いわゆるストレスがかかって

September 21 [Sun], 2014, 1:42

いわゆるストレスがかかって、蓄積してしまうシステムや、便利なストレス解消法等、ストレスというものの詳細な知識を勉強しようとする人は、現段階ではまだ多くないようです。

胸痛を主訴とする狭心症の外科的な治療法については、「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈大動脈バイパス移植手術」という2種の手段が精力的に導入されています。

複雑骨折して大量出血した状況では、血圧が低くなって、眩冒や冷や汗、吐き気、顔面蒼白、気絶などの脳貧血症状が起こる症例もあります。

心筋梗塞は、心臓を養う冠動脈の動脈硬化によって血管の中が細くなって、血流が途切れ、大事な酸素や栄養を心筋に供給できず、心内膜側の心筋が機能しなくなってしまう怖い病気です。

現在のギプスの主流となっているグラスファイバー製のギプスは、頑強で軽い上に長期間の使用に耐えることができ、濡らしても支障はないという強みがあり、現在用いられるギプスの中でも王道となっているのです。



最近よく耳にするジェネリック医薬品というのは、新薬の特許が期限切れになった後にマーケットに出回る、新薬と等しい成分で払う金額の少ない(薬の金額が高くない)後発医薬品のことを言います。

子供の耳管の造りは、大人の耳管に比べると太い上に短いフォルムであり、加えて水平状態なので、様々な菌が潜り込みやすくなっているのです。大人より子どもの方が急性中耳炎に罹りやすいのは、この作りが係わっています。

ヒトの耳は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3種類のパートに分けられますが、この中耳付近にばい菌やウィルス等が吸着して炎症に見舞われたり、中耳腔に分泌液が貯留する病気を中耳炎と呼びます。

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが堆積した状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、動脈硬化や肝硬変だけに限らず、多方面の疾患の元凶となる危険性があることを知っていますか?

杉花粉が飛散する1月〜4月の間に、子どもが体温は普通なのに頻繁にクシャミしたりサラサラした鼻みずがズルズルと出続けているような状況だったなら、『スギ花粉症』に違いありません。



チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、殆どが手や足が痺れるような感覚があったり、下肢のだるさなどが代表的で、初期症状が過ぎ病状が進行すると、重症の場合激しい呼吸困難に陥る心不全なども発症することがわかっています。

元気溌剌、暴飲暴食の抑止、適切なスポーツなど、従来から提言されてきた健康に対する意識が老化対策にも一役も二役も買っていると言えるわけです。

普通は水虫といえばまず足を想像し、取り敢えず足の裏や指の間にみられる病気だということで広まっていますが、カビの一種である白癬菌が感染するのは足だけではないので、体の色んな箇所にも感染するということもありうるので注意してください。

一緒に過ごすことで、患者さんがセラピードッグのことを可愛らしいと思うとオキトキシンというホルモンが分泌され、最終的にはストレスを和らげたりヒーリング効果になるのです。

各種の結核の原因である結核菌は、菌を持っている人が咳き込むことによって空気中に放たれ、辺りで飛んでいるのを他人が吸い込むことで体内に入り次々に感染します。



健康福祉大学関係のホームページ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seikatushukan
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/seikatushukan/index1_0.rdf