いまさらながら休止のおしらせ 

2011年12月13日(火) 11時42分
もはや更新のチェックをしている方はいないと思いつつ。

諸事情あったりなかったりした結果ブログを放置して、早三年が経ちました。最近ようやく能動的なネット活動を再開する気になったのですが、以前のような日替わりネタを出す余裕はなさそうなので、こちらは正式に休止します。

水族館の写真とか。(仮)
http://sakanaphoto.blog.fc2.com/


今は魚写真を気楽に貼るこんなのをやっています。アームチェア・アクアリウムをご愛顧いただけた方々の嗜好とは違う方向のブログになりますけど、気が向いたら覗きに来てみて下さい。

人文系な魚活動そのものは変わらず大好きなので、いずれ準備が整えば、とは思っているんですけどね。でも見通しがちょっと。

Elodie Van Ruymbeke 

2008年12月24日(水) 6時23分

The Pirate's Gospel

movezerb - childish illustration

メリークリスマスってことで。ベルギーのイラストレーターです。

Katie Jeanne Reim 

2008年12月23日(火) 20時40分

Summer

Katie Jeanne Reim

アメリカのイラストレーター。

Chris Berens 

2008年12月23日(火) 20時27分

Delicate (2007)


The Wind Blows West (2008)

Chris Berens

シアトルに行ける方がウチ見てるかどうか知らないけど、現在 Roq La Rue Gallery (リンク)で個展開催中だそうです。

Quang Hong 

2008年12月16日(火) 23時27分



Lotus Keep Gallery

ベトナム生まれでアメリカ在住のアーティスト。

Marieloes Reek 

2008年12月16日(火) 23時20分

De kus (2005-2006)


Een is genoeg (2007)

Marieloes Reek

まえにも載せたことがあるオランダの画家。ホームページできてました。

日高川絵巻 

2008年12月14日(日) 9時34分




『日高川絵巻』 より

道成寺之絵

早稲田大学所蔵の『日高川絵巻』です。ここのは蛇身の清姫が可愛くてお気に入り。この伝説のあらすじは日文研の『道成寺縁起絵巻』を紹介した際に述べているので、まずはそちらからご覧下さいませ。(過去記事にリンク

今回は別の話をします。えーと、安珍・清姫の伝説の類話で最も有名なのは、『古事記』にみられる本牟智和気王(ほむちわけのおおきみ)と肥長比売(ひながひめ)のエピソードなのではないかと思います。

「垂仁天皇(すいにんてんのう)の皇子・本牟智和気は大人になっても言葉を一言も発することがありませんでした。ある時天皇の夢に出雲の大神が現れて『私の宮を修理したら皇子は喋れるようになるよ』と告げます。そこで天皇は本牟智和気を出雲に遣わすことに決めました。
本牟智和気はお供を連れて出雲に向かい、大神の宮を参詣しました。そして一休みするため川の中に仮宮を建て、国の長の接待を受けます。その席で本牟智和気はいきなりぺらぺら喋り出し、供の者は大変喜びました。
その夜本牟智和気は長の娘・肥長比売と過ごすことになります。しかしこっそり覗いて娘の正体が蛇であるのを知り、恐ろしくなって船で逃げ出しました。悲しんだ肥長比売は海原を光で照らしながら本牟智和気たちを追いますが、これを見てますます恐れた彼らは船を海から引き上げ、自分たちの国へ一目散に逃げ帰ったのです。」

こんな話。記憶に自信なかったのでここのテキスト(リンク)見ながらまとめました。中巻にあるエピソードです。

この蛇との婚姻譚と安珍・清姫の伝説にどんな因縁があるのかは定かでありません。ただ道成寺の縁起でこんなのがあったりします。

「日高の漁村に髪のまったく生えない娘がおりました。ある時海に光るものが現れて不漁が続き、娘の母が海底を探ると観音像が沈んでいました。これを引き上げて毎日拝んでいると娘に髪が生え、やがて髪長姫(かみながひめ)と呼ばれる美しい娘に成長しました。髪長姫は藤原不比等の養女宮子として入内し、文武天皇の后となります。観音像と両親とを村に残してきたのを気に病む彼女のために、天皇は道成寺の建立を命じました。」(道成寺の公式ホームページにリンク

口の利けない皇子と髪の生えない娘、それに肥長比売と髪長姫、などなど。・・・このへんの符合が偶然なのかどうか判断できるだけの知識を、残念ながら私は持ち合わせていません。でもなんかありそうだよねー。あると面白いなー。何もなくてもまあいいけど。(どっちよ)

あまりだらだら書き続けるのもあれなので、ネタを放り出すだけで今回の話はおしまいです。むしろ私が教えてほしいかも、こういうの詳しい人に。

Giuliano Sale 

2008年12月12日(金) 23時21分

Whaleless Milk

MySpace.com - GIULIANO SALE - 31 - Male - Milano, IT - www.myspace.com/giulianosale

Whaleless (リンク)というクジラの保護を訴えるアートプロジェクトのサイトで知ったイタリアの画家です。画家本人のページにある作品の画像はポスター仕立てになっているので、上に貼った画像もそちらのページから拝借しました。

どうでもいいけど MySpace って私あまり好きじゃないです。日本語環境で開くと中途半端な日本語で表示されて気持ち悪いから。

アニュウリズム 

2008年12月12日(金) 23時15分


シカクイハコ

絵の一枚一枚に添えられた短いコメントをみていると、力が抜けてへにゃへにゃに和みます。

新たなる航海の達成 

2008年12月12日(金) 0時21分




"Nova Typis Transacta Navigatio" (Caspar Plautius, 1621)

Biblioteca Digital de Obras Raras e Especiais

オーストリアのイエズス会士カスパー・プラウティウスが記した『新たなる航海の達成』の図版。ローマ法王の命を受けた宣教師たちが野蛮なインディオたちの激しい抵抗に遭いつつもキリスト教を布教し、新世界を神の光で満たすという内容です。

そんな本になぜかクジラが描かれています。クジラの背中に船で乗りつけた修道士たちが祭壇を建ててお祈りしてるね。これはなにかっていうと聖ブレンダンの伝説をモチーフとした挿絵です。聖ブレンダンは五世紀から六世紀にかけてのアイルランドに実在した修道院長で、小舟で島をめぐって修道院をいくつも建てたとされます。その彼の伝説に大きな魚ジャスコニウスに乗せられて約束の地に到達したというのがありまして。『新たなる航海の達成』の著者プラウティウスは新世界への航海とキリスト教の布教を、この聖ブレンダンの伝説になぞらえたってわけ。

聖ブレンダンについては以前述べたことがあるので、知りたい方はそちらに。(過去記事にリンク) あ、でもこの記事って記事内でリンクした「聖ブレンダンの航海」というサイトの要約でしかないから、最初からそこ見てもらうほうがいいか。(リンク) とても興味深いサイトです。
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31