勉強法が全くわからない人には・・・ 

July 07 [Tue], 2015, 23:07

中学生や高校生で、勉強のやり方が全くわからないとか、学校の成績が悪すぎるという生徒は、まず定期テスト(期末テスト、中間テスト)で成果を出すことに集中するとよいでしょう。


実力試験と比べて定期テストは勉強範囲も狭く、ふだんの授業のなかから出題されることが多いので、短期間で成績を上げることが可能なのです。


定期テストで成績を上げるポイントは、ふだんの授業の復習をまじめに行うことと、試験前に試験範囲の計画的な総復習を数回行うことです。


試験前の復習期間は定期テストで4週間、中間テストで2〜3週間程度が目安です。もちろん、計画的に行うことが大事です。


勉強方法がよくわからなくてクラスで下位の生徒の場合、逆に言えば伸びしろが大きいとも考えられます。特に定期テストでは勉強の結果がすぐに反映されるので、頑張りましょう。結果が出れば自信もわいてきます。そうしたら、実力試験の対策も考えられるようになります。