムの1/3グラムで、その1/5だから、1/15グラムで…ええと、0.066666…だね。




 で、ご主人様がどうやったかっていうと、そんな面倒なことはしないんだって。

 ご主人様は、0.1グラムのお薬を計り取ったんだ。




こんだけ。



 そして僕の水槽のお水を小瓶の目盛りの3mlまで加えました。
 つまり、そのうち、2mlを使えば丁度良いんだってさ。

 グリーンFゴールドは水に溶けやすいんだけど、ご主人様は、小瓶をか〜るく振った後、太陽の光に透かしてみて、一応ちゃんと溶けてるか確認してました。




こんなかんじ。



 さあ、ついにお薬を投入です!
 と言っても、そのまま流し込むだけなんだけど、ご主人様ったら、僕がショックでたいへんなことにならないか結構びびってたみたい。この小心者メ。



;゚д゚) Σ って、あれ!?

なんで、「ひかり ウーパールーパー」じゃないんだよ!



ご主人様:
あたりまえでしょ!この、お馬鹿せねがるす!



な、なんだとーーーーー!ヽ(`Д´)ノ



 と、いうわけで、次回は、「お薬投入初日」のことをお話します。

 本当はいっぺんにお話しても良かったんだけど、ヤプログさんの無料プランではひとつの記事に5000文字までっていう制限があって、もう文字数が残ってないんだって。

 早い話が、ご主人様がお金ケチってるからです。



ご主人様:
とっとと水槽の奥にいかないと、濃いお薬浴びることになるよ!




ささっ。



つづく。 ----- EXTENDED BODY: ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- AUTHOR: せねがるす。 TITLE: 寄生虫退治のお薬 STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: せねがるす戦記 DATE: 07/31/2007 20:33:22 ----- BODY:
 これは、ずっとずっと前のお話。
 僕がまだ前の水槽で生活していた頃。
 僕とご主人様の、命を懸けた戦いの記録さ・・・






 みんな、こんにちは!
 ぼく、“せねがるす”。
 ポリプテルス・セネガルス
 だよ。


←眉毛が八時二十分。




 さて、僕たちポリプテルスの敵、ポリプティーに感染しちゃってた僕なんだけど、ご主人様が頼りないので自分で“いんたーねっと”でポリプティー退治について色々調べてみました。

 あちこちのポリプテルスに関するホームページを見て回った結果、どうやらポリプティー退治には観賞魚の用のお薬がいいみたい。



 だけどポリプテルスは人間が使うお薬に弱いっていう情報もあるみたいだから、お薬は慎重に使わないといけないんだって。
 僕、よく知ってるよ。

ご利用は計画的に

ってやつだね!(*^ー゚)b

 だから僕、今回はせねがるす権限を発動してご主人様に指令を出しました。





指令:寄生虫駆除薬について調べよ!



 

 そんなわけで、以下、ご主人様のレポートを掻い摘んで報告します。


▽▽▽▽▽
▽▽▽▽
▽▽▽
▽▽



 色々なお魚のお薬があるけれど、ポリプティーを駆除するには、日本動物薬品会社さんが販売してるグリーンFゴールドっていうお薬と、リフィッシっていうお薬が効果があるそうです。

 どっちのお薬も、熱帯魚屋さんで売ってるから、すぐに買えるそうだよ。

 僕もご主人様のお尻を蹴っ飛ばしてにお願いして、今回は、両方のお薬を買ってきてもらうことにしました。


  

グリーンFゴールド          リフィッシュ


 ↑こんな箱で売ってました。



 それで、どっちのお薬を使う方が効果があるかってことなんだけど、“いんたーねっと”で調べてみたんだけど、少しずつだけど書いてあることが違うみたい。そこでそれぞれのお薬についての説明をまとめてみることにしたよ。


 こんなかんじ・・・・


グリーンFゴールド:
 ○ リフィッシュに比べて効果が低い
 ○ 全く効果がないという報告もあるみたい
  リフィッシュに比べてポリプテルスに対する毒性が弱い
 ○ リフィッシュに比べて濾過バクテリアに対する毒性も弱い
 ○ 水に溶けやすく、使いやすい

リフィッシュ:
 ○ グリーンFゴールドに比べて効果が高い
 ○ グリーンFゴールドに比べてポリプテルスに対する毒性が強い
 ○ グリーンFゴールドに比べて濾過バクテリアに対する毒性も強い
 ○ 若干、溶けにくい



 ふむふむ…。
 つまり、グリーンFゴールドの方がお薬の効果が弱くって安全だけど、リフィッシュの方が高い効果が期待できるみたい。だけど、リフィッシュは小さなポリプテルスには使用量を気をつけないと危険っていうこみたいだね。

 僕はまだ15センチ(当時)で育ち盛りだから、安全なグリーンFゴールドを使う方がいいみたいだね!



ご主人様:
よしっ、リフィッシュでキマリだね。気合いで頑張るんだ、せねがるす君。


;゚д゚) Σ ちょっと待ってえええええええええ!


 リフィッシュの方が毒性が強いかもってかいてあるじゃん!
 それに、「気合いで頑張るんだ」って何だよ!ヽ(`Д´)ノ



 と、とにかく、「えー(不満)」とか言ってるご主人様は無視して、今回はせねがるす権限を発動して、グリーンFゴールドを使うことにしますっ。



こんなところで死んでたまるかーヽ(`Д´)ノ



 あ、そうそう。ちなみに僕らは最後はリフィッシュを使いました。
 だからこの記事を読んだ皆さんも、すぐにグリーンFゴールドを使わずに、慎重にお薬を選んでね。



 次回の“せねがるす戦記”は、いよいよグリーンFゴールドを投入します。
 僕とポリプティーの戦いを、お楽しみに!



↑グリーンFゴールドの粉末



 あ、グリーンFゴールドは黄色い粉末だけど、ご婦人からの“せねがるす君、頑張って!”っていう黄色い声援は、いつでも受付中だから、そこのところヨロシクねっ! ----- EXTENDED BODY: ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- AUTHOR: せねがるす。 TITLE: 風鈴市 -川崎大師- STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: ご主人様日記 DATE: 07/21/2007 22:10:09 ----- BODY:   こんにちは!
  僕、“せねがるす”。
  ポリプテルス・セネガルスだよ!




「いやー、水槽の中は涼しいねェ。」



 だんだん暑くなってきて夏本番ってカンジになってきたけど、みんな夏バテせずに元気かい?
 僕は、僕が夏ばてしちゃいけないっていう“特別な事情”があって、常に空調が効いてるお部屋にいるから、夏バテなんかしないけどね。うひ。



(・ω・)つ [ご主人様注:別の事情です。]



 今日、ご主人様は川崎大師っていうお寺まで風鈴を買いに行きました。





「川崎大師・厄除だるま風鈴





 今日の朝、テレビを見ていたご主人様は、川崎大師っていうお寺の境内で「風鈴市」が立ってるのを知りました。それで、暑くなってきて、前から風鈴が欲しいなって思っていたご主人様は、出かけてみることにしたんだね。






風鈴がいっぱい!



 風鈴市には日本中の風鈴が集まって音色を競ってたんだって。
 それで風鈴を見に来た人たちもみんな団扇で風を送って、風鈴を鳴らして楽しんでたんだってさ。

 それで帰ってきてからご主人様は僕に風鈴の写真を見せてくれたんだ。
 写真には色とりどりの風鈴がたくさん写って、とっても綺麗だったよ。ご主人様てば、お顔に似合わずけっこう風流な人なんだねぇ。

 だから、今日はみなさんに、僕が気に入った風鈴を紹介することにします!



 それでは!ご主人様のヘタレ写真による風鈴ギャラリー!
 行ってみよ〜〜〜!







 エントリーナンバー1番!「諏訪ガラス風鈴」です。
 牛乳みたいな白い素肌に、朱や藍で模様が描かれてて、とっても綺麗だね!
 ちんちろちんちろ、鳴いていたんだってさ。







 エントリーナンバー2番!岩手県の「南部風鈴」。
 南部鉄っていう鋳物でできてるんだって。ご主人様が言うには、「キンキン」っていうカネタタキみたいな音がしたそうです。
 カネタタキは秋の虫だから、夏の暑い夜に、音が聞こえたら素敵だね!







 エントリーナンバー3番!
 「萩焼風鈴」と、ガラスの「奈良風鈴」は、一番若い人が集まってたんだって。
 萩焼の風鈴の背の高いのがタヌキで、背の低いのがネコのデザインなんだってさ。だから、みんな「可愛い〜」って言って、団扇で扇ぐんじゃなくて、直接糸を引っ張って音を鳴らしてたんだって。
 きっと、世の中のペット諸君は、尻尾とか引っ張られまくりなんだろうな。うひひ。







 エントリーナンバー4番!
 これは千葉県から来た「里山風鈴」だよ。
 色々な形と模様があって、素朴で優しい音色がしてたから、ご主人様が言うには、一番お気に入りの一つなんだそうです。
 まあ、ご主人様の感性なんてアテにならないけどね!
 でも、例えばご主人様のお爺ちゃんお婆ちゃんの住んでるお家には、ガラスの綺麗な風鈴より、こっちの方が雰囲気がぴったりなんだってさ。







 エントリーナンバー5番!「喜多方蒔絵風鈴」です。
 綺麗な蒔絵がしてあって、ご主人様も思わず見とれちゃったんだって。
 緑の他にも、青や藍色があって、可愛いウサギさんが描かれていました。
 夏の夜にこの風鈴が窓際に下がってるのを見たら、ちょっと早いけど十五夜気分だね!
 あ、僕は“月より団子”だけどね。うひ。







 あっという間に、本日最後のエントリー!
 ご主人様もいくつか気に入った風鈴を見つけたそうなんだけど、その一つが、この夕焼け色の風鈴なんだって。
 大阪の「被せガラス風鈴」っていうそうです。
 赤トンボを追いかける子供の絵がプリントしてあって、みんな「素敵ねぇ」って言っては手に取って見てたそうです。
 きっと赤とんぼを追いかけた後、みんなこうやって兄弟と手をつないで夕焼け空を見たんだねぇ。
 あのトンボが水面に落ちてきたら、きっと食べたら美味しいだろうなぁ。





 いやぁ〜、風鈴って、ほんっ!とに綺麗ですね!(水野晴郎さん風)
 普段、軒下で忘れられてる風鈴だけど、こうやって楽しみながら買ってきた風鈴だったら、見る度に嬉しい気持ちになっちゃうよね!



 ところで、ご主人様に「もっと色々な風鈴の写真見せて」って言ったんだけど、どうやらこれで全部みたい。

 ご主人様ったら、一足先に夏の「涼」を体験して楽しんだのかなって思ったら、色とりどりの風鈴に目を奪われて、気が付いたら夕方になってたんだって。
 どうやら、あの風鈴も綺麗、この風鈴も綺麗って、あっちやこっちへふらふらし続けてたみたい。
 それで、気が付いたらお家に帰る時間になってて、帰りの電車では疲れちゃって爆睡しちゃったんだってさ。

 いいトシして、子供と変わらないんだから。やれやれだね。







みんなの心に、音色が届きますように。

----- EXTENDED BODY: ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- AUTHOR: せねがるす。 TITLE: ポリプティーって? STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: せねがるす戦記 DATE: 07/21/2007 20:21:02 ----- BODY:
 これは、ずっとずっと前のお話。
 僕がまだ前の水槽で生活していた頃。
 僕とご主人様の、命を懸けた戦いの記録さ・・・



 みなさん、こんにちは。
 ぼく、“せねがるす”。ポリプテルス・セネガルスだよ。





 そんなワケで、寄生虫大作戦を実行することになった僕とご主人様なんだけど、今日は寄生虫の“ポリプティー”について紹介するね。



 ちなみに、今回、ご主人様はあんまり役に立ってません。
 なんでかっていうと、ポリプティーの顕微鏡写真の撮影に成功したことで、



ポリプティーにも愛着が沸いちゃったみたい ヽ(`Д´)ノ



 ご主人様ったら、生き物だったら何でも興味を持っちゃうから、ホント困っちゃうよ!
 ポリプティーの写真を見ながら、「何万年もポリプテルスだけに寄生して生きてきたんだねぇ」とか、「こんな姿で進化してきたなんて不思議だよねぇ」とか、何故かうっとりした表情で呟いてるんです。



 仕方ないので、僕、今回も!自分でポリプティーについて“いんたーねっと”で調べることにしました。
 だけど、所詮この記事を書いてるのはご主人様なので、読者の皆さんはなるべく、例えば下に紹介してるポリプテルスの大手サイトさんを参考にしてね!このブログの記事を信用しちゃいけないって、君と僕のお約束だよ!


ポリプテルスの大手サイト様:

 
 D's room さん

 
 なおきち さん




 さて、ご主人様が言ってるように、ポリプティーは僕たちポリプテルスの仲間にしか寄生しないそうです。アフリカの大自然の中で、彼らは本当はアミメウナギに寄生して生きてきたんだって。
 それがいつからか、僕たちポリプテルスにも感染しちゃったんだってさ。ポリプティーは、ポリプテルスと同じアフリカ原産なんだね。

 アミメウナギについては、またいつかお話しするね。



 そして、こちらがポリプティーの写真。




 なんだか、とっても凶悪そうな顔をしてるよね…。僕、なんだか、背中がムズムズしてきちゃった…。

 彼らは顔のところに着いてるトゲトゲみたいのと、お尻の先端に着いてる鉤ぎ爪みたいので、僕たちの体に取り付いて、尺取り虫みたいにウネウネ動くんだ。

 これまで、色々な場所で紹介されているポリプティーの写真を見ると、白い半透明の体に赤い縞模様があるよね。顕微鏡写真でも分かるように、縞模様は神経節みたいだね。これを見たご主人様は、「ユスリカの巨大染色体だ!」なんてトボケタことを大声で言って喜んでたけど、それは華麗にスルーっていうのが、大人のマナー。皆さんと僕のお約束だよ。

 それと、左の写真の、体の真ん中付近に見えてる出っ張りは、排泄口か、生殖器じゃないかなって、ご主人様のボスさんが言ってました。



 ポリプティーの食べ物は、僕たちポリプテルスの体液なんだって。
 だけど僕たちポリプテルスはガノインっていう鎧みたいな鱗が全身を覆ってるから、体の中までは入ってこれないんだ。

 だから、エラの辺りから中へ入ろうとするんだけど、僕たちもこそばゆいから胸びれで“かいかいっ”って追い払うんだけど、その仕草が犬が耳の後ろを掻く姿によく似てるんだってさ。
 ま、僕に言わせると、犬の方が、僕たちにポリプテルスに似てるんだけどねっ。

 ちなみに、僕が“かいかいっ”ってやってる仕草を見て、ご主人様は、「か、可愛い…(萌」とか言ってましたけど、



こっちは、それどころじゃないのに! ヽ(`Д´)ノ



 なんで、それどころじゃないかっていうと、ポリプティーに感染したポリプテルスは、少しずつ体の血がなくなって、やがてはミイラに…ひぃぃぃぃぃぃ。

 それは冗談だけど、ポリプテルスはかなり体力がある魚なので、ポリプティーに感染してもすぐに死だりはしないんだって。ただ、体液を吸われるワケだから、徐々に体力が無くなっていちゃうんだ。(´・ω・`)


 だから、お薬なんか使っちゃうと不安もあるけれど、やっぱり寄生虫は退治した方がいいよね。



 ご主人様も、

ポリプテルスはお薬に弱いから、使い方が難しいんだって。でも、“不安”とか“分からない”なんて言いながら手を出さないよりは、自己責任だけど良い結果を夢見て挑戦して失敗した方がいいんだよ。

って、言ってました。



失敗は許さーん ヽ(`Д´)ノ




 と、いうワケで、次回は、ポリプティー退治のためのお薬を紹介します。



さあ!せねがるす君、やるよっ!



 …ご主人様、なんで、そんなに楽しそうなのさ。 ----- EXTENDED BODY: ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- AUTHOR: せねがるす。 TITLE: 寄生虫大作戦! STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: せねがるす戦記 DATE: 07/15/2007 00:27:17 ----- BODY:
 これは、ずっとずっと前のお話。
 僕がまだ前の水槽で生活していた頃。
 僕とご主人様の、命を懸けた戦いの記録さ・・・



 みなさん、こんにちは。
 ぼく、“せねがるす”。ポリプテルス・セネガルスだよ。

 突然だけど、僕…





病気になっちゃいました。


「がーん。」



 その日、ご主人様は、

ちょっと前の方に来てごらん。

 そう僕に言ったきり、じっと僕を見つめて黙ってしまいました。


 それは、いつも鼻くそを丸めて、ぴんって飛ばしてる時の顔とは全然違って、本当に真剣な表情でした。

 その表情は、まるでテレビドラマに出てくるお医者さんがレントゲンの写真を見て「う〜ん」て言った時みたいに深刻そうだったから、僕も素直にご主人様の前に行くことにしました。
 決して、ご主人様がちらちら見せてくれた「ひかり キャット」に釣られたわけじゃありません。これホントだよ。

 それから、僕、ご主人様はいつも普段からそんなお顔だったら少しはマシなんじゃないかなって思うんだけど、どうせ言っても本人に自覚がないので、言わないでおくことにしました。



…どう思います?

 ご主人様は、すぐ側で同じように僕の水槽を覗き込んでいたボスさんに尋ねました。

 そしてボスさんは、

うん。やっぱりそうみたいだね。

と、難しそうな顔をしたまま頷いたんです。


 何だろう?と思って、僕もご主人様を見ていると、今度は、ご主人様は「ひかり キャット」を持った手を右、左に順番に振ってみせたんです。そして最後には、水槽の水面近くに手を持って行って、「ひかり キャット」をふりふりと動かしました
 そして、

うわー、体中だ。右にも左にも、お腹にもくっついてる…。

って、言いました。


 もう!ご主人様!いったい何なのさ。
 意地悪してないで、とっととその「ひかり キャット」をちょうだい何なのか説明してよ!


まるでギョウ虫だネ…。



;゚д゚) Σ  ぎょぎょぎょぎょ魚、ギョウ虫!?



ボスさん:
うん。見事に体中にくっついてるね。



 そうなんです。僕の体は、


ギョウ虫 寄生虫に冒されてしまったんです!



ΩΩ Ω <ナンダッテーー!!


 実は、僕、今まで色々馬鹿にしてきたけど、ご主人様はお魚飼育のぷろへっそなるだから、僕のことはきちんと面倒みてくれると思ってました。それに僕たちポリプテルスはとても丈夫なので、金魚やメダカがかかる病気にはならないんです。

 だから、病気になったりすることはないって、ご主人様を信頼していたのに…、なのにヒドイよ…ご主人様…。僕が病気になるまでほったらかしにするなんて…。

 そういえば、真っ黒くろすけ君が出てきたりして、びみょーに水質が安定してなかったみたいだし。



ご主人様の真性バカ!へたれ飼育! ヽ(`Д´)ノ


ご主人様:
…違うよ。それはポリプテルスにしか寄生しない寄生虫なんだよ。そしてこの水槽には、君が来るまでポリプテルスが入ったことはない。分かる?

 ふむむ…?

ご主人様:
それから、これが君がウチに来てすぐの写真。その魚眼レンズをよ〜く磨いて見なさいね!



よく見ると、いっぱい憑いてた。


ご主人様:
つまり、その寄生虫は、君が398円で買われる前から君の体に住み着いてたってこと!あーゆー、あんだーすたん?おまぬけボーイ?

それから、水質が安定しなかったのは君がたくさんウンチするからで、ようやく最近になって安定してきたんでしょ!

無茶苦茶言うなら、また小石爆弾するよ?


 うそうそうそうそ、嘘です!ゴメンナサイ!
 ご主人様は素敵です!見事な三段論法でした!



 そうです。
 ポリプテルスを飼育したことある人なら、すぐにピンときたと思うんだけど、僕が感染しちゃった寄生虫の名前は・・・




このサイズの拡大画像は珍しいハズ…

マクロギロダクティルス・ポリプティ!
(Macrogyrodactylus polypteri)


 とっても凶悪な顔をした、僕たちポリプテルスの敵、通称“ポリプティー”と呼ばれる寄生虫です。


 そして、ついに、 “せねがるす戦記 〜寄生虫との戦い〜” が始まるのです…。 ----- EXTENDED BODY: ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- AUTHOR: せねがるす。 TITLE: ぱる君2号 STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: せねがるす日記 DATE: 07/06/2007 23:27:27 ----- BODY:
「ちゅっ」

 さあ、怖くないよ…。
 そっと目を閉じてごらん、ハニー。

 僕のでっかいお口で、優しくキスをしてあげよう。



 と、いうワケで、こんにちは。
 僕、“せねがるす”。ポリプテルス・セネガルスだよ。



 今日は、またまた僕のお友達を紹介します。
 これまで、みんなに小さな小さな僕の同居人を紹介してきたけれど、今度は遠く離れた場所に住んでいるポリプテルスのお友達です。



 おともだちの名前は“ぱる君2号”!
 体がひとつで、頭が3つのキングギドラに見えるけど、それは錯覚で、ちゃんとしたポリプテルスなんだよ。
 それからなんで2号かっていうのは、聞いちゃイケナイっていうのが、大人のマナー。僕とみんなのお約束だよ。


 ぱる君は、ポリプテルス・パルマスっていう、僕たちポリプテルスの仲間なんだって。僕たちセネガルスとはどう違うの?ってご主人様に聞いたら、

実は、日本昔話のオープニングで、坊やが乗ってる竜がいるでしょ?
 あれが、パルマスなんだよ。だから、ぱる君2号も何メートルもの
 大きさになって、そのうち大空を飛行するんだよ!」


って、言ってました…。
 …誰かご主人様の空想癖を何とかしてください (つД`)



 仕方ないのでお馬鹿なご主人様はほっといて、僕が“いんたーねっと”で調べたところによると、ぱる君2号たちポリプテルス・パルマスは、僕たちセネガルスと同じで、60センチ水槽でも飼育できる、小さめのポリプテルスなんだって。


つか、ご主人様いきなり嘘バレてるじゃーん
ヽ(`Д´)ノ


 それで、僕たちセネガルスとは違って、体にたくさん模様が出るそうです。
 ご主人様に言わせると、胸びれの付け根にある黒い模様がアクセントになってて、すごく可愛いんだそうです。まるでミ○キーマウスみたいとかほざいてますけど、僕は大人だから嫉妬してご主人様に知らんぷりとかしませんけどね。ええ、しませんとも。

 あと、セネガルスには僕みたいなロング・フィンやアルビノがいるけれど、、パルマスにはザイールグリーンっていって、体が緑色になる種類もいるんだってさ。

 ぱる君2号は、まだ小さくて10センチ弱くらいなんだそうだけど、きっと僕と同じで、たくさんご飯食べてぐんぐん大きくなるよね。
 そして僕と一緒にご主人様たちを驚かせてやろうね!



ぱる君2号とへびくん2号の生息地:銀桃見聞録 ----- EXTENDED BODY: ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- export_end e_num_start1/3/1/6/3/5/7/5/3/e_num_end

 リンク

ポリプテルス-なおきち- : なおきち様

しるば工房 : しるば様

  | 前へ  
 
Powered by yaplog!