クローズド・ノート 

2007年10月01日(月) 21時17分
「エリカ様」が試写会を騒がせていたが・・・。

さておき、「クローズド・ノート」を見てきました。
なんだかんだ言われている沢尻エリカだけれど顔は整ってますね。
竹内結子もマスマスキレイになったと思う。

1冊の日記からの始まったストーリ。
万年筆で日記を書くっていうのが素敵だな。
あたしだったら、日記であんなに美しい文章が書けない

文章にしてみれば悲観的になる(笑)
ってもの問題であり・・・それがストレス解消法であり。
「書いて忘れる」みたいな・・・
だから日記は悲しいときにしか開かないのよねアハハ(^Д^#)。o○(ヽ(゚Д゚#)ノバカヤロー )

期待し過ぎたのか・・・ストーリが淡々としていてイマイチグッとくるものがなかったな


Life 天国で君に逢えたら 

2007年09月27日(木) 20時56分
大沢たかおさんが・・・大好きである!

出演する映画の役がいいばかりか・・・カッコイイ大沢たかおしか知りません。

「世界の中心で・・・」「眉山」・・・

今回は「Life 天国で君に逢えたら」をみました。

 最後に死んでしまうというストーリ自体が・・・

 涙なしでは見れないんですよ。
 
でも久々にココロあたたまる話でした。

この結婚式のシーンが大好きです。

テーマは「家族」でしょう。
プロのウィンドサーファーですが、海から上がれば一人の人間であり、
旦那さんであり、パパでもある。

病気になり、たくさんのことが見えてきたといいます。

映画を見てから、原作である飯島夏樹さんの「ガンに生かされて」を読んでみた。

映画は飯島夏樹さんのストーリを追っていますが、
本は飯島夏樹さんの人柄と心情がとってもよくわかります。

死を目前にしてこんなにも強く生きれるだろうか・・・。
奥さんである寛子さんも強いんですよね。

読んでても・・ツライですね。

自宅療養を選択して、子ども達の側で最後まで生きた。
これは子ども達にとって何よりもの大きな何かになったと思う。

受け入れられない現実ってありますよね。
でも、現実とそれに向かう勇気とか強さ・・・それ以上のものがあったと思う。

闘病中に書いたといわれる「天国で君に逢えたら」もなかなかですよ。
ガンセンターで体験したであろうことが形を変えストーリでつづられています。

何より、映画では桑田圭祐の「風の詩を聴かせて」の音楽が耳から離れません。

右から左へ流して・・・ね。 

2007年09月26日(水) 20時25分
今日がまんまぁーるお月様である。
風がなくて・・・雲もない。
穏やかな夜だから、月が映えるね。

いつも趣味のカケッコをするのは仕事帰り。
最近日が暮れるのも早くなったぁあああ( ´Д`)

で・・・月の明るさによって
世の中の見え方って違うんだよね。

満月からだんだん月が欠けていって
月食となって真っ暗な夜があるじゃーないっすか。
これが、本当に暗いの。
闇って人間を不安にさせるよねー。

「虫の世界を人間がのぞいているように、人間の世界も
それより大きな誰かにのぞかれているかもしれないんですよ。」


こんなことを言った人がいた( ̄□ ̄;)ナント!!

しかも・・・この一言を一瞬でも信じた自分がいた。

で・・・話は幼稚になるんだけどさぁ〜
この真ん丸い月をみているとビーチバレーボールの
空気を入れるツマミに見えてきて・・・

その宇宙の誰かが栓を抜いたら
地球はみるみるうちにしぼんでしまうのかな(*´・ω・)

・・・とか思ってしまう。

そして、たちまち吸引力で引っ張られてとここからはアニメの世界。

こんなどーでもいい話が好きで・・・話すと・・・右から左へと流されそうだから・・・

ここに書いておこうっと!!

食欲の秋に! 

2007年09月25日(火) 22時37分
のにおいがした」
こんなことが聞かれる今日この頃・・・
夕方はぐっと気温が下がりますね。

今日は満月に近い、十五夜お月様なのです。
すんごく外が明るい。

でも、テレビでアナウンサーが
「まるでお餅をついてるウサギが見えるようですね!」
というコメントを付けたときは・・・
ハッキリ言って引きました( ̄□ ̄;)!!
それはないでしょー。
それが許されるのは保育所と小学校低学年の先生だけ!!!

気を取り直し・・・秋はいいですね。草の匂いが強いのも魅力です。

さて、久々においしいものを食べて感動しました。
これは私のデザート部門ランキングにおいても
ぐーっと順位が入れ替わりました。

三沢基地の近くにあるSantaBabyのアイスクレープです。
雑誌やテレビでも紹介されてます。

 私は手前のチョコソース。
友達はラズベリーソースをチョイスしました。

 チョコは甘くて、ラズベリーはスッキリとした味わいです。

 中はバニラアイスと生クリームです。

 ボリュームたっぷり。ココロもお腹も満足というのはこのこと。

 また食べたい。

 これで、350円なり!!

フヌケと呼んでくれ! 

2007年09月24日(月) 22時08分
「ねぇちゃん・・・今度から俺のことをフヌケと呼んでくれ!」

試験から帰って来た弟の第一声だった・・・Σ(゚Д゚;エーッ!

落ちた・・・落ちたと騒ぐ弟。
そんな真に受けて「フヌケ」と呼ぶわけにも行かず・・・
「まぁ・・・そこがすべてじゃなししヾ(・ω・。`) ゲンキダシテ!!ぐらいのことを言った。

こんな気持ちになるのもよく分かる。だれもが通る道なのである。

あの頃の就職活動を思い出すと
ねぇちゃんも、仕事が嫌でも辞められないんだよ。

彼は救急救命士になるべく専門学校へ行った。
救命士というのは消防署に勤めて救急車に乗る。だから公務員なのである。
資格をとったからといってその資格が生かせるところに就職するのは、また大変で。
しかも公務員試験は9月。救命士の国家試験は来年の2月。
だから、今は「これが目に入らぬか -=≡ω\( ̄ー ̄ )ピタァ!」というのもなく・・・
資格取得予定でしかない。それは何もないに等しい。
しかも公務員試験で受かったとしても国家試験が通るのもプレッシャーで・・・
ホント・・・さぁ・・・難しいよねぇ・・・

でも、救急救命士という道を志し頑張っている弟は自慢でもある。
まだまだ公務員試験はあるから最後まで頑張れ!
プレッシャーに弱い弟をここから静かに応援することにする。
ファイトォ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*!!!☆

ただいま帰りました。 

2007年09月24日(月) 21時41分
ご無沙汰しておりました。
長い旅から帰って参りました。やっぱり日本はいいです(≧∇≦)b

そだ!
小学校の頃に作文の授業があった。結論に至った時のこと・・・
1マスあけて「やっぱり…」スラスラ・・・と書き終えて提出。
後日返ってきた作文に先生は赤ペンで二重線を引き
「やっぱり」→「やはり」と直されてたの。
こんなどーでもいいことだけど、私はショックだった。
やっぱりというのは日本語ではないのか!!ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!
でも辞典で調べてみると「やっぱり」は「やはりを強調した言い方とあった。
ぬぁ~んだ゜!!「やっぱり」は最上級なんじゃんヾ(´ε`*)ゝエヘヘ
とこんな話で久々の投稿にかかわず引っ張ってしまった。

友達と遊んだときのこと。
「もう、ブログやめちゃったの?この前探したんだけど見つからなかったよ」
「・・・・・・・。」
自分のブログのこと忘れてた。
何だかんだで3月からあっという間に過ぎちゃった…(●´∀`●) ゚+。:.゚アハパ.:。+゚

コワイわぁ・・・。

失敗と反省。 

2007年02月26日(月) 22時45分
最近、夜はお酒が入らないと調子が悪いんです・・・。

今日は仕事で失敗しました。

でも、気づきました。
独りで悩むことはないと・・・。

以前の職場では失敗すると上司の言葉というのは
「やっぱりな・・・やっぱり、やらかしたか」だったんですよ。
自分のことは棚にあげてそういう言葉を立派に吐く
心と、仕事の段取りに余裕がない上司でした。

今回の、私の失敗と言うのは・・・備品の買い間違え。
ネット注文なのですが、100冊違うファイルが届きました。

気づいた瞬間・・・具合が悪くなりました。当然返品には送料がかかります。
私のミスですが、送料は公費となり、経費削減の世の中
とーっても心苦しい。

今の上司は
「・・・。財布もってきてらが!?」

私 「・・・。」

返す言葉もありません。私の非は明らかなのです。
午前中は、もう投げやり・・・でも相談してみるものです。

郵便庶務のSさんが業者に安くなるように交渉して下さり、
公費でいぃのよ。これは仕事上の間違いだから。
と言ってくださり・・・

いいよ。伝票はこっちで、まとめて切るからと言って下さり・・・。


最後に、上司への報告が残っていて・・・
「責任は重々感じております。次からは気をつけるので、
今回は予算から送料出してもらえますか?」
なんとか言えた一言。

上司も、私が実費で払うことは考えていないハズ。
でも、ここで私がどーゆー行動をとるのかということはは大きな違いです。

送料ぐらい予算から出してくれるだろう。
出してくれるハズという思い込みもダメ。
なんとか、表に出ないように処理しようもダメ。
相談してみれば、たくさんの助言が求められ、よい方向へと進むものなんだと・・・
身を持って経験した一日でした。

失敗しても大事なことは、失敗した後の自分の行動だということ。
誠意は見せてめげずにやってみること

学べました。

前の上司は、提出書類の期限を守れずに、
過ぎてから私が上司のかわりに作って提出したりしてました。
それでいて、私のミスを許せず、きつい指摘。
これが、ここでの環境だと思っていた。

それは、仕方がないと思ってた。
でも、こうして組む上司によっては違うということが分かった。
間違えを認め、次からどうするか!?
決して、失敗に囚われてはいけないということ。

独りで解決しようと思いあがらないこと。
常に、謙虚であること。

今日のことは大事にします。私にとっていい薬になりました。

私がおばさんになっても 

2007年02月22日(木) 0時05分
深夜12時が過ぎました・・・最近、気づくとこんな時間。
ちょーど、ブログをチェックしてたら、妹からメールが届いた。
こんな時間に・・・あんたも早よ寝ろ!!

ヒステリック・ブルー読んだよ。
「姉ちゃん!すげぇよ、ワィ(訳:自分)なら即座に口応えだそのへん尊敬する」
と最後に書かれてあった。

褒められたのか!?悪くないなぁ(笑)

妹よ・・・実は、口応えする元気もなくなるんですよ。
「また、始まったか」と思うしかなく、自分が精神的にお局より大人になるしかないのよ
ほぼ、あきらめに近いっからさぁー

でもさぁ〜若いねぇーちゃんだったときは黙ってても周囲からチヤホヤされていいのかもしれない。
若いし、仕方ない奴だと片目瞑ってくれただろうけど・・・
年月は流れ、おばさんになり・・・それでいて、ヒステリック+で自己主張して周囲を騒がせてもなぁ
かわいそうになってくる年月は平等に流れっからよー

・・・いつかしら知らずのうちに自分もそうなってしまったらどうしましょー。
ってなぐらい想像するだけで凹む。

でも、職場の仲がいい、それこそまた40代のおばさんとランチに行った。
車に乗ったら、声をワントーン上げて
「ちょっと、今日は更年期なのかしら。調子が悪いわぁ」って・・・

いやいや、私どう頑張ってもそんなんには見えませんよ。
しかも、どんなアピールですか

私は、このおばさんの様にいつでも周囲には明るく、
自分の気持ちも「よいっしょ!」っとできるおばさんになりたい。
・・・ひそかに思う。

ヒステリック・ブルー 

2007年02月20日(火) 21時32分
何がそんなに気にくわないのかは分からないないが・・・
気にくわないんだったら直接言ってくれぃ!!
たっ・・・頼む。
そんなに間接的にヒスッテリックという技で伝えなくてもいいからさぁ〜

40代のお局さんさんが怒ってた。しかもヒステリックプラス・・・。
かなりきびしい。
私は、おじさん上司のクドクド注意や、お局さまのネチネチした注意は聞くことができる。
だけど、ヒステリックは苦手だ。
こっちにまで感染すっからさぁ。

あまりのヒステリックに長い瞬きしたら
「カチッ」って音がした。

そう、私の中で「怒りバロメーター」の針が吹っ切れた音だと思う
若いし、年下だし、注意や怒られるのは仕方がないと割り切ってきた。
けど、おばさんよ。
そんなに自分をヒステリックで正当化することはないんじゃない!?

その日、私はこの出来事に凹んだ。で、練習で走ることさえできなかった・・・。
これに自己嫌悪。
出来事に凹むのはいい。でも、それで動けなくなる自分を認めたということは
そのヒステリックおばさんに負けて、しかも、自分にも負けたことになる。

こんな方程式が自然と成り立つのである!
あ〜ぁ〜。

私も、いずれあんなヒステリックおばさんになってしまうのかと思ったら・・・
そっちに、ショックだ。

映画「幸せのちから」 

2007年02月16日(金) 22時58分
映画「幸せのちから」見ました。
ホームレスから億万長者
これぞ、誰もが憧れるアメリカンドリーム


と、言うのも私の身近にもいたんですよ。
アメリカに渡りアメリカンドリームを手にする!と。
それこそ夢を語る人が・・・。

アメリカという国は、例え、人種・学歴・家柄・経歴などがなくても
努力によって億万長者になれるという国だそうです。
そういう人が身近にいて、見てきたその人は自分にも出来ると思うらしいのです。

今、貧しくても必ずそれを返せるぐらいのお金が入ると。
それは、ほんの一握りということに彼は早く気がつけばいぃのに・・・

アメリカでしか伝わらないのがアメリカンジョークだとしたら、
アメリカでも、滅多にないからアメリカンドリームと言うことに・・

チョー現実主義の私はいつもそう思ってました。
と、この映画を見て思い出しましたよ。

HAPPYENDなので、いいのですが・・・これでは子どもがかわいそうだった。
アメリカンドリームを掴むというのは本当に賭けみたいなもので、ダメだったらどうするぅ!?
子どもがいて養っていかなければいけなかったらそういう賭けには出るのは決死の覚悟なんですよねぇ。


私が今回注目した女優さんはタンディ・ニュートン
彼女、ER10のケム役だったんですよね。
すごく表情が豊かで顔の少しの動きで演技するんですよ。
ER10の彼女はコンゴで働く宅医療ボランティアの役で、バリバリのキャリアウーマン。
ホントにキレイでした。悲しい運命にある役柄だったけれど、すんごい表情での演技が光ってた。

 今回は、借金に追われ生活に疲れた母役で、同じ人物かと思うぐらいのギャップにビックリでした。

 その日寝る場所、ご飯にも困り、喧嘩したりとかっこ悪いお父さんだけれど・・・
子どもにはそうは見えてなくて、たった一人のお父さん。
そんな子どもの姿痛々しくもあり、子どもであるというかわいさ。
この子のためなら頑張れるというお父さん姿もいいですね。

「人に″出来ない″と言わせるな」
「出来ない人は、人の足を引っ張る」という這い上がる過程のクリスの言葉が印象的でした。



2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
人気blogランキングへ
最新コメント
アイコン画像MICKY
» 今年初ダイビングは青森は脇野沢。 (2006年09月25日)
アイコン画像ピノキオ
» 今年初ダイビングは青森は脇野沢。 (2006年09月24日)
アイコン画像Edge of the Ocean
» 「とまと」には何をかけて食べる? (2006年09月14日)
アイコン画像micky
» 「とまと」には何をかけて食べる? (2006年09月13日)
アイコン画像Edge of the Ocean
» 今年も夏は私をおいてった (2006年09月12日)
アイコン画像大間のどんぶり
» 今年も夏は私をおいてった (2006年09月08日)
アイコン画像MICKY
» 怖いわねぇ… (2006年05月10日)
アイコン画像MICKY
» 怖いわねぇ… (2006年05月10日)
アイコン画像Edge of the Ocean
» 怖いわねぇ… (2006年05月08日)
アイコン画像MICKY
» 怖いわねぇ… (2006年05月03日)
■プロフィール■
■代替テキスト■
■名前 フージー(23歳)
■職業 一般事務
■趣味 無駄にからだを動かす
■性格 普段はスーパー強気!ふとしたことで、やたら凹む…
Yapme!一覧
読者になる