難しそうな精神看護

September 23 [Mon], 2013, 16:20
精神看護は現在社会においてとても需要が高まっています。
メンタルヘルスをになう精神看護ですが、それなりに専門的な知識や技術を持っていなければならず、そうしたことをきちんと学ばなければいけませんよね。
なので、看護学校でも精神看護はとても重要視されています。
それも現在社会の環境がそういった原因になってる事も多いんです。
精神科というと、ちょっと暗くて怖いイメージがあり、一般の人には馴染みがなかった診療科でしたが、最近のストレス社会を反映してか、今は様々な人が受診しにきています。
ちょっと鬱っぽくていつも元気のないひととか、愚痴ってばかりのおばさん、食事が食べられなくなってしまった女性、妄想と現実の区別がつかなくなってしまった人など、いろいろな人が診察を受けにくるんです。
精神科のお医者さんは、そういった患者さん一人一人に合わせていろんな治療を行ってくれます。話をひたすら聞くだけの治療もあれば、精神分析的な治療もあります。お薬が必要なときもあるし、何種類もの安定剤や抗うつ剤を使わなければならない事も。そういう面から精神看護はとても大事だと言えますよね。
症状が思いと入院が必要な患者さんもいますし、患者さん本人よりも家族にアプローチが必要な場合もあるそうですよ。
精神看護

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:なな
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/seishinkango09/index1_0.rdf