モガディシュの歴史 

October 11 [Sun], 2015, 18:10
モガディシュの地には、900年頃アラブ人や黒人の植民者が定住し、12世紀初頭にはアフリカ東海岸における一大商業拠点にまで発展し、その交易の様子は14世紀に訪れたイブン・バットゥータが記している。15世紀には鄭和の船団の訪問を受けている(「木骨都束」と記されている)。16世紀にはポルトガルの支配下に入った。1871年にザンジバル島のスルタンにより征服され、1892年にイタリアの租借地となった。イタリアは1905年にこの都市を買い上げ、イタリア領ソマリランドの首都とした。第二次世界大戦中は、ケニアを拠点とするイギリス軍に占領された。
1970年代より続くソマリア内戦では、1990年に反乱軍側がモガディシュを奪取した。その後、反乱軍内部の部族間、派閥間の抗争が激化し、都市は大きく破壊された。1992年から1995年まで内戦に介入した国連の平和維持軍が駐留したが、1993年10月には派遣されたアメリカ軍とアイディード派の地元民兵の間に戦闘が発生し、アメリカ軍兵士に18人、平和維持軍のマレーシア兵に1名の死者、ソマリア人にも多数の死傷者が出た(モガディシュの戦闘)。
現在のモガディシュは、人道支援者への襲撃や部族間抗争が依然として続いていることから、きわめて危険な状態にある。国際的に認知されているソマリア暫定連邦政府の所在地でもあったが、2006年6月にイスラム法廷連合(UIC)がアメリカの後援をうける「平和の回復と対テロ同盟」を破って実効支配を開始した。厳格なイスラーム法を施行するUICにより治安は回復し、モガディシュ国際空港や港湾も開放され、アラブ首長国連邦との通交が行われたという。だが情勢はむしろ悪化しており、2006年12月28日、ソマリア暫定連邦政府軍がエチオピア軍の支援の下にモガディシュを一時制圧し、アフリカ連合軍が治安維持に当たった。その後もイスラム武装勢力とソマリア暫定連邦政府が勢力確立を争っている。

参照元:ウィキペディア「モガディシュ

[PR]秋ファッション

モガディシュの教育 

October 11 [Sun], 2015, 18:10
教育施設としては、1954年創立の国立ソマリア大学があるが、内戦により閉鎖状態であった。1997年に再オープンしている。きちんと英語のウェブサイトもある。また、サウジアラビアのイスラム開発銀行ほかが資金援助する私立モガディシュ大学には国内で修士号を取得したい何百人もの学生が集まっている。国立大学教授や知識人が指導に当たっている。デンマーク、エジプト、スーダン、ジブチ、イエメンなどの大学と連携している。他に民間企業人を育成するソマリ経営管理開発学校(SIMAD)がある。

参照元:ウィキペディア「モガディシュ

モガディシュの経済 

October 11 [Sun], 2015, 18:09
内戦以後経済は回復しているが、依然不安定である。実効政府が無いため徴税が無く、従って歳出計画も無い。殺人、爆破など犯罪が多発するため企業は武装私兵を雇用している。食料・飲料・繊維が主要産業で、市場では様々な物が売られている。 ソマリアで最大の電話会社Hormuudと通信回線業者のTelcomが本社を置いている。

参照元:ウィキペディア「モガディシュ