向いてない 

2011年07月25日(月) 1時21分
恋愛に向いてない。

経験もそんなないし。

逃げてるから。

こわいから、今より悪くなるのが。

傷つくのが。


少し距離が縮んだら、逆に不安になる。

失ったときのことを考えたり。

返信がないだけで、なんでなんでって、結論も出ないのに考える。

普通なら、どきどきして楽しい時期も、不安でしかたない。

いままで、恋愛に関してだと、幸せで満たされた時間が長く続いたことなんてない。

だからか。

幸せを感じると、長く続くわけないから、こわくなる。
なら、幸せなんて感じるんじゃなかったと。
幸せがなけりゃ、不安になったりこわくなったりしなかったのに。

手に入れなければ、失うこともなかったのに。

わかってるなら、もう恋なんてしなければいいのに。


恋してるときの私は、後ろ向きで臆病で、全然幸せじゃない…

ただ、つらくてくるしいだけだ…

新しい恋 

2011年06月06日(月) 0時25分
数年ぶりの更新です。


ここの存在すら忘れてた。
ここにも書けないようなことあったから、忘れてたふりしてたんかな。
えらそうなこと書いてたよね。
さみしさを紛らわすために誰かと付き合うなんてできないとか、自信持って好きって言える自分でいたいとか。
そんな自分完全否定。
さみしさを紛らわすために会ってる人がいる。
だめだってわかってる。
でも、さみしいんだもん。
やさしくしてくれて、女として扱ってくれる。
その場だけなのに、月に一度だけなのに。
もう二年も経ってしまった。
うしろめたい。
ありえないよね、れいこ最低な女だ。
いろんな人だましてる。
嘘ついて、裏切ってる。
れいこを信じてる人みんな裏切ってる。
自分がこんなふうになるなんて思わなかった。
もう、戻れないのかな…


そんな間でも、新しい恋もした。
でもうまくいかなかった。
いいとこまでいったのに。
焦ったれいこが悪かったと思う。
不安だった、だから結論を急がせた。
せっかくいい感じだったのに、だめになった。
久しぶりに、ふられて泣いた。


いま、また新しい恋してるみたい。
彼女がいるみたいだけど。。
でも今は話したり会えたりするだけで楽しい、そういう時期。
どんどん欲が出てきちゃうんだろうな。
いつもならさらっと携帯聞けるれいこが、まだ聞けてない。
昔の臆病に逆戻り。
だって、怖いんだもん。
まただめだったら…
せっかく好きになれる人に出会えたのに、まただめだったら…
もう新しい恋する元気ないよ。
こんな年だもん。
いいかげん、安心できる場所がほしいよ。

どうどうめぐり。 

2009年03月11日(水) 1時28分
自分で縮めた距離に苦しんでる。
また、返事をしてこなくなった。
なのに、忘れたころに返事してきた。
何日前のだよ。
何、つなぎとめるためですか?
そんな社交辞令とわかっているのに、返事をしてしまった自分。
よわい。
捨てる捨てると言って、結局捨てられてないじゃん。
他の事に逃げてるだけ。
もうこんな自分が嫌で嫌で・・・・・
感情と理性。
理性で抑えられないのが感情なのか・・・・
頭ではわかってる。
何も自分のためにならない。
あいてのためにもならない。
誰も得をしない。
もっと素晴らしい世界が絶対にある。
そんな当たり前のことが、わかっているのに。
夢なんて全然見てないのに。
心がゆうことをきかない。
こういうときどうしたらいいの。

いよいよの。 

2009年03月03日(火) 1時01分
ほんとうに、お別れしなくちゃならないんですね。

毎日、会えるだけで、嬉しくて。
目があったり、しゃべったりできたら元気出て。

そんな日々も終わるんだ。

毎日、会えると思えば頑張れた。

れいこは、これから頑張っていけるんだろうか。


逃げて逃げて、でも今回逃げる場所なんてなさそうで。
そんなとき、どうしたらいいのか。


結局、想像通りの自分なんだ。
年末から。
せっかく空けた距離を、また自分で縮めてしまった。
そんなことしたら、いつかまた辛い日が訪れるってわかってるのに。
目の前の感情だけで、元に戻ってしまった。
案の定、満たされなくて、満たされるわけなくて、
嫌われてるんじゃないかとか、自分の発言に不安になったりとか、
そういう無駄な時間を過ごすことになる。
結論なんて出ないのに、そんなことばっかり考える。
その答えがイエスであろうがノーであろうが現実は変わらないのに、
自分の行動に不安になってばかりいる。
どんどんれいこを臆病にする。


思ってしまった。

こんなことなら、出会わなければよかった、って。
少しでも、思ってしまった。
初めて本心で、思ってしまった。

もっと前に終わっていたら、終わらざるをえなくなっていれば、
こんな思いしなくてよかったのかなって。
続いてることが幸せだと思ってきたけど、ある意味で、終わらないというのは苦しいことだ。
長い時間が、れいこをしがみつかせる。
愛しすぎる時間だから。
今までの時間が無駄になるなんてこと、ないってわかってるけど、
でもやっぱり無駄になってしまう気がして、終われない。

弱い。 

2009年01月02日(金) 4時09分
れいこは弱い。
意志薄弱。
最後になると思ってたのに。
それどころか、過去最高の感情を得てしまったよ。
まぁ、それと同時にやっぱり過去しか見てない自分にも気付いた。
だめだよ。
せっかく前向きに生き始めたのに、あのメールを待つようになったら、またバランス崩すよ。
何をやってんだ。
同じこと何度も繰り返して、なんで学習できないの。
だめなんだって。
辛くなるから。
わかってる、わかってるんだ…
でも、あの笑顔と涙に弱い。
魔法にかかる。
なんでだろう。

名言集。 

2008年12月08日(月) 2時10分
れいこは、自分で言うのもなんだけど、数々名言を生んでいる、らしい。
今日も思いついちゃったんだな。

悪いことを削除するんじゃなくて、
良いことを増やしていけばいいんだよ

「付き合う」ことを諦めても、
好きでいることを諦めることはないよ


ってゆうかね、こういう考え方だから、れいこには彼氏ができないんです!(苦笑)
ほんと、付き合うことを諦めたあとも、余裕で1年以上好きだから。
もう、わたしのものにしたいとか、それを通り越してて。
顔を見れればそれで良くて、笑ってるとこ見れたら嬉しくて、
幸せな毎日を過ごしててほしいなぁって思って。
どんな日常過ごしてるのかとかはすっごく気になるけど、だからどうこうではなく。
ずっと、大切な人のままなんだよね。
みんな、一度好きになったらそうだよね?
だから、ひとりでいるのがさみしいから誰かと一緒にいたいとか、できない。
プライドが高い?のかもね。
自分の気持ちに嘘をつきたくないし、
好きな人を自信持って「好き!」といつでも言える自分でいたい。
そのためには、少しくらいのさみしさは我慢する。
このままじゃ、ずーっとひとりかもしれない。
だって、本当に好き合って付き合いだすカップルなんて、滅多にいないじゃない。
だいたいが、嫌いじゃないし付き合ってみたら好きになったとか、ね?
そういうもんでしょうが。
れいこにも、そういう柔軟性が必要かなぁ。。

変わりたいあたし。 

2008年11月19日(水) 0時04分
ある人のおかげで、やる気が出てきてる。
画面の中の人だけど、すごーいね。
ただ、かっこいいーって萌えてただけだよ、最初は。
でも、いろんな言葉を見たり聞いたりするうちに、
あ、この人って外見だけじゃないんだなって。
たしかにさ、そういうのって画面越しには見えないことなんだけど。
見えないってことがすごい。
絶対、いやなこととかつらいこととかあるし、気分が乗らない日もあるし、
何かにイライラしてたりするはずなのに。
それを感じさせないわけだから。
人を楽しませる仕事っていうのは、すごく素敵な仕事だけども、その裏でつらいこともたくさんあるんだろうなぁ。
でもきっと、あれだけの人を楽しませて笑顔にさせるっていうのは、そういうのに負けない強さを持ってる人にしかできないことなんだね。
味方もたくさんいりゃぁ、敵だってたくさんいる。
いやな仕事だって断れないし逃げられないんだよね。
あたしなんて、嫌だったり辛かったりしたらすぐ休んじゃうけど、それだって許されないわけじゃん。
代わりがいないんだから。
相当なプレッシャーだよね。
それを一生の仕事にしていくって、すごく覚悟がいることだろうな。
途中で簡単にやめることなんてできないんだから。
あたしと同じくらいの年齢で、そうやってがんばってる人がいるんだよね。
そういうの見てたらさぁ、わたしってまだまだだなーと思った。
わがままで、現実から逃げてばっかり。
あの人を見ていて、つくづくそんな自分に嫌気がさし、がんばらなくちゃと思った。
いま、その存在にすごく助けられ、励まされ、元気をもらってる。


ふたつめ。
先輩の現状を知れたこと。
あたしの想像以上のことをしていた。
好きなことを仕事にしていることがうらやましかった。
そして嬉しかった。
誰も知らない異国にひとりで行ってがんばってるのがすごいなと思った。
あたしも負けないように、いつかもし会えたときに、自信持っていられるようにしなきゃ。
好きなものを好きっていえるようになりたい。好きなものに自信持ちたい。
10年前、根性がなくて逃げ出してしまった。
それを挽回するくらいの努力しなくちゃ、笑われちゃう。
もう10年前には戻れないから、今のあたしがやるしかないんだ。


みっつめ。
あいつがなにかを取り戻したこと。
やっぱり、あの人たちを好きだということに誇りを持って、
褒めちぎることがあたしの生きがいです(笑)
ばかみたいかもしれないけど、お互いの共通する大切なものを絶賛しあってると、安心する。
同じ気持ちの人がいると嬉しい。
これからも大事に大事に守っていかなくちゃっておもう。
だから、あたしがここで折れることはできない。
いいのよね、嘘でも偽りでも幻想でも夢でも。
それに埋もれていたいの。
信じることで支えられてるから、たとえそれが嘘でも、嘘をつき続けてくれればいいの。
わたしに嘘を見破らせないで。


今日は11月19日。
8年前のきょう、日比谷の街はとても寒かった。震えてた。
寒さだけじゃなかったかもしれない。
お別れをした日です。
もう、誰も口に出さなくなったけど、それぞれの心の中で、いつまでも残ってる記憶だと思う。
あの日の寒さも、さみしさも、笑顔も、みんなの優しさも、忘れないと思う。

翻弄。 

2008年11月08日(土) 21時45分
ずるい、よなぁ。
わたし、いつも崖から落ちかかってるところを引き戻されるんだけど、
今回は完璧に落ちてたもん。
もう落下してるとこを、釣りあげられた。
やっぱりそう簡単には終わらないね(苦笑)

もう自分の気持ちがまったくわからなくなっちゃった。
誰が好きだっけ。誰も好きじゃないっけ。
結局、わたしはあきらめが悪いのだ。
一度好きになったひとを嫌いになるというのは、
よっぽどひどいことされないと無理だ。
みんなそうだよねー?
失恋から立ち直るには新しい恋だとかいうけれど、
新しい恋したあとも、ずーっと忘れられない。
それはもう愛とか恋とかいう感情じゃないのかもしれないけど、
大切に思う気持ちは変わらないもんね。

今のわたしは、情なのか、恋なのか、愛なのか、わからん。
前みたいにときめくことはないけど(笑)
それでも、話したいことはたくさんあるし、
話ができれば嬉しいし。
でも、わりと会えなくても平気。

自分の感情分析するのはやめて、目の前で起こることに素直になれればな。
そのときの感情を素直に受け止められたらな。
平気なふりしたり、ごまかしたり、そういうのがやめられない。
でも、きっとそういうのもばればれ。

くやしいーな。
結局、思うままに操られてる気がするよね(苦笑)
でも、それでいいのかな。
わたし自身も、それを望んでるのかもね。

変わらない。変われない。 

2008年11月08日(土) 4時36分
もう、ついに終わったと思ってたんだよ。
恋しい気持ちもあんまりなかったし。
それ以上に夢中になれるものがあったし。

先日、もうわたしは必要ないだろうと思った。
いや、自分が必要とされてたなんて図々しいことは思わないけど。
むしろ、必要どころか、邪魔になったかなと。
いつまでも過去を知ってるわたしはもう邪魔かなって。
どうでもいいなんていいつつも、ひとことだけ、メールをしてしまった。
結局忘れられてないね(苦笑)
忘れたころ、それの返事が来た。
夜中。なんでその着メロが鳴ったのかよくわからなかった。
ひとことの、返事だった。
断ち切ろうとしてたから、返事しようか迷った。
けど、送った。
何度かやりとりをするうち、すごくうれしいことを言ってくれた。
胸がいっぱいになったよ。
わたし、ついてっていいのかな。
それから、言いたかったことを全部言った。
しばらく会ってなくて、メールもしてなくて。
話したいことがたくさんあった。
たまらなかったよ。
ずっとこのままでいたい。
やっぱり、ここにいていいんだ。

ありがと。

10年越しの想い。 

2008年10月22日(水) 23時59分
朝、おふろに入ってる間に、来たんです。

返信。

携帯光ってて、メール開いたらmixiからで、
あ、絶対そうだ、って思ったんだけど、
なんか見るの恐くて、ページ開くまでに30分ちかくかかった。
画面を直視できなかったよ。
だって、10年越しの会話だよ。
見たらそこには現実があるわけで、今まで夢の中だったことが終わるわけで。
去年の12月以来、こんなに緊張した。
メールを見るのが恐いと思った。

当たり障りのない、やさしい返事だったけど。
すごいすごい嬉しかった。
でも、なんか気恥しくて何度も読み返せなくて。
いちにち、上の空だった。

そりゃ、そうだよね。
10年。
あの、最後に見送った卒業式から、もうすぐ10年だもん。
その間にいろんな出会いがあって、いろんな人好きになって、
でも、忘れたことなかったな。
傷つかなかったから。
気持ちを伝えずに終わったから、傷ついてない、きれいな思い出のままだから。
あの頃の日記。
いつもいつも、そのことばっかり。
見かけたとか、そんなのばっかり。
しゃべったことなんて、なかったみたい。見てるだけだったみたい。
だから、メッセージなんて送らないほうがいいのかな、とも思った。
現実にしてしまわずに、綺麗なまま、夢の中のままのほうがいいかなって。
メールすることによって、10年前の、10年間守り続けた綺麗な思い出が、こわれちゃうかもって。
それでも、伝えずにいられなかったね。
10年前の、自分の素直でかわいい気持ちを読んじゃったら。
今さら言ったって、どうこうなるわけじゃないけれど。
10年経って、こんな形で再会できたんだから、そういうことなんだ、って思った。
ずっと逃げ道にしてた思い出を、終わりにしろってことなんでしょうね。

返事に返事をしました。
これにまた返事をくれるかは、わからない。
もうこれで終わりかもしれない。
そしたら、それはそれ。
わたしも女ですから、しつこくなんて、やめよう。
だって、もう会えるわけないんだもん。

でも、やっぱり、返事、待ってる。
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Comments