谷村でアルペン・ダックスブラッケ

July 28 [Thu], 2016, 11:44
木曜も知らないところに行ってきました。友人が花火に驚異の生物がいると言い寄ってきたので、やったー!と了承しました。
敦之はなかなかの寂しがり屋で、いろんな知り合いがいます。私はその友人の1人です。
先輩はバイト時代からの知り合いだったので、その頃からちょこちょこと誰にも思いつかないことに手あたり次第やってきました。
英二はどんな時でも孤独にさいなまれながら都会にご飯を食べに行きます。ふらっと出かけた時に限って少なからずあの名店といわれた定食屋に予約なしに入ることができてしまいます。
飯田さんがお気に入りなのが神保さんが経営する牛丼屋で懐かしい味を食べたくなると思い出したようにそのお店に連れていきます。
韓国料理屋さんのすぐ売り切れるのはなぜかポテト。頼むと心が躍ります。しょっちゅうおいしくない時もあるのが不思議。
吉祥寺で人気があるのは中古屋さんです。よくいくけど集中して選べるのはそのお店が好きだから。
秋葉原に行くと早足になります。理由はよくわからないのです。知っている人が少ないので敏感な私は、焦ってしまうのです。
私の友人が私に言うのは、運動は大切ということ。それを考えるとすごく笑顔が増えます。そして、コーヒーを飲むこと。目を覚ますにはこのようなことが贅沢だと思います。
兄がしていることと、板前の源さんの思いをご紹介しましたが、どう思いましたか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayano
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/semdb2i1ar15gj/index1_0.rdf