あれから10年。

December 17 [Wed], 2014, 23:51
17日、今日はお空のユウの命日です。旦那様はこの時期、半端なくいそがしくまだ帰宅していません。
私は仏壇にそっと手を合わせました。
あれから10年。お空のユウは10歳。私は10歳年を重ねました。
あれから悲しい事、もちろん楽しい事、いろんな事があった。
でも10年前の今日を超える悲しい事はなかった。
12月は普通に過ごしてますが、どこかソワソワし、ふと思い出しては息苦しくなります

あけました。

January 04 [Sat], 2014, 22:42
2014年になりました。
お空のユウとさよならしてからまる9年が過ぎ、感情的ではなく客観的に考える事が出来る様になりました。
変わらず自責の念で考えこむ日もありますが。
お空のユウがいなくなって、とってもお世話になった家族会を辞める決断をしました。
とってもとってもお世話になったし、悩んだけど、私自身で思い続けたいと思ったんです。
夫婦でお空のユウの話をして泣きふける事もなくなりました。
忘れた訳ではなく、お互い心でそっと思うってことに落ち着いてます。
月命日にもお経をよむ事も自然になくなりました。
私自身、何か変化があった際に、報告を兼ねて仏壇の前に座る…そんな感じです。
月日が癒してくれたのでしょうか?
でも12月はダメでしたが。

4月には地上のユウは一年生になります。
月日の流れの速さに日々驚き、私もまた歳をとります。

月曜から仕事。
日常がはじまります。

何ヶ月、放置?

June 26 [Wed], 2013, 22:31
随分、ご無沙汰です。
4月から、ハルは一年生。
学区内の小学校は歩いて40分。反対の学区外も同じく40分。
どちらも遠い
私の仕事場、ユウの幼稚園、小学校の環境を考え、学区外申請し通う事となりました。
幼稚園からハルを含めて5人。
幼稚園で同じクラスになった事がなかったので、知ってるのは顔のみ。
そんな中、幼稚園のお友達とは誰ひとり同じクラスにもなれず、心配していましたが、すぐに近所のお友達ができ、一年生の分際で、寄り道して帰ってきます。
40分なんかで帰ってきた事はありません。
お受験は抽選にて不合格になったけど、近所のお友達が出来て、結果、こっちの小学校がヨカッたなぁ…と今は思います。
お互い、習い事のない日は、自転車で公園のハシゴを楽しんでいます。

さて、地上のユウですが、幼稚園のお友達にさそわれ、サッカーを始めました。
とは行っても、7月までの教室で、来月からは続けるかどうかは、まだ不明です。
サッカーらしいユニホーム買ってテンションあげてみたけどね。
さて、続けるのでしょうか?

お空のユウは3年生。
まだ、「ママ、ママ」って言ってくれてるかなぁ?

近況。

February 04 [Mon], 2013, 10:35
平成25年スタートし、もう1ヶ月が過ぎました。
長らく、放置していた間に、我が家でもいろいろな事がありました。

昨年末には、お空のユウは8歳の誕生日を迎えました。
あれから8年も過ぎました。
気持ちの変化ではないのですが、いつからか月命日によんでいたお経もフェードアウトし、月命日はそっと手を合わせる事にしています。
こちらの方が気持ちに整理がつく様になりました。
命日には変わらずお経をよみ、やはり涙がこぼれました。
自責の念はまだまだ存在します。
私にとって12月は一番キライな季節です。

ハルのお受験が終わりました。
と、言っても、国立小学校1校のみの受験でしたが、試験&面接は突破しましたが、抽選でダメでした。
何を根拠に?と言われたら困るのですが、なぜか私自身、抽選には妙な自信があって、落選する事を全く考えていませんでした。
私もショックでしたが、それ以上にハルは傷つき「どうしたら●●小学校にいけるの?」泣きながら聞いてきます。
親としてどうしてあげるのがベストなのか、悩みました。
私が受験を勧めなければ?と後悔しました。
不合格後、二週間ほど、情緒不安定になり、園では先生のそばを離れなかった様です。
2月になりようやく以前のハルに戻ってきましたが。
結果は残念でしたが、親として、いい勉強になり、ハル自身も成長した気がします。

地上のユウは秋から幼稚園の課外活動の「体操クラブに入りたい」と言い出し、入会させました。
気の知れた友達との習い事はとても楽しい様です。
ユウが初めて自分の意見を言ってきたことに成長を感じています。
でも中々、お月謝がお値段なのですが
そして今、3日ほど嘔吐&下痢でダウンしています。
明日から復帰できそうですが、3日ほば絶食なのでうらやましいくらい、激やせです。

近況でした

超〜放置してました。

July 28 [Sat], 2012, 2:43
気がつけば、半年以上も放置していました。

お空のユウは2年生。ハルは年長、地上のユウは年中になりました。
私はと言うと、8月で事務パートを初めて1年になります。
ユウがお空に旅立った頃は、止まってるのじゃないか?って思うくらいゆっくりと時間が流れたけど、今は猛スピードで時は流れています。
ハルは来年には小学生 あまり、力は入れてないけど、パパと同じ小学校を目指し、お受験も考えてます。
ユウはやっとひらがなが読める様になりました。
姉弟、ケンカしない日はないけど、ユウはお姉ちゃんが大好き
ダメンズ街道まっしぐらです

昨年末には祖母がお空に旅立ちました。94歳でした。
我が子をお空に見送った私は、冷たいと思われますが、死に対してとても冷ややかです。
涙が出ません。
また、現在、父が体調を崩し、入院生活を送っています。
何とかして完治出来ないものか?と涙しましたが、完治しないと診断を受けた事で張り詰めていた物が切れました。
実父なのに、生きて欲しいと願う気持ちと、だんだん代わって行く姿を見たくない地持ちが入れ替わり、早く楽にしてあげてと思っています。
週1回、病院に泊まり看護に行ってますが、これに意味を見いだせない私が存在します。

ユウがお空に旅立った時、どんなに願っても叶わない事が存在する事を知ってしまっただけに、こんな風にしか考えられないのかもしれない。





もうすぐ…。

December 14 [Wed], 2011, 0:14
15日で、お空のユウは7歳になります。
毎年の事だけど、あれから「もう●年…」と考えます。
お空にユウが旅立って、何事にも力を注げなかったけど、今年の夏から事務パートを始めました。
職場は医療関係の財団法人で、ヒトの死に関わる事があります。
人工呼吸器、心臓マッサージ、投与される薬、ICUの事など、あの時知らなかった、多くの情報が耳に入り、「あの時、ユウはそういう状態だったんだぁ…」と再確認すると共に、心臓が止まっても、温かかったユウのぬくもりを思い出します。
今年も、命日は泣くだろうな。きっと泣きます




もう9月だ。

September 09 [Fri], 2011, 19:13
またまたこちらのブログ、長らく放置してしまいました
気がつけばもう9月ですね。
なが〜い夏休みも無事、終了し、やっと平常になりました。
夏休みは結局、泊まり旅行は行けず、日帰りでお出かけしたのみ。
1つはキッザニア。もう1つは、おかあさんといっしょのコンサート。
そして子ども達は、じい&ばあに「ぶどう狩りと川遊び」に連れて行ってもらい、それなりに夏休みの思い出は出来た様です。
幼稚園へ提出する「思い出アルバム」もそれなりに制作できました

8月より、事務パートに行き始めました。
子育て中の主婦には持って来いの時間で。
週15時間、3H×5日の出勤でいいとの好条件でパートを始めました。
これなら、午前中だけなので、習い事の送迎も今まで通り出来るし、夏休み等の長期の休み意外は、義父母や実家の父母にお願いしなくても仕事が出来ます。

仕事の業種ですが、医療関係のNPO法人での事務になり、遠からず遺族のお話を間接的に聞く事があります。
会社にはお空のユウの事は話していませんが、「私ならどうするか」と考えさせられるお話をよく耳にします。
お空のユウの失って、同じ様な体験をした方のお手伝いをいつかしたいなあと漠然と思っていたので、それに1歩近づけた気がします




もう6月だ。

June 09 [Thu], 2011, 10:07
すっかりご無沙汰してしまいました。
4月に地上のユウはめでたく幼稚園に入園し、はじめはハルのクラスに入りびたって過ごしていた様ですが、今ではスッカリ、平気になった様です。
だけど、親としては、2月生まれのユウはやっぱり心配です。
トイレも完璧ではなかったので、4月はオムツで登園。
けれど、5月よりパンツで登園し始めました。
一回失敗し、幼稚園のパンツをはいて帰ってきましたが、恥ずかしかったのか、それから失敗はしません。
これも「幼稚園のお友達効果かなあ」と思ってます。

ハルといえば年中さんから、お勉強クラブに通い始め、楽しそうです。
月謝は6300円と決して安くはないけど、仲良しのお友達と、楽しみながらお勉強できるが嬉しいらしく、「ずっと続ける」と言ってます。
約、1年続けている、スイミングも上達し、ヘルパー、ピートバン使用で25m、顔つけでバタバタ泳げる?様になってきました。
泳ぎの形になった感じです。
行き始めた当初は、お友達もいなくて、泣いてサボった事も数回。
親として、「嫌がるのを無理に行かせても意味ないかも」と悩んだ事もあったけど、「泣いたら嫌な事はしなくていい」と勘違いされてもこれから先、困ると思い、「大好きなお菓子や、頑張ったらガチャガチャできるよ!」なんてエサでつってきました。
でも、今はプール大好き!
「25m、ヘルパーなしで泳げるまで頑張る!」と意気込んでます。

私といえば、そろそろ仕事がしたいと考え、就活中。
と言っても、条件が悪い。
幼稚園に行ってる間の仕事となれば、限りがあるので、中々、面接に持っていけないのが現実です。
年齢も、難しくなってるのも現実です。

幼稚園では、ユウのクラスの役員に選ばれたので、何かと幼稚園の行事参加もあり、日々、忙しく暮らしてます。

お空のユウは1年生。お勉強好きかな?鉄棒なんて出来るのかな?想像が膨らみます。

震災。

March 21 [Mon], 2011, 10:14
阪神大震災が起こった日、私は寮で一人暮らしだった。
会社は西宮市だったが、武庫川を挟んだ、尼崎にあり、電気、ガス、水道ともにライフラインは無事だった。
その日は、翌日が休みだったので、短大時代の友人が泊まりに来ていたこともあり、体験したことのない大きなユレにも、怖かったが耐えられた。
その友人の自宅は、高速道路が倒れたすぐ近くにあり、全壊だった。
後日、全壊した友人宅に使える荷物を運ぶ手伝いをしにいくと、友人がいつも寝ている畳にバッタリと洋服ダンスが倒れていた。
友人は「泊まりにいっていなければ、私の命はなかったかもしれない。」っといった。
私自身、生きている間には同じ日本であれ以上に大きな地震はないだろうとぼんやり思っていた。
でも、それ以上の事が起こった。
この震災で、亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災者の方、ご遺族の方を微力ながら応援したい。

月命日。

January 17 [Mon], 2011, 23:30
17日は月命日でした。
旦那さまの帰りが遅いので、最近は私と地上のユウとハルが幼稚園に行っている間にお経を読みました。

お空のユウがお空に旅だった日、6年と1ヶ月前の12月17日は、とってもいい天気だった。
亡くなったユウをNICUから私の病室まで旦那さまが抱っこし、私は車椅子で一緒に歩いた廊下。
太陽の光が眩しくて、お空のユウに見せてあげたかった。
その日の記憶はただ泣いて、後悔し、自責の念に潰されそうになり、この世から自分を消したかった。
何もかもリセットしたかった様に記憶している。
体が動ける様になった頃には、どうすれば病院の屋上にたどり着けるのか、病院をさまよって歩いた。
あれから6年1ヶ月。
地上の2人の子どもの母親になり、それなりに子育ても楽しみ、世間で言うママ友にも恵まれた。
でも、私の心はどこか抜けている。
特に、冷たい風が鼻をツンとさせるこの季節。
苦手だ。突然、涙に襲われる日がある。

お空のユウはこんな私をどう思っているのだろうか?
P R
プロフィール
クミ。
197★年5月18日
2歳年下の夫、お空の天使、地上の娘 と息子の5人家族
夫婦共通の趣味を模索中
天王星人(−)のB型
いつか同じ様な経験をされた方のお役にたちたいな…
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像茜ちゃんラブリー
» あれから10年。 (2014年12月18日)
アイコン画像seijyundousi
» あけました。 (2014年12月17日)
アイコン画像ママ わすれないで
» あけました。 (2014年10月07日)
アイコン画像クミ。
» もう6月だ。 (2011年09月09日)
アイコン画像ナオ
» もう6月だ。 (2011年07月07日)
アイコン画像クミ。
» 祝ハル、入園。 (2010年05月05日)
アイコン画像yoshiko
» 祝ハル、入園。 (2010年04月17日)
アイコン画像クミ。
»  あけましておめでとうございます。 (2010年01月07日)
アイコン画像ナオ
»  あけましておめでとうございます。 (2010年01月05日)
アイコン画像クミ。
» 最近の家族。 (2010年01月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seijyundousi
読者になる
Yapme!一覧