ヘーゲルがカたシナの停滞性!名翌フ観念が欠如した民族!

September 12 [Wed], 2012, 13:02
ヘーゲルは歴史哲学岩波文庫においてシナは古代においてすでに今日のような状態に達していたというのは客観的な存在とそれに対する主観的な運動との対立がまだないために変化というものは一切なくいつまでも同一のものが繰り返して現れるという停滞性がわれわれが歴史的なものと呼ぶものに取って代っているからである主観性の結いいかえると個別的意志を絶滅する力である実体に対する個別的意志の自己反省の面は或いはこの力が個別的意志自身の本質として立てられ個別的意志がこの本質の中で自分を自由として知るという面はここにはまだ存在しない普遍的意志は全個別的意志によって文句なしに受け入れられるこのシナにおいては普遍的意志はすなわち個人が何をなすべきかを言い表しているものでありしたがって個人は無反省的に没我的にこれを遵法しこれに服従するもし個人が服従しない場合すなわち個人が実体の枠を踏み越える場合にもこの逸脱は自分の内省に基づいて行われたものではないから個人は内面性道徳的心情によって制裁されるのではなくて外面的なものによって制裁をうけるにすぎないシナには平等はあっても自由はないからそこに生れる統治形態は当然に専制政治であるわれわれの処では人間はただ法律の前においてのみ平等であり財産の所有の面で平等であるにすぎないまたその外にも自由がわれわれにとって存在すべきかぎり人間は保証されねばならない多くの利害や特殊性をもっているけれどもシナにおいてはこれらの個々の利害もそれ自身としては認められない名翌フ観念の欠如懲戒の場合には犯罪防止の根拠は単に罰に対する怖れであって不正に関する内面的な意識ではない銀魂 エロというのはここではまだ行為そのものの本性に関する反省は前提されていないからであるまたそこには名乱Sというものもなく何人も他人に比べて特別な権利をもつというわけでもないから自然に卑屈の感情が一般を支配することになりそれはまたやがて自暴自棄の意識に移って行くシナ人の甚だしい不道徳はこの自暴自棄と関係しているのである彼らは機会ある毎に人を瞞だますので有名であるこの民族の著しい特徴は彼らが凡そ精垂属する事柄にすなわち自由な人倫とか道徳とか心情とか内的な宗教とか中略に欠けている
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:selquu0jyy
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/selquu0jyy/index1_0.rdf