童話 

2007年01月23日(火) 19時44分
1月11日(木)
僕は人です。
心を持ってます。
自分が最近わかりません。心があるから、惑わされます。
人と自分の価値の相違を、境界を、温もりを、冷酷性を、狂おしいほど求めている事に気付きました。
あなたの心を覗いてみたい。

1月14日(日)
今日はさぼりました。
薬を飲む行為に疑問を感じたから。
こいつは僕の意識を酩酊させるから。
こいつは僕の心に土足で上がり込んでくるから。
おかげで今日は調子がいいです。

1月15日(月)
大変だ大変だ!
今日はいつもより早く起きれました。
薬を飲まなければ、こんなにも清々しい朝を迎えられるなんて!
これだから他人は信じられない!

1月17日(水)
最近よく眠れているのに、疲れがとれていない。
なぜ?
朝起きたら枕もとにはコンビニのレシートが散乱してます。
なぜ?

1月21日(日)
今日もコンビニのレシートが散乱してました。
体をおこすと節々に痛みが走ります。
今日で薬絶ちして一週間。
躯はいたって健康です。

1月22日(月)
夜中に目が覚めた。
なぜかコンビニに。
手提げ袋にはカッターがはいってました。
とりあえず家に帰らないと。
帰り道がわからない。
タクシーで還る。

1月23日(火)
夢を見ました。
僕が歩いています。
手にはカッター。
笑っていました。
赤い雫を垂らし、まるで迷子にならないように目印をつけているようです。
僕はにこやかに歩き、
飛び出した...

車の急ブレーキの音、
にぶい『どん』という音、
人の叫び声。

そこで目が覚めた。
汗をかいていたので、拭おうとした。

右手が動かない。
左手を代わりに使う。
べっとりとした汗。
朱い汗。

サイレンと人の怒号。

五月蝿い、俺は眠たいんだ。
静かにしてくれよ...

写し合わせ 

2007年01月10日(水) 21時51分
今日も僕が声を殺して泣いています。
涙を流し、哀れみを乞う。
ありきたりで
陳腐な弱さを噛み殺し
痛みに堪えて泣いています。
ふるいかかる狂気は
ボクの意識を閉じ込める。
遠く、遥か遠く
深く、遥か深く
自分を閉じ込めて
強固な殻を作る。

ボクは悪くないボクは悪くないボクは悪くないボクは悪くない

紅の涙は両の手を染めて
痛みがボクをリアルに引き戻す。

小さく小さく頭を抱えて
助けを待つしかない。

光の乱反射が自分を硝子が映し出す。

狂気に溺れ
凶器の痛みを覚えた
独りの小さな自分が見えた。

腕を
顔を
床を
紅に染めている。

泣いているの?
笑っているの?

死ねばいいのにね 

2007年01月03日(水) 6時12分
今日は友達とショッピングモールへ。
人込みだからかな。

俺の粗い精神を
負質なおっさんや
張りぼてしかもたないクソガキが
アグレッシブに攻め立ててくる。

足を踏んで素通り。

肩をぶつけてきて素通り。

そのばで胸元掴んでやりたかったが
友達の手前そんなことできずに
煮え湯を呑んだ。

だが

腹の中では
煮え湯は蒸発してきえる。

さらに踏まれる踏まれる。
やっぱり素通り。

金輪際あんな人込みなんかいきたくねぇ。

俺の右手が凶器なら
狂喜の唄を口ずさみ
正気というなの理性を棄却し
血涙のワルツを踊ってやるのに。

常識をもたないクズには制裁を
力のないものに祝福を。

嗚呼

なんて不条理な世界だ。
なんて不浄なんだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:secret-sanu
読者になる
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる