悪い家庭教師 

April 27 [Mon], 2009, 11:05
悪い家庭教師というのは人それぞれ感じ方がありますから一概にどんな家庭教師が悪いのかを紹介することは難しいのですが、一般的に考えて見た、悪い家庭教師について紹介していきたいと思います。悪い家庭教師の中には、たとえば授業の日に遅刻してきたり、時間を守らないというマナーがもともとなっていない家庭教師もいると思います。
そして指導に関しては自分が用意してきた指導のための教材を使って進めていくだけで子供のニーズや子供がわからないと思っているところに全く沿った内容ではないという家庭教師もいます。
悪い家庭教師の中には、授業時間にほとんど問題を解かせているだけで終了してしまっている家庭教師もいるといいますから授業内容はどのようになっているのか確認しておいた方がいいでしょう。
悪い家庭教師としては相性が悪いという意味での悪い家庭教師もいるかもしれませんね。子供にとってすべての家庭教師と相性がいいとは言い切れませんから家庭教師の中には相性が悪い家庭教師もいると思います。悪い家庭教師であるかどうかは、まず親が判断できる点は判断すればいいのですが、実際に指導を受けた子供しかわからない場合もありますから子供にも、家庭教師の授業内容などについて聞いてみるといいと思います。

いい家庭教師 

April 27 [Mon], 2009, 11:05
いい家庭教師というのはどんな家庭教師だと思いますか?いい家庭教師について紹介していきたいと思います。まずいい家庭教師というのは、やる気を出させてくれるような子供にとってわかる授業をしてくれます。いくらいい授業、指導方法をしてくれていたとしても子供がわからなくては意味がありませんから、子どもにとってわかる授業をしてくれる家庭教師がいい家庭教師ということになります。
そしていい家庭教師というのは、いい家庭教師というだけのことあって、今までの実績や経験も長かったりしていると思います。それによって信頼関係も出来上がると思いますからいい家庭教師であるかどうかは過去の実績を聞いてみて判断するというのもいいかもしれません。
いい家庭教師は親にも今の勉強の進み具合をきちんと説明してくれますし、生徒がいまどんなことでつまずいているのかをきちんと把握できる家庭教師です。
そしていい家庭教師は、指導時間外も生徒のことを第一に考えて、生徒のために指導に使う教材を用意したり、独自の指導方法でどう進めていくのかなども考えてくれています。
いい家庭教師かどうかを見極めるのは親なので、自分でこの人がいい家庭教師なのか、その素質があるのかないのかを見極めないといけません。

家庭教師のトラブル防止 

April 27 [Mon], 2009, 11:04
家庭教師を依頼する際にトラブルを防止するための方法を紹介したいと思います。まずは家庭教師を依頼する際には契約書が用意されると思いますが、家庭教師の契約書をきちんと内容を読んでから契約するようにしましょう。そして家庭教師を探している時にたとえ電話で勧誘や訪問の勧誘があったとしても、トラブルが起きやすいので十分注意しましょう。
家庭教師派遣会社と契約をする際には、まずは契約をする前にたくさんコミュニケーションをはかる機会を設けましょう。それはたとえば体験授業であったり、面接であったり、いろいろとあると思いますが、家庭教師をしっかりと見極める場を設けることは大切なことでトラブル防止にもつながります。
また家庭教師派遣会社に依頼する場合には家庭教師などについてきちんと相談ができる担当者が一人ついていてくれているかどうかも確認しましょう。担当者がいるのといないのでは、家庭教師とのトラブル防止も変わってくると思います。
このように、家庭教師に関するトラブルを事前に防ぐことは十分に可能ですから、家庭教師を契約する際などにはいろいろと検討して確認すべき点は確認して納得したうえで家庭教師の契約をするようにしましょう。

家庭教師の探し方 

April 27 [Mon], 2009, 11:03
家庭教師の探し方についてですが、家庭教師は色々と探す方法がありますが、いざ、家庭教師を探してみたいと思っていても家庭教師の探し方が難しいということもありますよね。まず家庭教師を探す場合に一番に思い浮かぶのが、知り合いに頼むという方法で家庭教師を探すことです。たとえば知り合いの大学生に家庭教師を頼むということもできますが、この場合には相性やトラブルなくうまく家庭教師ができればいいのですが、もし頼んだのに相性が合わないとか指導力がないとなると断るのが大変かもしれませんね。
そして張り紙などを見て家庭教師を探すという方法があります。大学の掲示板にも張り紙がありますし、銀行や地域のスーパーなどにも張り紙をしているところが多いのではないでしょうか。
そしてもしも近くに大学がある場合には大学に依頼してみるというのもいいかもしれませんが、知り合いに頼むのと同じで何かあったときにはまた探してもらわないといけなかったり頼みづらいというデメリットがありますね。
家庭教師の探し方として最近は家庭教師派遣会社を利用するという方法もありますが、この場合も良い家庭教師派遣会社と悪い家庭教師派遣会社がありますから十分見極める必要があると思います。

家庭教師の必要性 

April 27 [Mon], 2009, 11:02

家庭教師が必要な子供というのはたとえばどんな子供さんなのでしょうか。親は家庭教師をどんな時に必要だと感じるのでしょうか。家庭教師の必要性について紹介していきたいと思います。まず家庭教師を必要だと思っている人の中には、こどもが勉強をするという習慣をつけることを目的として家庭教師を依頼するというケースもありますね。
家庭教師は勉強をするという習慣がない子供にとっては家庭教師の指導日以外の日にも勉強をいかにするようになるのか、考えていますからその点では勉強の習慣がつくのが家庭教師です。
家庭教師の必要な子はたとえば成績があまりよくないとか、苦手なことがなかなか自分では克服できないという人にも必要性が高いと思います。
家庭教師を必要としている人の中には塾や予備校へ通っているけどその授業に追い付かないためにサブとして家庭教師が必要だという人もいるかもしれません。
また、全く勉強にやる気のないというお子さんにも家庭教師の必要性は高いと思います。親が何を言っても聞かないような年ごろの場合には年の近い家庭教師を頼むことで勉強についてまじめに考えるようになったというケースもありますから、家庭教師の必要性は色々な面であるのではないでしょうか。
P R
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる