なぜこんなに眠いの?生理中の眠気の原因と対処法

March 19 [Thu], 2015, 2:51
生理中は仕事中でも眠くてたまらない事ありませんか?

夜早く寝たとしても、翌日の仕事に支障が出るほど
だるさと睡魔が襲ってくる事は一度や二度ではないはずです。

生理が終わってしまえば普通に戻るため
病院に行くまでもないと考えますよね。

しかし生理の期間中には朝もなかなか起きられなくなり、
日中にも異常な眠気が常に襲ってくるのです。


これは、原因とその時の体の状態を知る事で対処ができますし、
症状はかなり緩和することが出来ます。


【生理中の眠気の原因】

エストロゲンとプロゲステロンという
女性ホルモンを聞いたことがあるでしょう。

この2種類は通常、体内でバランスよく分泌されています。

ですので、普段は眠くてたまらないなんて事はありません。

しかし生理中には、プロゲストロンの分泌が増加して
体内のホルモンのバランスが崩れます。

このため、肌荒れが起こりやすくなったり
気分が沈みがちになったりするのです。

これらの体に出る影響の一つとして「眠気」もあるのです。


【生理中の眠気を改善する対処法】

生理中は血行が悪くなり、いつも以上に冷えを感じることがあります。

この冷えを改善する事で女性ホルモンの分泌が緩やかになります。

特に下半身を重点的に温めると体内の血流が良くなるため
眠気の改善につながります。

もし貧血気味なら、鉄分を意識的に摂ることで
朝の目覚めを良くすることに繋げられます。


当然ながら、夜の睡眠を質の良い眠りにする事も大事です。

スマホやテレビは寝る前の2時間前には消して、
やわらかい間接照明などでリラックスする時間を作ることは必須です。

また、夕食にはトリプトファンを多く含む食品の摂取を意識して
精神面をリラックスさせる成分(セロトニン)を増やす様にしましょう。

トリプトファンは、肉や大豆類、レバーなどに多く含まれるので
夕食の献立をちょっと工夫するだけで簡単に増やせます。

もし、仕事が忙しくて夕食を作るのが難しいという場合には
サプリメントで補給するというのも良い方法です。

夕食後にサプリメントでトリプトファンを摂取するだけで
夜の睡眠の質が改善できます。

睡眠促進のサプリは沢山出ているので
きちんとトリプトファンが摂取できるタイプのものを
選ぶようにして日中の活力に繋げてください。

  ▼ 100%食物成分のトリプトファン配合で睡眠をサポート ▼