【 更新情報 】

特選情報公開中!!


男性の成人式の髪型

成人式の髪型を語っていると、ついつい女性の話しに偏りがちです。しかし成人式に参加する人の半分は男性です。というわけで男性の髪型にも多少触れておかねばならないでしょう。男性の場合はスーツで参加するか、袴で参加するかの2パターンだと思います。まれに着物で参加される方もいらっしゃいますね。しかし女性と違い、男性は衣装が変わったからと言って特に衣装に合わせた髪形を作る必要性はない、と言えるでしょう。大半の方がスーツで参加されると思いますので、ここではそれを前提にちょっとしたアドバイスをしたいと思います。まず意識するといいのは、「普段と違った自分を演出する」ということです。成人式は言うまでもなく「非日常」です。普段と同じヘアスタイルでは面白くないでしょう。普段ナチュラルな髪型をしている人は、思い切ってワックスを使ってアレンジをしてみましょう。短めの髪の毛の方は固めのワックスを使ってタイトにまとめたり、ちょっと派手に立ててみたり。少し長さがある方は柔らかめのワックスを使って全体を持ち上げてふわっとした感じにしたり、毛先に少しだけつけてニュアンスをつけてみたり・・・。ワックスはアレンジをしやすいので1番オススメの整髪料です。ただ、同じ「固め」「柔らかめ」でもメーカーによって全然違います。例えば資生堂のジェレイドシリーズのハードと、UNOシリーズのハードではかなり違いますし、UNOはかなりバリエーションも豊富です。出来れば携帯用のミニサイズのワックスを買い、自分に合ったワックスを探してみるといいかもしれません。

個性的な成人式の髪型

最近の成人式の髪型は、一昔前に比べて非常に派手になってきました。なので個性的な髪型、というのがどういったものを指すのか非常に難しいところです。昔ながらの伝統的な日本髪がむしろ1番個性的な成人式の髪型になってしまった感すらあります。私が参加した成人式で見た個性的な髪型というと他にはビジュアル系バンドの追っかけ風のオレンジのロングヘア、というのがありました。その方はもちろん衣装も超ロングのマントみたいなコートを着て、異彩を放っていました。男性の坊主やスキンヘッド、モヒカンはよく見ますね。あるいは卍模様の髪型にしてみたり、赤、青、金、緑、などなど実に様々な髪型の男性を見ました。決して多数派ではありませんが、こういう方々は何故かやる気満々で成人式会場の最前列に陣取り、ステージ上に睨みを利かせていらっしゃいます(笑)。他にも色々なコスプレで参加している人たちもいて、その集団はウィッグを被っていました。エヴァの綾波レイとか。果たしてそれで成人式に参加していいのか、という気が若干しなくもなかったですが、まあお祝いの席ですし、自分の個性を強烈に主張する人が少しはいてもいいのかな、と思います。もっとも、快く思わない人たちが大勢いることも忘れずに(笑)。

今流行している成人式の髪型

最近流行している成人式の髪型、それはずばり「アゲ嬢ヘア」です。どんなものか知りたければ、「小悪魔ageha」という雑誌を見て頂ければすぐにわかります。目が大きく見えるメイク、そして髪型は「巻いて」「高さを出す」というのがポイントです。いわゆるお姫様のような髪型ですね。このような髪型が着物に合うかどうかは別として、成人式の髪型として1番かわいいとされているのは間違いありません。具体的に「アゲ嬢ヘア」はどのようにして作るのか、簡単ではありますが解説していきたいと思います。まず必ず必要になるのはコテです。コテがないと特徴である巻き髪が作れませんので。このコテを使って髪の毛をしっかりドライにしてから巻きます。ドライにしてから巻く理由は、巻きが取れにくくなるからです。その後、トップの髪の毛を適当なバランスで分けて太めのホットカーラーで温めます。温まった後にホットカーラーを取り外し、丁寧に逆毛を立ててから表面を整えていきます。成人式の髪型であればこれを元にアップにして行ったり、高さを出して巻いてみたりするとかわいい髪型に仕上がると思います。一応注意を促しておくと、アゲ嬢ヘアはどこの美容院でも上手く出来るわけではありません。出来れば雑誌などで下調べをして、紹介されている美容院で作ってもらった方がいいような気がします。

成人式で派手な髪型はアリなのか

最近の成人式では非常に派手な髪型をする人が増えてきました。キャバ嬢の髪型が雑誌などで話題になっていることが影響しているものと思われます。これは賛否両論の分かれるところです。由緒ある成人式という場で、日本の伝統的衣装な民族衣装である振袖を着ているにも関わらず何だあの爆発したような髪型は!と怒る向きがあるのは事実です。特に古くからの和装関係者の中にはあからさまに眉をひそめる人も少なくありません。しかし私はあえていいますが、どんな髪型をしても自由だと思います。何度も言いますが、一生に一度しかない成人式、しかももう大人なんですから、誰の指図も受けずに自分のやりたい髪型をすればいいと思います。着物の柄だって時代に応じて流行が変化していきます。髪型も変化したって何の問題もないはずです。普段は地味目な髪型の人でも、成人式でボリュームのある夜会巻きやキャバ嬢巻き、名古屋巻きのような髪型で成人式に参加するのは私は素敵なことだと思いますよ。臆することなく、自分のやりたい、派手な髪型で成人式に参加して下さい。付け毛をつけたり、ウィッグをつけたり、色をつけて染めたり、様々なアレンジで成人式の髪型を楽しんで下さいね。

成人式の髪型を作る前に

女性が成人式の髪型を作る場合、大抵は着物の着付けも含めて美容院やホテル、貸し衣装屋さんやデパートなどで作ってもらうことになると思います。まず1番大事なこと、それは「時間に余裕を持って予約をしておくこと」です。これは基本的なことでありながら意外に出来ずに当日バタバタする人は少なくありません。地方自治体で主催する成人式などに出席する場合は時間も開場の時間なども決められてますので、とにかく当日は時間に余裕をもって行動する、という事を心掛けましょう。次に髪型を作る場合の注意ですが、自分がやって欲しい髪型があれば絶対に写真を持参するようにして下さい。普段の髪型なら美容師に何となくニュアンスを伝えることは可能ですが、着物を着た時の髪型は特殊なので、美容師に思い通りの髪型を伝えられる人はほとんどいません。なので絶対に写真を持っていく事は必須です。これが1番簡単かつ確実な方法です。一生に一度しかない成人式で髪型を失敗したら目も当てられませんからね。特に利便性がいいという理由で普段行っている美容院ではなく、地元でおばちゃんがやっている美容院に行って着付けも含めてやってもらうような場合は注意が必要です。ものすごく古臭いヘアスタイルに仕上げられて泣いた人を私は何人も知ってますので。
P R