生理痛の薬は早めの服用が効く
2008.12.29 [Mon] 19:35

生理の時に痛いと感じるは、子宮を収縮させたり痛みやつらい炎症を発するプロスタグランジンという物質のせいなんです。
この痛み物質のプロスタグランジンが作られなければ、そうです、痛みは出ないという事です。
ですから、まだ生理痛の痛みを感じる前、これから痛みが出そうだ、いつもだと生理痛はひどいから・・・と痛くなるのがわかっているのなら、前もって薬を飲むことでプロスタグランジンが作らせないようにすることで効果があるわけです。
この痛み物質プロスタグランジンが作られてからでは、いくら薬を飲んでは、折角の効き目が弱まってしまうんですね。
ここで薬を飲む際の注意点です。
生理痛の痛み止めに薬を服用される際に気をつけていただきたいのは、市販で売られている痛み止めは、胃痛や便秘、下痢などの痛みを止める効果はありませんのでお気をつけください。
内臓の痛みには効きません。
あくまでもプロスタグランジンという痛みの物質が関係している頭痛や、生理痛、歯痛、関節痛などに効果を発揮します。


>>生理痛の痛みを治した長谷川まりこさんの方法はこちら

生理痛の緩和方法 薬
2008.12.29 [Mon] 19:34

生理の度に頭痛や腰痛、腹痛などのつらい痛みを感じる方は多いです。
そんな時は無理なさらないで、薬を服用するもの対処方法です。
もう生理痛の痛みがはじまったら、早めに鎮痛剤を服用される方と、できるだけ我慢して、どうしても我慢できないくらいになったら痛み止めの薬を飲まれる方もいます。
病院で鎮痛剤として服用されることが多いロキソニン。
一番安心なのは生理痛の痛みの症状を緩和する方法として、婦人科に診断に行かれることです。生理痛の原因やその人にあった生理痛の対策法や対処法をアドバイスしてくれるかもしれません。それに、その人にあった薬を適量処方してくれるわけですから安心です。
市販薬の痛み止めの薬でよく聞くのは、バファリン(ライオン)、ナロンエース(大正製薬)、ノーシン(アラクス)、タイレノール(武田薬品)、サリドン(藤沢薬品)、ケロリン(内外薬品)、EVE(エスエス製薬)などがあります。
市販の痛み止めの薬を効果的に飲む方法は、生理痛の痛みがでそうかな?という生理痛の痛みが出る前や痛みが悪化してひどくなりそうというときにのんでください。
そうでないと効果は弱くなるんです。
もちろん薬は体にとっては異物なので、飲まなくてもなんとか生理痛の痛みに対処できそうというのであれば、薬の服用はしないほうがいいです。
でも、生理痛の痛みが緩和されなくて、学校や職場に行くことができないくらいなのであれば、痛み止めの薬は服用されたほうがよろしいでしょう。


>>生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法はこちら

その他の参考はこちら
>>生理痛の痛みに効く薬・鎮痛剤はこちら
>>生理痛ひどい時にはツボを刺激!詳細はこちら

生理痛とは
2008.12.29 [Mon] 19:31

子宮の内側の膜、子宮内膜がはがれて体の外に排出されるのが生理です。排卵と一緒に子宮内膜は厚みが増します。そして受精(妊娠)がなされなかった場合に子宮内膜がはがれて落ちます。これが生理です。
生理の時に、子宮内膜が厚みを増すために子宮が少し大きくなるです。
そのために収縮して元の大きさに戻ろうとするわけです。
子宮の収縮の際に痛みを感じるのが生理痛で、頭痛や腰痛、腹痛などの痛みの症状として現れます。
生理痛の下っ腹の痛みや腰痛は、子宮の収縮が強かったり、体を締め付ける下着や洋服で血流を悪くしたり、冷えで血行が悪くなっっていたり、ストレスでホルモンバランスが乱れていることも要因とされています。
生理痛の頭痛の原因は、生理の時に起こる女性ホルモンのエストロゲンの変化が関係しているのでは?と言われています。
また、妊娠・出産を経験していない女性は子宮頸管が細くなっていることもあって狭くなっているために、経血がなかなか順調に流れることができずうっ血し、それによって腹痛を招いているとも考えられています。

>>10年以上続いた生理痛の痛みを治した方法とは?

こちらも参考に
>>生理痛・冷え性の症状改善する漢方 詳細はこちら
>>本「ホントのツボがちゃんと押せる本 」
P R
カテゴリアーカイブ
  • seo