震災の記録2

June 06 [Mon], 2011, 15:00
夫と連絡が取れたのが3/11の19:30ごろ。

迎えをひたすら待つこと1時間以上。

普段なら20分くらいで来れる道も信号はどこも止まり幹線道路なども大渋滞だったとか…もちろん街灯もない真っ暗なところを陥没、冠水したところをよけながらの運転。

携帯や懐中電灯の明かりしかない薄暗い小学校の廊下を探しに来てくれた夫に会えたのは21:30近くでした。

店長をご自宅に送り、私と同じく何も持たずに避難したFちゃんは自宅にも帰れないので、今日はこのまま我が家で泊まってもらうことに。
ご家族とも連絡を取れないなか、Fちゃんが一番不安な夜を過ごすことが本当に申し訳なかったです。

帰宅途中の車の中で聞いたニュースがあまりにショッキングで、この惨事の甚大さがのしかかってきました。
「仙台市若林区の荒浜海岸に200〜300人の遺体が見つかった。」と。

この日は余震もずーっと続いていたので、ロウソクを灯して、フローリングだけど、リビングに布団を敷いてみんなで就寝。
何がどうなっているのか情報を得られる状況ではなく、もしかしたら実家の家族はもう…と思うと胸がつぶれそうな夜でした。

ライフラインが断たれたままの翌朝、冷蔵庫の中のものや炊飯器の残りご飯で朝食を済ませ、まず食糧とガソリンを調達しようと始動。
誰もが考えることは同じで、まず生協へ。早めに並んだので待ち時間はそれほどありませんでしたが、その後、ぞくぞくと列ができこの非常事態をひしひしと感じました。
この時はまだ序の口でしたが…

生協は店頭で一人何品と決まっていたので、列が進むのが早かった。でも、これだけの食糧じゃ足りない…
マックスバリューへ行ってみました。
すでに長蛇の列でしたが、他に行っても同じことと思い、頑張って並びました。
全然進まない列に夫とFちゃんと子ども達と交代で並びながら、なんと6時間の長丁場の末、品数限定がなかったので、トレットペーパーや保存食など、だいぶ買い込みました。
少しひと安心。

ガソリンスタンドはこれ以上並ぶのは体力的に無理と考え、とりあえず持ち越し。
明るいうちに職場へ行き、バッグが無事か車はどうなっているか見に行くことに。

土曜日なのに、車の走行がまばら。
道路は地割れや段差ができていて、ひどいところはマンホールが突出。
仙台港方面に車を走らせると、石油コンビナートの火災が遠くからでも分かるほど、もくもくと大きな灰色の雲のように広がっていました。

近づくにつれ、ここまで津波がきたんだ…という水の跡が。
そして、産業道路の光景に呆然。
車が3台積み重なっていたり、高架橋の柱に押しつぶされているもの、ひっくり返っているものも。

避難して何分後にこんなことに…と思いを巡らせると、「大津波」という意味がやっと自分の概念に入ってきたのでした。


↑観覧車の後ろのモクモクが火災の煙です。

…つづく



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sea
  • アイコン画像 現住所:宮城県
読者になる
小学生と幼稚園児の二児の子育て中。週に半分ほどお仕事してます。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/sea_breeze229/index1_0.rdf
P R
最新コメント
アイコン画像sea
» 記憶より記録。 (2011年06月06日)
アイコン画像あや
» 記憶より記録。 (2011年06月02日)
アイコン画像sea
» 近況! (2009年07月19日)
アイコン画像あや
» 近況! (2009年07月15日)
アイコン画像sea
» 親子遠足。 (2009年05月24日)
アイコン画像あや
» 親子遠足。 (2009年05月19日)
アイコン画像sea
» 年度末。 (2009年04月08日)
アイコン画像あや
» 年度末。 (2009年04月04日)
アイコン画像sea
» インフルエンザ襲来。 (2009年02月19日)
アイコン画像あや
» インフルエンザ襲来。 (2009年02月16日)