私はもっと父に心から喜べる趣味を

January 19 [Sat], 2013, 15:58
" 今日は、父と母が、久々に大ゲンカしてしまいました。
 そこで、離婚して父が家を出て行く、といった話にまでなってしまいました。
 ですが、母が必死になり、父を説得して、ようやく父は家を出て行く事を思いとどまってくれました。
 私は心配でパートのお仕事へ行く事もできず、帰ってきて、父と母の様子をじっと見守っておりました。
 見守っていると、「あなたなしではいられない!出て行かれると、寂しい!」と、懸命に説得する母の姿に、とても感動してしまいました。
 そこで、母は、本当に今でも父を慕っている事が強く伝わってきました。
 そういった強い想いをぶつけられると、誰でも思いとどまると思います。そこで、母のその懸命なというか、とても情熱的な愛に満ちた説得に、父は遂に思いとどまったのでした。
 そこで最後に、父は私と妹を見守る、と言って家を出て行く事を思いとどまりました。
 父は今、定年退職して、家にずっとおります。趣味もなく、いつもテレビを観たり、少しだけ畑仕事の真似事のような事をしております。
 そこで私はもっと父に心から喜べる趣味を持ってほしいと勧めましたが、なかなかそうした趣味を見つけるのが難しいと言っておりました。
 今の父は、会社へ行っていた頃よりもかなり客観性に欠けるような気がしますので、いつか父も内にこもってばかりおらず、外へと目を向けてほしいと強く今日、思いました。"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fre526
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sekaimaeri/index1_0.rdf