笑顔って大事☆ 

March 05 [Mon], 2007, 0:56
さて、昨日は父方の祖母と親戚のおばさんに会いに

柏まで行ってきました

遠いです、とっても

日比谷から17駅くらい先ですよ。

まぁ 千葉県に行くわけですからね、遠くて当たり前ですが☆

管理人、ココの所ずっーーーーーーーと忙しくて

あまり笑うと言う事をしてませんでした。

…っていうより笑うほど楽しい事もなけりゃ

そんな事してる暇もありません。

ですけど

『元気な姿で留学に行ってきます(^ー^)v』

っての報告をしに行くのに

ブラックオーラを纏って行ったら飛行機落ちるんじゃないか

って思われたらヤバイでしょ(汗)

久しぶりだったし小さい頃大きいと思ってた全ての家具が

今は物凄く小さく見えたりとか少々寂しいなぁと

思いもしましたが、やっぱり祖母が視界に入ったとたん

会えた事が嬉しくて始終笑ってました

13:30位に柏について18時過ぎに向こうを出たので

家に着いたのは20時過ぎ。

管理人まだ夕飯を食べてなかったんですけど

誰かさんと誰かさんの一大イベント

が気になって電話でお話☆

終わった時には21時近かったんで夕飯諦め。(太るのヤダ)

でさっさと風呂に入って化粧水を叩いてる時に…

あら?あらららら???なんか…


肌がめっちゃキレイだぁ〜 ニキビも出てない


その時特に何もしてないのにこれだけの効果をもたらす『笑顔』に

びっくりしたね。

でも最近笑ってなかった分 

最後の方は表情筋が勝手に引きつってたけど

ヤバイね。

顔の筋肉がたるむだけで老けて見えるのにぃ…(T▽T)

!!一歩 一歩 ただ前へ!! 

May 01 [Mon], 2006, 19:27

笑顔はね、

 私のような君がいれば笑えるのさ。


もう、涙によって落ちてゆく日々を繰り返したくはないのだ。

試練の時の、涙は
         !!乗り越える為の涙であれ!!

!!それじゃなきゃ、後で笑えないだろう!!

!!!扉は開かれた、後そこから抜け出すのは自分自身の力のみ!!!

いっぽ、一歩、一歩ただ前へ。

ニコニコ♪ルンルン♪でいきましょう


記憶 

December 07 [Wed], 2005, 23:05

家を出た瞬間、
外の空気・街の中にでると感じることがある。

思い出せなかった事が、『風の靡き方一つで』思い出せる事がある。

何故、出会ったのか。
偶然なんてあるとは思っていないからこそ、『必然の意味』が重くのしかかる。


ああ、今年1年は沖縄で出会った人達に合わせていた

久々に「服なんて試着して」分かったんだ。

              これが私

アンティークジュエリーのお店・一点ものの服・品質のいい布地

何にも、抵抗なく入って行けた あの雰囲気の中。

多分、忘れ去っていると 「思っているだけの記憶」 は血の流れの中に溶け込んでいる。

「抵抗を感じた」あの雰囲気の中
出会いは忘れられないモノだが、付き合いが続く事とは又別物。





学校を辞めてから「ずっと一生懸命だった」

「こんな自分だからいけないんだ」そう思っていた。

売り上げで日本一の売り上げを出したって、なにか心は足りなかった

自信がついても、何かに心は餓えてた。

一生懸命だと何も見えなくなる

良いモノ悪いものの見分けが出来なくなる。



私は私。

切りたい縁は もう 切ってしまおう。








amae 

December 05 [Mon], 2005, 1:20

甘えなのでしょう これも。

今、生きていることが寒いから県外に出てみた。
優しさが何かどんなものか思い出すことも出来なくて、分からなくなってしまったから、
探しにいった


恋人なんて、欲しくないんです。

ヤドリギ

どこでしょうか、 どこかで安心して休みたいんです。


今年、沖縄に行ってから
「楽しかった」
             でも、楽しさを履き違えていました。

私の、心は「正常」??
「楽しい」と自分の脳に暗示を・インプットさせれば「楽しく」なるでしょう!??

誰かが言った・・・。
「楽しさは付き合うものではない」

「自分自身で感じ、表に出すものである」

混乱と・考えても分からない領域・
そして、そんな言葉を言ってくれる人がいる者への羨ましさ。

「今年1番楽しかった事は何!!!!??」

「・・・・、何だろう。。。。分からないんだ。。出てこない」

君に、言おう。

こんな質問僕にするな

・訂正・ 

December 02 [Fri], 2005, 22:43
ある人にこんな事を言ってしまいました。

      時間が解決する

ちょっとした事があった引き金で気付きました。

       解決はされない

                          されない、解決されないんです

時間が過ぎることによって、こんな自分でいたくないって言う思いが溜まって
何か行動は起こす。
行動に結果がでて、
 
        自信がついて

ああ、こんな自分でもやるじゃないかって思うようになる。

それは、いい事。ものすごいいい事。

でもね、肝心な根っこが解決されないまま。

その根っこにこの頃気付いて。。。。
気付いてしまった。。。。
イヤ、気付けて良かったと思って。。。。

グルグルの思考回路の中にこの頃 繋がれたまま。

パート1 

November 27 [Sun], 2005, 1:39

何処を歩いているかなんて、自分自身分からず歩いていた。

産まされ、生かされ、歩かされ、訳の分からないものを叩き込まされて来た。


「温かいぬくもりが欲しい」

ずっとあの頃から祈っている

イツニナッタラ カナウ・・・??イツニナッタラ・・・、イツニナッタラ・・・、イツニナッタラ・・・、

人の縁は自分から運んでくるしかない、
誰も
誰かの為の救いの手など持ち合わせてはいない。

自分を救えるのは己自身。


でもね、本当にイツニナッタラカナウのだろう。。。

取り留めのない事を考えながら 5時間も地下鉄の風に吹かれていた。。。

おもしろそう!!! 

November 27 [Sun], 2005, 1:36
ちょっとした思いつき
物語をつくってみよう!!!!

その日 そのまま 気ままに
どうなるか分からないけどちょっとやってみます(笑)


インスピレーションは、1個前のポエムから〜〜


ハジマリ ハジマリ

見〜〜つけた☆ 

November 24 [Thu], 2005, 23:09
そんな言葉を、誰かが言放った


僕は、その前まで、
必死に何も見えるはずのない壁にしがみついて、
頑張って壁の向こう側に何があるか見続けていたんだ。


『!!!!見〜〜つけた!!!!』

今まで何も音なんかしないから、本当にビックリしたから僕は振り返った。

そうしたら満面の笑みをしている君が立っていた。

「本当に僕に向かって言ったのかい??」
泥だらけになって、壁に寄りかかっていた僕に本当に言ったのか気になって聞き返そうとしたら、


「☆見〜〜つけた☆」
君は、又僕にそういった。


               ・・・・。

僕は探されていたのだろうか・・・・??
僕は、何も見つけられていないのに。


   ネエ、
      君は僕の中に一体何を見たのだろう??。。。。


         僕には分からない

自分の泥だらけの姿を見て恥ずかしくなり、

        僕は下を向いた。。。。

!!!馬鹿げてる!!! 

November 08 [Tue], 2005, 22:11
忘れられないことがある。

忘れることが出来ない体験をした。

もう、人生の一つの線を越えた。

大人としての楽しみの中の一つなのかもしれない。

美しくもない、人として穢れた最後の行為かもしれない。

その行いの喜びも知ってしまった。

欲してしもうこともある。

            
             そして、それをどうにか抑えている。 

人として、どう生きるべきか。
言葉に、縛られて動きが出来ない。


早く、出てって。
早く、出てってくれないか!?!
君が出てってくれれば、私の安全は保障される。

早く、出てって。



おい!!! 

November 06 [Sun], 2005, 23:52
せっかく、書いたのに消えたぁぁぁぁぁあああああーーーーーーーーーーーーーー!!!

ま、また書くね(涙)
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seed_rice
読者になる
Yapme!一覧
読者になる