査定と走行距離

March 24 [Mon], 2014, 9:46
愛車の見積査定の要点として焦点を当てられる点として走行距離が挙げられます。一般的に走行距離イコール、その車の消費期限と見られることもありますので走行距離が長い分だけ、買取査定ではマイナス要因になるでしょう。一般的には走行距離だけで見れば短ければ短いだけ買取額は増えますが、本当のところそんなに詳しい線引きはないので、一定の目安で査定されます。こうしたことは実際車を自動車買い取り業者に下取りをする時も重視される査定の大きな要点です。例えば普通車ですと年間10000kmを目安としてこれ以上走っていると多くの場合査定がマイナスとなります。軽自動車だと年間で8千キロがまた年数の割には距離が非常に短いケースでも、売却額が高くなるというものでもありません。実際やるとよく感じられると思いますが、中古車は適時乗ってあげることで車両のコンディションを維持しますからあきらかに距離を走っていない車ですと故障を起こしやすいと判断されることもあると思います。これは中古車を売る際も同様です。基本的には年式・走行距離に関しての査定の留意点は、乗っていた期間と比べて程よい走行距離になっているかというところです。さらに愛車の年式も、中古車見積査定の大切な留意点です。しっかりと理解しているといったかたもたくさんいると思っていますが、一般的には年式に関しては新しければ新しいほど買取査定では優位なのですがごく稀にそのシリーズに特別な価値があるものは新しくない年式でもプラス評価で見積してもらえる場合もあります。同様の種類で同じ年式であってもその年にモデルチェンジや仕様変更などが発表されているケースは当然それぞれのブランドによって査定は違ってきます。同車種の車の下取り額という場合でも色々な要因で売却時の金額は大きく異なってきます。

詳しくは↓のページを読んでください。

http://xn--eckfl2dub31a.biz/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:せきのくん
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sekinojayo/index1_0.rdf