生理前に寝起きが悪く日中眠い時の対処法!知らないと損するPMS!

July 24 [Sun], 2016, 18:15

「生理前になると、寝起きが悪くなり、
 そして、日中眠くなってツラいんだけど…!?」


と、あなたは悩んでいませんか?


生理前に寝起きが悪くなり、日中眠くなると
本当にツラいですよね。

目覚ましでは起きることができず、
職場に遅刻することもありますし、

日中眠くてウトウトしていると、
怒られることもありますし、

こんなことばかりだと本当にツラいですよね。



それで、少しでも睡眠時間を長くしようとして
早く寝るのにもかかわらず、
相変わらず寝起きは悪く日中眠くなりますし、


「生理前の寝起きが悪く日中眠いのをなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?


■生理前に寝起きが悪く日中眠くなる理由とは?


生理前に寝起きが悪く日中眠くなるのは、
睡眠の質が悪くなるからです。


生理前はホルモンバランスが乱れます。

そのせいで、夜になっても体温が下がらなくなるんです。


通常であれば、日中は体温が高く、
夜になると体温が低くなります。

それで、夜になると体温が低くなるので、
ぐっすり眠れるんです。


しかし、ホルモンバランスが乱れると、
体温が下がらなくなります。

そうなると、睡眠の質が悪くなってしまうんです。

ですから、寝起きが悪くなりますし、
日中眠くなってしまうんです。


■生理前に寝起きが悪く日中眠いのを解消することはできるのか?


生理前に寝起きが悪く日中眠いのを良くするには、
少しでも睡眠の質を良くする必要があります。


睡眠の質を良くするには、

寝る前にリラックスする音楽を聴いたり、アロマをしたり、
スマホやパソコンは寝る前にしないようにしたり、

とにかく寝る前にリラックスすることが大切です。


そして、日中はできるだけ体を動かしたほうがいいです。

眠いと体がだるくてなかなか動かすことができないと思います。

でも、そこは何とか頑張って体を動かすといいですよ。


それと同時に、生理前に寝起きが悪くなり
日中眠くなる原因であるホルモンバランスの乱れを
整えることも大切
です。

ホルモンバランスが大きく乱れる原因は、
日常生活の乱れだと言われています。

生活リズムや食生活が乱れたり、
あるいは運動不足だったりやストレスをためたりすると

ホルモンバランスが大きく乱れて
生理前に寝起きが悪くなったり日中眠くなったりする
とされています。


ですから、それらを改善することで、
生理前のひどい症状を緩和することができますよ。


そして、ハーブの中に
女性ホルモンのバランスを整える働きのあるものがあります。

それらを摂ることでホルモンバランスの乱れが整い
寝起きが悪く日中眠いのを改善することができますよ。


それで、ハーブはハーブティで摂るのが普通ですが、
それだとかなり面倒くさいですよね。

そこで、ホルモンバランスの乱れを整えるサプリが
ありますのでおすすめです。


「ルナベリー」は、ホルモンバランスを整えるのに
効果的なハーブが9種類も配合されています。

それで、実際に飲んだ人の多くが
「毎日が快適!」
などと満足しているんですよ。


生理前でも寝起きをよくして日中シャキッとしたい
と思っているあなたに「ルナベリー」はおススメです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

【ルナベリー】詳しくはこちら



































.