長らくお待たせしました。『少女激覇メイ』再開するよー

March 24 [Sat], 2012, 20:31
少女激覇メイ第2話4ンじゃまぁ、お遊びは終いにすっか強制的にメイのターンは終了させられるほとんど勝利が見えた矢先のカウンターマジックウィニーは飽くまでも、曹ヲるならば、と言った所だったのだろうそして、ウィニーで決められなかった場合、次の戦術にシフトするこれからのバトルが光速のカイの本領なのだろうまだ負けた訳じゃない。
コンボカードが揃ってなければ、エンドカードにはならないはずつい、いつものメイらしくない思考になってしまう普段のメイならバトルを楽しみながら逆転の手を考えるしかし、今回は後攻第1ターンから自分のライフが1にされ、ギリギリのバトルを強いられてきた加えて、カイの執拗な精錐U撃メイの負担は大きく、精嵩Iにかなり消耗しているのだオイオイ、遊びは終いッつったがよ、そんなグロッキーになってちゃイケねぇよなもう敗戦ムード全開かよォメイにそれに応える余裕はないカイの次の一手が分かってしまっているだけに、状況は圧倒的に不利だったなら、サッサと終わらせてやンよ。
スタートステップいつも無意識の内に進んでいたターンシークエンスが、メイにはやたらと長く感じられたメインステップに移る頃にはたった一枚の手札を持つ手も覚束ないメェインステップカイが手札の中から一枚のカードを抜き取るもう嬢チャンにはネタがバレてんだろうがなカイが手札を反転させ、カードの表をこちらに向けるその動作がメイにはスローモーションで見えるカードの枠の部分が見えた赤い縁が見える。
素出しか、それともマジックビッグバンエナジーを使用発動が宣言された瞬間、メイの顔から血の気が引いていく最悪の展開だぁ予想できた事ではあったが、目の前で実現するとやはりショックは受けるものだこの流れから導き出されるのは闇ン中から出て来いやぁーッ、天空の覇者、幻羅星龍ガイアスラ召喚ッ遂にその姿を現した、太陽と月をも滅ぼす最強最悪の星、幻羅星龍ガイアスラバトルスピリッツ史上初のlv4を持ち、その最大BPは圧巻の30000まさに最強のスピリットの名に相応しい凶悪スピリットであるそのプレッシャーを浴びせられたメイは身震いしたさて、どう切り抜けようかなライフが1しか残ってない今、擬似激突状態であるカウンターマジックもない為、ブロックはほぼ強制させられるカイの手札は3枚握られているアンブロッカブルにするマジックや、守りの要であるイグドラシルを破壊するマジックを握っていれば、THEENDだが、アンブロッカブルマジックならわざわざガイアスラを召喚しないし、ブレイヴ除去マジックを使えば、コストでコアが減り、あとコア一個の差で攻撃回数が届かないはずカイもそれは分かっているだから、このターンでは仕掛けて来ないはずまぁ、こンだけじゃ決めらンねェか。
ターンエンドだ読み通りターンがメイに移るワタシのターン、スタートステップメイは流行る気持ちを抑えられなかった何故なら、自分は今、楽しいバトルをやっているからだ自分のデリケートな部分に土足で上がり込み、あまつさえリオを傷つけたこのバトルを受けたのは、怒りを抑えられず、カイに仕返したかったからである引き受けた理由が理由だ、楽しさなんて求めるつもりはなかったただこの不躾な対戦相手を見返したかっただけなのだだが、いつの間にかバトルに熱中していたいざバトルが始まれば理由なんて頭の片隅にもなかったやっぱりバトスピは楽しいそして、楽しむ心があれば、カードは必ず応えてくれるメインステップメイはタマムッシュ1体をlv2にアップ。
が、もう1体はコア一つでlv1だやる事がセコいンだよバーストセットしてアタックステップメイはlv1BP2000のタマムッシュに先陣を切らせる意趣返しのつもりかよガイアスラ、散らせッlv2BP10000のガイアスラにブロックされては、タマムッシュでは一溜まりもないが、これがメイの曹であり、カイにセコいと言わしめた作戦相手によるスピリット破壊によりバースト発動。
風の覇王ドルクスウシワカのバースト効果ドルクスウシワカのバースト効果、相手スピリット2体を疲労させ、フィールドにコアが8つ以上あれば、フィールドに自身を召喚させるのだメイはサラマントルとキングゴラドンの2体を指定して疲労させたザコ2体を寝かせただぁこれで残るのは回復状態のロードドラゴンドミニオンlv3のみであるドルクスウシワカでアタックBP10000ウシワカのアタック。
カイの選択肢は、ドミニオンで相討ちにするか、ガイアスラの超覚醒で返り討ちにするかガイアスラ超覚醒発動、そしてlv3BP13000になったガイアスラでブロック回復状態のドミニオンからコアを受け、ガイアスラは回復し、そしてドルクスウシワカのアタックを防いださすがにウシワカの効果を使わせてはくれないねドルクスウシワカのバトル後に発動できる、手札に戻しBPをアップさせる効果は、この終盤戦において大きなアドバンテージをもたらす曹チて損はない戦術であるしかし、対戦相手であるカイはこのバトルステップにおけるメイのプレイングに納得がいっていなかったオイ、嬢チャン。
アンタ明らかにプレイングミスだなそう思う誰がどう見たってそうじゃねェか。
一発目はシールディバグと合併したイグドラシルが正解だろカイの言うとおり、合体イグドラシルでBP勝負していけば、回復効果を持つイグドラシル単体で壁スピリットを一掃できた合体イグドラシルを止めるには、カイはlv4のガイアスラで迎え撃つしかなかったシールディバグの合体アタック時効果を存分に使うなら、最初のアタックは合体イグドラシルにすべきであったガイアスラをlv4にするには10個のコアが必要となる。
そんだけのコアを載せたら、他のスピリットがおっちんじまって、超覚醒を使えずオジャンだったメイのプレイングを冷静に振り返り、自分なりに分析した意見を述べるカイだが、メイはその言葉に首を縦に振らなかったううん、きっと空ブロックをされたと思うメイがそう返すと、カイは露骨に怪訝な視線を向けたンだよ、分かってンならサッサと言えよ空ブロックとは、バトルスピリッツ創世期から存在するプレイングの一つであるルール上、ブロック宣言をした時唐ナブロック成功となり、アタックによるシンボル破壊はできないそして、その後BPを比べバトル解決となるのだが、そのブロック宣言とバトル解決の間にはフラッシュタイミングがある今回の場合、BP勝負で勝てばイグドラシルは回復するのだが、ブロック宣言後のフラッシュタイミングで超覚醒でコアを外されれば、ブロックしたスピリットは自壊し、バトル不成立となるつまり、1体分のブロッカーで合体イグドラシルを止める事ができたのであるそんな事になれば、残る全てのアタックをガイアスラに止められていた。
でしょ分かっててこの状況かよどちらにせよ、もう詰みだ残る合体イグドラシル、合体ゲイルフォッカー、ラルバとタマムッシュでフルアタックしても、ガイアスラは突破できないカイの言うとおり、どう見てもプレイングミスにしか見えない。
現にフィールドがそれを物語っているどンだけフィールドを眺めたところで、逆転の糸口なンざねェんだよ勝利宣言じみたカイの罵声しかし、メイは一切動じていないだったら止めてみせつよ、ラルバでアタックとうとう自棄か。
ガイアスラが相手してやンぜ超覚醒BP13000を越えるスピリットのアタックでなければ、わざわざlvアップさせる必要はないカイは残りのアタック全てをガイアスラで受けきれると判断し、ドミニオンをlv1にウンし、そのドミニオンからコアを移動させるラルバがガイアスラに勝てる訳がなく、ただ一度疲労させるだけの仕事しかできなかったやっぱりだガイアスラでウェディングキューピット全てのアタックを防ぐつもりだ。
しかも、次のターンのスピリットを残す算段までしてるじゃあ、タマムッシュはどうするドミニオンで受けるメイはファイナルターンと感じている場合、ついつい相手を挑発してしまうクセがあるンなワケねェだろぉがガイアスラ、超覚醒だだが、それがバトルを更に盛り上げてくれるのだから辞められないどうしたァさっきから口だけじゃねェかいくらアタックしても、ガイアスラのBPを上回らない限り、返り討ちに遭うだけだメイの怒涛の攻撃もガイアスラには何度も阻まれてしまう残るスピリットは、合体イグドラシルと合体ゲイルフォッカーの2体のみ対して、カイの場には、疲労状態のガイアスラ、サラマントル、キングゴラドンと、回復状態のドミニオン戦況を正しく説明するなら、超覚醒が3回残っているここまで来りゃ、もう分かっただろどう小細工したって嬢チャンの手数はガイアスラの超覚醒を越えられねェカイはメイのフィールドを指差し、説得するかのようにティーチングする例えシールディバグの回復効果を曹チてもドミニオンで空ブロックしちまうし、素直にフルアタックってンならガイアスラで料理してやるカイの雰囲気がなんとなく変わったように感じるどことなく、年相応の良心的な対応まるで今までの粗暴な態度は、演技だったと言わんばかりにカイさんって本当は優しい人なんだねそうじゃねぇよ。
そもそも、このバトルも覇道の差し金だしな少し照れたようにぶっきらぼうに言い放つもうこっちの目的は果たした。
これ以上、続ける理由はううん、まだバトルは終わってないよまだ分かんカイの言葉を遮り、アタックを再開するメイ合体イグドラシルでアタックメイが途中で終わらせる気がないと察し、カイもバトルを続行させるドミニオンでブロブロック宣言前のフラッシュタイミングいいかなカイの思考が一瞬止まるこのタイミングでカイは防御側フラッシュを流し、メイのフラッシュタイミングに入るシールディバグの効果を回避するには、回復状態のドミニオンでブロックすればよいこのタイミングで超覚醒を使わなければならない、という事はないだが、直感的に嫌な予感がしていたフラッシュタイミング、マジックサジッタフレイム発動メイの手札から発動された起死回生の赤マジック炎の矢がカイの場に降り注ぎ、ドミニオンを焼き払うカイは頭の中で対抗策を思案したが、じ答えが何巡かした後、頭の中が真っ白になった手札の双光気弾もドリームスパイラルも効果をなさないつまり、敗北カイは潔く敗北を覚悟しただが、最後まで足掻くガイアスラ、最後の超覚醒だカイの場のコア全てがガイアスラの元に収束され、とうとう究極のlv4へとレベルアップしたlv4ガイアスラBP30000でブロック禍々しい異形の姿へと変貌したガイアスラが、イグドラシルの全弾発射を全て受けきり、イグドラシルをコアごと喰らうごめん、イグドラシル。
でも、絶対に無駄にはしない無惨に散ったイグドラシルを見届けると、最後のアタックを宣言するこれで最後、ブレイヴアタックライフで受ける最後のライフブレイクが決まり、このバトルはメイの勝利で幕を閉じたtobecontinued次回、カイ編完結そしてついに姿を現す覇道
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:se43dt2kbc
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/se43dt2kbc/index1_0.rdf