「それとこれとはべつ」分けて考えよう。

July 30 [Sun], 2017, 23:32
連勝記録がストップした、将棋の藤井聡太四段ですが

新聞記事によると、「連勝はいつかは止まる」と淡々としていたそうです。

勝つことより、強くなることが目標で、目先の勝ち負けは実はそう気にしていないんだとか。

むしろ負けたことによって、落ち込むどころか、楽になったとの見方もあるようです。

すごいですね。

この記事を受けて、「藤井聡太四段の強さの秘訣」について生徒たちと話し合いました。

【目標を分けて考えよう】

連勝記録のストップを、“失敗” や “つまづき” だと考えてみましょう。

強くなることと勝つことは 【同じ】 だと捉(とら)えていると、

1. 失敗することによって気持ちが不安定になり、

2. 前に進もうとするエネルギーが減少し、

3. 結果、強くなることが難しくなってしまいます。

◇ ◇ ◇

しかし、「強くなることと勝つことは別だ」 と、【分け】 られれば

負けたことも、強くなるための材料として考えられるようになるんですね。

◇ ◇ ◇

藤井聡太四段は、しっかりとした気持ちを持っていることはもちろんですが、それ以上に、

「分けて考えられる才能」 に優れているんじゃないでしょうか。

なぜ負けたのか、敗因を分析し、原因を特定することで、同じ失敗をする確立を減らし、結果、強くなることができるのだと思います。

◇ ◇ ◇

【はっきりと目標を持とう】

藤井聡太四段には、負けず嫌いという面もあるようです。

ただ注意しなければいけないのは、「負けず嫌い」 は生まれながらの性質であり、目標ではありません。

それに負けず嫌いには、負ける(失敗する)のがイヤでチャレンジしなくなる、というマイナス面も存在します。

強くなる<演技がうまくなる>ためには、それが目標なのか生まれ持っての性格なのかも、【分けて】 考えることが大切だと思います

年齢に関係なく、すごい人からはいろんなものを吸収して、成長に役立てましょう。

◇ ◇ ◇

先週と同じ作品のレッスンをしました。

MIURAくんとISHIKAWAくんの両名共にいい演技を披露してくれました。

先週よりも更に完成度が増していました。頑張りましたね。正直うれしいです。

また来週もよろしくね。



〜いい演技は楽しい雰囲気から〜
Voice actor laboratory 声優演技研究所



  • URL:http://yaplog.jp/seiyuyoseijo/archive/539