【 更新情報 】

スポンサードリンク

仙台の意外な楽しみ方

仙台の観光スポット、と言われてぱっと何かが思い浮かぶ人も少ないと思います。青葉城くらいかな。そんな方にここでは2つの意外なスポットを紹介します。まずは温泉です。仙台にも温泉はあるんです。しかも仙台市中心部から30分程度のところに秋保温泉、作並温泉という2つの由緒ある温泉があります。山間部の静かな環境の中にあり、ホテルや旅館もたくさんあります。仙台のような大都市から30分程度の近距離に温泉がある街を私は他に知りません。もう1つは海水浴場です。仙台で海水浴?と驚かれる方もいらっしゃるでしょう。これが出来てしまうんです。こちらも中心部からのアクセスがいいんですね。真夏はもちろん泳げますが、1年中比較的穏やかなので、ウインドサーフィンなんかが適しているようです。ちなみにスキー場も仙台市内に2箇所あるんですが、中心部から1時間以内でいけちゃいますよ。

スポーツで盛り上がる仙台

意外と思われるかもしれませんが、仙台はプロスポーツも盛り上がってますよ!何せプロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスと、Jリーグのベガルタ仙台がありますからね。仙台に旅行に来た人は、仙台の異常な盛り上がりに驚かれます。楽天は野村監督が就任し、田中将大投手が入団してかなり期待出来る球団になりました。中日をお払い箱になった山崎が二冠王を達成し、4位に躍進するなど、着々と成果を積み重ねています。2008年はAクラスに入ってクライマックスシリーズの出場権をかけて戦うかもしれませんし、その後にはリーグ制覇、日本一を目指さなくちゃなりません!仙台に観光や旅行に来られた際はぜひ楽天の応援に球団へ足を運んでください。楽天は大リーグの球場のように「ボールパーク」を目指しています。野球にそこまで興味がない方でもそれなりに楽しめると思います。売店でジャンクフードを買って、ビール片手に涼しい仙台で野球観戦、なんかオツですよ。

仙台は祭りの都です

仙台は国内旅行のスポットとして人気が高い場所です。ここでは仙台が誇る様々なお祭りについて紹介していきたいと思います。まずは仙台青葉祭り。これは毎年5月の第3日曜日とその前日に行われます。仙台青葉祭りは明治8年に仙台藩主・伊達政宗公を祭神として始まりました。その後交通事情等の理由により途絶えましたが、現在の青葉まつりは伊達政宗公没後350年を迎えた昭和60年に復活したもので、市民の間にすっかり定着しています。次はおなじみの仙台七夕祭り。日本古来の星の優雅さを伝承する真夏の祭典です。12000発の花火と、商店街を彩る笹飾りが夏の到来を告げます。10月にはみちのくYOSAKOIまつりが開催。市民の郷土愛や情熱、表現力を力強く発信する仙台の祭りは、高知・札幌と並び「YOSAKOI三大祭り」の一つに数えられています。そして最後に12月に開催されるSENDAI光のページェント。12月の中旬から31日までの間、定禅寺通、青葉通のケヤキ並木に数10万個の豆電球が灯り、光のトンネルができる、ロマンティックな仙台の風物詩です。

P R
カテゴリアーカイブ