」「日本人に受け入れられなければ本物のゴジラではない」

March 11 [Mon], 2013, 17:57
」「日本人に受け入れられなければ本物のゴジラではない」

Q:オープニングからやられました!「クローバーフィールド//HAKAISHA」「第9地区」は意識しましたか?

A:モンスター映画は常に作りたいと考えていました。どうせ作るのであれば普通のアイデアではなく今までにはないものを作りたかったのです。実際企画書に「”ブレア・ウィッチ・プロジェクト”と“宇宙戦争”を足して2で割ったもの」というキャッチコピーを書いていてカムコーダー(ビデオカメラの種類)で撮影して終始POVの視点でエイリアンの侵略を撮影するのはどうだろうと思っていましたただ、その後に「クローバーフィールド」が製作されたのでそのアイデアを使うのは止めました。その後「もし“クローバーフィールド”が9.11のように「テロリストとの戦い」に自然に移行していったら」と思いました。そのアイデアは欧米国にエイリアンが現れ最初は人々はその”モンスター”を恐れ戦っていたのに途中からその状況に慣れてしまい退屈した人々が普通の生活を取り戻しテレビを見始めたら・・・と、どんどんアイデアが膨らみ始めこれは面白いと感じましたQ:映画内に出てくるクリーチャーはどうやって作られたのですか?何かからインスパイアされたとか?

A:出来るだけ現実味のあるクリーチャーを使いたいと考えました。もし科学者に「エイリアンに一番近い生命体に会える場所は?」と聞いたら木星の横の月にある「エウロパ」と答えると思います。それは氷で出来ている衛星で熱水噴出孔も存在し地球と同じ原理で出来ている為生命体が存在する可能性が一番あると言われています。実際NASAが調査対象の天体として探査する予定だった場所ですが、映画ではラテンアメリカに落下した物質を採集されたものをサンプルとして持って帰るという話にしていますそのような設定なので、海底にいるようなものをイメージとしてクリーチャーのデザインに生かしました。タコやカニ、蛍などの生物発光のようなものを参考にしました。私たちはこれらの動物に対して何だかの植え付けられた感情を持っています。クリーチャーは形によって危険な印象だったり可愛らしい印象を持ったりかなり受け取る印象が変化しますもしエイリアンをデザインしようとすると実際存在するものを彷彿させる形に自然になるのです。またそうでないと観客も自分たちが見ているものが何と関連している生物体なのか思いつかなくなってしまうと思います。これはSF映画のもっとも難しい部分で「エイリアン」らしい「エイリアン」映画を作ってしまうと実際何を見ているのか分からなくなってしまう恐れがあるのですQ:続編が期待されますが?

A:(「モンスターズ」のプロデューサーの会社である)Vertigoはぜひやりたいと思っているみたいです。すでに2人の監督候補も上がっていて撮影もそのうちにスタート出来る状態になっている様子ですこの映画を監督する機会を与えてもらってとても感謝をしているし、ぜひ自分が作り上げた映画の世界観に再度訪れたいと思っていますが、自分としては続編をやるのではなく新しい事に取りかかる時期だと考えていますQ:本作を絶賛しているタランティーノらに会いましたか?

A:とても親切な人でこの映画の試写に早い段階で観に来てくれました。実は最近タランティーノにまた会う機会がまたありました。先日ロスで行われたウィリアム王子とケイトが主催するイギリス映画のイベントに招待された際にタランティーノとハーヴィー・ワインスタインと同じテーブルだったのです。俳優のトム・ハンクスやエドガー・ライト監督と会ったりと本当にクレージーな夜でした。このような機会がある度に自分の人生の変化に驚くばかりです。自分がこんなに素晴らしい出来事に恵まれている反面、世界のどこかで誰か知らない人に何か悪い事が起こっているのではないかと疑うくらいです。それくらい自分の周りに起こっている出来事に対して恥ずかしいくらいの思いが正直な所ですQ:「モンスターズ/地球外生命体」を見たら、あなたが作る「ゴジラ」に日本人は期待すると思います。メッセージを!

A:「ゴジラ」はアメリカ人に受け入れられるためには色々なレベルで成功しないと成立しない作品だと思います。個人的には日本人に受け入れられるゴジラ映画を作らなければ本物のゴジラではないと感じていますただ両方を叶える可能性もあると信じています。日本には数年前訪れましたが実際色々なインスピレーションを受けました。日本のような国は地球上で日本だけだと思います。もし日本のファンに受け入れられるのであればこれ以上の喜びはないと思います「モンスターズ/地球外生命体」は7月23日からシアターN渋谷ほかで全国公開

エルメスシューズ,2012夏新作の商品は販売しますバッグ:ヴィトンバッグコピー 、シャネルバックコピー、グッチコピーバック、プラダコピーバックなど時計:ロレックス腕時計コピー、アルマーニ時計コピー、シャネル時計コピーなど財布:シャネル財布コピー、グッチ財布コピー、エルメス財布コピーなどお客さんたちも大好評です。新品種類がそろっています。付属品完備!品質がよい、価格が低い、実物写真!当社の商品は絶対の自信が御座います。経営方針: 品質を重視、納期も厳守、信用第一!超格安価格で、安心、迅速、確実、にお客様の手元にお届け致します。豊富な品揃えで最新作も随時入荷致しておりますのでごゆっくりとご覧ください。その後、30年ほど時を経て、当時としては画期的な生産システムと共にロンジンは本格始動を始めました。職人たちが自宅の工房で別々に作業するスタイルが一般的だったこの時代にロンジンは職人を集めて部品製造から組み立てまでを一貫して生産する工場を設立し安定生産と高品質という当時は矛盾するテーマを現実のものとし、ロンジンはその名を一気に広めていきました。ロンジン時計にはリンドバーグの大西洋無着陸横断飛行をはじめ冒険家をサポートしてきた歴史があり堅牢な時計作りに長けたイメージが強いゼニアスーツ,ゼニアスーツを生み出したイタリアの芸術性、美術についての感性は、ルネッサンスの影響が色濃く残っていることは否定できない。日本の着物、和装を、外国人に自ら着用するため、自分で選んでもらうとする。彼らが選ぶ、柄や生地、あるいは仕立ては、すべての外国人がそうではないだろうが、中には日本人である俺達には、奇妙に見えるとりあわせを選んでしまうかもしれない。それもしかたないだろう。俺達の無意識に入り込んでいる前提が彼らにはないのだから。和服のいい着こなしをしてもらうには、日本のプロの助言があったほうがいいオメガ コピー,スーパーコピー時計 | ブランドコピー時計 | ロレックスコピー時計 | ブランドコピー時計 | 品質第一という経営理念をもとにお客様に安心してご利用いただける商品をご提供させ て頂きます。お客様からの. オメガ ミッション ヒルズ ワールドカップ oriental 28800振動ポルシェ コピー,吉報:セール実施中です。ブランドコピーとロレックス スーパーコピーなら ば弊店が最高です。弊店は10年以上のネット販売経験があり、お客さまに良いサービス と良い商品をご提供させていただきます
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/seisinp2/index1_0.rdf