恋のマドリ 

November 18 [Tue], 2008, 6:15

自分の今置かれてる状況を
照らし合わせて見れる映画でした。

『若い人は愚かでかわいそうだねぇ』


愚かだから成長できるんだと思う。
同じ失敗を何度も何度も繰り返し、
だましだまし自分を納得させて壁に突き当たって、
解決されていない問題は山積みだけど、
でもなんだか幸せになっちゃったり、
やっぱり不幸だったり。
気づいたら歳月たってて。。
本当に日常の些細なことで
人生が大きく変わるんだなぁ。

茶の味 

November 09 [Sun], 2008, 15:43
tepテストの帰り、
日展を見に行こうかとも思ったけど、
携帯を忘れたのが気になって家に引き返す。

帰りに借りた『茶の味』。
思っていたような映画ではなかったけど、
全体的にゆるいテンポでほのぼのした映画だった。
セリフは少ないけど、
それぞれの気持ちがふんわり入ってくるかんじ。
田舎暮らしもいいなぁと思った。

映画を見て、お気に入りのマグカップに紅茶を入れて、
飲んで、ワープロを打つ。
そんな何気ない日常がすごく幸せな気がしてきた。
20代のはじめの頃は、
毎日何かをやっていないと
落ち着かなくて、
「この無駄な時間を何かに使わなきゃ」って
気持ちが常にあったんだけど。
最近は変わってきた。
何をこんなに頑張ってるんだろ?とか、
優先順位間違えてるとか、
一昨日「学生みたいだね」って言われたけど、
ほんと学生の頃から何も変わってないなぁ。
一生懸命目標決めて、
それに向けて頑張って。。

そろそろ落ち着くころなのかな。
今なら、どんな未来だって築ける気がする。
狙いさえすれば。。

少し田舎でのびのび子育ても良いなぁ。。
家事の合間に家で仕事したりとか。
うん。いい。

百万円と苦虫女 

October 01 [Wed], 2008, 22:49
今日は映画の日。定時で会社を抜けてシネリーブルへ。
いつもは行くまでにどの映画を見るか決めるのに、
今日はなんとなく行き当たりばったりでなんとかなると思い、
シネリーブルへ。

どんぴしゃで見たい映画がありました。
「百万円と苦虫女」



女優蒼井優にまた惹きこまれてしまった。
普通の人をとても自然に演じられる人。
今回の役は自分にも通じるところがあり、
自分を重ねて何度か泣いてしまいました。

いつも逃げてばっかりだった私。
でも現実と向き合う決心がつい最近できるようになったので、
ヒロインがそれを決心した瞬間、自分も涙した。
恋愛が自分を成長させてくれていることを
ここ1ヶ月で学びました。

ラストもさっぱり終わっていい。
森山君の視線と
蒼井優のなんともいえない笑顔が印象的だった。

パンフレットも買っちゃったけど、
出演者も監督も蒼井優を大絶賛。

とにかく細いけど、芯が強くて凛としていて品がある。
私もそんなふうになりたいものです。
最近、自分の殻をひとつ破れたので、
芯が強くなった気がします。

最近映画運がいい。

おくりびと 

September 27 [Sat], 2008, 20:22

こころが洗われるような映画でした。
死と向き合う重い映画と思いきや、
ほのぼのとしたあったかさを感じたり、
しっとりとした情緒を感じたりできました。
死をやさしく表現していました。

モッくんの納棺師ぶりが素晴らしかったです。
かつてシブガキ隊で歌って踊っていたアイドルが
人間味のある素晴らしい役者さんになったなぁと感動しました。
年を重ねる良さを感じました。

それから人になんと言われようと、
『自分の仕事』をもちたいと思いました。
私が今目指してる仕事も
年を重ねるほど良いものになるのかなぁ。。と思ったり。

石文のエピソードがとても素敵でした。

人に夢を与える 

September 24 [Wed], 2008, 22:23
こんな私ですが、今日みた映画を見て、
そうなりたいと思います。
今してる仕事も目指してる仕事も
決して人に大きな夢を与えているとはいえないかと思います。

でも物は考えよう。
今してる仕事も目指してる仕事も
夢を与える仕事につなっがてはいる。
夢を叶える人の手助けになっている仕事だと思う。

世の中には、本当に多くのものがあり、
その中のほとんどは、
どのように使うのかという説明がいる。
夢を与える人たちは、その説明を見て、
夢の階段を上っていくのだと思う。

ものは考えよう。
大事なのは自分が納得し、
自分もまわりも幸せであるかだと思う。

私に何かを生み出すのは無理かもしれないけど、
ずっと地道に続けていけるあの仕事をしながら、
小さな夢をつないでいきたいと思う。

毎日がハッピーでありたい。
いらない日なんてなくしたい。
タイムリミット半年すぎたよ。

マジックアワー 

June 11 [Wed], 2008, 22:46

会社帰りに映画を見てきました。
最近よさこいの練習で毎日忙しかったけど、
昨日、今日は練習がなくて急に暇になりました。

見た映画は、『マジックアワー』。
三谷さんが脚本・監督されてます。
正直、あまり期待していなかったのですが、
めっっっちゃおもしろかったです!
おなかを抱えて何度も笑いました。
ベテラン俳優さんの間のとり方も絶妙で、
主役の佐藤浩市さんにかなりうけました。
西田敏行も最高です!

久しぶりに見た映画がこんなにおもしろかったので、
映画熱が戻ってきそうです。

この映画もう一回見たいかも。

リトルミスサンシャイン 

April 29 [Tue], 2008, 21:54

破綻している家族が、
再生していくロードムービー。

タブーなことも軽くやってのけて、
世間体からするとみんないけてないけど、
笑えて、「家族っていいな」と思えた映画でした。

自分のささいな悩みなんて
実は対したことなくて、
色々な人間がいるけど、
それがおもしろいんだなと
思わせられる映画でした。

どうしようもない家族の話だけど、
それでもうらやましいと思えるところがありました。

好きな人が薦めていた作品です。

SAYURI 

April 27 [Sun], 2008, 18:53
映画『SAYURI』を見た。
制作はアメリカだが、
日本の芸者の半生を描いている。

主演はチャン・ツィイー。
この人の映画は、いくつか見たことがあるが、
美人な上に、描写がすばらしいと思う。
でも、なんだかいけずな雰囲気も受けるが。。
日本の役者が英語で話しているので、
ちゃっとおかしかった。

少し前に、同じような芸者の2時間ドラマを見た。
内容も似ていて、主人公には身寄りがない。
この映画は好きな人のために頑張るが、
ドラマの方は芸者のトップに君臨するために頑張っていた。

芸者は華やかなイメージだけど、
正に女の戦場なのでしょうね。
恋もまともにできない。
映画からもドラマからも、
恋を真正面から貫けないせつなさ、
そして、恋を選んだ者は
あとは沈むだけ、という姿が描かれてました。

それにしても、
アメリカの映画なのに、
芸者の描写がよく出来ていて驚いた。
日米戦争にも触れられていて、
ただ芸者というひとつの文化のみを
描いているのではないのだな感じた。

クワイエットルームへようこそ 

April 26 [Sat], 2008, 0:19


本当は「マイブルーベリーナイツ」が見たかったけど、
場所も時間も合わなくで断念。

ふらっと、レンタルショップに行って、
目についた「クワイエットルーム」を借りる。

思ってたのとは違うストーリーでした。
異世界だけど、
誰もが足を踏み入れてしまいそうな
すくわれない世界でした。
生きていくことの重さを
少し感じた。

役者さんの個性が光ってました。
やっぱり蒼井優ちゃんを見ちゃう。
かなり減量したんだろうな。


ところで今日は給料日
予想どおりのアップ額でした。
5000円以上プラスははじめて。
仕事も慣れてきたし、
肩肘をはらず、
次のステップに行きたいのです!

7月24日通りのクリスマス 

October 03 [Wed], 2007, 23:00









うっかり借りてたDVD を延滞してしまった
睡眠不足が続いてるけど、
見ました。
ヒロイン&ヒーローが会社の人に似てて、
ちょっとおかしかった。


『間違ったことしてみようと思う』
『楽だけど何もないよ』
『人生が始まらないことの方が怖い』
P R
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuri
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-年に1 度は海外へ♪
    ・ショッピング-靴と雑貨集め
    ・語学-英会話
読者になる
毎日を楽しんで、
なりたい自分に向かっていきたい!
そんな日々のささいなことを、
アップしていきます。
よろしくね
カテゴリアーカイブ
Yapme!一覧
読者になる