ジェネリック医薬品「精神科」

January 29 [Tue], 2013, 11:14
精神的な病と言うのも近年増えてきています。この精神的な病に関しても、ジェネリック医薬品があります。
この精神疾患の場合においてジェネリック医薬品を服用した場合、面白い結果が出ています。
と申しますのが先発医薬品とまったく同じ成分で製造されたジェネリック医薬品を服用した際の効果が効果が表れる方・効果が見られない患者が出てくるのです。
この原因を探っていきましょう。
精神的な病を患っていらっしゃるかたというのは、それまで効き目があったと思われる薬と名称も形状も色もまったく同じものでなくては、効果がないと思ってしまうと言う思い込みから効果がなくなってしまう場合があります。これは精神疾患でなくても一般的な病であっても起こる方もいます。
極端なことを申しますと小麦粉を練ってお薬です。と服用していただきます。薬を飲んだというだけで快方に向かう方もいます。しかし、今までと違う薬をもらって飲んだところで効かないという思いが効果が表れないということになるのです。
効果がないのではないかと疑念を抱くことが、実際の効果につながっていしまうのです。
これは稀なことではなく医薬品においてはよくあることです。
このような症状を《プラシーボ効果》と言われます。
このように精神の働きは薬の効き目を左右してしまいます。
心の病を患った方は特に、ジェネリック医薬品へ切り替えを慎重にしたいものです。


CMでも有名なジェネリック医薬品
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuzu
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる