【 更新情報 】

特選情報公開中!!


セミロングの髪型の注意事項

ここではセミロングの髪型の方向けにちょっとした注意事項を書いてみたいと思います。まずセミロングの方が髪の毛を切る時、最も注意しなければいけないことは「切られすぎないこと」です。セミロングは絶妙な長さをキープするところがいいんであって、そこより多少長くなってしまうのは切ることで調整出来ますが、短くし過ぎると大変なことになります、前髪をかなり切られてしまったり、ワカメちゃんのような髪型にされてしまったり、とにかく切りすぎ(切られ過ぎ)は危険です。特に高校生くらいの、前髪の長さが1ミリでも短くなると学校に行きたくなくなっちゃうような人は十分な注意が必要です。これを防ぐには美容師としっかりコミュニケーションを取ること以外にありません。1番いいのは行き着けの美容院で担当者を決めて、常にその人に切ってもらう事です。美容師は自分の客をちゃんと覚えます。3回も行けば「前と同じように」の一言で済んでしまいます。美容院をコロコロ変えているとその度に後悔する可能性があります。あと確実な方法は「こうして下さい」と画像や写真を持っていく事です。ある意味これも1番確実です。とにかくセミロングは切られ過ぎないこと、これに十分注意をして下さい!!

結婚式もセミロング

髪型をどうしようか悩む場面の代表的な1つが結婚式です。結婚式と披露宴の両方に招待されたのか、2次会には参加するのか、披露宴と2次会だけなのか、あるいは着物や振袖を着るのかドレスを着るのか、状況によってすべき髪型が変わってくるかと思います。いずれにしてもセミロングは便利な長さであると思います。何故かというと、やはり華やかな席にはある程度華やかな髪型が似合います。そうするとある程度の長さはどうしても必要になるんです。ショートがダメというわけではありません。ショートはショートの良さがあり、大きな髪飾りをつけるなどしてアレンジすることが出来るからです。セミロングの良さのもう1つは、出先でアレンジを簡単に変えられる。という利点があります。これはどういう意味かというと、結婚式→披露宴→2次会と会が進むにつれてどんどん砕けた雰囲気になっていきますよね。それに合わせて髪型もアレンジしていくと他の人よりも一歩進んだお洒落な女性として男性に一目置かれます。そしてその髪型のアレンジがセミロングは非常に簡単に出来るという利点があります。ショートはアレンジのしようがありませんし、ロングはかなり手が込んだアレンジにしてしまうと、強いクセがついてその髪型以外は出来なくなります。これに対してセミロングは、先々アレンジする前提でほぐしやすい髪型を作ればいいですし、そういう作り方をしても十分フォーマルな髪型が出来ます。

浴衣の髪型もセミロングで

夏と言えば浴衣を着る機会が多くなりますね。花火大会に盆踊り、蛍鑑賞に夕涼みと、やはり浴衣の女性というのは見ているだけで涼しげで風情があるものです。浴衣を着る場合も着物を着る場合同様、やはり髪型をどうすればいいのか、ちょっと悩んでしまうことも多いと思います。基本的に浴衣というのは入浴後に着る衣服なので浴衣、です。という事は本来、ワックスやスプレーでガチガチに固めて作った髪型をするのは本来おかしい、という事になります。しかしながら洋服がこれだけ普及している今、浴衣はむしろ特別なお出かけ着、とも言えるものになっているので、多少手をかけて髪型をいじってもいいでしょう。セミロングの場合、1番簡単かつポピュラーなのはお団子ヘアかな、と思います。それではつまらない、という方のために比較的簡単なセミロングの浴衣髪型アレンジを紹介しましょう。まず、髪の毛を軽く濡らします。 そして耳の後ろからラインを取り前後に分けます。後ろはゴムでポニーテールにします。この際、ポニーテールの下にたるみが出来ないように上を向いて留めるといいです。残った前側は編みこみ、ポニーテール部分にUピンで留めます。その後ポニーテール部分の毛先を逆立て、毛束を作って小分けにします。これをばらしながらUピンで固定すれば出来上がりです。

セミロングの髪型で成人式

成人式と言えば振袖、つまり晴れ着ですよね。振袖を着る場合は当然髪の毛もきちんとかわいく結う必要があります。普段通りでは勿体ないですからね。基本的には振袖には日本髪、というのが原則です。和服なので当然ですね。しかし最近は時代が様変わりしてきて、必ずしも日本髪を結う人というのは少なくなってきました。振袖のデザインや、顔立ち、メイクがどんどん派手になる一方で、比較的地味な日本髪は合わない、と考える向きがいることもありますし、そもそも振袖だから日本髪にしなくてはならない、という概念自体がもう美容の現場でも廃れつつある、というのが正直なところです。セミロング程度の長さがあれば成人式の髪型もかなり融通が利くと思います。例えば最近流行している夜会まきなどオススメです。鎖骨の下くらいまでの長さがあれば出来ますし、このアレンジを押さえておけば、例えばドレスで結婚式に出席する時などにも使えます。アレンジ方法を簡単に紹介しておきます。まず前髪を深めから取って、ブロッキングしておきます。この段階で全体にハード系のワックスをしっかりと馴染ませて下さい。次に前髪以外の毛束をねじり上げ、ピンで留めます。数箇所留めた方がいいですね。まとめた毛束の毛先を丸めて中に入れ込むようにしたら後れ毛が出ないようにピンで固定します。前髪を9:1、もしくは8:2くらいの割合で分けてコームで流して毛先をピンで留めます。ここで落ちてきてしまう上げてスプレーで固定してしまいましょう。

就職活動はセミロングが1番

就職活動をする時はみんなある意味「化け」ますよね。普段派手な髪型をしている人でも抑え目な髪型にしたり、結んでいったり、色を黒く染め直したり、非常に忙しいですね(笑)。さて、就職活動に1番有利な髪型が何か知っていますか?それは「セミロング」です。これは上場企業100社の人事担当者に取ったアンケート結果だそうです。理由は「無難そうだから」というものでした。ショートだと自己主張が強そうに見え、ロングだと派手そうに見える、ということのようです。この解釈自体はどうかと思いますが、就職活動の舞台でセミロングが1番有利、という事であれば、これは利用しない手はないですよね。よほどセミロングが嫌でなければ、ここはやっておくべきです。それだけで一歩でも、半歩でも有利になれるのなら。セミロングと聞くと「何だか地味」という印象を持つ人もいると思いますが、アレンジ次第ではいくらでもかわいいアレンジが可能です。就職活動中は地味で無難なアレンジにしておいて、プライベートではカーラーで巻いてふわっとアレンジしてみたり、クセ毛の人はそれを生かしてワックスを撫で付けフェミニンな印象にしたり、意外に遊べるものですよ。ぜひお試しあれ。
P R