彼女ができました

June 11 [Tue], 2013, 1:30
彼女ができました。

めちゃくちゃ幸せです。

ヒロさん、ありがとう!

バレンタインの刺客

March 17 [Sat], 2012, 23:49
26歳童貞の僕はもちろん生きている価値のないクソムシですが、


そんな僕にも時節は流れ、


バレンなんちゃらという甘っちょろいイベントも訪れます


その日僕は職場で店番をしておりました


「はい、これ」


となりのお店の若い女性にチョコをもらいました


手作りでした


「おお、ありがとう」


クールガイの僕はニヒルな笑みで受け取りました(昔からの友人には「そういうところが本当にかっこ悪いし、みじめ」とよく言われます)


浅田真央似の40点くらいの女性でした


そしてそれ以来僕は浅田真央のファンになりました


ていうか浅田真央は40点じゃない。失礼千万


むしろタイプ


むきだしのオデコがたまんない


そうです


チョコをくれたその女性に恋をしたのでした


そんでまあ2〜3日後にはメル友になりました


真央にゃん「大人っぽくてステキ♡」


真央にゃん「下の名前で呼び捨てで呼んでほしい♡」


真央にゃん「メールが少しでも遅いととっても寂しい♡」


真央にゃん「職場以外でも会いたい♡」


真央にゃん「遊園地に連れてってほしい♡」


ふだんはサバサバしている感じの真央ちゃんでしたが、メールでは甘えたちゃんでした


それまで、母と歯の汚い男友達ばかりだったメール履歴が、真央ちゃんからの♡マーク満載のメールで埋まっていきました


ネクラで老け顔の私を捕まえて「大人の余裕がある♡」とのたまいました


完膚なきまでのお門違いで心の病気としか思えませんが、この神風に便乗しない手はありません


そうです


狙うは悲願の初体験です


メール開始から1週間ほどで、デートは簡単に取り付けられました


ていうか向こうから「会いたい♡」と


そんでご飯を食べました


楽しい食事会でした


話を聞くと、かなりの『お嬢様』であることがわかりました


門限も厳しいということで、その日はそれでバイバイしました


すぐにメールが入りました


真央にゃん「もっと一緒にいたかった♡」


帰宅しユーチューブで真央ちゃんのスケートを見ました


果てました


そしてその3週間後に2度目のデート


少し間が空きましたがメールはしていましたし、その日はちょうどホワイトデー


そして今回は門限を意識し早めの時間から遊びました


その時は下心こそが私のメンター(指導者という意味。たしか)でありました


まず映画館に行きました


見終わりました


(よし誘おう。家かホテルか。いや待て、まずは軽く飲んでから…)


真央にゃん「親から呼び出しメール来たから帰る」


私「え?あ、ああ、うん…」


映画を見終わって7秒後くらいでした


私は隠し持っていたホワイトデーのプレゼントを渡しました


私「…こ、これ」


真央にゃ「あ、うん」


むんず


真央「それじゃあ」


ツカツカツカツカ


プレゼントを確認することもなく浅田は去りました


映画の感想もなくバイバイしました


メールはありません


こちらから何度かメールをしましたが返信もありません


数日後、職場ですれちがいました(隣のお店なので珍しいことではありません)


私「やあ」


40点女「…」


無視です


狐につままれたような、とはこのことです


本当のメンター、ヒロさんに話を聞いてもらいました


「信じられないかも知れませんが、ときに女性は、同時に何人かの男性を誘惑して選別する。残念ながら、せいじんさん(私です)は今回は選ばれなかったみたいですね。笑」


いつも通りにさわやかなヒロさんスマイルで、ギロチンを落とされました


浅田真央のトリプルアクセルよりも、くるくると回る女心にほんろうされた、私の一ヶ月なのでした


ちゃんちゃん♪

ヒロさんとド天然とぼく

January 13 [Fri], 2012, 23:42
僕の認識では、ド天然=チョーいいヤツ(あるいは極悪人)、という見解です



ヒロさんはド天然な方だと思います



ぼくのような26歳童貞は当然、生きている価値のないクソムシですが、



そんなぼくの話をヒロさんは、親身に聞いてくれます



「それはお前が講習生だからだ。金のためだ」



という声が聞こえてきそうですが、



まあ実際そうかも知れません



だまされて僕は、



たっかい講習料を払って、師事し、ナンパをして、



だまされて僕は、



「ヒロさん、なんでヒロさんがナンパしてこいってすすめる子、ブスばっかなんですか?」などと言ってゲラゲラ笑い合って、



だまされて僕は、



周りの人や職場の人に「最近かっこよくなった」と言われ、



だまされて僕は、



「ヒロさんと出会う前よりも、今の自分の方が好きだなあ、ウキウキ」などと思っているのかも知れません



ヒロさんは、



ド天然な方だと思います

自転車のあの子

January 07 [Sat], 2012, 0:58
そういや、一ヶ月くらい前に、



チャリンコから降りて歩いてる子が、



かわいーのなんの



声かけはしなかったんですが、



メモにアドレスを書いて、その子が降りたチャリのカゴに放り込んでしまいました



それなのに昨日、アドレス変えちまいました



まあ、一ヶ月メールなかったから、いっか

ヒロさんに教えてもらった本とか

January 07 [Sat], 2012, 0:49
「斉藤一人」さんという方が書いた本があるのですが、



よいです



わたくしはただの、くだらない大馬鹿野郎ですが、



一人さんは、



『あっぱれな大馬鹿野郎』



です



そう思います



『困らない』



という考え方が、



単純ですが、



「達人芸だなあ」



そう思います

ヒロさんとの二回目の講習んときのはなし

January 03 [Tue], 2012, 22:54
ナンパ講習二回目のことです



ヒロさんが言いました



「じゃあ実際にナンパしてみましょうか」



「待ってました」と思いました



そんでスタート



「じゃあの子」「あ、あの子」「次、あの子」



道行く女性を次々指名していくヒロさん



へったくそながらもワタクシはナンパしていきました



そして失敗し続けました(その合間にヒロさんはヒロさんでナンパして、あっさり番号ゲットしてました。ちょっとムカつきました嘘ですすみません。ヒロさんはやっぱすげえ)



「あの子」「あの子」「あの子」



ヒロさんはバンバン女性を指名し、ワタクシはナンパ→失敗を繰り返し続けました



さすがにショゲました



「コイツはおれを、精神的レベルから潰すつもりでは?」との疑念も生まれました(ヒロさんスミマセン)



そんで数ヶ月たった今



「ほんといい経験できた」と思ってます



主観すぎて(その上、文章力も無いので)伝わりづらいかも知れませんが



本音です



成功や栄光はいうまでもなく素晴らしくて、僕もこれからも絶えず狙っていきます



ただ、



失敗や失態って、本当にたくさんのことを教えてくれます



痛みや辛さが、進むべき方向を教えてくれます



そのために自分を追い込んだり、なにかに身を投じたりするのは、人生においてとても重要だ、と思うようになりました



僕にとってのヒロさんの講習は、そんなことも学べます



プラスのことは、それはそれは魅力的ですが、今の僕にとってはマイナスのことも同じくらい、尊いです



ありがたや

ヒロさんと出会って変わったあれこれ

January 03 [Tue], 2012, 22:16
1.本をべらぼうに読むようになりました



一日一冊のペースで読みます(もともと読書好きです)



書籍代による借金苦で死にそうです(嘘です)



本はわたくしの血となり肉となります。わあい



2.決断力や判断力が身に付いたように思います



信じられません



このウジムシ、このわたくしが



「迷う時間がもったいない」と思うようになってしまいました



「前に進もう」と



ナンパをして肝っ玉がでかくなったのかもしれません(同時に、元々あった「素質」を引き出していただいたような感じを受けています)



3.服装と髪型



簡単に言うと「おしゃれに」なりました



今はヒロさんの着せ替え人形みたいなもんですが、いつか「もの」にしたい感性です



外見が「パシッ」とすると、気持ちまで「パシッ」とします



でかい変化はこんな感じです



人間ですからね、変わります。これからも



楽しんで変わっていこうと思います。わあい

ヒロさんを師事した理由

December 29 [Thu], 2011, 23:00
僕は自分のことを「ウジウジしている」と思います




たまに死にたくなります




人付き合いも苦手ですし、まず明朗な人間に、劣等感や嫉妬心から来る悪感情があります




男として、ナンパしてみたいけど、同時に「絶対に無理」と思ってました




そんで、




理由ははっきりとわからないのですが、




ヒロさんのブログを見て、




なぜだか、




「こんなナンパだったら、自分にもできるかも」




と思いました




決して、ヒロさんのナンパを軽く見ているわけではありません。僕の思い上がりだったのかも知れません




ただ、なんていうか、




僕がそれまで思っていたナンパは、「ノリや勢い」、「下心ゆえの行動力」だったわけですが、




ヒロさんのナンパは、「哲学」や「洗練」を感じさせます



僕のナンパの概念が、くつがえりました




そしてわたしを駆り立てました




そんで




「やろ」と思いました

二回目の講習

December 26 [Mon], 2011, 23:53
二回目の講習は渋谷でした




一回目の講習後、ソロでのナンパは行いませんでしたが、



「見知らぬ、酔ったおばちゃんに迫られベロちゅーをする」



という珍事に見舞われました




講習の効果かどうかはわかりかねます




二回目の講習ですが




「道聞きナンパ実践」



でした




一時間ほどだったでしょうか



十人以上には声をかけました




反応の良し悪しはあれど、番号ゲットゼロでした



ただ




「こんなもんか」




と思いました




「案ずるより産むが易し」




と思えました





「ナンパそのものが大して難しくない、足踏みするから難しく思えてしまう、自分自身が難しくしている




ヒロさんは、そうならないために、裏付けのある『食事』と『身なり』を推奨しているのだな」



と思いました

バズ・ライトイヤー

December 26 [Mon], 2011, 1:39
飛んでるんじゃない




落ちているだけだ




かっこつけてな
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あぶらうり
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像ヒロ
» 彼女ができました (2013年06月19日)
アイコン画像ヒロ
» ヒロさんを師事した理由 (2011年12月31日)
アイコン画像ヒロ
» 疑念1とか (2011年12月23日)
アイコン画像ヒロ
» ヒロさんとの出会い〜生身編〜 (2011年12月15日)
アイコン画像ヒロ
» ヒロさんとの出会い〜メール編〜 (2011年12月13日)
Yapme!一覧
読者になる