伊藤圭介文庫

2006年04月02日(日) 22時09分


伊藤圭介文庫

伊藤圭介は江戸時代末期から明治時代にかけて活動した尾張藩出身の学者さんです。蘭方医学と本草学を修めた後、長崎でシーボルトに弟子入りして西洋の植物学を学びます。明治以降は植物学に専念して、八十歳近い齢で日本最初の帝国大学の教授に就任したそうです。

彼の手稿を集めた伊藤圭介文庫は植物学関係の資料を中心としながら、本草学を学んだ人だけあって動物に関する資料もかなり豊富に備えています。魚譜から興味深いところを何点か紹介しますね。

まず最初に貼ったのはシャチホコ。名古屋名物シャチホコです。動物編には本人が実際に目にしたものばかりでなく、こういう他の文献から写されたものが目立ちます。


やはり他の文献から引かれた正体不明のさかな(なんだろうカジカのなかま?)。シャチホコは名前があるだけましだよね。


開きになってる魚の干物の図。なんでこんなものが・・・?



人魚の絵を二点。べっこの資料の写しだからこんなに絵が違うのかな。

図譜を見るには伊藤圭介文庫一覧ってとこをクリックして下さい。バナーがついてる電子展示ってとこは404なので。
検索でなにか探したい場合は電子コレクションのページに入るとよいです。
  • URL:http://yaplog.jp/seaeels/archive/112
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。