ピエール・ブロン『魚類の性質と多様性』

2006年02月15日(水) 22時12分


"La nature et diversite des poissons" Pierre Belon, 1555 より

La nature et diversite des poissons

フランスの博物学者ピエール・ブロンの主著のひとつ。書誌学者として有名なコンラッド・ゲスナーと親交があったのですが、安楽椅子派っぽいゲスナーに対し、この方は調査旅行にたびたび出かけた行動派で、比較形態学の先駆者でもあるのだそうです。

ゲスナーの「動物誌」の版画と雰囲気がとても似てますね。同じ職人が彫ったと何かで読んだ気がするけどちゃんと思い出せません。それにしてもいい絵だなー。
  • URL:http://yaplog.jp/seaeels/archive/72
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。