明日5月5日(日)、ココリコ田中と中川翔子がMCを務めるバ

May 04 [Sat], 2013, 21:20
明日5月5日(日)、ココリコ田中と中川翔子がMCを務めるバラエティ特番「飛び出せ!科学くん 巨大!大群!超危険!世界のスゴイ動物映像 命がけで撮ってきたぞSP」(TBS・MBS系)が放送される

レギュラー番組として人気を博した「飛び出せ!科学くん」が1年半ぶりに復活今回は「巨大&大群&危険」をテーマに世界中の動物映像を届ける
現地3日、2012-13レギュラーシーズンのMVP(最優秀選手)にマイアミ・ヒートのレブロン・ジェイムスが選出される見込みであることが、関係者の話で明らかとなったレブロンのMVP獲得は2シーズン連続で、ここ5シーズンで4度目正式発表は5日に行われる

 NBA王者として臨んだ今季のレブロンは、レギュラーシーズン平均26.8得点、8.0リバウンド、7.3アシストの成績をマークし、フィールドゴール成功率はキャリア最高の56%を記録オールラウンダーぶりにますます磨きをかけ、チームをリーグ歴代2位となる27連勝を含む、66勝16敗の好成績に導いた

 これまでMVPに4回以上選出されたのは、カリーム・アブドゥル・ジャバー氏(6回)、マイケル・ジョーダン氏(5回)、ビル・ラッセル氏(5回)、ウィルト・チェンバレン氏(4回)の4人レブロンは5日の正式発表で、4回以上受賞した史上5人目の選手となる

 あとは満場一致での受賞かどうかが焦点となりそうだリーグ史上、満場一致でMVPを受賞した選手はいまだかつていないチームメイトのクリス・ボッシュは3日の取材で、「彼のほかに他に誰に投票するんだい? 他の選手を悪く言うつもりはないけど、それだけ今年のレブロンがいかにすごかったかという話さ」と述べ、レブロンの満場一致での受賞を予想した

 レブロンは2009年、2010年と2年連続でMVPを受賞2011年のヒート移籍1年目は1位票をわずか4票しか獲得できず同賞を逃したが、王者に輝いた昨年には再び栄誉に輝いた

 なお、ヒートはミルウォーキー・バックスとのプレーオフ1回戦を4連勝でスウィープ6日からのイースタン・カンファレンス準決勝では、シカゴ・ブルズ対ブルックリン・ネッツの勝者と
スタジオには「動物」や「自然」にちなんだ名前もしくは芸風を持つ男性ゲストとして、パンサー尾形、COWCOW、小島よしお、ジャングルポケット斉藤、スギちゃん、武井壮が登場動物の映像を見ながらトークに花を咲かせるほか、スタジオに登場する“超危険生物”と触れ合う

ほっしゃん、ロンドンブーツ1号2号・田村亮らが危険生物や激レア生物に体を張って近づくVTRも驚愕の動物達の生態を、田中や中川ら出演者達とともに、ぜひ楽しもう

飛び出せ!科学くん 巨大!大群!超危険!世界のスゴイ動物映像 命がけで撮ってきたぞSP

TBS・MBS系 2013年5月5日(日) 19:00 〜 20:54
<出演者>
MC:ココリコ田中 / 中川翔子
科学くんファミリー:科学くん / ほっしゃん

 NBA王者として臨んだ今季のレブロンは、レギュラーシーズン平均26.8得点、8.0リバウンド、7.3アシストの成績をマークし、フィールドゴール成功率はキャリア最高の56%を記録iPhone 5 ケースコピー

 NBA王者として臨んだ今季のレブロンは、レギュラーシーズン平均26.8得点、8.0リバウンド、7.3アシストの成績をマークし、フィールドゴール成功率はキャリア最高の56%を記録ティファニー カフスボタン

 NBA王者として臨んだ今季のレブロンは、レギュラーシーズン平均26.8得点、8.0リバウンド、7.3アシストの成績をマークし、フィールドゴール成功率はキャリア最高の56%を記録ティファニー ネックレス

 NBA王者として臨んだ今季のレブロンは、レギュラーシーズン平均26.8得点、8.0リバウンド、7.3アシストの成績をマークし、フィールドゴール成功率はキャリア最高の56%を記録iPhone5ケース

 NBA王者として臨んだ今季のレブロンは、レギュラーシーズン平均26.8得点、8.0リバウンド、7.3アシストの成績をマークし、フィールドゴール成功率はキャリア最高の56%を記録ティファニー リング コピー

 NBA王者として臨んだ今季のレブロンは、レギュラーシーズン平均26.8得点、8.0リバウンド、7.3アシストの成績をマークし、フィールドゴール成功率はキャリア最高の56%を記録ティファニー tiffany リング
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdwet568/index1_0.rdf