病院 

2005年11月05日(土) 13時35分
今日も整形外科に行ってきた。
2週間前に事故ったため、そのリハビリもしてきた。
まだ少し痛いし。

おじいちゃん、おばあちゃんがごったがえしていた。
年取ると、あちこち痛くなるんだなぁ。と見ていて思った。
年齢のせいで足腰が痛くなるのもあるけど、
自転車でこけたりと、事故の起こしやすいらしい。

年を取ってからの1人暮らしとかは、できるだけしたくないですわ…。

うちのばーちゃんみたいに、家族に囲まれて、
忙しくも楽しい生活を送るのが夢です。

準備 

2005年11月04日(金) 8時45分
昨日は文化の日だったんで、会社は休みでした。

朝から予定が入っていた。

am 9:30 起床
am 10:00 先日の事故の加害者がお見舞いに来た
am 11:00 入会記念勤行会
pm 1:00 近所の有名うどん屋に並ぶ 40分くらい並んで食べれた。
      うまかった。
pm 3:30 英会話のCDをダイソーに買いに行く。
      CD2枚、付属の本2冊で400円。安い!
pm 4:00 旦那と池袋で待ち合わせ。
      ハンズで色々買い物をした後、本屋に行って
      オーストラリアの移住本を買う。
pm 5:00 予約していた脱毛エステに行く。
pm 6:30 急いで帰宅後、夕食食べる
pm 7:00 本幹
pm 9:00 先週から楽しみにしていた『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』
      を夫婦揃ってみる。大爆笑の時間。
pm 9:20 唱題40分、勤行
pm 10:30 風呂
pm 12:00 寝る
      

普段の休日は目が覚めるまで、ゆっくり寝ていることが多い。
また、午後からはゆっくり行動して、行くとしても目的地一、二ヶ所。

昨日は疲れた。
最近は休みのたびに溜まったhome keepingばかりしている気がする。
まぁ、しかたない。
引越しまでもう半年を切っているんだからな。

今週から英会話のお勉強(独学)。
来週はパスポートを申請しに行く。
12月までに、私の実家にあげちゃっても良い物をリストアップ。
年末に運ぶ。

1月いっぱいは旦那が出張なので、私は1人で人間ドックの予約をする。
英会話の勉強の本腰を入れる。
車の免許を取る段取りをする。

それにしても、仕事の引継ぎもなんだか大変そうであります。
新しい仕事の引継ぎを受けながら、私が新人に仕事を教えるんだから…。
めんどくさいなぁ。

仕事とプライベートA 

2005年11月02日(水) 15時06分
どこで妥協するか。

私はどうしても仕事を増やして欲しくないので、現在の業務を減らしてもらい、
新しい仕事を引き受けると言う点で合意した。

しかも、引継ぎは私の仕事が減ってから始めるということで了解をもらった。
今のままじゃできませんよ。という事だ。

早速上司は私の今までの業務を減らしてくれる連絡をアメリカに送った。
これでどれだけ減るやら…。
減らなくても、引継ぎはしなくてはいけないのか?

いや、私は絶対無理をしたくないのです。

私はプライベートの時間重視です。
仕事に情熱を注ぎたくないのです。今は。

オーストラリアに行ったら、きっとまた考え方が変わると思うけど、
今は時間内に済むだけの仕事だけをやって、それで帰りたい。

忙しく、大変な仕事をしている旦那のご飯を毎日ちゃんと作りたいのです。
家に帰ってから、また会合に行く間にちゃんと食べさせたいのです。

だから、仕事に熱意を注がず、毎日のご飯作りに情熱を傾けたいのです。

なぜなら、旦那はすぐに体調を壊すからです。
体が冷えたり、無理をしたりするとすぐに具合を悪くする。

だから、私は、美味しく健康的な食生活を確保するのです。
食が乱れると、生活は必然的に乱れます。
それはいけないのです。ふむふむ

仕事とプライベート@ 

2005年11月02日(水) 14時33分
今日は午前中会議があった。
現在営業アシスタントがやっている製品発送業務を、工場に移転する事についてだ。
話があまり噛みあわない。

なぜだろうか?

上司の側面に立って考えると、以下のことが挙げられる。
 *発送業務は基本的に容易な仕事だと思っている
 *社長命令で、業務移転に伴う引継ぎは、計画通り進めなくてはいけない。
 *アシスタントが無理と言おうがなんと言おうが、やる。

アシスタント側に立って考えると、こんな感じか。
 *上司は発送業務をやった事がないから、イレギュラーだらけの発送条件のややこしさを知らない!
 *引継ぎをする前に、現状をちゃんと把握しから、移転業務を進めてくれ!
 *引継ぎの段取りもちゃんと決めてから、動いて欲しい。
 
変な会議だった。

私もこの移転のおかげで、業務が増えると言われた。
あほか!と思った。
これからやめる人に新しい仕事をさせてどうすんねん!

と思ったが、社長決定なので、この決断は覆らないらしい。

そこで私は旦那に協力をしてもらい、案を練った。
どうすれば、仕事を増やされないで済むか。
時間的にかぶる仕事をやるにあたり、どこかで妥協点を見つけないといけない。

引越し決定 

2005年10月31日(月) 11時08分
とうとう旦那さんの就職先が決定しました。
オーストラリアのタスマニア島にあるホバートと言う町の研究所です。

出発期間は来年4月1日-再来年2月28日の幅があります。
いつ出発するのか決まってないが、
今働いている会社は1月いっぱいで辞めることにしました。

オーストラリアに行くのに、私は英語をろくに話せない…。
これから勉強です。
シンガポール人の友達に『英語で買い物できる?』と聞かれました。

「I want to buy ”HAKUSAI".とか言ってもだめよぉ。通じないからね」と。

確かに野菜の言い方も、人参(carrot)、ジャガイモ(potato)くらいしか思いつきません…。
生活するための英語を特訓しなくっちゃ、です。

まず、引越しが大変そうです。

荷物を送る場合、船便で送る予定です。
船便は着くまでに1ヶ月ぐらいかかるそうです…。
早めに送っておかないとついてから生活ができません。

でも早く送りすぎると、こちらでの生活が困難になりかねません。

家にあるいろんな家電を片付ける必要もあります。
テレビチューナー内蔵のPCもプリンターも、あちらで使えるかどうか分かりません。

本も沢山あります。

先日私の家に泊まりに来ていた弟が、
我が家の本棚を目をキラキラさせながら見ていました。

タダで面白そうな本がもらえるとあって、
勇んで早めに目を付けているようです。

まぁ好きにしてくれたまえ…。

不備じゃないよ 

2005年10月14日(金) 14時12分
昨日、おとといはめちゃくちゃ忙しかった。
朝会社にきたら、いつもの2−3倍の量のメールが来ていた…。

いっきに凹んだ。

なんじゃこりゃー。

同じ題名ばっかやんけ!

と思ったが、同じメールが間違って送られてきてるわけじゃなかった。

客先とのやりとりメールのCCに私のアドレスが入っていたからでした。

もちろん英文メール。

えぇ。全部ちゃんと読みましたよ。

その他諸々、図面作成とか、仕様変更、見積依頼など手間のかかる内容のメールもあったため、内容理解に午前中いっぱいを費やしてしまったのでした。

でも、今日はそんなにメールも多くない!

おぉ!定時に帰れそう!

毎日懲りずに、定時に帰れるよう祈っているかいもあって、

ちゃきちゃき仕事を済ませております。

今日は、はよ帰って、唱題あげたいのです。

出張おわり 

2005年10月12日(水) 10時50分
今日の夕方やっと旦那さんが出張から帰ってきます。
やっぱり1人で3連休なんか過ごすと淋しいなり。

でも面倒臭くて手をつけていなかった、レンジ周りの掃除とお風呂場のカビキラーができたので、大満足の週末でした。

旦那さんにまたカビキラーをお願いしようかなぁと企んでいたのですが、
最近忙しい旦那さんに色々家事をお願いするのは可哀想かなと思い始めたのです。

相変わらずドラクエ[は攻略できず、ウダウダやってます。

旦那さんは鹿児島で乗船し、太平洋側を北東へ向かったそうです。

そして、今朝の時点で相模湾あたりをうろついていたらしい。

沿岸に近づくと、船上からも携帯電話が通じるので、安心でした。

早く帰ってきて欲しいです。

やっぱり旦那さんがいないと、夜寝付けないです。

昨晩も落ちかけて、4回ぐらい近所の物音で起こされました。

体はくたくたなのに、ちょっとした物音で起きてしまうなんて、

気が張り詰めている証拠ですね。

今晩はぐっすり寝る予定です。

爆睡希望。

はよ帰ろ 

2005年10月06日(木) 14時16分
気がついたら、もう14時…。
時間がたつのは早いです。

今日も定時帰社を目指して頑張ります。
定時に家に帰れると、帰宅後の時間が非常に有意義に過ごせます。

豊かな時間を求めて、はよ帰ろ。

恐怖の木曜日A 

2005年10月06日(木) 10時06分
それと、夢の中でなんか虫取りをしていた。

直径2.5cmくらいあるコロコロした丸い虫を、ビニール袋に入れようとする。
ビニールがその体に触れると、丸かった虫の体から、ワシッと足が何本もはえ、
袋に入るのを拒もうとする。

私は、その足が意外にも鋭くとがり、急に突き出したのを見て『ヒィッ!』と驚いてしまった。
気持ち悪かった。
昔は捕まえられた虫も、大人になると、苦手になるんだな…と少しショックを受けた。

恐怖の木曜日@ 

2005年10月06日(木) 9時34分
木曜日はいつも寝坊をしてしまう。

1週間の疲れが溜まってきたころで、睡眠も足りなくなっているからだ。
かといって金曜日もつらいのか?と言ったらそうでもない。

金曜日は、「今日頑張れば、明日から休みだ!」と言う気合が入るからだ。

そんな木曜日なのにも関わらず、早朝に目が覚めてしまった。
布団から腕が出ていたので、さぶかったらしい。

私は夢を見ていた。その中で、なにかのゲームをしていた。
会社の人が2人出てきた。
彼女たちは、同じ部署なのだか、正直ちょっと苦手。
2人ともきれいな顔立ちをしている。
会社の男の人たちは、いつも彼女たちにゴマすったりしているのを見かける。

彼女たちは、なんか人に気を使わせるオーラがあるのかもしれない。
その上、仕事上失敗をしても、なぜかお咎めをうけない。

たまに私が責任を押し付けられる事もあり、
それが原因で、私は彼女たちが苦手というか、嫌いなのだろう。

可愛くっても、いつもボケボケされちゃあ、こっちは困るんだよ!と思う。

そんな彼女たちに対し、私は夢の中でも気を使っていた。疲れた。

彼女たちを別れ、別行動をすることにした。

彼女たちから離れた開放感か、私はボケまくっていた。

自分のかばんを外に放置したまま、トイレに入ってしまったらしい。
焦って、かばんを取りに戻るのだか、また、かばんの中身をそこら中に撒き散らし、トイレに逆戻り。

トイレに入ってから、外に財布を放置している事を思い出し、焦ってまた散らかしたかばんの所に戻ったり…。

そうこうしている内に、目が覚めた。
また無意識の強迫観念を夢の中で実感した。

夢の中でトイレに行かないように、なんやかんや無意識なりに試行錯誤してくれるようだ。
おねしょしないためにね。

でも、ああいう夢は落ち着けないからキライだ。

無意識の私に感謝しつつも、自分の強迫観念の強さにまいる。
自己紹介: 私は26歳の主婦です うわー、びっくりした。自分で26歳ですって書いて、おばさんみたいな年齢に達しているような錯覚に陥った。危険、危険! ところで、ひっそりこっそりやっていきます。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
日記リンク-------------------- もじゃもじゃの世界------------ Dura::Blog----------------- たべすぎ・ねっと-------------- On Off and Beyond-------- Otearai Web---------------
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sekai-hirogaru
読者になる
Yapme!一覧
読者になる