夏休みも残り少なくなったので 

2004年08月27日(金) 18時24分
副管理人さん(次女中2)が叔母ちゃんのところに泊まりに行くというので、最寄の駅まで送っていきました。これは彼女が小学校3年生ごろからの夏休み恒例行事になっています。

最初の頃は、ふたつ上の姉も一緒に行っていたのですが、今年は一人旅です。
(といっても、電車で一時間もかからない距離なんですけど・・・)

最初の頃は心配だったのでプラットホームで乗務員さんに「この子を○○で降ろしてください。もし寝てしまったら起こしてください。」とお願いして送り出していました。

今は、おみやげとお小遣いを渡すと勝手にバス&電車で行ってしまいます。
(今回はおみやげに我が家で栽培しているいちじくを持たせたために荷物が多くなったので駅まで送ることになりました。)
「途中で特急から急行に乗り換えの時に間違えて普通に乗ったので予定より10分遅れで着いた。」と連絡がありました。

乗り過ごしても福岡天神までしか行かないから、あんまり心配することはないのですが、とりあえず安心しました。

柔ちゃん 金メダル おめでとう 

2004年08月16日(月) 17時02分
五輪はメダルラッシュ・・・
我が家でも私と主人は寝不足気味です。(・_ゞ) ゴシゴシ…

柔ちゃんこと 谷亮子さんはとても素敵な人です。

シドニー五輪のあとに、近くの高校に柔ちゃんが講演にいらっしゃったので、主人とお話を聞きに行きました。

校舎を探索していたら偶然、柔ちゃんと廊下ですれ違いました。
「こんにちわ」ってご挨拶したら、にっこり笑ってお辞儀してくださったので感激しました。

とても小さくて、色白で、笑顔の可愛い人という印象。

もちろんその時は柔道着姿ではなくて女性らしい服装だったので、「これがあの柔ちゃん?」と疑いたくなるほどでした。

でも、やっぱり。。。
ダイエーの王監督や秋山選手を見たとき同じようなオーラを感じました。

これからも、3連覇めざして \(*⌒0⌒)bがんばっ♪

それから、夫婦仲良く金メダルを期待しています。

今夜も眠れそうにないな・・o(*^▽^*)oあはっ♪

星のふるさと星野村 

2004年07月19日(月) 14時40分
今日は連休最終日、ちょっと時間ができたので、星野村に足を伸ばしてきました。

お目当ては ブルーベリージャムと温泉(星の温泉館 きらら)です。

福岡県八女郡星野村小竹にあるーブルーベリーハウスーでは
無農薬で育てたブルーベリーを低糖度で仕上げたジャムを直売されています。
我が家から、車で片道1時間以上はかかるのですが、こちらのジャムを食べたらスーパーの特売のジャムが食べれなくなり、ドライブがてら買出しに行っています。
たわわに実ったブルーベリーが私たちをお出迎え。
摘みたて果実もいただいて、たくさん食べました。

新鮮なブルーベリーは酸味が少なくて美味しいものです。粒が大きくてしっかりしているものからジャムに加工するのだそうです。
写真はブルーべリーハウスの店舗です。昔ながらの民家を改装したもののようです。里のおばあちゃんの家を思い出してなつかしくなりました。看板娘も素敵なおばあちゃんです。

それから、星の温泉館 きらら で 温泉につかって ジャガイモ饅頭をいただきました。
これも、里のおばあちゃんが私が泊まりに行くと必ずのように作ってくれたなつかしい味です。おばあちゃんの隣でおしゃべりをしながら手伝っていたので、見よう見まねで作れるかも・・・今度やってみよう!とても素朴なおやつなので娘たちは喜ぶかな?

山の空気は爽やかで美味しいし ブルーベリーといも饅頭もいただいて すっかりリフレッシュした一日でした。

もっと詳しい星野村はこちらから
http://www.hoshinofurusato.com/

義父緊急入院 

2004年07月17日(土) 10時24分
実家の父が無事退院したのでホッとしていたら、今度は義父が入院。

昨日は中学校の学年懇談会だったので行ったり来たりしていたので知らずにいたら、急に具合が悪くなって入院したとのこと。

義父は、お昼近くになっても炎天下の下で仕事をしていたらしい。
急に動悸がしだして、少し休めば直ると家にもどったらしいが、なかなか落ち着かなかったので、病院に診察にいったところ即入院。
病状は[脱水症状]点滴しながら休養をとることになった。
無理をしたら脳梗塞になる危険性もあったそう。

家の中にいても脱水症状になる可能性あり。
しっかり水分補給と、休養をとりましょう。

映画鑑賞 

2004年07月11日(日) 14時55分
夕べは夢の球宴を見たかったけど、娘たちにねだられて映画に行ってきました。
見た映画は「ハリーポッターとアズガバンの囚人」です。
まだ、見ていない人に悪いので内容については触れません。
「ダニエル君が大人っぽくなってました。綺麗な瞳ですねぇ〜。吸い込まれそうよ。これからどんな俳優になるのか楽しみ〜♪ハリーのイメージが強すぎるので大変だと思うけど・・・」

映画鑑賞の後に敷地内のショッピングモールで、少しお買い物
三女と食品売り場をウロウロしていたら、向こうから女子高校生が・・・
既に午後10時を回っていたので、「こんな時間に若い女の子がひとりでうろついて良くないなぁ〜」と思いながら、また、見たら・・・

Σ('□'*('□'*('□'*('□'*)ガビーン!!

小柄で可愛い制服着てて、今時珍しいルーズソックス、バッチリメークの女子高校生ではなくて、[コスプレ好きのおじさん]だった。だまされるところだった。
三女も気がついたらしく吹き出したので、慌てて手を引いて逃げるようにその場から離れました。

映画鑑賞の余韻が消えた瞬間でした。

ボーナス増えても使いません。 

2004年07月08日(木) 11時43分
「ボーナス増えても使いません。」と、今日の新聞の見出し。

今夏のボーナスは昨年よりちょっぴりアップしたけれど・・・
使い道の一位は「預貯金などの貯蓄」(56.2パーセント)ということ。

私は元銀行員だったので、ボーナス時期は大変だった。

ボーナスシーズンになると、預金の獲得に燃えていたことを思い出す。
毎日のように成績が張り出されて、朝礼で支店長の激励を受けるだ。
私は、負けず嫌いで真面目?な性格なので心身ともに疲れ果てて・・・
でも、友人たちは電化製品を売ったり、お中元を売ったり、
車を売ったりだったので、もっと大変だろうなと思い頑張っていた。

我が家のボーナスは、すでに半分くらいは使い道が決まっていて消えた。
あとの半分は近い将来の出費に備えてとりあえず普通預金にストック。
インストアブランチのお兄さんの預金獲得ノルマ達成に少しでも貢献したいけど無理みたい。

父、入院 

2004年06月30日(水) 17時19分
昨日はおばあちゃんの初七日が終わって、ホッとする間もなく実家の父が腸閉塞で入院。
父は10年ほど前に胃がんの手術をしていてるために、数年に一度くらい腸閉塞になり緊急入院をする。
娘たちが期末テストだったので娘たちの帰りを待って、「一緒に行きたい。」という次女と父の好きそうな文庫本を買って病院に行く。

のたうちまわるほど痛かったらしいのだが、自分で運転して病院へ来たと聞きびっくりする。
また、夕方になって主人と車の移動のために病院に行く。
しばらくは絶食をして点滴で栄養を取る生活。
すでに顔が少しむくんでいた。
今回は10日ほど入院をすることになりそう。

おばあちゃんへ お別れの言葉 

2004年06月25日(金) 18時50分
大好きなおばあちゃん
           
 平成十四年におばあちゃんは、足の骨を折って病院に入院しました。
それから、車椅子の生活になって『○○』(老人介護施設)で暮らしていました。
学校がいそがしくてなかなか会いに行けなかったけれど、会いに行った時には、『大きくなったね〜』と、笑顔で迎えてくれました。

 六月二十二日の夜中の2時過ぎに、電話がなりました。
おばあちゃんがお世話になっている『○○』からでした。
家族そろって急いで会いに行きました。
すでに、息を引き取っていました。静かに眠っているようでした。
お医者さんがおばあちゃんの胸に聴診器をあてた時におばあちゃんの体はすごくやせていて、とてもつらかったのかなと思いました。

 その日は、家に戻って学校へ行って、いつもと変わらないように過ごしていると、本当におばあちゃんが亡くなったのが信じられなくて、まだ『○○』で元気に暮らしているような気がします。

 おばあちゃんが元気だった頃は、一緒に寝たり、テレビを見たり、おばあちゃんの作ったカレーを食べたりしました。おばあちゃんのカレーはとてもおいしかったです。

 おばあちゃんはおじいちゃんといつも二人で仲良く、縁側に座っていたから、おじいちゃんが亡くなって、とても悲しかっただろうなと思います。
だから、今はきっと、おじいちゃんと会えて一緒にいると思います。きっと、幸せだと思います。

 おばあちゃんに教えてもらったこと、ほめてもらったこと、怒られたことを 今 一つ一つ思い出します。
これからは教えてもらったことは生活に生かして、ほめてもらったことはもっと伸ばして、怒られたことは注意して頑張ります。

 おばあちゃん、これからも おじいちゃんと二人で見守っていてください。



**********************************


祖母は子ども6人・孫11人・ひ孫10人に恵まれて みんなに精一杯の愛情を注いでくれました。
告別式では ひ孫の私の次女が代表で 上記のお別れの言葉をささげてくれました。



次女張り切る 田植え 

2004年06月21日(月) 18時30分
土・日は田植えでした。

田植えを家族総出でするという風景もあんまりみなくなりました。
うちの場合、主人と義父が交替しながら機械で植えていきます。ところどころ機械ではうまく植わらないところがあるので、義母がそこを植えていきます。
これが、かなりの重労働です。今年は次女が『私も田んぼに入って、ばあちゃんを手伝うよ。』と、義母を喜ばせました。先月の種まきの時も人一倍頑張ったのも次女です。

私の仕事は、7人分の食事の準備と、植え終わった苗箱を洗いあげて片付けることです。
何百個洗ったかなぁ〜。
台風が接近中だったので、急ピッチで洗い上げました。
田んぼに入るよりは楽ですが・・・かなり腰にきてしまいました。情けないです。

次女には、こっそりとお小遣いをあげようと思います。

次女は中学2年生。私のホームページの副管理人さんです。

本日オープン 

2004年06月17日(木) 23時21分
可愛いブログをみつけたので、お引越しすることにしました。

SEED の意味は 種 という意味です。

小さい種から 芽がでて 葉っぱ伸びて やがて きれいな花が咲いて 立派な実がなるといいなと思います。写真は、大根の花です。モンシロチョウのような愛らしいお花です。

家庭菜園にて4月の初めごろに撮影
      

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seed521
読者になる
Yapme!一覧
読者になる