心の糧・・・新しく造られた 

January 06 [Thu], 2011, 19:57
 「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られたものである。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである」 2コリント5:17

  
  明けましておめでとうございます。大晦日と元旦は、同じ日の隣りあわせでなんら変わりのない日ですが、大晦日が明けると新しい年となり、お互いがおめでとうと挨拶を交わすのでしょうか。一休禅師の有名な「門松や、冥土の旅の一里塚、めでたくもあり めでたくもなし」と詠んでいますが、うなずかせるものがあります。第2コリント5章17節「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られたものである。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである」。正月には今年こそはと一大決心をして、自分自身にも宣言します。よし今年は聖書を通読するぞ、体重を6キロ減量するなどと決意して工夫をしますが、今日一日はいいだろうなどと言っているうちに新しい決心はつぶれ、古い習慣にどっぷりと漬かってしまいます。新しい事は非常に魅力あることですが、新しいものはすぐ古くなってしまう流行の類です。ニュースもメディアの発達で数時間もたたずに旧聞になります。この新しさはギリシャ語では「ネオス」でニュースの語源です。「ネオス」の新はすぐに古くなり始めます。変わりやすい一時的な新しさを示す言葉です。これに対してこの聖句で述べられている「カイノス」は、「いつまでも変わらない新しさ」を示すものです。キリストに在るならば、キリストと結ばれた人はだれでも、新しく造られた者です。古いものは過ぎ去った。見よ、すべてが新しくなった。この新しさです。私達は時間の経過で古くなる外側の新しさ「ネオス」ではなくて、真実な新しさカイノスを維持し続けたいものです。新約聖書はイエス様を通しての神様の新しい約束です。いつもキリストに結ばれたキリスト者となって新しい年を教会生活を中心に前進してまいりましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sendaigrac
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる