必要な生命保険の種類=主契約を決めて見直し

January 10 [Mon], 2011, 14:24
ちなみに60歳までは、<女性特定疾病→入院1日目から8000円/日 死亡保障200万>2人で、15500円です。
夫がサラリーマンであれば、共済の掛け捨てで十分。が結論です。
旦那さんは国民年金なので、お子さん1人の場合、遺族年基礎金は月額にして8.5万円です。
ガン保険。夫:日本興亜生命 日額5,000円 診断給付金100万 (終身保障/終身払い) 1670円。

何かもっといい案がないかなと模索してます。今加入してる保険は平成3年に入りました。
ただ、今回の場合は、前の方々も書かれている通り、減額ができないはずはありません。更新試算の資料を請求してください。
また、その場合遠くても大丈夫なのでしょうか?
一度、社会保険・労働保険などの社会保障制度と各自治体の救済制度をシッカリ調べてみて下さい。

それでも業界最安値のPCAで1825円、入院しなければ10年間で219000円を掛捨てすることになります。
転換金額が保険証券の左下に出ているので其処からチェックするのですが・・・・・・・・。
どっちかが亡くなっても、働いて生活できるんですから。
万が一のときにどのくらい保険でカバーすればいいのか考え決めましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seimeihokenaie
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像生命保険の選び方
» 生命保険は大切なお守り☆保険の選び方 (2010年10月08日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/seimeihokenaie/index1_0.rdf