ェンジを施したiPhone 6S(とPlus)をリリースするだろう。そ

April 07 [Tue], 2015, 23:33

■商品名: LV iphone6 ケース 4.7インチ ルイヴィトン iphone6 ケース 手帳 アイフォンカバー 左右開き 革 ■対応機種:iPhone6 iPhone6Plus 5.5インチ ■ご注意: ※パソコンの環境に

よっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品 ※只今は送料無料?


 ルイヴィトンiphone6カバー


ロイター通信によると、米アップルの新型スマートフォン「iPhone 6シリーズ」はまもなく中国で販売が始まる見通しという。

「正規品、まもなく買えます」と工業情報相
中国の苗工業情報相が同国のポータルサイト「テンセント(騰訊)」に語ったところによると、アイフォーン新モデルの承認審査がまもなく終わる見通し。
iPhone6 シャネル
同氏は「iPhone 6は承認プロセスの最終段階にあり、あとは時間の問題だ。ネット市民の皆さんは辛抱強く待ってほしい」と述べたという。

アップルは9月19日に、米国、日本、香港、シンガポール、オーストラリアなど世界10カ国/地域でiPhone 6シリーズの販売を始めた。これまでの報道によると、当初中国本土もこれら初回販売国/

地域に入っていたが、アップルは発売10日前に突如延期を決めた。

同社はその理由を明らかにしていないが、当局の許可が得られなかったことが原因と見られている。中国国営メディアの新華社によると、アイフォーンの新モデルは「中国強制製品認証(CCC:

China Compulsory Certification)」と呼ばれる製品基準適合証と電波免許を取得しているが、ネットワークアクセスの認可が下りていない。

これにより、中国での新モデルの発売は来年にずれ込む可能性かあるとの観測が流れた。今年は日本や米国、香港、オーストラリアなどのアップルストアに多くの中国人が押し寄せたが、その背景

にはこうした事情があったと見られている。

税関で数百台の「密輸品」押収
彼らの目的は転売だ。アップルストアの店先には、行列に並んで購入した人から端末を現金で買い取る業者らしき人の姿が見られた。
人気ブランド携帯カバー
中国市場に詳しい専門家によると、中国ではアイフォーンを持っていることがステータスで、とりわけゴールドカラーのモデルは人気が高い。これに同国で未発売という条件が加われば、その需要

はさらに高まり、闇市場の売値はどんどんつり上がるという。

米証券会社BTIGのアナリスト、ウォルター?ピエシク氏によると、闇市場ではSIMフリー版「iPhone 6 Plus」が4770米ドル(約52万円)で売られていた。
グッチ iPhone 6ケース
ただ、中国では非正規品を本土に持ち込むこと自体が違法のようだ。香港と隣接する深センでは、税関で数百台が押収された。これらは自動車のひじ掛けや、お茶やコーヒー、菓子の箱の中など、

あの手この手の方法で隠されていたという(米コンピューターワールドの記事)。

新華社、思惑含みの報道
一方で、外国製品への人気の高まりを好ましくないと考えたのか、新華社のニュースサイト「Xinhuanet(新華網)」は、iPhone 6シリーズの闇市場における価格が急落していると伝えている。

例えば先週時点のiPhone 6の価格は、最も安いモデルで1万3000元(約23万円)、iPhone 6 Plusは同2万元(35万円)だった。これが今週は、それぞれ7200元(12万7000円)と1万1000元(19万5000

円)に下落したという。
シリコンiPhoneケース
ただ、これら新華社の報道には、意図があるように思える。

同国では米国家安全保障局(NSA)の元契約職員、エドワード?スノーデン氏が米当局の情報収集活動を暴露して以来、外国、とりわけ米国のテクノロジー企業に対する警戒を強めている。

昨年のモデル「5s」と「5c」は、中国本土でも米国、日本などと同じタイミングで発売された。ところが今年7月、国営テレビの中国中央電視台(CCTV)が「アイフォーンは中国の安全保障を脅かし

ている」などする番組を放送し、非難した。また8月には、政府機関が購入するIT関連機器からアップルの製品が締め出されたとの報道もあった。
ルイヴィトンiphone6ケース
中国では、国産端末と国産基本ソフト(OS)の開発、普及に力を入れている。一連の報道、そしてアイフォーン発売の遅れは、こうした当局の思惑が関係しているのではないかと見られている。

もし、当局が中国国民の関心をそらすためにアイフォーンの認可を躊躇していたのであれば、結果は裏目に出たと言えるだろう。今当局がこの大騒動を終息させるために取れる最も効果的な対策は

、iPhone 6の正規販売を開始することだと指摘されている。アップルはiPhone 6の予約状況を公開しその好調ぶりを見せつけた。

アップルの正式な発表によると、iPhone 6とiPhone 6 Plusの予約は受け付け開始後24時間で400万台を超えており、これは最高記録だという。同社によると、すでに生産済みの在庫を上回る受注に

到達しており、多くの予約分は10月まで消費者の手に届かない状況だという。

一方で素早く予約を終えた人は最短で9月19日金曜日に新型iPhoneを手に取ることができるようだ。
ヴィトン iphone6ケース
アップルがiPhone 6の好調な滑り出しを強調している一方、今回のiPhone 6が昨年のフラグシップ?モデル、iPhone 5Sの予約台数を上回っているかはまだわからない。iPhone 5Sは予約開始後に迎え

た最初の週末で900万台も売れている。24時間で400万台売れたiPhone 6とは直接比較はできず、またiPhone 6は4.7インチと5.5インチモデルの2機種に分かれているが予約数は個別には公表されてい

ない。

つまり1機種だけではどちらのiPhone 6も前モデルを超えたとは考えにくく、2台を合わせてもiPhone 5Sに及んでいない可能性はある。しかし少なくとも、ディスプレイの大型化を押したアップルの

戦略は間違っていなかったとは言えるだろう。

今後の予定について、まずiOSのメジャー?アップデート、iOS 8が9月17日に一般に無償提供される。このアップデートはiPhone 4S、iPad2、iPad mini、iPod touch(第五世代)などの旧端末にも対

応している。さらばiPhone 4S、これまでいろいろとありがとう。

携帯に関しては、アップルは現在ファブレットに注力している。CEOティム?クックは、画面サイズの大きくなったiPhone 6やさらに巨大なiPhone 6 Plusを「ファブレット」とは呼んではいないが、

アップルの携帯電話がまた一歩タブレットの領域に近くなったことは間違いない。
新品ルイヴィトンiphone6 ケース
しかし、新たなジャンボ?デバイスたちを加えることだけがアップルのスマートフォン?ラインアップの変更点ではない。アップルはこのタイミングで、画面サイズの小さなこれまでのiPhoneの価格

や販売端末の見直しを行っている。アップルのオンラインストアでその内容を見ることが可能だ。いくつかのデバイスは価格が安くなり、また少なくとも1つの端末はお払い箱となり、金曜日から予

約可能となる新しいiPhone 6に道を譲った形となっている。

やや複雑に思えるかもしれないが、心配しないでほしい。以下で現在のiPhoneのラインアップについて整理してみよう。
現在のiPhoneファミリー
アップルはもはやiPhone 5(4インチのディスプレイが搭載された2012年製のiPhone)を取り扱っていない。しかしこのモデルは完全に無くなったわけではなく、2013年にカラフルなiPhone 5Cとし

て生まれ変わっている。
iphone6ケース
現時点では、アップルはこのローエンドモデルをまだ取り扱っている。しかしそれはもはや価格のついた端末ではなく、実質的に0円で扱われている。そしてその兄弟的な存在、去年のフラグシップ

であるiPhone 5Sについても価格が変更され、16GBのベースモデルが199ドルだったものが、今では2年契約で99ドルまで値下げされている。

さらに古いiPhone 4Sに関しては、いよいよお別れの時が来たようだ。アップルはこの2011年製のデバイスの取り扱いを終了したようだ。このデバイスは3.5インチスクリーンを持った最後のアップ

ル携帯となる。

今、iPhone 6とiPhone 6 Plusがアップルのスマートフォン?ラインアップにおける最上位機種だ。4.7インチのiPhones 6は2年契約付きで199ドルからスタートする(SIMフリーモデルは649ドルから

)。大型で5.5インチの6 Plusは2年契約付きで最低299から(SIMフリーモデルは749ドルから)となっている。

シャネルiphone6ケース

?3.5インチのiPhone 4S:さようなら。すてきな思い出をありがとう。

?4インチのiPhone 5S:最小ディスプレイを搭載した中で最も高性能なアップルのデバイス(今の価格は99ドル)
シャネル iphone6ケース
?4インチiPhone 5C:最もチープなiPhone。価格は実質0円。

?4.7インチのiPhone 6:少なくともアップルの2014年のコレクションにおいては一番小さなiPhoneと考えられる。2年契約で199ドルから。

?5.5インチのiPhone 6 Plus:アップルの新たな大画面プレミアム?デバイスは、2年契約で299ドルからという基準価格で、お財布へのインパクトもなかなかプレミアムだ。

‥‥というわけで、根っからの小さな画面のファンもこれまで通り、しばらくは自分に合ったiPhoneを見つけることができるだろう。
iPhone6ケース シャネル風
アップルによる今後のiPhone開発とラインアップの変更がどうなっていくかも気になるところだ。来年アップルは恐らくこれまでの同社のパターンに従って、メジャーな更新の代わりにマイナーチ

ェンジを施したiPhone 6S(とPlus)をリリースするだろう。それは大きな変更ではないかもしれないが、そこで残った4インチモデル(5Sや5C)を終了させるにはいいタイミングかもしれない。

こういった状況は、スティーブ?ジョブズが競争相手の巨大なハンドセットを嘲っていた数年前では考えられなかった。しかし、クックがたとえ火曜日に開催されたアップルのプレス発表会で前の共

同創立者に敬意を表していたとしても、現在はアップルが彼の会社であることは明らかだ。そしてクックのアップルが描くスマートフォンの未来は、どうやらスーパー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seysbe
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/segffse/index1_0.rdf