ウェダー(ウェーダー)の種類
2013.12.22 [Sun] 10:35

おかっぱりからシーバスを狙う場合、ウェーディングをしない限り、
ウェダー(ウェーダー)を使用することはないですよね。

私も、ほとんどウェーダーを使用することがなかったのですが、
この時季、セールをやっているので、いろんなサイトを調べていたところ、
丁度良さそうなウェダーを発見!!

私の場合、ウェーディングはしないですが、
サーフでシーバスやヒラメを狙う時があるので、
その時に、ウェダーを使用するので、何か良いウェダーは、無いかな?と、
探していたところ、ネオプレンタイプのウェダーが、
なかなかお買い得だったわけです。

私と同じように、サーフにてウェダーを使用するアングラーにとっては、
ネオプレンタイプのウェダーがお買い得ですよ。

参考サイト

ウェダーならネオプレンウェダーがお奨め

この1本があれば、大抵のフィールドはカバーできます
2012.04.14 [Sat] 19:42

シーバス釣りにおいて、タックルの選択は釣果を左右する大事なポイントです。
ロッド、リール、ルアー、ライン、この4つのバランスが整って、
はじめて飛距離が伸びますし、シーバスとのファイトを安心して行うことができます。

フィールドによって、タックルのバランスを替える事ができるくらい、
いくつもタックルを持っているにこしたことはないのですが、
タックル一式をそろえるとなると、結構なお金がかかります。

できることなら、どのフィールドでもある程度対応ができる、
オールマイティなロッドやリールがほしいところです。

特にロッドに関しては、ある程度どのフィールドでも対応ができる
ロッドを選択したほうが、楽です。

そこで、おすすめなロッドが、
シマノから出ている「ディアルーナ」です。

シマノディアルーナはシーバス釣り専用として
設計されたロッドですので、対応力に優れています。

そして、コスパフォーマンスも良いです。

私はディアルーナのS1006Mを使っていますが、
とっても軽く、長いわりに取り回しは楽です。

このサイトでディアルーナに関する詳しい情報が載っていますので、
参考にして見て下さい。

シーバス釣り入門講座