某医学博士監修のサプリは、発毛に不可欠な成長因子を増やすと話題!成長因子を増やし発毛を目指そう!

成長因子を増やせば発毛する?話題の発毛サプリが凄いらしい / 2014年12月22日(月)
前髪が抜け毛で薄くなると、以前できた
ヘアスタイルができなくなって、自信を
失ってしまいますよね?




「遺伝だから」とあきらめている男性もいらっしゃる
でしょうが、もう一回だけ新たな育毛法を取り入れて
前髪を濃くするチャレンジをしてみませんか?

実はこの育毛法を取り入れた方のほとんどが
失いかけた自信を取り戻して前向きな気持ちに
なれたそうですよ。

育毛に真剣な方なら抜け毛や薄毛の原因は、
遺伝ではないかと疑っているのではないでしょうか?

薄毛になりやすい人の特徴として、

通常の男性ホルモンを、活性型の男性ホルモン(DHT)に
変えてしまう5αリダクターゼの活性が強い人だと
いう最大の特徴があります。

この活性の強弱は、まさに遺伝的に継承される
ものであり、遺伝と薄毛の因果関係はかなり
強いものだといわれているのが本音です。

もしいま、急激な抜け毛や薄毛の進行に
襲われているなら、これは一過性の抜け毛ではなく、
男性型脱毛症で薄毛になる可能性ありだと疑った
ほうがいいかもしれませんね。

さて、上記の活性型の男性ホルモンですが、
毛根で脱毛物質を増やし、髪の毛を抜けさせる
という最悪の物質なんですね。

もうすでに、男性ホルモンDHT対策を取って
抜け毛のほうは減っている人もいるかと思いますが、

でも抜け毛は減っても発毛へのステップアップに
苦労している方が多いと思うんですね。

中には一歩進んでプロペシアを入手して飲んでいる
方もいらっしゃるでしょうが、おそらく満足レベルの
効果は得られていないのが現実ではないでしょうか?

そこで、成長因子育毛を取り入れてみてはどうか?
という提案をさせてください。

「成長因子?」

と初めて聞いたというあなたもいるかもしれませんが、
これは発毛に不可欠な成長物質であり、これが少ないと
どれだけ育毛をがんばっても発毛しないという結果に
陥るのですね。

実は成長因子の減少は、男性ホルモンDHTが深く
かかわってます。毛根でDHTが増えると抜け毛が増えるという
だけでなく、髪の成長因子も同時に激減させられるのです。

男性ホルモンDHT対策をすると、毛根でDHTが増えないので
抜け毛を減らす対策はできるんです。でもここから発毛への
ステップアップを果たすには減ってしまった成長因子も増やさないと
ダメなんですね。

だからこそ、今実践されている育毛に、成長因子育毛を
取り入れてみてほしいのです。

いま、AGAを取り扱う病院でも取り扱われている育毛法であり、
プロペシアと併用することで発毛効果を大幅に上げることに
成功した信頼度の高い育毛法です。

そんな育毛法が今では自宅でもできるようになりました。
興味がある方は一度詳細を確認されてみてください。
↓ ↓ ↓




 
   
Posted at 20:39 / 成長因子育毛 / この記事のURL
成長因子を増やす成分は身近な食べ物です。 / 2014年12月22日(月)
成長因子を量産させるスイッチとなる成分は
唐辛子(カプサイシン)とイソフラボンです。

これを同時に摂取することが成長因子の産生を
促すスイッチなのですね。

まずカプサイシンで胃の知覚神経を刺激しますと
知覚神経内からCGRPという成長因子の元みたいな
物質が放出されます。

そして細胞がCGRPという物質を受け取ることに
よって活性化され成長因子が作られるという風な
ことが書籍に書かれてありました。

ただ、CGRPは放出されっぱなしだと枯渇するので
枯渇しないためにイソフラボンが必須なんだそうです。

だから同時に摂取することが大切であり、またサプリは
1日中CGRPが放出されるように3回くらいに分けて
飲むほうが効果的だということです。

もし、成長因子サプリを始めようと思った方はぜひ
参考にされてみてください。

そして3か月後、自分の姿がどうなるのか楽しみに
されてくださいね。





 
   
Posted at 20:37 / 成長因子育毛 / この記事のURL
成長因子が増えると毛母細胞活性化! / 2014年12月22日(月)
高い育毛剤を使い続けても効果を実感できないのは、
髪の成長因子が不足しているからだとは考えられない
でしょうか?

発毛し、髪を太く長くする成長させるには
毛母細胞を活性化させなければならないんですね。

そのために成長因子が必要なんです。

成長因子が増えると、毛母細胞が活性化し、髪の毛の
成長期をぐんと伸ばす効果が期待できます。

男性型脱毛症で髪が抜けて徐々に薄くなっていくのは、
ヘアサイクルの成長期が短くなり、正常に毛髪が育た
ないからですね。

でも成長期を伸ばすことができればどうでしょう?
健康な髪が育つと思いませんか?

成長因子は、まさに発毛にドライブをかけるための
起爆剤のような物質なのです。

また、成長因子が増えることで治癒力や免疫力が
高まるという部分も成長因子を増やすことのメリット
だと思います。

いわゆる素肌力、いや毛根力を高めると言っても
言い過ぎではないのではないでしょうか?

 
   
Posted at 17:20 / 成長因子育毛 / この記事のURL
P R
 
 
Powered by yaplog!