情報を吟味してから判断する 

2005年01月10日(月) 1時25分
自分は衝動買いや衝動で決めてしまうことが目立ちます。

先生のテキストにもかかれていることなのですが、
覚ましてから決めることが重要なようです。
後で冷静になって考えてみるとどうでもいいことである場合が多々あります。

2004年は買い物での衝動買いが目立った年ですが、
2ちゃんねるのような情報が濃いサイトでよーく情報を眺めて見ると
もっと特な買い物を出来るサイトがあるような場合が多々・・どころかほとんどです(苦笑

決断にしても、すぐ決める必要が無いことはよーく吟味して決めた方が
後々のためになります。
実際に学校を決める時に良さそうな言葉にだまされて、吟味しないうちに決めたことが
ありました。
注意したいものです。^^;

目標と期限 

2004年12月01日(水) 2時41分
ビジネス書やコンサルタントでは期限と目標は良く出てくる言葉ですが、

難易度に釣り合わないきびしい期限のある目標は

コンサルタントの人に言われたり、
本に書いてあるようにそうそううまくいくものではありません。
ある条件があります。

1:目標のイメージが明確でイメージの意味もほぼ完全に理解している
2:期限に間に合うように目標のイメージを抽象的に小さくすること
3:目標のための課題の大半が今までにやりとげたことに近いものであること

1があいまいだと期限切れになっても目標すら定まらない可能性があります。
すぐにイメージが明確な、いっそのこと簡単な目標に変更するべきです。
1があいまいなぐらいなら 1歩1歩普通に進むほうがいい位置に行けます。

2は本にもコンサルタントでも教わらないケースも多いようですが、
1がしっかりしているからこそ、期限に間に合うように抽象的に目標を小さく、
目標と同じニーズを満たす別の物に変更するべきです。
期限が絶対の場合に限る話ですけどね。

3ですが、新しいことばかりでどうやって期限なんて出てくるんですか?
考えるほどおかしい話です。
人は今までにやったのに近い種類のことだからこそ、期限をだいたい計算出来るんです。
それでも期限なんてつけるなら、当然賭けです。
本もコンサルタントもうかつに 「気合や精神のなんたら・・・で間に合う!」
なんていうべきじゃありません。


基本的に1〜3を満たす目標ばかりではないので、
目標と期限は <常に前に進む> ために
設定すると良いでしょう。
目標と期限を定めないと人は常に前に進むような課題を消化していくのは
難しいです。

目標と期限の本質はそれ自体に重要な意味があるのではなく、
生活の質を高めるためにあります。
たとえ失敗しても、惰性より常に前に進める自体に意味があると思います。
目標を達成するための小さな課題が見えてくることで、自分を行動へと駆り立て
やすくなります。

私は2002年の大きな失敗から、目標と期限を
”夢のような結果をかなえるための物”から、
”惰性よりは常に前に進める物”と解釈することにしました。

意思力より環境力でがんばる 

2004年11月27日(土) 1時05分
自制心があって意思の力が強い人には関係のない話かも知れませんが、
人間は流されやすく、意思だけで抑えれない生き物です。

私に至っては
ある期間が原因で信念とか意思とかそういったものがムチャクチャになったので、
現在もそうですが、意志とか自制心とかそういったもので自分を制御出来ません。
目標があっても、欲や好奇心に流されるままです。

それでもがんばるためにまずい環境で生活していると思ったら、
反射的に環境改善するようにしています。

たとえば、

:ゲームが原因でたるんでると思ったら、そのゲームを遠くに置くか処分する
:1日中建物にこもりっきりでやる気が出ないと思ったら、スポーツクラブに通う
:夜寝れないと思ったら、夜中に明るいものを避ける。親戚にあげる。


人間意思の力なんてなくても、環境が変わるとある物で生活するしかないので、
環境を変えることで簡単に生活態度を改善出来ます。
オススメです。


ある程度は実践出来ていますが、
もっといい環境の変え方を実践するようにしたいですね。
たぶん、まずい行動の代わりになることに差し替えるともっといいのかな・・・


※2004/12/
スポーツクラブに行くと運動器具しかない環境なので、
やることないならひたすら運動するしかありません。
不規則な生活で無理痩せして、体調が悪かったのが少しは良くなってきました。

自分を大切に 

2004年11月25日(木) 0時41分
人は自分を大切にすることをしないで、他人のために行動する場合があります。
権力の差、人の役に立ちたい、責任がある・・etc

とりあえず、そうすることのプラスとマイナスを検証してみましょう。

プラス
:人の機嫌を取れる
:人を幸せに出来る場合もある
:人間関係に責任を果たせる

マイナス
:自分のことがおろそかになる
:自分のやりたいことをする時間が無く、ストレスがたまる
:自分らしさが弱くなる

正直、自分に大切なことをやる前に人の役に立ちたいなど思わないほうがいいです。
自分のことがおろそかになると、人の役に立てるパワーも人に影響を与えるパワーも
減退していきます。
もちろん、自分自信の生活にも影響が出てきます。

自分関係のことは他人関係のことよりも優先するべきです。

例えば、
”自分のやりたいようにふるまうこと”は
自分を大切にすることになります。
元気が出て、生き生きしてきます。
他人に必要以上に遠慮しないことが大事です。

些細な失敗を悪いこととする日本の風習は
その人らしさを殺して続けてきていたと私は思います。
人が生まれつき持つ才能や良い性格が生かされなくなり、
周りに活力を与える人材が減ってきていたのは
自分を大切にする逆の教育をしてきたからです。

続きはまた書きます。話の信憑性を示すものないかな・・・

勝つか負けるかなら勝ちに行く 

2004年11月16日(火) 18時18分
普通の人は誰でもそう考えていることだと思います。
でも、関係の悪化とかケンカになることを恐れて勝ちを選ばない場合も
多いのではないでしょうか?
私もそうでしたし、完全に勝ちに行ってる自信はまだありません。

例によって過去の例では・・・

1:物を貰えるのに遠慮する。

別に遠慮したからといってお互いが幸せになるわけではないですよね?
くだらない美徳よりもあげれるものはあげる。貰えるものは貰う。
そのほうがお互い幸せになるのではないでしょうか?
子供のころに小遣い貰えるチャンスを何度も逃しました。

2:数学で制限時間が減らされ、100点にならなかった。

高校1年の期末テストで
プリントを自分の列に配るの遅れたのは先生の過失にも関わらず、
当時の自分は抗議しませんでした。
良い子ちゃんを演じていたので、先生に逆らうべきでないと考えたのです。
しかし・・・減った数分で100%解けた問題のことを思うと何度も後悔しました。
100点ならただ1人の学年1位で自尊心がすごく満たされただろうからです・・・


行動を修正すると・・・


1:貰う。 単純な答えですね。

2:時間中に抗議。無理やり数分伸ばして解く。
その時間解くことが認められなくても、しつこく教科の先生に抗議する。


ようは人間勝てる場面で勝っておかないと後悔するんですよ。
今も後悔してるし・・・
よれよれに年いったら、勝つ力すら無くなるでしょう。
ですので、たとえ多少悪であったとしても今は勝ちに行くようにしています。
その勝ちはわりと楽にかなり得しました。


で、何が何でも勝ちに行く例を想像してみると・・・






自分の予定どうりに行動することを邪魔させない 

2004年11月16日(火) 11時27分
(自分の予定していた行動を人の影響で変更した場合の結果)

1:頼みこみや参加メンバーのためという口文句に負けて
監督だけでなく製作作業も受けたが予定どうりにするべきだった。
時間や金の余裕のない自分は切迫してバイトせざるをえなくなり
時間を無駄にしてしまった。別の人への責任問題もある。

2:高校の時に自分の1教科ずつ攻略するやりかたで成功して
徐々にではあるが成績が上がっていたのに、学校の朝学習や
通信教育の課題をこなすことを親や教師に強要されて鬱病になってしまった。
体調も不眠でくずして能力が落ちたと自覚している。


基本的に私は優秀でそれなりに先を考えて予定しているので、
それを上回って考えている人の要求でない限り、
要求どうりに行動するとまずい結果になる。

大局的に良い結果を出すには自分より先を考える力が格上の人の
私の状況を良く見た要求でない限り従ってはいけない。
情に流されてはダメ。
誰も責任を取ってくれないのだから。


では、そう考えた上で例の行動を修正すると・・・

1:要求を無視。私の予定どうりに監督のみする。
2:良い結果が出ているのだから無視。1教科ずつ攻略を進め、
現状で全教科良くはないことを気にしない。


さらにありえる状況を考えてみる。

1:上司からあれもこれもやるように要求される
2:知り合いに夜中にMSNで話しかけられる
3:知り合いに遊びを薦められる

正しい対応は・・・

1:上司がきちんと自分の状況を見てくれているかを意識する。
器のある上司がきちんと見てくれている場合以外は断る。

2:私は考えすぎて寝れない傾向があるので、夜中の会話は害。
私の健康管理にそぐわないので夜中は相手にしない。

3:これは考える余裕の無い時期に薦められて被害を被ったことがある。
仕事に関係の無い話題は知り合いの器を考えた上で受け入れるべき。
器の小さい知り合いの薦める遊びをしてもあまり意味はない。

<やる>か[やらない]かなら<やる>べき! 

2004年11月16日(火) 6時30分
私の基本になる考え方として、<やる>か[やらない]かなら<やる>べき!というのがあります。

<やる>を選ぶといい点
:自分や自分の周りに影響を与えれる
:良くも悪くも何か変化が起こる

[やらない]を選ぶといい点
:悪い結果になる可能性が少ない
:変化が少なく安定

人生を生きるか生きたまま死んでるかの違いでしょうか。
考えずに[やる]を選ぶのは人間ではなく動物になりますので(殺す、食べる、トイレ等)、
人として問題の無い範囲で考えて<やる>を選ぶとこうなるでしょうか。

:恋人が欲しければライバルがいてもアタックしてみる。
:体力をつけたければ辛くても運動する。
:叩かれる可能性があっても掲示板に書き込んでみる(爆
:欲しければねだってみる
:友達になりたければメールしてみる

これぐらいなら別に失敗しても殺されはしないです。
たいしたこともせずに年を取るぐらいなら、
基本的には上記のように行動したいものです。
P R
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
最新コメント
アイコン画像416
» 情報を吟味してから判断する (2009年10月24日)
アイコン画像エゴイナ〜
» 目標と期限 (2005年03月20日)
アイコン画像エゴイナ〜
» 目標と期限 (2004年12月29日)
アイコン画像エゴイナ〜
» 勝つか負けるかなら勝ちに行く (2004年12月29日)
アイコン画像なとり
» 勝つか負けるかなら勝ちに行く (2004年12月29日)
アイコン画像エゴイナ〜
» <やる>か[やらない]かなら<やる>べき! (2004年12月29日)
アイコン画像なとり
» <やる>か[やらない]かなら<やる>べき! (2004年12月28日)
アイコン画像なとり
» 目標と期限 (2004年12月28日)
アイコン画像エゴイナ〜
» 自分を大切に (2004年11月28日)
アイコン画像エゴイナ〜
» 勝つか負けるかなら勝ちに行く (2004年11月22日)
<私の正しい判断基準>のページについて>

あくまで私、エゴイナ〜が死ぬまでに役に立てるページとして作成しました。
全世界の人々が注意するべき内容ではなく、人によっては私の反対のことを
注意して判断しないといけないと思います。

ですので、
あくまで私に同感出来る方は賛同して、
全く同感出来ない方はヤジは書き込まないでください。
もっと良い内容にするために協力していただける意味での
修正案は歓迎します。

また、プランクリンプランナーの価値観との関連は以下の

プランナーと付き合いの歴史

をご覧ください。
損、得レベルに収まらない私にとってのページの必要性が理解出来ることと
思われます。
また、価値観を書けて、それできちんと日常を判断出来ている方にはレベルの低い必要性
に見えてしまうかも知れません。


<プランナーとの付き合いの歴史>

■高校3年

高校1年の後半に体調崩して鬱病みたいになってからの身体の障害がまだ続いている。
子供の頃から長年たまに会っていた父のおばあちゃんの葬式があったが、
昔の記憶が消えていて、全く悲しくもなんとも思わなかった。
葬式中も慢性で頭が重くて心臓がドキドキして、具合が悪いほうが困った。
24時間ある苦しみから逃れるために、悲しみも喜びも感じないようにする意識訓練を始めた。

■予備校

ギリギリ卒業した後に予備校を親に奨められた。
勉強なんてする気分で無かったが、予備校で時間をつぶしながら
自己啓発書を探しつづけた。
自分らしく生きずに先生や親に押し付けられたことを自分の判断基準にしていたため、
自分らしくなくなっていたことに気がついた。
鈴木秀子先生のエニアグラムの本でタイプ4であることがわかった。

その後、意識訓練が効いてきて
無感動な代わりに苦しみでもあまりなんとも思わなくなってきた。
そして、夏と秋で7つの習慣とTQを見つけた。

無感動で自分の大切なことすら記憶喪失なため、TQで価値観を決めることは出来なかった。
高校1年の時の目標は言葉としては覚えていたため、
能率手帳として、それを達成することだけをフランクリン・プランナーに求めるようになった。

自己啓発関係で健康増進薬、能力向上用の機器も見付けて
元の自分の能力に戻すために使うようになった。

■学校時代

具合の悪さ、価値観や意思の無さのために受験どころでなく、
希望の大学は行けなかったが、
能率手帳として、予定どうりに任務を遂行することは出来るようになった。
相当に辛いことでも予定に入れたことを何も感じずに出来るようになった。
高校1年の時の目標だけでなく、覚えている範囲で昔の自分が願っていたことを
達成することも日常のミッションとなった。

左脳的な頭の回転では自己啓発用の機器や薬のおかげで
高校1年の自分に近いレベルまで戻ってきた・・・かもしれない。
(高校1年の感覚が記憶に無いので判断しかねるが)

辛いことを何も感じずにこなせる自分+目標を見つけたおかげで
2001年夏〜2002年夏はほぼ0の状態から相当の速度で
ゲームプログラム作業やゲームの企画についての向上、資料集めが出来たと自負している。
それもプランナーに書いたことを何も感じずにロボのように取り組めたことと、
自分用に予定管理ツールを確立できて来たことが大きかったように思う。
(年中ほぼ毎日の朝と昼の決められた時間に鉄棒逆上がり150回、ランニング 4000〜6000M、
腹筋腕立て背筋 150回*3セット、
C++の本の理解&実践+仲間集め+内容決め>ゲーム完成 で 2ヶ月かかったかどうか
C++の本の理解&実践だけなら1ヶ月もかけてないと思う)

この時期に個人コンサルタントの方に出会い、大手のプロですら
期限内にはまず無理な目標に挑んだが、
技術が足り無すぎたのと、目標に見合うレベルのメンバーを集めれなかったこと、
特に目標と目標の達成イメージが明確に繋がっていなかったことが期限以内に達成出来なかった理由。
結局、期限以内に普通のゲームが出来て終わり。
期限が短い目標にしては当時の自分にはあまりに重すぎた・・・
むしろ、プロになってからも含めての長い期限を取るか、
期限を考えずにきちんと目標を固めるべきであったと思う。

自分が無かったため、知り合いに奨められた遊びにそのままはまり、どん底。
リレーのように繋げる目標をいくつか定めておけば、結果がどうであれがんばり続けることが出来たように思う。

プランナーを能率良く&本当に自分のために使うのは難しい・・・
当時としては、A〜CのA課題をほとんど取り組めていたように思う(予定どうりに動けるロボだから)
セミナーを受けれる地域の方はうまく使えているのだろうか・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seikai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる