人生という試合で最も重要なのは休憩時間の得点

August 13 [Sun], 2017, 23:17
≪日常を観察して、演技に応用しよう≫

【量子コンピューターを読み解き、演技力をアップする】

量子コンピューターとは。

従来のコンピューターより1億倍も計算速度が速い、次世代型コンピューターです。

この 「1億倍」 というスピード。

理解できたようで、いまひとつよく分かりません。

「従来のコンピューターで3年2カ月かかる処理が1秒でできるスピード」 と説明されたほうが、もっとよく分かりますね。

文章の読解力にも、同じような落とし穴があります。

本当は分かっていないのに、分かった 「つもり」 になってしまう落とし穴です。

◇ ◇ ◇

【正しいか、間違いか、だけ?】

文章を読み解くには、正しいか間違っているか、と考えるだけでは不十分です。

1億倍のスピードのように、「正しいけどそれだけでは不十分」 という 【ぼんやりとしか理解していない】 ケースが往々にしてあるからです。

それを避けるためにこそ 【深読み】。つまり物事を 「掘り下げていく」 作業が必要になるんですね。

分かっている 「つもり」 になってしまうことに注意しましょう。

◇ ◇ ◇

<本日のレッスン>

先週とは違う場面の稽古を行いました。

初めての場面にしては、なかなか皆さん良かったですよ。

登場人物の気持ちを深読みすることで、演技の精度が向上し、セリフの真実味も増すんですね。

来週もこの調子で頑張りましょう。

応援しています。

◇ ◇ ◇

「3年2カ月の計算が1秒になることで、どんなメリットがあるの?」(そこまで速い必要はないと思うけど・・・)

メリットのひとつに、創薬 (新しい薬の開発) があります。

新薬の開発には、実験による方法と、計算による方法があります。

やっかいなのは、化合物の種類は、10の60乗 以上にもなることです。

10の60乗とは ⇒1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000 那由他(なゆた)と呼ばれています。途方もない数ですね。

膨大な候補化合物から医薬品を探し当てることは、勘・経験・運任せとなり、多くの無駄な実験と失敗を伴います。

全ての化合物の薬効を実験で確かめるのは不可能なんです。

そこで実験の代わりに、コンピューター上でシミュレーションすることが求められます。

分子の構造がわかっていれば、その構造をもとに推定することができます。これは、ホモロジー・モデリングとよばれ、コンピューターの中だからこそ、できる技です。

しかし、計算時間がかかるため、全ての化合物を計算するのは不可能とされています。

だからこそ、量子コンピューターが実用化されれば・・・、ということなんですね。

深読みするほど理解力は増しますね。

<京都大学大学院薬学研究科のサイトを参考にさせていただきました。>

◇ ◇ ◇

【まとめ】

掘り下げることで、「速いほうが大勢の患者さんを救えます」と自信をもって言えるようになります。

演技も同じです。深読みすることで、自信のある魅力的な演技ができるように頑張りましょう。

これが、「日常を観察して演技に応用していく方法」 です。

【人生という試合で最も重要なのは休憩時間の得点である】ナポレオン・ボナパルト

「量より質」 と言いますが、「質のいい練習をたくさんすること」 が大切ですね!




〜レッスン見学受付中!〜
Voice actor laboratory 声優演技研究所





  • URL:http://yaplog.jp/seiyuyoseijo/archive/542