食べある記 第二十一回 

2009年11月01日(日) 20時14分
なんだかいつの間にか秋になって・・・とおもったらもう冬ですね。
京都はお昼あったかいからって調子乗っていくと夜に泣く目にあいます。


そんな最近、複数個所に行ったので軽くまとめて載せちゃえ

一箇所目は、以前も行った三条のリプトン。今回秋ケーキ目当てで行ってきました。
お品は、おいしいおいしいと複数の友人から聞いていたかぼちゃのチーズケーキ

チーズが思ったより甘くないですが、かぼちゃの甘味が生きてます。そして割とねっとりしている。キャラメルソースの味が強く感じました。カラメルの苦味が苦手だとつらいかな?
期間限定ですが、まだやってるのかなあ?もしかしたら10月いっぱいだったかしらん。
ちなみに奥は保護者氏のいちじくタルトです。


んで、これと同じ日。
前から気になっていたサボンカフェに連れて行ってもらいました。
麩屋町ぞい、三条近くの美容室の横に細い通路があり、その奥に町屋風のお店があります。
入り口へ行くまでに何か飾りが吊ってあるのかな?私は大丈夫でしたが保護者氏は何かに頭を打った様子。背の高い方はご注意を。
席数は少なめ。行った時は丁度お昼時で畳の席は一杯だったので、カウンターになりました。

内装は暗め。大柄な人だと少々窮屈に思うかな?古き良きおばあちゃんのおうち、みたいな感じです。来ている方も思い思い、お店のかたものんびり、という雰囲気です。女性客が多いのはメニューの関係もあるのかな。

で、頼んだのはここの名物(?)サボンカレー。800円。
こんな感じです。
店内の暗さがこんなもんです。
カレーのほうは好みが大きく分かれそうな味ですね。完全に和風のカレー豚肉、お揚げが入って、かつぶしがのってます。おダシの味がしっかりして、あまり辛みやスパイシーさのない、さらさらのカレーでした。ご飯は雑穀ごはん。全体的にあっさり目です。
私はおだし好き、辛いもの苦手なんで喜んで食べましたが、保護者氏はもっとカレーっぽい辛みのある、パンチの効いたものが良いよう。
確かにどっちかというとカレーうどん向けかも。
ここはパフェも和風のおいしいのがあるそうです。カウンター席の目の前に、パフェに使うであろうごまおかきの瓶詰めがあったのが気になって仕方なかった(笑)
私のときはそこまで気にならなかったですが、どうやら喫煙禁煙分かれてないようですので、苦手な方はご注意を。


この日に見つけたサラサ麩屋町PAUSAに後日行ったのですが写真撮り忘れた・・・(何
麩屋町沿いをてくてくあるいて、白い壁に青い窓とドアが見えたら、その建物の二階です。屋根裏食堂。
窓側のお座敷?席に座って(下によーじやカフェが見えました。こんなとこなのか!とびっくり(笑)、お昼のランチを頂きました。890円。
私のときは鶏肉のピザ風、サラダ、ライス、ドリンク、プチデザートでした。
店内が学生のアートのたまり場、的な雰囲気なんですが、食事のほうも学生向け、というか割とボリュームがあって、味も濃い目でした。
漫画やゲームが大量においてあり、ゆっくりできる雰囲気のお店です。といってもできれば複数で来てわいわい喋りながら、という感じかなあ。店員さんはてきぱきとした感じの方でした。
やはり喫煙禁煙同席のようで場所によっては(テーブル席は相席になる事有)ちょっと煙たいこともあるかも?






さて、もう一個続きます。長いなあ(笑)

これはつい先日、祇園きななにつれていって貰いました!結構入り組んでいて、一人では行けなさそう(笑)花見小路から少し南に入っていったとこですね。
いろんなところで見て知ってましたが、行くのは初めて。
まさかの店外行列禁止の張り紙にびっくりしつつ入店。一階はスタンドになっていて、できたてきななのみ食べられるらしい。私の前に来ていた人たちは人数が多かったせいか、諦めて出て行きはりました外に持ち出して歩き食いもだめなそうな。祇園の景観を守るためのようです。

ちょっとお店の中で様子を見ていると、どうも大丈夫そうなので二階の喫茶へ。
外観と違い、どちらかというと洋風な感じ。テーブル席で、隅には一列に窓に向かった席もあります。
そこまで席数は多くないので常に一杯。修学旅行生と女性客が多い印象。
席につくとまず温かいほうじ茶をいただけます。
頼んだのは、保護者氏が噂のできたてきなな(500円)。うちはきなな二種盛り(630円)。


一口食べてるのはご愛嬌(笑)
見てわかるように、二種盛りのアイスとできたてきななは物が違います。どちらもその日にあるアイスなので選べません。この日は二種盛りは抹茶プレーン、できたてはプレーンでした。
できたてのほうは濃くてとろりとした口当たり、クリーム分の多そうなお味です。普通のほうはもっとさらさらした口当たり。きな粉の濃い味がしましたが、しつこい粉っぽさのようなものはなく、あっさり食べられました。
やはりできたてのほうが好みだ(笑)

日によって黒ごまとかよもぎとか小豆とかの日もあるようで、全部食べてみたければ通いましょう。笑

あまり量は多くないので、しっかり食べたいなら、きななハポンなどのパフェがお薦め。店員さんに尋ねれば、どれが「できたてきなな」を使ったメニューかおしえてくださるはずですよー。

食べある記 第二十回 

2009年08月07日(金) 19時11分
夏休み食べ歩き!ということで、誕生日祝いに、保護者氏に連れて行ってもらいました

まずは一件目。こちらはお昼目的。
烏丸三条の交差点を少し西にはいったところ。
伊右衛門サロン です!
ここは、名前の通りあのお茶の「伊右衛門」がプロデュースするカフェ。

ビルの一階で、照明は落としめ、落ち着いた雰囲気なのですが、空間が横に広いせいか、非常に開放感があります。
手前はお茶や関連商品を売っており、カフェは奥。突き当たりの窓の向こうは中庭が見えています。
禁煙、喫煙が分かれているのも嬉しいです。

さて、お昼のほうですが、私はアボカドとマグロの丼。保護者氏は真鯛のソテーのランチセット
ちなみに、ここではお水の変わりにお茶のサービスでした抹茶入り玄米冷茶。さすが伊右衛門。すっきり風味が良くて、三条通をテクテク歩いてきた身には有難い!

で、これです。どどん。
(携帯の画像そのままだとエライ大きさのようなので、縮小かけていきます。笑)

おどんぶりには柴漬けとお味噌汁がついてました
お味は、和風のマグロ丼のタレがちょっとあっさりした感じ。ご飯はふつう、not酢飯でした。上に野菜がたっぷり!みょうがが入ってたので苦手な方もいるかな?
野菜がのってるぶん、ご飯は男性には足りぐるしいかも?丼ものの宿命(笑)として、タレが下に溜まるので、お野菜部分は味が少なく感じるかも。
とはいえ、アボカドとマグロはいいですね。やっぱりおいしい

ランチが1000円と、若干高めなため、普段使いには苦しいです。(苦笑)年齢層も少し高めかな?季節柄、旅行のご夫婦みたいな方も多く、店内は一杯でした。
ちなみに混んでいるとカウンターや相席の可能性もあるのでご注意を。
お店の雰囲気はどこかの広い応接室にお呼ばれしたみたい。是非是非窓際の席ほ狙いたいところ。
インテリアもお洒落で、センスのよさが出ている感じ。

今度行くとしたら、デザートを食べてみたいですねパフェとかブラマンジェとかが気になります



そしてこの日はおやつにもう一件。私のリクエストです。
烏丸蛸薬師を東にしばらくいったところにある、楽紙館という紙の専門店(和紙とか千代紙とか一筆箋とか)を眺めた後(好きなんです、こういうの。笑)、錦市場を通って四条河原町まで歩く。

四条河原町の交差点の北東の角からすぐ、雑居ビルの四階。
和カフェ「季の音」ですこんな色の看板があがってるのが、河原町北西からよく見えます。

エレベーターで四階まで上がるとすぐ、白木のような明るい色使いの店内。丁度時期だったためか、店内の飾りには祇園祭の絵皿など。
窓からは河原町通りが見下ろせます。
この日は平日だったからか、はたまた見つけにくい穴場のせいか、人が少ない。多分2〜3組しかいなかったです。逆に、結構テーブル数は多いので、人が増えると窮屈だったりうるさく感じたりするかも。

メニューは、やはり和カフェ。女性好みのパフェやケーキ類、ケーキとパフェのセットなど、とても豊富。
なのですが。
今回はどうしても食べたかったのでかき氷に!(笑)

カキ氷もいろいろ。黒蜜きなこや、フルーツ、アイスののった「かくれんぼ」などもおいしそうでしたが、食べきる自信がないので、無難に抹茶みるくに。奥は保護者氏の頼んだゆず氷


スプーンのサイズと比べるとわかりますが、かなり大きい。笑
保護者氏は器がガラスでないのがご不満なようでしたが、器もしっかり冷えてました。
抹茶蜜もミルクも甘いので、中の白い氷と良くあわせて食べるほうが良いです。そして窓際の席は溶ける。笑

ゆず氷は柚子蜜がさっぱりしていておいしいです。ゆずピールが入ってるのもGOOD

氷自体はしゃくしゃくときめが細かかったです。おいしいけど、一個食べるのが時間との戦い。もう少し少なくてもいいかも・・・。
ちゃんとあったかいお茶を同時に出していただけるのがほんとに有難いです

全体的に若い女性向けのお店で(お茶やパフェのコースターも可愛い!)、確かに周辺の超有名店からすると多少物足りないかな・・・と思いますが、並ぶ時間、アクセスの良さ、メニューの豊富さ、などを考慮すれば十分使い勝手の良いお店だと思います。どうも全席禁煙っぽいし。

まさに見つけたもの勝ちのお店です(笑)



〜おまけ〜
家族で行った、イノダコーヒー清水店のクリームみつ豆。
じつはレモンアイスです。蜜が甘い分、レモンのさっぱりが嬉しい。


HARBSなんばパークス店での8月のケーキ、チェリーのチーズスフレ。
チェリーの甘味としっとりチーズスフレの酸味がおいしい。ちなみにカットは1/11なんで少々小さめ。



こんなかんじで甘味めぐりもつづいております

食べある記 第十九回 

2009年07月15日(水) 20時19分
うーん、また時間が空いてしまった

今回は保護者氏が見つけてきたお店。
保護者氏の誕生日祝いに行ってきました
というか、連れて行ってもらいました(笑)

いってきたお店は、ベイクドチーズケーキドットコム
烏丸蛸薬師を少し東へ入ったところにある、小さなお店です
このお店、実は百万遍の手作り市に良く出ていらっしゃるお店。気にはなっていたものの、なかなか家に買ってかえるにも・・・と思っていたところ、今回お店を教えてもらいました。

こじんまりとしたお店で、1階がテイクアウト。もしやテイクアウト専門?とおもったら、ちゃんと2階がありました。
お店の雰囲気が、なんと言うか、シルバニアファミリー。(笑)シンプルな白の机が8こほどと、窓を向いた席が5席ほど。そして、テーブルに小さなカフェノート(足跡帳)があります。みんな様々楽しんで来てるんだなあ。

平日のお昼だったのでお客さんは私たち以外おらず、ちんまりと楽しみました。
お店の形は前回のところと似てますが、ちょっと路地を入ったところなのもあり、こっぽりとした印象があります。

そして、お店の名前どおり、メニューはチーズケーキが中心。
ドリンクとセットで頼むようになっており、大体合わせて700円台です。
今回私が頼んだのがこちらー。機種変したら携帯カメラを使いこなせず、画像が暗い料理モードってなんだよーピントあわんよーしかもなんか画像おおきくないか(泣

ほんとはもっと柔らかな白っぽい店内です。シルバニアなんです。

私が手前の夏季限定レアチーズケーキとアイス抹茶。奥は保護者氏の抹茶チーズケーキと紅茶。こういうセットドリンクに抹茶って珍しくないですか?!熱いお湯で淹れて、氷をいれて冷たくしているみたいでした。

抹茶は飲み物のほうもケーキのほうも甘さ控えめでお茶の風味と苦味が良く出ています。
チーズケーキはしっとり、抹茶部分がクリームっぽい滑らかさ。
抹茶とチーズって、甘味がついてるとチーズの酸味と合わなくて、「苦いけどなんか甘くてチーズ?」みたいな感じになりがちですが、ここのものはあまりそんな感じもありませんでした。

レアチーズはお気に入り!土台がベイクドっぽくて、上がふわふわ
レアチーズはゼリーっぽいぷるぷる食感のもありますが、ここのはふわふわ、どちらかと言うとムース系。
そして、ミルクの風味が豊か。酸味が欲しい人には物足りないかな?抹茶が甘味を抑えてあるので、これくらいでも私は好きでした。ソースや飾りがあるわけでもなく、単体勝負な感じですが、ふわりしっとりおいしかったです

全体的にこぶりなので、食いしん坊には物足りない?お昼の後、烏丸を歩いてて小腹すいたね、みたいな時によさそう。
クッキーなんかの焼き菓子もあるんで、ちょっと気になる!
土日限定のチーズケーキもあるみたいですよ!

食べある記 第十八回 

2009年05月01日(金) 22時56分
ご無沙汰しています。
無事進級し、就職先も決まり、のんのん(?)と過ごしております。
論文?なにそれ。おいしい?(何

そんなこんなで、今回は保護者氏と共に北山へ。植物園へ行ってまいりました。
お花はどれもはざかい期だったんであまり見ごろのものは無かったのですが・・・遅咲きのチューリップが綺麗でしたもう少しすれば薔薇が見ごろです。

で、今回は北山駅一番出口から東に徒歩すぐのところ。
パティスリー クリアンテール(Clientele)です。
お花屋さんのすぐ横の小さなケーキ屋さん。
ここのお薦めはケーキセット(880円)。
ショーケース内のケーキと、飲み物(紅茶・コーヒー・ハーブティーから)、焼き菓子数種です。ショーケースのケーキは各種類丁寧な説明つき。

保護者氏と共になやんで注文。
こんなかんじになりました。


手前が私。ハーブティーと、レモン・レアチーズムースのケーキを頼みました。
ハーブティーはベリーの香りがしました。ハイビスカスとミントも入ってるかな?くて綺麗
ケーキも、爽やかな酸味が重くならなくておいしい。下の台の部分のグラハムクラッカーがアクセントになって食感も飽きません。散々歩いた後だったんでもう少し甘味があってもうれしかったかなあ・・・。
一緒についてた焼き菓子は、お皿によって違う様子。私のは、メープルフィナンシェ・ガトーショコラ・棒マカロンでした。こちらは特にガトーショコラがしっとりとおいしかった!

保護者氏はパリブレスト紅茶のセット。焼き菓子はクッキー・タルト・パウンドケーキのようでした。パリブレストは思ったよりふわふわの生地。チョコクリームと共にフルーツが挟んであり、オレンジピールの味がよくあってました。若干食べにくいのはご愛嬌(笑)

ここは、一階で注文・前払いで、二階の席に運んでもらう、というパターン。席数は4席×7テーブルほどで、広めのロフトのような雰囲気。ゆっくりくつろぐことが出来ますが、大人数だと多少窮屈かも?
あと、二階への階段がかなり急でちょっと怖かったです。笑

お昼のティータイムには、結構量があって、ドリンクの量も多めなので満足できると思います駅から少し見えにくい位置にあるため、意外と穴場かもしれないですね。

食べある記 第十七回 

2009年02月05日(木) 22時51分
遅くなりましたが、今年もちびちび更新していきますー

今回は、保護者氏と「甘いものを食べる」ためだけの食べ歩き。笑

まずはお昼にsunshine cafeに行ってまいりました
以前サークルの後輩につれて行ってもらったことはあるのですが、いつもだったので、日の高いうちに来るのは今回が初めてでした。
三条商店街の、三条と新京極の交差点あたり、ビルの5階。隠れ家的で、確かに知ってる人でないと見つけにくい。エレベーターであがって戸が開くと、もうそこがお店。
商店街の屋根を突き抜けて、明るい日差しがよい感じです

食べ物もオーガニックもので、季節のものをおいしく、という感じ。
まずはこの日はランチ。ランチのサイズは三種類から選べます。ちなみに写真は一番小さいサイズで、ドリンク付きで800円しなかったはず。


この日は、
菜の花ご飯
鳥と野菜(芽キャベツ・パプリカなど)のトマト煮
ブロッコリー
大根(蕪?)のグリーンソース
オレンジ
でした。お野菜いっぱいハーブ系の味が苦手な人はちょっと食べにくいかな?
トマト煮がごろごろしてておいしかったです、あまり調味料のしつこさが無くて。芽キャベツが甘くてgood

そして、保護者氏がもうスタンバイモードだったので(笑)ここで一回目の甘いもの。

奥が保護者氏の頼んだ「豆乳とイチゴのケーキ」、手前が私の頼んだ「クリームチーズバナナケーキ」。
ここのケーキは手作りの焼きケーキ。いつも大体4種類が並びます。480円前後で、結構密度がある。(笑)
クリームやドライフルーツでふんだんに飾られてますが、こってりした甘さは無いです。パウンドケーキに近い感覚で、やや固めの素朴なもの。
豆乳イチゴのほうがあっさりしてたかな。大きいくていつも苦労するくせについつい頼んでしまう表面のよい色に焼けたところが香ばしくて美味しいんだこれが

ここに来るともう一つ、ランチに込みで頼めるのですが、オーガニックハーブティーが美味しいのです。
お店独自のブレンドをしていて、女性向けのお茶が多いのも特徴、私はこの日は「ウーマンズブリュー」(ラズベリーなどのブレンド)を頼みました。ちょっとスパイシーでケーキにもよい感じ。

初めてならばカモミールの入ったものが甘味があって飲みやすいです(勿論お砂糖もつけてもらえますが、やはりストレートで風味を楽しみたい
ケーキに合わせて選ぶのも楽しいし、挿し湯もしていただけます。
こうやって、テーブルにおいて陽が当たるだけでもちょっと絵になる感じでしょう?

お昼12時〜23時ごろまで開いているのに、辿り着きにくい場所なので、じつは結構のんびり使えてお気に入りのお店です
お店自体も、中に滝があったり(!)、テーブルにちょっとコインやハーブなどのアクセントが飾ってあったり、手書きのメニューだったり、京都のざわざわを外れた柔らかな空間が居心地よいです。禁煙、喫煙分けてあるのもお茶を楽しみたい人に優しい。
ぜひ晴れた日のお茶に、一人で、もしくは少人数でゆっくり行きたいお店です。




そしてこの日もう一件、「手作りケーキの素朴な甘さ」と対象的なお店に行ってきました
四条河原町のHoneyBeeです。
色鮮やかにたっぷり飾ったボリュームのあるワッフル!
これもまた楽しいお茶の時間ですよね
ちょっと歩いてお腹をこなして(笑)、いざお店へ。
白・アイボリー系に黄色、という可愛らしい感じの店内はほぼ満席の人気。
席を取ったら自分で注文に行きます。

今回は冬期限定の「柚子と林檎のワッフル」にしました。(←限定物に弱い)
限定物ばっかり追ってるとスタンダードを食べる機会が無いのが問題です(笑)
さてさて、ワッフルは。

うふ〜このボリュームですよ
では、解剖!

こんな感じ。
ほんのり柚子の香りがして、お店の名前どおりハチミツたっぷり。ワッフルは焼きたてサクサク、中がふんわりで、アイスがちょっと溶けてよい感じ。
あれもこれも食べたい欲ばりさんや腹ペコさんにはおススメですね。
これぞ甘味!
保護者氏が食べてた抹茶ワッフルも、濃いお茶のカステラとか載ってておいしそうでした。

京都駅にもお店があるみたいですね。若い女性が多い感じで、お店も賑やかでした。

この日は胃袋が二件で限界。(笑)
どちらもボリュームのあるお店でした。
賑やかなお店も、穏やかなお店もそれぞれ魅力的ですね。
どちらも歩いていける距離で楽しめるのが、やっぱり京都の魅力だなあ

食べある記 第十六回 

2008年12月26日(金) 23時52分
今回は今年食べ納め、ということで、北野天満宮のしまい天神へ。
雨ということもあり、人出がまあまあ少なめ。参道は屋台でみっちりだし、天満宮の周りはフリマがぎっしり。
いやあ、楽しかったです。保護者氏と射的に初挑戦したり。(戦果はサイコロキャラメル一個(笑)
参道の色々な食べ物も良かったけれど、やはり食べねば。

ということで、今回は北野のMONICAです。ちょっと奥まったとこにある北野店のほう。今出川通り沿いの今出川店はテイクアウト専用店なのです。
はいってみると、天神さんのせいかお店はいっぱい。一応10分ほど待つと座れました。
テーブル席が4テーブルほどとカウンター席。小さいお店で、入り口から奥に長いです。ダークブラウン系の、少し薄暗い感じの店内でした。どうも白黒ぶちのわんこがお店のキャラクターロゴのよう。

今回はこのケーキ。
保護者氏が奥のイチゴタルト、私が手前のプリンタルト。バニラソースがかかって、ヒイラギのかざりがついて、クリスマス風
イチゴタルトはたしかにいちごがたっぷり。割と酸味があっていちごがしっかりしており、カスタードは控えめ。懐かしい味でした。
プリンタルトは、カスタードクリームを固めたようなのに、何故かかぼちゃとサツマイモが入っていた?そういうものなのか?
お味はあまりこってりせず、おいしかったです。あまさ控えめなかんじ。
なぜプリンに野菜が入るのかは不明。(笑)
タルト生地がかなり堅くて一口大に割るのに苦労しましたが(笑)手作りの素朴なケーキ、という感じでした。

もう少しゆっくりできるときにのんびり食べたいなあ。
半熟チーズケーキとか、チーズケーキ系がおいしそうでした。
そして、今回なかったシュークリームが気になる。

天神さんから近いから、お参りした後とかにも気軽に寄れますね

食べある記 第十五回 

2008年12月10日(水) 22時11分
このお休みに下鴨神社に行ってきました〜
今年は、12月だというのにまだまだ紅葉が見ごろだったので紅葉狩りですまさかこんな時期に綺麗な紅葉を見られるとは思わなかった(笑)

そして、そのときに、下鴨といえば・・・・

はい。


そう、みたらし団子〜
あったかくて、香ばしくて、たれはそこまで甘すぎなくて・・・至福
下鴨神社から少し北へ行った「加茂みたらし茶屋」ってとこでした。ここがみたらし発祥地。
お店自体はとても小さいのですが、持ち帰りもありなので、入れ替わり立ち替わり、沢山の人がきていました。
ちなみに、お団子が一つ離れているのは、それを頭に見立てて、お団子をヒトガタにみなしているからだそうで。もともとは厄払いのお菓子だったんですね。
お茶屋さんには他にもあんみつやお雑煮(!)などのメニューがありました。それも気になる・・・。


その後、御所なども巡ってお昼、(またもや)三条御幸町のお店に行ってきました。
mumokuteki cafeです。
元々はdevice cafeという名前だったようですが、改装したのかな?三条御幸町を半分強ほど下った左手のビルです。一度通り過ぎてしまい、保護者氏と引き返した(笑)ちなみに一階はナチュラルな感じの雑貨屋さんですよ〜。

二階のカフェは階段上がってすぐ、ドアも何もなしにお店。通りに面してガラス張りなせいか、開放的な感じでした。ちゃんと喫煙、禁煙わけてあるのもGOOD
禁煙席の、一段高くなったソファ席を使いました。ソファがふかふかしててすわり心地抜群、長居したくなる(笑)

さて、ご飯ですが、ここはお肉を一切使わない、有機野菜専門のカフェで、ドリンクもハーブティーや野菜ジュース、デザートも豆乳、かぼちゃなど体に優しいカフェでした。
そして周りの席の人全員が頼んでいた(笑)ランチを頼む。(850円)



ご飯、お汁、メイン、副菜2つと漬物、トマト。結構ボリュームがありました。
ご飯は雑穀、麦、ハーフから選べて、お替り自由。保護者氏は当然のごとく二杯ぺロリでしたが。(笑)

この日はメインはグルテンフライ、副菜は野菜のカレー風味と、蕪と大根の煮物でした。
副菜に関してはもう少し温かいか冷たいかはっきりしてくれると良かったかなあ・・・味が良いだけに。煮物はもう少し柔らかくてもいいかも。
グルテンフライはどんなもんかと思ってたら、おいしかったです味のあっさりしたメンチカツのような感じ。言われなきゃお肉不使用とは思わない、きっと。
実際保護者氏は私が言うまでずっと「マグロフライ」だと思っていたらしい(笑)

あと、ここの目玉(?)は、真ん中の赤いの。「ハニートマト」です。
ハニートマトというのでこってり甘いのかと思ったらあまりそうでもなかった。上に振った胡椒がアクセントになって、甘いような酸味のあるような不思議な味。オリーブオイルみたいなのも使ってるのかなあ?
なんかつい、「あ、もう一個、」って思ってしまう味でした。洋酒に添えて食べても良さそうな。
トマト特有の青臭さがあまりなく、トマト苦手らしい保護者氏もすんなり食べられたみたいでした。
湯むきプチトマト+はちみつ+何かのオイル+胡椒・・・?謎は深まる。誰かレシピを解明プリーズ。


店内は女性客やカップルが多い様子で、隣の人たちも「おいしかったね〜」って言ってるのが聞こえました。
一人でも気軽に入れそうで、できればあわただしくない晴れた午後がおススメ。

料理も、野菜使ってます!!!っていうより、おいしいものを目指したらこうなった、っていうような自然な野菜食でした。お腹は一杯になるけど胃にもたれない食事。あまりこってりした味付けではないので、ゆっくり食べると一つ一つの野菜の味が良くわかります。
今度はデザートとハーブティーも楽しんでみたいなあ。喉に良いマロウティーがメニューにあったので。





そうそう、コメントで以前に貰った情報によると、梅田のcocorico、閉店らしいですね・・・・あんなに人気だったのに。
・・・・・いっそ心斎橋に(何
おいしいお店が減ってしまうのは残念だなあ。又開拓しなければなあ。

食べある記 第十四回 

2008年10月08日(水) 22時28分
今回はいくつか情報仕入れた中から一件、行ってきました
またもやカフェ激戦区、三条周辺。
sugaryでも良かったのですが、ランチの量が少なめだと聞いたので腹ペコモードではだめだろう、と(笑)

で、行ってきたのはCafe Reims。これで「カフェ・ランス」って読みます。
地図にマークしていったんですが、まず私は地図が読めない。その上住所と合わせて考えるに、そもそもマーク箇所が間違っている
結局、通りの名前だけ主張して保護者氏が連れて行ってくれました(笑)。感謝。
私にはじめて行くとこ任せるとえらいことになるという教訓です(何

お店は三条御幸町付近。ラジオカフェやアンデパンダンのあるあたりです。
中はちょっと照明を落し気味ですが通りに面してガラス張りなんであまり息苦しい印象はありませんでした。おくにはソファ席とかもあるみたい。
お店で席を確保したら、カウンターに自分で注文に行きます。前払いで、番号札を貰って席においておくと後で店員さんが持って来てくれる仕組み。

ランチやパスタセットなどとともに、ケーキやドリンクも色々。ランチは量的にはレディースくらいかな?でもおかずが数種楽しめて550円はちょっと得した気分
とりあえず、気になった飲み物とランチを頼む。
先にドリンクが来ました。



・・・でかくね?アイスキャラメルカスタードミルク。上にバニラアイス乗っかってます。予想外の質量(笑)甘いです。プリンシェーキみたいな感じ。
やっぱりご飯の時はアイスティーとかにしとくほうがいいかもね。でも疲れは取れるよこれ!
個人的には好きな味でした。全て食べ終わった後にまだ飲みきれてなかった(笑)

で、これがメインのランスプレート

この日はサラダとミニサラダスパゲティ、鳥のから揚げ・肉味噌ポテト・さわらの和風焼き。
おかずがどれも濃い味なんでご飯が進む。いろんなおかずがちょっとずつ楽しめるのがいいですね。
おかずは日替わりみたいなんでちょっとワクワク感もあるし
ちなみに保護者氏は野菜クリームのパスタセット(バゲット・サラダ・ドリンク付き)でした。

で、この後、「・・・・甘いものは別腹。」
ケーキ食べました。ここはケーキも300〜でお手ごろ。ケースにはタルト系が色々並んでました。
で、私が頼んだのはこれ。


かぼちゃのタルトです上は半分くらい生クリームなんだけど、あまり甘すぎず口当たりが軽いので思ったよりペロッと食べられました。かぼちゃ部分はねっとりと濃くて味がしっかりしてる。
タルト台まで含めてびっくりするほど柔らかくて、力を入れずに切って(すくって?)食べられました。
ちなみに奥は保護者氏のストロベリーチーズクラフティ。チーズケーキタルトの上にクラフティを乗っけた感じでした。

リーズナブルで、デザートまで含めたら十分満足できるお店でした三条駅から少し遠いのがネックだなあ・・・もしかしたら京都市役所前とかのほうが近い?女性客・お一人様率がちょっと高めでした。気軽に入れるお店だと思います。
ただし、喫煙禁煙を分けている様子が無く、実際すぐそばの席で煙草吸ってる方もいたので、煙草苦手な方は要注意です

食べ歩…いてないけど。 

2008年09月01日(月) 16時18分
昨日友達と夕食に行ってきたんですが、そこで食べたデザートがおいしかったんで

ちゃんと。」って居酒屋さんでした。デザートは幾つかあったんだけど、割とお腹いっぱいだしラム酒のやつは苦手だし、ってことで、みんな「プリンとエスプレッソアイス」にしました。

エスプレッソアイスっていうからアフォガード的な何かを想像してたら、違った(笑)本当にこいコーヒー味のアイスでした。

プリンがちょっと固め。カラメルじゃなかった…?上に蜂蜜?みたいなソースがかかってた。違うかも。(何コーヒーアイスの苦味とプリン・ソースの甘味でバランスが取れておいしかったです

友達から京都のカフェ情報を聞いたので、次は是非いつかその「sugery」とやらに行ってみたいです。
あれですね、ビルの二階以上って地面歩いてると目につきにくいからなかなか知らないままになっちゃうんだよね〜。
ちゃれんじ。(`・ω・´)



そういえば京阪京橋駅の中央改札抜けて右手に、この間までカレーパン屋だったとこがcocoricoのパイ・クレープテイクアウト店になってるようなんですが…。品数も少なそうだし、かなり小さい売店状態のお店だけど、本当にcocoricoならおいしいはず…。

きになる。

食べある記 大阪編 

2008年08月19日(火) 20時03分
今回はこの間友人と行ってきた阪急三番街のお店です
友人のおススメで行ってきた、お洒落なカフェ。cocoricoというところです。

何食べるか散々迷って、結局あたしはチェリーのクラフティにしました。飲み物はキャラメルティー。
タルトの中にカスタードっぽい生地、そのところどころにさくらんぼ、という見た目に可愛いタルトでした。チェリーの酸味が良く、青臭みがあまりなくて、チェリーがそんなに好きでないあたしもなかなかおいしく食べられました。別に砂糖漬けとかにしてある感じは無かったし、そのまま焼いてあるんだろうけれど・・・これは美味しかったカスタード生地の甘味と良く合っています。
友人はチョコアイスケーキ(ここアイスケーキもあるんです!)・モンブランフルーツタルトなどいろいろ。じつはみんな食べたかったイチゴタルトにブリュレの乗ったのがあったんですが、1:30オーダー開始、サーブは2時を過ぎるという時間限定だったので断念。今度挑戦しようね、ということに。

後、美味しそうだったのがアフタヌーンティーセット。ちゃんと英国式のサーブをしてもらえます。サンドイッチと、スコーンと、紅茶。お腹が空いてるときだったらこれにしたのに・・・(笑)

あと、ここのおススメは紅茶。是非紅茶にしましょ。といってもいろいろ種類があって迷うのですが・・・。あたしはキャラメルティーで正解。キャラメルの風味がふんわり香って、何も入れなくても飲めます。ポットサーブなんで二杯目はミルク、とかいう楽しみ方もできます。しかもお湯挿しをしてくれるらしい!素敵。ちなみにポットサーブなんで、三分砂時計をつけてサーブしてもらえます。本格的。

そして、友人がアイスティーにしてたんですが(こちらは流石にグラスサーブですが)、アイスティーでは、

店員さんの神業が見られます。(笑)

みなさんあれが出来るのか・・・凄いです。
見たい方は是非、頼んでください。まさかの展開でびっくりした

お店は阪急三番街なんで賑やかなところですが、店内は籐椅子や丸テーブルなど、壁の席でも小花柄のシートだったりと上品なイギリス家庭のような雰囲気。席もゆったり取ってあるのでくつろげます。籐椅子のクッションが気持ちよかった(笑)
店内は家族連れ、あたしらみたいな友人同士、仕事の合間(?)の人など、男女様々でしたが、居心地いいので一回席につくと皆さんなかなか立ちません。(笑)3時ごろには一杯なんで、並びたくないなら早めに行くのが吉。
ただし、1:30オーダー開始の商品もいくつかあるのでお気をつけて・・・大体ケーキと紅茶頼むと1000円前後になるかな?もちろん単品でも大丈夫ですが。

心斎橋にも支店があるらしいですよー。






おまけー。
この間三条のからふね屋に又行ってきました。今度はちゃんとパフェ(笑)
メニュー見るのに一苦労、100種類以上は裕にあります。見てるうちにあたまぐるぐるしてくる(笑)
結局悩みに悩んでおとうふきな粉のパフェにしました。和風なんでそこまでしつこい甘さでなくて美味しかったです
ソフトクリームにお豆腐を混ぜ込んであるそうで、柔らかな甘さ。白玉団子も入ってました。
何より種類が豊富なんで、何回行っても飽きなさそう!大きさもおやつに丁度いい感じです。

保護者氏はチョコバナナクリームチーズ?を食べていたようですが、あたしの頼んだのがサーブが遅かったので、あたしが食べ始めた時には既に食べ終わってましたとさ(笑)









蛍 鮮やかに心を焦がせ
強く弱く光って踊れ
全てのときは一瞬だと
貴方は答えてくれたひと
貴方は教えてくれたひと
(蛍/鬼束ちひろ)