血液型占いを読み解こう。

September 07 [Sun], 2014, 2:04
合コンとかで、血液型占いの話題で盛り上がったりすることがあるけど

あれって、血液型でその人の性格を分析しようとしているわけでは全然なくて会話のきっかけをつかみたいだけなんですよ。

「きれいな子がいる。なんて言って話しかけよう。ヘタなこと言って嫌われてもアレだし・・・。そうだ!血液型なら無難かも」

【男】きみって何型なの?えーーー(笑)ってことはこんな性格してるんだ(笑)

【女】やだーーー(笑)んもおーーー(笑)違うわよおーーー(笑)

【男】へえーーー(笑)ムキになって否定するなんてますますあやしいなあ(笑)

【女】もぉーそんなこと言うなんてぇーひどーい

血液型の話題が出てくる時の会話なんて、だいたいこんなものです。

ですからつまり、血液型の話題が出てきたら、「会話のきっかけをつかみたいのだな」 と解釈するのがおおむねの場合、正解です。

「性格分析をしてから、つきあう人を決めようとしてるのか。なかなか慎重な人だ」 なんて解釈しちゃうと、その後の演技が全く変わってしまいます
から注意しようね。

今日はそんな話を交えながらレッスンを行いました。

読解力は大切ですね。

なかなか楽しいレッスンが出来ましたのでよかったです。

また来週も頑張ろうね。

【追記】

「血液型占いに科学的根拠が全くない」 ことは誰でも知っています

なのにどうしてブームになったのでしょう?

それは外国人に比べて口下手で、女の子<異性>を口説くのが得意じゃない日本人にとって有効なツールであったことが要因のひとつだと思われます。

科学的根拠なんてどーでもよかったんです。女の子と楽しく会話したいからブームになったんです。

日常のいろんなことを観察して演技に応用すれば、作中の登場人物の心理もリアルに表現できるようになりますよ。
おしまい。



〜いい演技は楽しい雰囲気から〜
Voice actor laboratory 声優演技研究所
  • URL:http://yaplog.jp/seiyuyoseijo/archive/287