生活習慣病という言葉は、皆さんもご存知だと思います。 <span style="color: red">生活習慣病とは、毎日のあまり好ましくない生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気のことです。日本人の3分の2近くが、(三大)生活習慣病といわれる病気によって亡くなっています。 三大生活習慣病とは、がん・脳卒中・心筋梗塞のことであり、心筋梗塞は「血管の老化現象」と言われる動脈硬化が原因で起こる病気と言われています。

生活習慣病関連高齢者97%「健診」除外地域も
2008.02.28 [Thu] 02:43

 血圧を下げる薬やインスリン注射を使用している75歳以上の「健康診査」を厚生労働省が絞り込む方針を示したことに伴い、健康をめぐる??地域間格差?≠ェ懸念されている。健診に関する同省の方針に対し、希望者の全員を対象とする地域が多い中、徳島県は歯科を含めて1年以内に医療機関を受診していないことを条件としている。同県の75歳以上のうち健診を受けられる人は約3%。年齢で??線引き?≠ウれるだけでなく、住む地域で受けられる医療が異なる制度に、医療関係者らの批判が高まっている。

 健診に関する具体的な方針は、各都道府県の後期高齢者医療広域連合が決定する。

こうした中、宮城県では「希望する人に対して健診を実施する方向で市町村と調整している」と、希望者全員を対象にする方針。また、「制度が変わり、不安を感じる人も多い」として新潟県も「当面の間は、希望者全員に健診を実施する」としている。
 さらに、東京都は「厚労省が健診の絞り込みを指示してきたからといって、都では初年度(2008年度)から特段の絞り込みは行わない。仮に絞り込むといっても、高齢者の実態把握が必要だ」などと話す。このほか、神奈川県は「入院中または介護施設入所中で一定の医療管理のもとにある人は必ずしも健診が必要ではないかもしれないが」と前置きした上で、「初年度から特段の絞り込みはやらない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

生活習慣病関連ジャニーズ番組などいらない!? グダグダ剛にガンバル嵐
2008.02.26 [Tue] 17:06

 SMAP『SMAP×SMAP』(フジ)をはじめ、TOKIO『メントレG』(同)や『ザ!鉄腕!DASH!!』(日テレ)、V6『学校へ行こう! MA X』(TBS)などなど、ゴールデンプライム深夜枠を問わず、実に週40本弱ものバラエティ番組に、ジャニーズタレントが出演している。新グループが結成されるたびに彼らの冠番組が始まったり(NEWSは例外)、個人単位でさまざまなバラエティにレギュラー出演するケースも多いので、出演番組が増えるのも当然といえよう。しかも、『SMAP×SMAP』のように平均視聴率20%前後をはじき出す“国民的人気番組”もあるのだから、テレビ局にとっても“ジャニーズ枠”は是が非でも確保しておきたいところだ。



「各局とも“第二のSMAP”を発掘しようと必死なので、若手グループでもその将来性に期待して冠番組を持たせたがるんですよ。たとえば新しいところだと、日テレはKAT-TUN(『カートゥンKAT-TUN』)、テレ東は関ジャニ∞とHey! Say! JUMP(『おもてなし音楽バラエティ むちゃブリ!』『Hi! Hey! Say!』)、フジもHey! Say! JUMP(『百識』)というように、まだデビューしたての頃から冠番組をやっています。早いうちから手をつけておけば、後々SMAPのように大ブレイクしたとき、ドラマなどでも囲い込みやすいですから」(テレビ制作関係者)...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

生活習慣病関連中高年を襲う巨人ファン型うつにご注意!
2008.02.25 [Mon] 11:07

 男性更年期、あるいは仕事や生活に疲れた中高年を襲ううつ。そのうつに陥りやすいのは、野球でいうなら巨人ファン型が多いということをご存じでしょうか。もちろん、シャレや冗談ではありません。長年、男性更年期外来を担当してきた医師が指摘している真面目な話です。

 発信源は大阪大学大学院医学系研究科の石蔵文信助教授。ただ、誤解のないようにお断りしておくと、何も巨人ファンにうつになる人が多いというわけではありません。石蔵先生によれば外来などでいろいろ話していると、そのファン気質や思考パターンがうつになりやすい人と共通項が多いとのことです。



 最大の共通項は「ネバ・ベキ症候群」にまとわりつかれている点。巨人は常勝球団であらネバならない、巨人は球界の盟主であらネバならない、巨人選手は紳士であらネバならない……。あるいは巨人は阪神ごときに苦しめられるベキではない、来期こそ覇権を奪還すベキである……。どうでしょう。すべての巨人ファンとはいわないまでも、心当たりのある人は多いのではないでしょうか。

 ビジネスマンだって同じことです。信頼される上司であらネバならない、仕事は常に完璧であらネバならない……...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

生活習慣病関連新薬不足の日の丸製薬が傾注する急成長“抗体医薬ビジネス”の難易度
2008.02.24 [Sun] 08:29


 医薬品市場の成長が鈍化するなか、近年、30〜40%の急成長を続ける抗体医薬。日本で先頭を走ってきた協和発酵工業、キリンファーマが経営統合を決める一方、後れを取ってきた日本の製薬大手4社もアライアンスと買収で体制を整えつつある。がぜん注目度を増してきた、抗体医薬ビジネスのうまみと課題を探った。

「両社の抗体医薬事業を統合し、創薬力を向上させる」――。

 2007年10月22日、協和発酵工業がキリンファーマと合併し、キリンホールディングスの傘下に入ることを発表した記者会見の席上、協和発酵の松田譲社長は合併の意義をこう強調した。



「サイズを狙った統合ではない」(松田社長)というように、協和発酵とキリンファーマの医薬品事業は合算しても1987億円(2006年度)と中堅レベル。しかし、世界で過去5年間に4倍を超える規模に成長し、2兆円市場となった“抗体医薬”に限れば、話は別だ

 じつは両社は、抗体医薬の老舗。日本で初めての抗体医薬「アクテムラ」の製品化に成功した中外製薬と合わせて「抗体御三家」と呼ばれ、同分野が最初に注目された1980年代から研究を続けてきた。先頭を走る2社の合併とあって、新会社「協和発酵キリン」は業界の注目の的となったのである...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

生活習慣病関連特定健康診査・特定保健指導に関する調査、特定健診の認知率は43.5%に
2008.02.23 [Sat] 07:12

 インターワイヤードが運営するネットリサーチサービス「ディムスドライブ」は、「特定健康診査・特定保健指導」に関する調査を1月23日〜1月31日にかけて実施。登録モニター9863名から回答を得た。その結果、48.6%が「自分はメタボ・メタボ予備群」と回答し、特定健診の認知率は43.5%。保健指導による「生活習慣の改善効果」を期待している人は半数などの点がわかった。 メタボリックシンドロームに着目した生活習慣病予防のための新しい健康診断、「特定健康診査」・「特定保健指導」が2008年4月から開始される。人々はどのように受け止めているのだろうか。

今回の調査では、「特定健康診査・特定保健指導」について聞いた。 今年4月から始まる「特定健康診査」、「特定保健指導」の認知については、「内容など、詳しく知っていた」という人は6.6%とわずかしかいなかった。「実施されることは知っていた」は36.9%で、「知っていた」人(認知率)は43.5%と4割だった。 “特定健診・保健指導について知りたいと思うこと”では、「費用について」が68.6%と最も多く、次いで「受けられる場所について」45.9%、「検査内容について」45.7%、「申し込み方について」37.1%、「お知らせ(案内)の時期・内容について」34.1%、「結果の通知について」29.8%と続く...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

生活習慣病関連米Google、個人の医療記録にオンラインでアクセスできる試験サービスを開始
2008.02.22 [Fri] 04:04

 米Googleの公式ブログによると、全米屈指の優良医療センターとして名高いクリーブランド・クリニックの協力を得て、患者が医療記録にオンラインでアクセスするための試験サービス開始した。

今回はじまった試験サービスでは、患者がGoogleの認証用インターフェイスを通じて医療記録にアクセスし、Googleアカウントに情報をインポートすることができる。Google APIを使ったこのサービスによって、患者はインターネットを通じて、自分の医療記録に安全にアクセスすることが可能となる。




クリーブランド・クリニックは10万人以上の患者の医療記録をデータベースで管理している。

 クリーブランド・クリニックでは、10万人以上の患者の医療記録を“eCleveland Clinic MyChart”と呼ばれる個人の医療記録(Personal Health Record, PHR)システムで管理している。今回Googleとともに実施する試験サービスでは、このシステムを利用している患者のうち、参加を希望する1500人から1万人を登録。薬の処方履歴やアレルギー情報などを、クリーブランド・クリニックのシステムとGoogleアカウントの間でやりとりする際の安全性をテストする...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

生活習慣病関連U2、プロデューサーが新作の制作状況を語る
2008.02.20 [Wed] 21:44

U2が故郷ダブリンへ戻り、ニュー・アルバムの制作を続けているという。U2の長年のコラボレーターであるブライアン・イーノ、ダニエル・ラノワがプロデューサーとして参加しているが、そのラノワが新作の制作状況についてBillboard.comに話をした。

「やる気マンマンだ。ボノはリリックに全力で取り掛かってる」「ジャム・セッションを通じ、いくつかエキサイティングなスタートを掴んでる。いまは、その中からお気に入りを選んで“これはいい出発点だ。さて、どうするか”って言い合ってるとこだ。出発点は、メロディだったりリフだったりするが、どれもエキサイティングなものだって断言できるよ」



'04年の『How To Dismantle An Atomic Bomb』以来となるこの新作の具体的なリリース日はまだ決まっていないが、早ければ秋には完成するのではないかと見られている。

U2関連ニュースとして、彼らはポーグスのシェイン・マガウアンやボブ・ゲルドフ、シネイド・オコナー、アンドレア・コアー(ザ・コアーズ)ら同郷のアーティストと一緒にアイルランドのフォーク・バンド、ザ・ダブリナーズの元メンバー、ロニー・ドリューに捧げるチャリティ・シングル「The Ballad Of Ronnie Drew」を制作した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

生活習慣病関連保険者の9割、「介護保険料に問題」
2008.02.19 [Tue] 18:40

 介護保険制度を運営する市区町村など(保険者)の約9割が現在の介護保険料の設定方法に「問題がある」と考えていることが2月29日、厚生労働省が公表した調査で分かった。介護保険料の決定には世帯の考え方を取り入れているため、被保険者本人以外の人の課税状況で保険料が違ってくることや、収入が変化しなくても税制改正などが影響して保険料が変わることなどが問題点に挙がった。

 現在の介護保険料は、世帯内に課税者がいるかどうかや合計所得金額などの状況に応じて段階別に分けて設定しており、標準は6段階。

段階ごとに定めた一定の割合を保険料基準額にかけることで、各段階の保険料を算出する「段階別定額制」方式だ。このため、保険料の水準が上がると、段階ごとの差額が大きくなる。税制改正で非課税限度額などが変わると当てはまる段階が変わったり、世帯内に課税者がいることが保険料に影響するため、合計所得に差がある世帯を見た場合、低い世帯の保険料が高い世帯の保険料を上回ってしまう逆転現象が起こったりするなどの問題がある。
 厚労省は、今後介護保険料の在り方自体を見直していく際の材料とするため、昨年9月に1697の保険者にアンケートした(回収率70.9%)...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

生活習慣病関連ネットリサーチDIMSDRIVE、「特定健康診査・特定保健指導」に関する調査結果を発表 〜48.6%が「自分はメタボ・メタボ予備群」〜 [インターワイヤード株式会社]
2008.02.18 [Mon] 10:30

メタボリックシンドロームに着目した生活習慣病予防のための新しい健康診断、「特定健康診査」・「特定保健指導」が2008年4月から開始されます。人々はどのように受け止めているのでしょうか?

インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチサービス「ディムスドライブ」(本社:東京都品川区)は、『特定健康診査・特定保健指導』に関する調査を行い、結果をまとめました。
2008年1月23日〜1月31日にかけて実施。登録モニター9,863名から回答を得ています。


調査結果の詳細  http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2008/080220


-------------------------------------------------------------
◆特定健診・特定保健指導の認知率は43.5%
2008年4月から始まる『特定健康診査』、『特定保健指導』の認知については、「内容など、詳しく知っていた」という人は6.6%と僅かしかいなかった。


「実施されることは知っていた」は36.9%で、『知っていた』人(認知率)は43.5%と4割だった。

-------------------------------------------------------------
◆わからない事が多い特定健診...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

生活習慣病関連介護保険では認知症介護“限界”
2008.02.17 [Sun] 08:24

 高齢社会の急激な進展により、厚生労働省の推計で2020年代には300万人に達するとされる認知症高齢者。彼らを介護の側面から支える際、介護保険サービスがその手段として真っ先に挙げられる。しかし、サービスの内容や利用回数に厳しい制限のある現行の制度のままでは、24時間365日目が離せない認知症高齢者を在宅で支えることは困難とする声もある。施設から在宅へ―。厚労省がそのような方針を掲げる中、介護サービスの現場で今、求められているものは何か。現場の声を基に検証する。(金子俊介)

家族支援に見た「認知症介護最前線」
「認知症かも…」あなたならどうする?

【時間外サービスで負担緩和】
 街の中心である平塚駅から真っすぐにのびた線路沿いの道を左に折れると、閑静な住宅街の一角に民家と見紛う「宅老所ひなたぼっこ」がある。

ここは、夏の七夕祭りには多くの観光客でにぎわう神奈川県平塚市。ひなたぼっこは06年の介護保険法改正で創設された「認知症対応型通所介護(デイサービス)施設」として認知症高齢者のケアを中心に行っている。

 ひなたぼっこは通常の介護事業所とは異なる特徴がある。それは、介護保険外のサービスとして利用者が一晩宿泊できる体制を整えているということ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)