塩見の柏倉

February 04 [Thu], 2016, 3:00
治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性由来の場合と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性由来のものとが挙げられるでしょう。
原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。
ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、女性のみならず男性も検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。
妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。
通常の食事での摂取とは別に、葉酸を補給することを厚生労働省によって勧告されています。
葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。
最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。
そうしたサプリを利用する方は、胎児の安全性を考慮した上で、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが大切なポイントだと言えますね。
妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、サプリメント等で葉酸を摂取し、十分に葉酸を摂取するように心がけてください。
ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。
厚生労働省の発表によりますと1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。
葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというとあまり現実的ではありません。
ですから足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。
親友の話なのですが、妊活中によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。
その子によると、漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。
漢方だったら安全性が高いのではないでしょうか。
彼女は漢方を続けていたようです。
その効果かどうかはわかりませんが、結果的に命を授かることが出来ました。
彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、良かったと思っています。
葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。
妊娠した後、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の先天異常を発症させにくくすると知られています。
とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのを勧めたいものです。
胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が一番良いですね。
サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。
葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。
食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きが活性化します。
一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、避けた方が無難です。
冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。
体が冷えて血のめぐりが悪化すると、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。
古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。
お灸は緊張をほぐして血行を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、ツボ刺激による癒し効果もあります。
冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。
友達と話していたら、サプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。
ベルタが販売している葉酸サプリが一番興味あるみたいです。
友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと雑誌で読んだことがあったので、彼女に伝えました。
やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって応援しています。
不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。
体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。
周囲の励ましや期待などが負担となったり、焦りといった感情が不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になるパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。
神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、不妊治療には大いに助けになると思います。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性が行うものだと考える方も居ますよね。
ですが、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。
それが葉酸の摂取です。
流産や不妊におけるリスク要因は女性の問題ばかりでなく、夫に問題があったという話も良く耳にします。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。
そのため、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/semeormholepao/index1_0.rdf